双葉ほたる VS CAPCOMキャラ
(ストリートファイター系)

うちわけはパーソナルストーリーモードのデモ、勝利メッセージ、
グルーヴモードにおけるグルーヴメッセージの順


リュウ

ほたる「真の格闘家、本当の格闘技というのは、破壊や闘争を越えたものと聞きましたが」
リュウ「たしかにな、しかし君が思っているほど俺自身それらを越えられてはいないな」
ほたる「それでも私が手伝えることはありますか、でも今はお手合せしかできませんね」
リュウ「君の力を見極めるというのもおこがましいな、やはりお互い高めるとしよう」

「路は遠くても歩み続けるのが真の格闘技ですね、その強さもまた学びたく思います」

ほたる「業はともかく力もない私ですが、リュウさんみたいに強くなれるでしょうか」
リュウ「優しさも強さの一つだ、君ももっと強くなれるから歩み続けていればいい」


ケン

ほたる「あなたが熱い人とは聞きましたが、ここで私とお手合わせお願いできますか」
ケン「可愛い子なら大歓迎だぜ、ちょうど君のような本当に強そうな娘と闘いたかったぜ」
ほたる「激しい攻めも覚悟の上です、私の本当の強さも磨かなければいけないですから」
ケン「おいおい、見かけによらずキビシイな、俺も本気出さなきゃ君には失礼だよな」

「これほどに厳しい攻めだけどへこたれちゃいけないよね、次はまた前に出なきゃ」

ほたる「やはり今回も引っ込みっぽかったかな、次ももうちょっとがんばらなきゃ」
ケン「そう言って君も結構がんばってたぜ、やっぱ応援が入ったのもよかったよな」


春麗

ほたる「およそ拳法を嗜むんだったら、本当の拳法家さんとの手合わせもしなきゃね」
春麗「それは光栄ね、でも私のレクチャーは高いわよ、あなたの拳もまた本物だからね」
ほたる「仕合うなら多少の怪我は覚悟の上です、是非とも拳の真髄を教えてください」
春麗「その意気込みは本物ね、あなたの想いを遠慮なく私にぶつけていらっしゃい」

「追いつけるかどうかは分からないけど、私の拳法も少しでも極められたらいいかな」

ほたる「私もやはりたくさん経験を積んで、春麗さんのような武道家になれたらな」
春麗「全部はすすめられないけど私を規範にするなら光栄よ、ありのままでもいいのよ」


ガイル

ほたる「やはり非情に見えて悲しそうな目をしています、これが本当の戦士の目かな」
ガイル「あまり見透かされるのは好かんが俺に何か用か、仕合なら受けて立つがな」
ほたる「ここはひとつお手合わせをお願いできますか、近づくだけでも返されそうですが」
ガイル「ただの甘ったれた娘ではなくお前の目も本物だ、まずは怖れずに来るがいいさ」

「結構容赦なかったけど踏み込めたら乗り越えられたかな、今もまだ怖いと思うけれど」

ほたる「闘いにおいて確固たる信念を持たなきゃいけないけど、今の私には足りないかな」
ガイル「だったら場数を踏みコツを掴むことだ、最後に頼れるのはやはり己自身だ」


ザンギエフ

ほたる「この身体はまるで岩のような筋肉ですね、こんな人とも闘わなきゃいけないかな」
ザンギエフ「うむ分かるかお嬢さん、この鋼鉄の肉体こそ我が誇りそのものなのだよ」
ほたる「触れるだけで飛ばされそうだけど、私もまっすぐ立ち向かわなきゃいけないよね」
ザンギエフ「この笑顔は少しこたえるぞ、俺としてもここは優しく組み伏せてやろうか」

「これも信念の厳しさかな、こういった厳しさも私なりに結構受け止められたかな」

ほたる「冬は寒いけど雪は好きです、だって真っ白な大地が気持ちがいいんですから」
ザンギエフ「お前も寒さに耐えられるか、シベリアのブリザードはもっと気持ちいいぞ」


ダルシム

ほたる「インドのお坊さんですか、やはり静かな感じだけど大きい気もまた感じますね」
ダルシム「なんという無垢なる乙女か、されど微かに迷いあり、わずかに導けますかな」
ほたる「やはり感じるのですね、その迷いをいくらかは払うことはできるでしょうか」
ダルシム「むしろ迷いはそなたの生そのもの、されど拙僧が手助けをしてしんぜよう」

「業は無理だけど心を磨けるなら、こういったご指導を受けるのもいいかもしれないね」

ほたる「闘うのは結構疲れたけれど、仕合の後って心がすっきりと晴れるものですね」
ダルシム「常に心の闇を祓い前へ進む、それこそ肝要なり、これからも迷わず進まれよ」


エドモンド本田

ほたる「今度はお相撲さんがお相手ですね、でもこのお顔って怒ってないんですよね」
本田「これは闘うときのパフォーマンスでごわす、そうそう怖がられるのも困るのう」
ほたる「でもその強さは強く感じられます、ぶつかり稽古なら少し弱いと思いますが」
本田「そうは言ってもおんしの強さも本物でごわすよ、遠慮なくかかってきんしゃい」

「その掌も痛いというより熱かったんですね、受け止められたら結構仕合えました」

ほたる「相撲はもちろんおよそ仕合においては、最初の踏み込みが大切なのですね」
本田「朝の稽古ならば四股を踏むがいいでごわす、あんたもしっかり踏み込めるでごわす」


ブランカ

ほたる「まさかジャングルの猛獣、と思ったら人ですよね、今度はあなたがお相手を」
ブランカ「おれ、ブランカ、お前、づよいのが、だったら、おれど、ただがう」
ほたる「たしかにただの獣とは違いそうです、これも仕合のうちならやってみます」
ブランカ「お前、がわいいだげ、じゃない、お前も、じぜんのちがら、うげでみるが」

「ただの猛獣よりも強かったです、はじめ怖かったけど結構かわいい所もあるんですね」

ほたる「今回は結構楽に闘えて助かりました、ああでも相手の人食べちゃダメですよ」
ブランカ「にぐはすぎだげど、ぐだものはもっどすぎだぞ、あどひどはぐわないぞ」


春日野さくら

ほたる「私と同じ年頃の人で格闘家さんが今度のお相手ならちょっと安心できますね」
さくら「うん、あたしも修行もしているけど、この仕合も修行のつもりでいけるかな」
ほたる「お互いの修行だったら一生懸命仕合えますね、どうせなら本気でいきましょう」
さくら「それなら結構楽しめそうだね、あたしも頑張ってみるからお願いしますね」

「ひたむきさだったらまだまだ負けてたかな、私ももうちょっと前に出ないとダメかな」

ほたる「切ない時はじっとしていることが多いけど、やっぱり動かなきゃ前に進めないね」
さくら「やっぱ吹っ切れないとね、でも動くだけじゃ疲れるだけだから休むのも必要だね」


キャミィ=ホワイト

ほたる「私と同じようだけどやっぱり違うかな、でもどこか悲しげな眼をしているね」
キャミイ「やはり拳技は申し分ないな、しかし見透かされるのも見逃せないものなのか」
ほたる「私も自信ないけどやっぱり負けられないな、その眼はやっぱり見逃せないから」
キャミイ「どうやら覚悟もよさそうだな、だったらどこからでもかかってくるがいいさ」

「鋭い攻めだったけどそれだけ狙う所がはっきりとしてたから、楽に動きが読めたかな」

ほたる「闘いだけが生きることじゃないって、いつかあなたにも分かる時がきますよ」
キャミイ「そうだな、その時こそ私はおまえの友になれるか、それを楽しみにしてみよう」


Mバイソン

ほたる「ボクサーの人だけどこパンチは勢いだけのようだから、ちょっと見きれるかな」
バイソン「ああん、俺のパンチにケチをつける気か、だったらかわいがってやろうか」
ほたる「といっても腕を振り回すだけなら、せっかくのパンチが死んじゃっているよ」
バイソン「ボクシングってのはぶん殴っていくらだ。それだけは文句は言わせねえぜ」

「結構かわしきれたけれど、あたりかまわず拳を振るうだけなのはむなしいだけだよ」

ほたる「力がない分技と頭でカバーしなきゃね、今日も頑張ったつもりなんだけれどね」
バイソン「おめえが力ないのは分かるけれどよ、パワーをおろそかにしちゃいけねえぜ」


バルログ

ほたる「一瞬背筋が寒くなったと思ったけど、あなたの闘いも傷付けるためのものですか」
バルログ「美しいにしては清らか過ぎるのが気に入らぬな、我が爪で彩ってやろうか」
ほたる「いくら傷付いてもかまわないけど、あなたには負けられない気がするんです」
バルログ「そうだ、お前の存在はわたしの美の冒涜だ、その顔、引き裂いてくれよう」

「どんなに傷付こうともあなたには穢されません、私にも負けられない理由があるんです」

ほたる「流れ星のような動きですが、その仮面と同じように少し暗い所もあるですね」
バルログ「それこそが我が美の証だ、我が美学はおよそ凡百には理解できぬものだからな」


火引弾

ほたる「何か楽しそうに踊っているかな、あの、仕合でしたらいつでも受けますけど」
ダン「ちょうど今のでウォーミングアップは終わりだぜ、お嬢ちゃんが今度のお相手か」
ほたる「今のは空手の演武ですか、ちょっと変ですけど楽しく仕合えたらいいですよね」
ダン「お前もスジがよさそうだな、それを見込んで特別にいっちょもんでやろうか」

「あの、ごめんなさい、押しすぎちゃったからここで本気を出しすぎちゃダメでしたか」

ほたる「常に相手を気遣ってるんですね、仕合においてやっぱり優しさも必要なんだ」
ダン「これも精神的余裕ってやつだ、相手をじらしてから一気に攻めるに尽きるもんだぜ」


ローズ

ほたる「占い師さんがお相手だったら、いちど今後のこと占ってもらうのも悪くないかな」
ローズ「あなたからは色んなカードが出てくるわね、なかなかの運気を持っているようね」
ほたる「それは一体どういうことなんですか、そんなに運がいい方じゃないんですけど」
ローズ「ここから先はあなた自身の業で問うていらっしゃい、今までそうしてきたように」

「運命は道しるべならそこから進むことが大切ですね、また一つ進めた気がします」

ほたる「道が見えないなら進むしかないというけど、何も見えないのはちょっと不安かな」
ローズ「ときには迷うのも一つの路よ、いずれにしても今はあわてることはないから」


神月かりん

ほたる「自信に満ちて凛とした顔立ちもいいですね、まずはまっすぐ見据えられるかな」
かりん「分かりますか、これこそ神月の誇り、そしてあなたは私と闘うに値する人ですね」
ほたる「ここはあなたに認められる闘いをしなきゃいけませんね、私もいってみましょう」
かりん「その心意気は認めなければいけません、その上でこの私が勝たせていただきます」

「闘うにおいては優しさよりも気高さが大切かな、今は素直に学ぶことも大切ですね」

ほたる「今回も勝てたのはいいけど、上から見下ろすのはちょっと気が引けるかな」
かりん「これはむしろ愉悦に感じるべきですわ、これこそ勝った者の当然の権利です」


ガイ

ほたる「世の乱れに武神流ありと聞きますが、やはり私のことで来たみたいですね」
ガイ「貴女を案じて参ったが、杞憂でござった、お気を悪くしたらまずは許されよ」
ほたる「いずれあなたに見極めてもらわなければいけないから、仕合も受けて立ちます」
ガイ「貴女もまた世の乱れをただすべき人にござるな、なれば見極めて差し上げよう」

「世の乱れをただすのが武道の誇りだったら、私にもそのための武道を極められますか」

ほたる「これぞ武神流ですか、私なんて形も定だっていないからちょっと自信ないかな」
ガイ「むしろ貴女自身の武を極めればよろしかろう、そこから武道も成るものでござる」


マキ

ほたる「あなたも武道家さんですよね、喧嘩は嫌いだけど武術の仕合なら受けられますが」
マキ「おい、何ジロジロ見てんだよ、あたしも何かヘンな気分になっちまうじゃないか」
ほたる「ここは仕合に集中しなきゃいけませんね、多少の怪我も覚悟しなきゃダメですね」
マキ「う、これじゃああたしが悪者に見えるじゃないか、とにかくかかってきなよ」

「こういう厳しい攻めのには慣れていますよ、でもあなたもやさしい人だったんですね」

ほたる「やりすぎたかな、あまり叩きすぎると相手の方の元気も無くなっちゃいますよ」
マキ「そういうあんた敵の体力吸い取ったろ、こういったところは容赦ないんだよな」


レインボー・ミカ

ほたる「プロレスラーさんは慣れてるわけじゃないけど、やっぱり押されちゃうかな」
ミカ「可愛いながらもあんたもやれそうだな、こいつは楽しく仕合えるみたいっスね」
ほたる「やっぱり力押しで負けるわけにはいきませんから、しっかり耐えていきます」
ミカ「こういうところも可愛いんだよなあ、あたしと仕合ってあんたも強くなろうぜ」

「女でも体力は必要なんだと改めて知りました、あなたとはまた鍛えていきたいですね」

ほたる「リングアピールは私もできるかな、えっと私は双葉ほたる、今日も闘えました」
ミカ「こいつもサマになってるよなあ、素が出てかえってアピールが際立ってるぜ」


イーグル

ほたる「非情に見えてもやはり堂々としている、闘うことがむしろ礼儀かもしれませんね」
イーグル「君は傷つくことを恐れないようだな、いやむしろ愉悦を感じているの「かね」
ほたる「ある意味あなたの非情さも、闘うことの覚悟として学ばなければいけませんね」
イーグル「君もまた素晴らしいよ、ならばこの仕合もじっくりと愉しませてもらうよ」

「闘う愉しみは少し理解できませんが、やはり勝つだけの闘いは意味なさそうですから」

ほたる「相手の人も打たれて痛そうなんですけど、あまり余計なこと考えちゃダメかな」
イーグル「それは彼が痛みの先の愉悦を知らぬからだよ、いずれ君にも理解はできるか」


ほたる「おじいさんのこの業は点穴と自在の構えを、まさか暗殺拳を使う人なんですね
元「一目見て我が業をここまで見抜くとはな、娘よ、うぬも儂と死合うに値するのか」
ほたる「人を傷付けるだけの業は嫌いだけど、やはり仕合わなければいけないのですね」
元「これも定めなれば我らの死合も必定なり、うぬの覚悟で儂の業を超えてみるがいい」

「やっぱり命をかけるのには私はまだ弱すぎるね、もう少し心を強くしなきゃダメです」

ほたる「強くなるうちに心を失いたくはないけれど、傷つくことも怖れちゃダメですね」
元「うぬの進む路にも一条の光あり、それを歩まば業も強さも自ずと身に付こうもの」


アドン

ほたる「まるでむき出しの刃のような人、ここはやはり私と闘おうというんですね」
アドン「フッ、お前もひとかどの強さを持ってるからな、その力見せてもらおうか」
ほたる「無益な闘いは好きじゃないけれど、私自身のためにもやらなきゃいけないのね」
アドン「俺の野望とお前の希望か、打ち砕けるだけの希望なら捨てた方がいいぞ」

「力がすべてじゃないけれど、あなたの野心も本物ならそれを抑えるには私も弱いのね」

ほたる「容赦ない攻めだけどやはり攻め切れない、お相手の人が弱いというんですね」
アドン「この程度では肩慣らしにもならんな、暇つぶしのみでは腕がなまるものだ」


ロレント

ほたる「これほどまでの敵意を向けているなんて、貴方に恨まれる覚えはないのですが」
ロレント「平和など人を腐らせるもの。故に貴様は人を腐らせる、許してはおけぬッ」
ほたる「私は争いで人が哀しむのがイヤだから、悲しみを断ち切るため闘いたいんです」
ロレント「争い憎んでこそ人は進歩するもの、貴様の腐った性根、叩きのめしてくれるッ」

「ねじ伏せられるほど私は弱くないです、こういう仕打ちにはいつも慣れていますから」

ほたる「闘う段取りが定まっているのはいいですけど、倒すまで勝つのも厳しいかな」
ロレント「その厳しさこそが人を強くするのだ、貴様もまた強くなったではないか」


アレックス

ほたる「一見力だけと見えたかもしれませんが、あなたの中に信念も感じられますね」
アレックス「そういうあんたも優しいだけじゃないな、むしろそれを強さにするのか」
ほたる「それだったらあなたにも通用するかな、やるんだったら全力で行かなきゃね」
アレックス「これもやってみなければわからないな、どこからでもかかってくるがいいさ」

「やはり力は優しさがあってこそ発揮するものですね、いつかまた仕合ってください」

ほたる「闘いの中で強さから信念を感じます、そういうのにひかれるものなんですね」
アレックス「俺が言うのもやはりおこがましいか、あんたの強さもまた輝いているな」


ユン

ほたる「クンフーを嗜む人が相手なら、胸を借りて自分の業をみがかなきゃいけないかな」
ユン「最近物騒な奴ばっか相手だったけど、あんたとは純粋にクンフーを楽しめそうだな」
ほたる「たしかに大変な事ばかりだけど、ここはお互いにじっくり当たらなきゃですね」
ユン「まずは君の力を見せてもらうぜ、優しそうで結構な強さを持ってそうだからな」

「結構楽しかったよ、こうやっていつもお互い精進できる仕合だったらいいのにね」

ほたる「クンフーも技術だけじゃやっぱりダメだね、もう少しひたむきさを学ばなきゃ」
ユン「結構真面目に取り組んでいるねえ、そいつに関しては俺たちも学ばせてもらうよ」


いぶき

ほたる「あなたも本当の忍者さんですね、私が知る人に比べてちょっとできそうかなあ」
いぶき「あたしはまだ修行中だけどね、でもあなたも出来そうだからお手合せお願いね」
ほたる「忍者さんだったらやはり油断はできませんね、私も気を引き締めてやってみます」
いぶき「こういうのは厳しいけどそうこなくっちゃね、むしろあたしも楽しもうかな」

「なかなかいい業を持っていますね、私も少し本気を出したらあなたについてこれるかな」

ほたる「忍者の業は申し分ないようですけど、次は女の何たるかを一緒に学びましょう」
いぶき「興味あるけどこういうのはちょっと苦手だなあ、でもその人は知ってそうだよね」


エレナ

ほたる「こういったすらっとした体で流れに乗るのも気持ちのいいものなんですね」
エレナ「そういうあなたのリズムも結構よさそうね、ここでいい流れに乗れそうよ」
ほたる「それなら乗り遅れないようについていけるかな、でも力んじゃダメだよね」
エレナ「大丈夫だよ、あなたのリズムも感じたいから、きっと合わせられるよ」

「ちょっと疲れたけどこういう流れは好きだよ、こういうのも本当の闘いだよね」

ほたる「踊りも闘いと同じに真面目に取り組まなきゃ、やっぱり疲れるものなんだよ」
エレナ「ちょっと厳しいのね、もうちょっと肩の力を抜いて、リズムに乗っていこうよ」


まこと

ほたる「空手使いだったら怖そうだけど、私も武道家ならしっかりとしないとね」
まこと「そういうおんしも弱そうに見えてやれそうぜよ、うちも気を引き締めんと」
ほたる「打たれるのは痛そうだけど、その痛みを耐えないとやはり闘えないからね」
まこと「その目も気持ちも真っ直ぐやな、そういったところも気に入ったぜよ」

「まっすぐな気持ちで仕合えば強さも沸き立つものですね、私もしっかり打ち込めました」

ほたる「力を合わせて勝ったつもりでしたが、私の方が打ち込みが弱かったでしたか」
まこと「そんなことないぜよ、むしろうちの方がリードさせて申し訳なかったぜよ」


ユリアン

ほたる「あなたの身体から力を感じます、ですがその力はただ押し付ける力なんですね」
ユリアン「余の力を感じるようだな、力とは人を制すもの、そなたもまた理解できよう」
ほたる「一切の軟弱を許さないのはわかるけど、やっぱりそれだけじゃ違うんです」
ユリアン「余に対しての大言、しかしそなたは気に入った。じっくり征してくれよう」

「押されるまま負けるなんてかっこ悪いから、私なりに受け止めることができました」

ほたる「基本は肉体の力が強いのは分かりますが、やはり身体を引き締めているからかな」
ユリアン「余の肉体に魅入ったか、そなたも身体を引き締めてよとともに鍛えるがよい」


Cヴァイパー

ほたる「どこかのエージェントの人が御用なら、やはり私に関わることなのですか」
ヴァイパー「貴女のことは十分に調べているけど、こんなところで一人じゃ危険よ」
ほたる「多少の痛い目なら覚悟の上なんですけど、私も進まなきゃいけないんです」
ヴァイパー「仕方がないわね、あなたの強さを楽しんでから軽くあしらってあげるわ」

「やはり重くてたしかな業です、自身なかったけど受け止められただけよかったかな」

ほたる「こんなコンパクトに仕合を運ぶことができるなんて、結構興味がそそられます」
ヴァイパー「あなたもまた波動の力を使うのね、そっちの方もまた興味がひかれたわ」


ルーファス

ほたる「一見身体が重そうだけど、柔らかさと身軽さを拳法に活かしてるんですね」
ルー「むむむ、ここまで見切るとはお前やりそうだな、しかし少女のお前に後れを取るのは俺様のプライドが許さないのでな、
   ここは一発覚悟してもらおうか」

ほたる「見た目通りかじり程度ですが、私にも拳法の手ほどきをお願いできますか」
ルー「分かってるじゃないか、まあ俺もな見た目以上に苦労だけはしているのだ、それらを踏まえてな、
   お前も真の拳法家を目指すならいくらでも胸を貸してやろう」

「少し理屈っぽいですけど、口だけじゃない知性のある分結構素敵な人でしたね」

ほたる「拳法の話だけじゃなく、生き方も学びたいんですが教えていただけますか」
ルー「そうだな、女の子が好きそうなクッキーは手焼きが一番うまく、パンケーキにもいろいろバリエーションがあるんだぞ、
   何なら後でご馳走してやってもいいが」


ジュリ

ほたる「この眼差しはいかにも刺すって感じだな、あなたも拳を悪い事に使おうとするの」
ジュリ「なんだって、おまえあたしにケンカ売ってんのか、だったら可愛がってやるよ」
ほたる「武道は正しいことにこそ使うべきなんです、私自身も生きるための武術だから」
ジュリ「いい子ぶりやがって、それだったら死ぬ寸前までいたぶってやるから覚悟しな」

「激しい攻めの蹴りだけど、あなたに勝てないようじゃ本当の戦いにも勝てにないからね」

ほたる「テコンドーは足が命だけど、何か脚を振るだけで少し物足りない気がするんです」
ジュリ「大振りで悪かったね、少しばかり柔らかいからっていい気になるんじゃないよ」


ララ=マツダ

ほたる「ちょっとしびれるようにきれいな人、でも私なんかが挑んで大丈夫かな」
ララ「見た目以上に芯が強そうね、こういう娘だったらあたしも燃えちゃうのよね」
ほたる「激しい攻めも覚悟しなきゃいけないから、気を引き締めなきゃいけないね」
ララ「ちょっとお堅いのも考えものね、肩肘張っちゃ気持ちよく仕合えないわよ」

「やっぱり気持ちよく仕合ってこその本物ですね、この仕合でもまだ足りないのかな」

ほたる「おどり回った分熱くなっちゃったけど、少し吹っ切れたかもしれませんね」
ララ「そうでしょ、くよくよ考えるより何か動く方が路が開ける場合もあるのよ」


ラシード

ほたる「まるで風に乗ってるような動きですね、私にも風に乗って動けるかな」
ラシード「君がよければ俺がエスコートしてあげようか、ちょっと手荒になるけど」
ほたる「激しい風も乗り越えなきゃ、あなたより強い向かい風に立ち向かえないよね」
ラシード「いいねえ、こういう芯の強さ、君の強さはまず楽しみたいものだねえ」

「強い風でも流れを読めばなんとか乗れました、あなたに勝つのはここからですね」

ほたる「すこしきついけどこの風を越えれば、次の嵐も乗り越えられるでしょうか」
ラシード「嵐だったらやり過ごすのがいいさ、風を読めばなんてことないはずだぜ」


チャーリー=ナッシュ

ほたる「暗い哀しみを背負っている人、あなたもまた闘いに飲み込まれたというの」
ナッシュ「そうだ、わたしの闘いの闇、呑み込まれたくなくばこの場から去るがいが」
ほたる「やはり放っておけないな、だってここで逃げたら私はこれ以上闘えないから」
ナッシュ「あえて危険に身を投じる、手折るにはおしいが、あえてやらせてもらおう」

「本当に非情な人はいないのは分かるから、あなたもこれ以上悲しみに?まれないで」

ほたる「哀しみを生むのが闘いなら、その哀しみを晴らす闘いだってあるかもしれない」
ナッシュ「いつかはこの哀しみを晴らすため、やはりわたしも闘わなければならぬか」


エド

ほたる「あなたもよからぬ力にとらわれている、それを使っているからそこか苦しそう」
エド「俺が何を使おうが勝手だ、それよりあんたも今すぐ逃げた方が身のためだぜ」
ほたる「私もここで退くわけにはいかないの、あなたのために、そして私自身のために」
エド「チッ、まったくお節介なお嬢さんだよなあ、もうどうなっても知らねえからな」

「どんな力でも自分を苦しめるのはいらないから、今は無理でもいつかは手放して」

ほたる「あまりやり過ぎなかったけど物足りないの、傷付ける必要もないと思うけど」
エド「もっと倒しがいがある奴と闘いてえからな、ここはあんたの言う通りにするよ」


コーリン

ほたる「あなたもどこかの秘書の人なら、自惚れかもしれないけど私に何か用ですか」
コーリン「もちろん貴女に興味を持って来たのよ、さあ思う存分振るってもらうわよ」
ほたる「私も何かに使われるのはイヤだけど、あなたを失望させるつもりもありません」
コーリン「それでこそね、私たちが期待する貴女の力で思う存分かかっていらっしゃい」

「どことなく冷ややかで薄暗い人、飲まれると思ったけどやっぱり負けられないからね」

ほたる「動けば温まると思ったけどまだまだ寒いかな、特に胸のあたりがちょっとね」
コーリン「心の寒さってところね、いずれにしても貴女にとって大したことはないわよ」


アビゲイル

ほたる「すごく大きな人、捕まったらつぶされちゃいそうだけどやはり逃げられないな」
アビゲイル「おう、俺様の大きさにびびったか、かかってくるならかわいがってやるぜ」
ほたる「そんな悪そうな人じゃないからなんとかなるかな、まずはやってみましょう」
アビゲイル「お前俺様が怖くねえのか、あまり暴れられちゃ怪我だけじゃ済まさねえぜ」

「大きい人でも結構動けたから怖かったかな、でも落ち着いて仕合えたからよかったね」

ほたる「ちっちゃくてもバカにはできないよ、でも乱暴な人に思われるのも嫌だから」
アビゲイル「いざとなりゃ俺様が守ってやるぜ、でも細かいのはやっぱお前に任せるぜ」


メナト

ほたる「占いの人というより魔法使いの人かな、ちょっと興味がひかれちゃったけど」
メナト「その興味こそあなたを引き付けたものです、それこそ私と仕合う理由ですね」
ほたる「どんな力でも受けなきゃ私も強くならないから、まっすぐかかってきます」
メナト「なら私もまっすぐ受けましょうか、私なりにからめ手も交えてなんですが」

「結構多彩に操っているんですね、でも占いの道具をそう使って大丈夫なのかなあ」

ほたる「まずアドバイスを受けて自分なりに進めました、占いもバカにできませんね」
メナト「これぞ占い冥利に尽きます、もう少し頼ってくれても私もうれしいんですが」


セス

ほたる「なんだか人の気が薄い人、こういった吸い込まれそうな気分で仕合うなんて」
セス「やはり感じるか、お前もわたしの力となることが至上の悦びとなる時が来たのだ」
ほたる「やっぱりあなたに使われるなんていやだな、逃げられないなら闘うしかないのね」
セス「ならばいくらでも抗うがいい、いずれにしてもお前の運命は変えられないがな」

「力にねじ伏せられるのも取り込まれるのもやはりいや、だって私は私と信じたいもの」

ほたる「闘っているうちに吸い込まれそうだから、もうちょっと踏ん張らないとね」
セス「こうして耐える姿もまた可憐だな、たしかに取り込むには惜しい美しさもあるか」


豪拳

ほたる「やっぱり強そうなお爺さんです、鍛えてもらおうなんておこがましいのかな」
豪拳「可憐に見えて芯の強さは興味あるのう、ここはお主の強さも楽しもうかのう」
ほたる「達人さんだったら、拳の本質以上に闘う意味も仕合で教えてくれるのかな」
豪拳「儂との仕合でお主の生きる道が指し示されれるなら、いくらでも攻めてもいいぞ」

「私の武はとても弱いけれど、先生にいくらか見て頂ければもう少し強くなれるかな」

ほたる「年を取るまでは難しいけれど、私も武についてもう少し精進はできますか」
豪拳「志のみでは武を極めるは難しいが、お主の目ならば案ずることはないだろうて」


サガット

ほたる「あなたも力のみを信じる人のようです、だけどそれ以上の信念も感じられます」
サガット「ほうお前もそうなのか、ならばお前自身の闘いをもって乗り越えてみるがいい」
ほたる「闘わなければいけないなら受けて立ちます、甘い考えも捨てなきゃいけませんね」
サガット「ならば全力でかかってくるのだな、俺の真の格闘技を知ることになるだろう」

「ねじ伏せるだけが本当の強さじゃないはず、それはあなたにもわかるはずなんです」

ほたる「闘いにおいて優しさと甘さは違うはずです、それを確かめたいだけなんです」
サガット「それがお前の強さということか、なればこそどこまで高まるか楽しみだな」


ベガ

ほたる「これほどの黒い力を振るうだなんて、あなたの力もまた闇に覆われていますか」
ベガ「貴様も正なる力、しかも慈愛を根差すか、ならば我が力で呑み込んでくれよう」
ほたる「勝てるかどうか分からないけど、闘わなきゃいけないならやってみましょう」
ベガ「じっくりと絶望を味わい死んでいくがいい、その喘ぎこそわたしの力そのものだ」

「私も本当に怖かったけど、絶対的な力なんてないって信じていたから闘い抜けたかな」

ほたる「ここでもよからぬ力が渦巻いているんですね、次の仕合も切り抜けられるかな」
ベガ「露払いならばまずまずだな、次も使ってやってもいいのだぞ、楽しみはこれからだ」


豪鬼

ほたる「これほどの敵意と覇気だなんて、あなたも破壊と闘争のみで生きているんですね」
豪鬼「そういううぬの力も正なる力か、我が殺意の波動、うぬに受けられことがるものか」
ほたる「どんなに強くてもあなたには負けられません、たとえ命が果てようともですね」
豪鬼「なればうぬとの闘争楽しもうぞ、その正なる力を征して我が拳もまた極まろう」

「本当の鬼なんていないと思ってたけど、仕合の後でもやっぱり体の震えは止まらない」

ほたる「力を求めるのは私も同じですが、そのために何かを捨てなきゃいけないのですか」
豪鬼「それもうぬの心次第ぞ、生半可な覚悟では拳も闘いもまた極められぬものだ」