双葉ほたる
出展作品:餓狼MARK OF THE WOLVES

プロフィール

数年前に両親を失い、兄が行方不明になったことから、放浪の旅を続けている少女。
その途上、ロックやテリー、そして旧知の香緋との出会い、そして非情の拳士となった兄との再会を経て心身ともに成長する。
そんな折、テリーの呼びかけで修行の成果を試すべくこの対戦の場に身を投じる。


技設定

・特殊技

穿突蹴(6+B):片足で間合いを放す蹴りを放つ。そこから後述の燕雲十六手の構えに移行することが出来る。

旋撃手(3+C):身体を低くひねり、中段判定の手刀を繰り出す。そこから後述の裏燕の構えに移行することが出来る。

高蹴打(空中で下要素+B):急降下して片足で踏みつける。

・投げ技

掌打手(相手の近くで前後+C):相手と組んで、掌打のコンビネーションを繰りだす。

天落投(相手の近くで前後+G):相手を抱え込みつつ背中から落ちる。

反転投(空中で下要素+C、G):空中で相手に回りこんでバランスを崩しそのまま投げ落とす。

・必殺技

発気掌(236+パンチ):気の塊を前方に投げつける。

転身翔(623+パンチ):体をひねりつつ跳び上がり、体当たりを仕掛ける。

斜上腿(相手の近くで41236+キック)
:相手の身体を駆け上がるように蹴り付ける。途中Dボタン入力で後述の裏燕の構えに移行することが出来る。

双掌進(214+パンチ)
:両手を広げ、踏み込んで手刀を繰りだす。途中Dボタン入力で後述の裏燕の構えに移行することが出来る。

虎尾脚(214+キック):体をひねって気のこもった蹴り上げを放つ。飛び道具を跳ね返すことが出来る。

連撃蹴(空中で214+キック):斜め下に急降下しつつ、連続して蹴り付ける。

燕雲十六手の構え(2+AB・44で解除)
:両手を広げて低い姿勢で構える。そこから以下の技を使用可能。なお構え中は前進、後進、踏み込みが可能。

単掌進(燕雲十六手の構え中にA):膝をかがめつつ片手を突き出す。
燕雲下爪(燕雲十六手の構え中にB):構えた姿勢のまま片足を滑らせる。
燕頷双掌打(燕雲十六手の構え中にC):踏み込みつつ両掌での突きを放つ。
流燕旋脚(燕雲十六手の構え中にE):軽く飛び跳ねてかかと落としを繰り出す。
旋回燕(燕雲十六手の構え中にF):跳び上がりつつ蹴り付ける。
前掃燕舞(燕雲十六手の構え中にG):しゃがんでの下蹴りと、中段蹴りのコンビネーションを放つ。
構え変更(燕雲十六手の構え中に4+EF):後述の裏燕の構えに移行する。

裏燕の構え(2+EF)・44で解除)
:背中を向けつつ構える。そこから以下の技を使用可能。なお構え中は前進、後進、踏み込みが可能。

燕龍盤打(裏燕の構え中にA):膝を踏み込みつつ掌を放つ。
背撃手(裏燕の構え中にB):おもむろに中段の手刀を放つ。
背身転落投(裏燕の構え中に相手の近くでC):軽く踏み込み、相手の懐に飛び込んで通常の転落投と同じように投げる。
燕刃脚(裏燕の構え中にE):おもむろに下段前蹴りと放つ。
裏燕流舞(裏燕の構え中にF):前方に跳び上がり、踏みつけるように蹴り付ける。
燕尾脚(裏燕の構え中にG):体をひねって蹴り上げを放つ。連打で追い打ちが可能。
構え変更(裏燕の構え中に4+AB)前述の燕雲十六手の構えに移行する。

・超必殺技(数字は対応パワーレベル)

T・崩山発気掌(641236+A)
:前方に両手を回してから、たまった巨大な気を繰り出す。威力はそこそこに強いが、
 最初の予備動作が演出なので隙はないに等しいのが強みか。

U・双掌天連撃(236236+E)
:踏み込んで双掌身と転身翔のコンビネーションから急降下しての気をまとった膝蹴りを繰り出す。

V・転翔乱姫(236236+C)
:舞い上がってから急降下し、相手を捕まえてから馬乗りになって気を叩き込みつつ体力を吸い取る。


ストーリー

パーソナルストーリーモード
対戦メッセージ集

VS CAPCOMキャラ
ストリートファイター系
各種ゲーム系

VS SNKキャラ
KING OF FIGHTERS系
侍魂・月華・その他キャラ系

VS namcoキャラ

決勝戦コメント
「私が決勝戦に残れただなんて、でもここまできたら、一生懸命がんばってみる」

中ボス・ボスキャラ戦

エンディングメッセージ
ほたるにとってはまさに強大な敵であった。
しかしそんな絶望的な状況でも一抹の希望が彼女を突き動かし、
大敵を退けることができた
「これが、私の本当の強さなの、でもどんなに強くても、
やっぱり正しい心が大切なんだ。だって、私は、私なんだもの」