龍虎の拳スペシャル(仮題)

基本コンセプト

92年秋に登場した初代龍虎の拳、今でこそ作りは雑だがキャラクター一人ひとりの存在感、
必殺技の上位である超必殺技の採用は当時のゲーマーのの度肝を抜いたことは言うまでもなく
94年初旬に登場した次回作、龍虎の拳2はファンの期待に見事応えた。

しかしながら96年春に登場した龍虎外伝を最後に龍虎シリーズのリリースはなく、
その間に96以降のKOFにおいての龍虎キャラの扱いはやはり惨憺たるものであった。

ここでこの場を借りて龍虎シリーズの続編の予想として龍虎の拳スペシャルの企画を立ち上げたいと想う。

ゲームシステム

ゲームモード

・クラシックモード
 従来の『龍虎の拳』シリーズのシステムを踏襲。
通常の必殺技にも気力を消費するために。通常技の攻撃力は少なめ。

・スタンダードモード
 他のシリーズのシステムに近い。基本技(ヒットのみ)、
通常必殺技及び挑発(アピール)で気力を溜めるシステム。
必殺技、超必殺技、潜在能力の攻撃力は少なめ。

基本操作

A、B、C:パンチボタン(小、中、大)

E、F、G:キックボタン(小、中、大)

D:挑発(スタンダードモードではアピール)
 クラシックモードでは相手の気力を減らせることが出来(防御されることもあり)、
スタンダードモードでは自分の気力を増やすことが出来る(動作キャンセル不可)。

CG:直接気力上昇(クラシックモードのみ)
 また、クラシックモードでは攻撃ボタン押しっぱなしで気力上昇

ストーリーチャート

1〜6回戦:下記以外のキャラからランダム(同キャラ対戦あり)

7回戦:タクマとの対戦

8回戦:ワイラーとの対戦

9回戦:Mr.BIGとの対戦

10回戦:ギースとの対戦

特別戦:クラウザーとの対戦
(10回戦まで1本も取られないか、一定以上超必殺技、潜在能力フィニッシュで対戦可能)


登場キャラクター

心優しき無敵の龍
リョウ=サカザキ
誇り高き最強の虎
ロバート=ガルシア
超おてんば極限流ギャル
ユリ=サカザキ
華麗なるムエタイレディ
キング
負けず嫌いなカミカゼギャル
藤堂香澄
謎の極限流キラー
如月影二
子供の味方
テムジン
最強のマッスルデビル
ジャック=ターナー
老獪なるアクロバットクロー
リー・パイロン
永遠のハングリーファイター
ミッキー=ロジャース
青き疾風
ジョン=クローリー
不敵なバウンティハンター
ロディ=バーツ
ムチ使いの情報通
レニィ=クレストン
孤高のボディガード
カーマン=コール
流浪の絵描き拳士
王覚山
凄い漢忍者
不破刃
流麗なる用心棒剣士
シンクレア
不屈の古武術使い
藤堂竜白
不敗の極限流師範
タクマ=サカザキ
思考する肉体派
スティーブ=ワイラー
暗黒街の実力者
Mr.BIG
サウスタウンの若き支配者
ギース=ハワード
暗黒の貴公子
W・クラウザー