双葉ほたる VS SNKキャラ
(侍魂・月華・その他系)

うちわけはパーソナルストーリーモードのデモ、勝利メッセージ、
グルーヴモードにおけるグルーヴメッセージの順


覇王丸

ほたる「真の武道家は侍さんとも仕合わなきゃいけないのかな」
覇王丸「そういうお前さんもただの武芸者で終わるわけじゃねえだろう」
ほたる「覚悟だけじゃ、あなたには勝てないからですね」
覇王丸「まあ、そういうことだな」

「闘いそのものを楽しむのはまだだけど、精進するのは楽しめればいいかな」

ほたる「心の強さだけじゃやはりたやすく斬られそうだから」
覇王丸「剣は心で斬るものだ、そういう意味じゃあんたも心の拳だな」


牙神幻十郎

ほたる「やはり血のにおい、あなたはどれほどの血を流してきたの」
幻十郎「やはりこの笑顔、斬らずにはおれんな」
ほたる「人を斬るのも、やはり息をするのと同じなんですね」
幻十郎「貴様が知る必要はない、楽に斬られて死んでいけ」

「怖かったけど何とか切り抜けられた、だから見切れたのかな」

ほたる「とどめをさす必要はないですよ、先は長いですから」
幻十郎「次こそは斬りがいのあるやつに会えるだろうな」


ナコルル

ほたる「何だか透き通るような人だな、あなたに比べれば私は浮いているようだからね」
ナコルル「そんなことはないですよ、あなたの心も輝いていますから」
ほたる「私の心、あなたが応えてくれるなら、お手合わせしてもいいですか」
ナコルル「はい、私の方こそお願いします」

「力や技よりも心ですね、いつかは私もその強さになれますか」

ほたる「闘いがなければこうしてゆっくりと出来るんですけど」
ナコルル「でも今は、この安寧を楽しみましょう、次の仕合まで」


リムルル

ほたる「氷を使うんですね、寒いのはちょっと耐えられますが」
リムルル「うん、あなたとは楽しく仕合えるかな」
ほたる「はい、こちらも本気で受けて立ちましょう」
リムルル「こうなれば厳しいのも望むところだね」

「氷なだけに結構寒くて熱い闘いだったね、それにほどよく動けたし」

ほたる「こうも攻められても困ります、なんとか頭は冷えましたか」
リムルル「何ならそのまま氷漬けになってもいいよ」


チャムチャム

ほたる「えっと、これは野生の戦士ってところかなあ」
チャムチャム「うん、ボクはチャムチャム、炎の巫女だよ」
ほたる「その気迫に負けないように闘わなきゃいけないよね」
チャムチャム「そうだね、こっちも力いっぱい仕合しなきゃね」

「やっぱりその元気さには圧倒されそう、これも情熱なら私もそれを高めなきゃね」

ほたる「ブーメランって、結構曲がって投げるから、使いこなすのも大変だね」
チャムチャム「でもなぜか、ボクの手に戻っちゃうんだよね」


真鏡名ミナ

ほたる「弓を使うんですね、その鋭さは分かりますが、ちょっと余裕なさそう」
ミナ「でも、そうやって私は生きてきたの、それだけじゃ、ダメなの」
ほたる「わからない、闘いだけの生き方って、やはりつまらないから」
ミナ「あなたとの仕合で、それが何か分かるというのね」

「本当に人のために闘うんだったら、人とのつながりも大切にしなきゃダメだよ」

ほたる「拳といっても、狙って打つのはやはり苦手だからね」
ミナ「狙うのは私に任せて、いざとなれば打って決めればいいから」


ほたる「どこか虚ろな目だけど、瞳の奥に深淵を感じるな」
色「・・・感じて、いるのね、あなたなら、私の相手に、なって、くれるの・・・・・」
ほたる「あなたに信念を感じるなら、それに応えていきたいから」
色「・・・大丈夫、あなたは、私の剣で、死なないから・・・・・」

「あなたの中の深い闇、のみ込まれなかったね、私も、そしてあなた自身も」

ほたる「こういう暗い気をかき分けるって、結構大変だなあ」
色「・・・あなたも、強いのね、どんな闇も、負けないから・・・・・」


いろは

ほたる「舞いをもって闘うんですね、それなら見とれてはすぐ負けちゃいますから」
いろは「ああ、そんなに見つめられては困ります。私はただ旦那様のお役に立ちたくて」
ほたる「お役にたてるなら、まず私の力を試していただけますか」
いろは「ああ、あなたとの仕合ならば、喜んで」

「誰かのために闘うのもいいですね、今は私も弱いけど、いずれはかな」

ほたる「ひとまずは背負っているものの違いですね、私のはちっぽけなものだけど」
いろは「私もささやかなものです、旦那様がいればそれでいいんです」


鞍馬夜叉丸

ほたる「どこか陰がありそうな人なのですが、そんなあなたにも義しさがあるのですね」
夜叉丸「それはどうかな、だがお前も義しさのために闘うなら俺と仕合うのもよかろう」
ほたる「本当の義しさは心の強さなら、あなたの心の強さをすべて受け止めてみせます」
夜叉丸「そうだ、お前の義しさもまた真なれば、俺の刃をもまた乗り越えられるはずだ」

「あなたに感じるわずかな恨み、それに負けない義しさを私もまた信じていますから」

ほたる「弱い人のために闘うなら、私も弱いままじゃダメだから、強さも出さなきゃね」
夜叉丸「恨みを抱くのが俺の弱さか、先へ進むならお前と同じく強くならねばならぬな」


呉瑞香

ほたる「風水の人なら私も興味ありますが、自分の路なら私自身で示したいですから」
瑞香「たしかにあなたの運気も見るべきでしょう、よろしければお付き合いもできますか」
ほたる「さぞや高名な方と見ましたから、私の路もまた指し示してくれるでしょうか」
瑞香「私などを頼ってくれるなら光栄です、是非あなたの路を示させていただきます」

「お互い進むべき路はままならないですが、一歩ずつ歩んでいければ路も拓けますね」

ほたる「あまりよくない目と見ましたが、危なげない運びで仕合えたからよかったかな」
瑞香「いつも危なっかしい路でしたが、進めるだけ大胆でしたからむしろ感服しました」


ダーリィ=ダガー

ほたる「大きくて強そうな女の人なら私も鍛えてくれますか、少し頼りなさそうですが」
ダーリィ「あたしに鍛えられたいだけでも感心するね、それじゃあ実力見てやろうか」
ほたる「腕っ節でやられたら私も締まりがないから、なるべく耐えてみたいと思います」
ダーリィ「いいねえこの前向きな想い、あんたもまた本当に強い女かもしれないねえ」

「力以上に女の強さも分かった気がします、あなたからまだ一本も取った気がしません」

ほたる「やはり何かを作る人って素敵ですね、私も何か作れるものがあればいいけれど」
ダーリィ「あんたならお守り一つでも十分できるよ、それが大きなものを作れるからね」


アスラ

ほたる「あなたも闇を背負っているけれど、なんて哀しい目」
アスラ「お前は、俺の何を知っている」
ほたる「私も、もっと大きな闇に、向かわなきゃいけないから」
アスラ「俺で試すのか、それもよかろう、いくらでも付き合ってやろう」

「闇にたゆといながら呑まれない、やはりあなたも強い人、なんですね」

ほたる「闘ううちに心細くなるけれど、何とか進めたからいいかな」
アスラ「感じるぞ、お前の強い意志、それについて行くのもまた悪くはない」


兇國日輪守我旺

ほたる「ついにここまでこれた、真の武道を極めた人が、ここに」
我旺「いかにも、我が名は兇國我旺、名乗れい、をとめよ、うぬの名を」
ほたる「双葉、ほたるです。真の強さを、あなたとの闘いで学ぶために」
我旺「國の哭く声、世の叫び、うぬに応えられるか、このわしの前にいざ示せい」

「あなたに勝つにはまだ弱すぎるかな、やっぱり、まだ震えが止まらない」

ほたる「やはり強さは弱い人を守るためにあると信じたいから」
我旺「うぬの義しきを示すはやはり武のみ、怖れず進んでいくがよい」


ほたる「ここにも大らかな青空のような人がいたね、あなたの強さはどんなものなの」
楓「俺の強さをはからんか、たしかに君もまず俺と仕合うだけの力量はあるが」
ほたる「力だけじゃやっぱりダメだから、意志の強さを感じていきたいんですが」
楓「まいったな、むしろ君に導かれるのか、いや俺の志が青雲ならそれでもいいな」

「あの空のように大らかに歩んでいく、私もただ漂っているだけじゃいられないね」

ほたる「志の剣は生きるための剣、ただ振るうための剣じゃなかったんですね」
楓「時代を斬り開くための剣なら目指してるつもりさ、時々は迷ってしまうけど」


御名方守矢

ほたる「からっほのようでまっすぐな目の人なら、私の志をはかってくれるのかな」
守矢「わたしを見はからんとするはいい気分ではない、だがお主の志は見過せぬか」
ほたる「導いてもらうなんておこがましいですが、ついていけますでしょうか」
守矢「わたしの剣の先には何もない、だがお主は何かを見出だすというのか」

「今は何もないですがいずれは、歩むだけでもその価値はあるんじゃないですか」

ほたる「たしかに鋭い刃ですね、うかつに近付いたらこっちが斬られそうだな」
守矢「だからこそわたしが前を進むのだ、誰もが徒に傷付かぬようにな」


ほたる「たとえ女の志士さんでも、運命をも斬り開けば真の志士だと聞きます」
雪「ならあなたの志はいかなるものなの、半端な志てはないのは分かるけれど」
ほたる「これでも呑まれないつもりで向かっていますがそれだけじゃダメですか」
雪「時には身を捨ててこそ活路は見出だせるわ、あなたもその覚悟はあるかしら」

「時には運命と闘わなければいけないけど、乗り越えた先に、光明が見えるなら」

ほたる「運命の扉も未だ見えないけど、まず進んでいけば、何かが見えるかな」
雪「たしかに焦ることはないけれど、たどり着いた先が本当の勝負になるわよ」


一条あかり

ほたる「あかりさんの召還術も楽しそうですけど、実際仕合うのってどうかしら」
あかり「ほたるさんやったら楽しく仕合えそうやね、でも手加減はできんけどなあ」
ほたる「お互いの修行になるんだったら、全力で仕合った方がいいと思いますから」
あかり「そうまで言うんならうちも燃えてくるわな、それじゃあいっしょいきますか」

「こういった妖怪も怖いというより楽しいよね、真剣にやらなきゃって分かってるけど」

ほたる「あかりさんの占いってよく当たるって聞きましたけど、実際どうですか」
あかり「その人の人となりで大抵のこと見えるけど、これはもっと修行せにゃな」


鷲塚慶一郎

ほたる「お噂の新選組さんだったらやはり厳しそうかな、でもここは仕合わなきゃ」
鷲塚「されど貴女の志もひしひし感じられ申す、むしろ拙者の胸を是非借りられよ」
ほたる「そこまで言われたら、私も甘えた気持ちをできるだけ捨てなきゃダメだよね」
鷲塚「そう気張ることもありますまい、要は気持ち次第で志も自ずと宿るものにござる」

「実直な剣に比べたら私の拳も頼りないから、その点を磨けたからよかったかな」

ほたる「不埒な悪い人はもう通せません、でも私の力じゃちょっと頼りないですよね」
鷲塚「小さな力でも志次第で大いなる強さ足りえましょう、よくぞ闘えましたな」


真田小次郎

ほたる「やっぱり女も強くならなきゃダメですか、でも本当の女の強さは何でしょうか」
小次郎「それは私も求めたき答え、されど私との仕合でその糸口をつかまんかな」
ほたる「導いてほしいとはいえませんが、せめて香織さんについていければいいですが」
小次郎「それも吝かではないが、私の歩む路も易からぬが、ついていけますかな」

「自分を確かにしてこそ女の強さ、私の自分の女の強さも確かにしたいものですね」

ほたる「凛とした勝利には足りないですが、私も一人前の女として闘えましたか」
小次郎「ええ、いい仕合でした、足りぬところは今後の精進で何とかなりましょうや」


高嶺響

ほたる「響さんも剣を極めようとするなら、人を傷付けずに勝てるかもしれませんね」
響「剣を抜けば人を傷付ける、でもそうでない路をあなたは知っているの、それならば」
ほたる「あなたの剣も明日のための剣だったら、私も受け止めることができますか」
響「私を導かんとするなら、あなたに向かって踏み越えなければ、真の剣は得られない」

「剣を振るうのも自分の意志だから、その意思に負けない心も持っているはずですよ」

ほたる「こうやって軽く踏み込んでから拳を放って、しっかりと前を見据えられました」
響「その見据えた先はまだ何も見えないけれど、一歩ずつ踏みこめばいいんですね」


刹那

ほたる「あなたはやっつけなきゃいけないって思うって、そんなに悪い人なのかな」
刹那「俺を悪と見抜くとは貴様なかなかやるな、ならばお前自身の憎悪で来るがいい」
ほたる「人を憎むだなんて、そんなので頼って勝つなんてあなたと変わりないわ」
刹那「いずれ同じことだ、この世は憎悪に満ちている、お前も身を委ねるがいい」

「憎悪だけならあの人たちを変わりないわ、それに打ち勝つだけの強さを持ちたいの」

ほたる「うず巻く悪意に漂ってもまだそこに自分がいる、その気持ちがある限りは」
刹那「どこまで耐えられるかは楽しみだな、お前もさだめの刻に立てるのだからな」


嘉神慎之介

ほたる「刺すようなまなざしだけど気高さは見逃せないな、あなたも志士さんですか」
嘉神「そなたの清楚な美しさはわたしの美学をくすぐるな、是非仕合いたいものだ」
ほたる「強さも美しさもって、今はあなたの目にかなわないけれど、やってみますね」
嘉神「そうだ、その前向きな真の強さこそ時代を拓く、他の者がそうであったように」

「その焔の熱さが信念の熱さなら、まず耐えられれば私も一つ強くなったでしょうか」

ほたる「やはり燃やすものを選んでいる、これも嘉神さんの意思の焔でしょうか」
嘉神「むしろ朱雀の意志だな、だがかの意志がわたしを守るならそれも真なりかな」


ショー疾風

ほたる「空手とブーメランも意外ですが、ハヤテさんもまた侍の趣がありますね」
ハヤテ「侍か、ただ徒に振るってばかりだったからな、たしかにその域に達しないとな」
ほたる「まずは私の武をここで試させていいでしょうか、お互いの修行になりますし」
ハヤテ「そういうことなら喜んで受けようか、あんたも真の武道家ならばなおさらだ」

「本当の強さは真っ直ぐな強さですね、ブーメランの円でも歪みなく見えましたから」


マックス=イーグル

ほたる「イーグルさんもプロレスラーさんだったら、まっすぐは攻められないかな」
イーグル「君も本当の武道家ならどこからでもかかっていいよ、それだけの力はあるさ」
ほたる「そういう人なら全力でかからなきゃ、あとちょっとばかり鍛えてくれますか」
イーグル「君のトレーニングなら喜んで、僕の精神力も鍛えたかったところだ」

「確かなる力は確かなる意志で振るう、イーグルさんの斧と同じようにですね」

ほたる「まだまだチクチクでしかないかな、でももっと力付け過ぎたらどうしよう」
イーグル「クンフーは技が命だからね、力仕事は僕に任せて君なりにがんばりなよ」


キャロル=スタンザック

ほたる「体操も自信あるけど、武術と合わせたら私でも対せるか分からないよね」
キャロル「あなたも武道家さんね、私も武道で通用できるか試したかったところよ」
ほたる「修行のつもりならお互いがんばれるかな、まずボールの動きを読まなきゃ」
キャロル「その次に体の流れを読むのね、どこまで乗れるか今から楽しみよね」

「一通り動いてまずは一本取れたけど、次は新体操の技も教えてくれますか」

ほたる「ちょっとぎこちなかったかな、キャロルさんのように流れる動きじゃないと」
キャロル「そんなに悪くはなかったわよ、ほたるさんも流れにそえていってるし」


ニコラ=ザザ

ほたる「そのディスクで闘うのってなんだか楽しそう、遊びじゃないのは分かるけど」
ニコラ「お姉さんも武道をたしなんでいるんだね、なら僕も修行のつもりでいこうか」
ほたる「たしかに武道も厳しいけどね、そんな気を張る必要はないと思うよ」
ニコラ「それは分かっているけどね、ちょっと男の意地を張らせてもらおうかな」

「このディスクに込めた意地と誇り、私なりになんとか受け止められたかな」

ほたる「投げたり守ったりとディスクの業でもいろんな使い方があるんだね」
ニコラ「これでも使いこなせてるわけじゃないからね、僕も武道家としてまだまださ」


ロサ

ほたる「乱暴そうに見えて気高い人だったら、女としてひとつ鍛えてもらおうかな」
ロサ「参ったね、あんたのような娘はやりにくいな、面倒見るのは嫌いじゃないけど」
ほたる「私も武道家のはしくれですが、それ以上の業と心を高めていきたいんです」
ロサ「こういう厳しいところは本物だね、やってもいいけど、少々荒っぽくなるよ」

「多少の荒っぽさも気高さも、本当の女の強さなら、私も目指すべきなのかな」

ほたる「ちょっと強引だけど勝ち進めたかな、疲れたまでもいかなかったから」
ロサ「やっぱり若い娘は元気だね、ってあたしも一応は若い娘の端くれだからね」


ゴードン=ボウマン

ほたる「力押しならケビンさんとどっこいかな、それなら受け止められるかな」
ゴードン「受け止めるたあいい度胸じゃねえか、その目も優しそうでやっぱ厳しいな」
ほたる「多少のキツさも覚悟してます、たから遠慮なく打ってきてもいいですよ」
ゴードン「やっぱ厳しいな、俺もなんとか壊さねえつもりでいかなきゃいけねえな」

「私もちょっと怖かったからいなして攻めたけど、それだけじゃやはり弱いかな」

ほたる「ただ暴れるだけじゃ強くなれないからゴードンさんの強さもまた必要ですね」
ゴードン「おうよ、これでも娘のために闘ってるんだ、最近仲間も増えてきたけどな」


ジョーカー

ほたる「面白そうな人だけど、今みんなが迷惑してるから、やめてもらえないかな」
ジョーカー「なら腕ずくで止めてみな、この街じゃ力だけがすべてを決めるんだぜ」
ほたる「私の本気がどれだけできるか、多少のマジックにも驚いちゃいられないよね」
ジョーカー「結構いい度胸だなあ、しかしおめえは気に入ったからモノにしてやるぜ」

「このマジックで驚かない私もヘンかな、これでイタズラはあまりしないでね」

ほたる「面白いマジックで闘いに華を添えられたけど、やはりちょっと物足りないな」
ジョーカー「俺様にとっちゃまだ出し足りねえぜ、次にとっておきの奴出すからよ」


獅子王

ほたる「あなたも力しか信じない人、そのような人がやはり私と闘うのですね」
獅子王「お前の存在が力の均衡をもたらすならば、わたしとしても闘いにくいからな」
ほたる「私もあなたを止められるか分からないけど、それが運命ならやってみます」
獅子王「そうだ、我が身を踏み台にして乗り越えてこい、全力で迎え討ってくれよう」

「闘いだけの世の中はやはりイヤだから、できる限り止めさせてもらいました」

ほたる「勝つことは狩ることと同じだけど、狩られる人の気持ちはどうなのかしら」
獅子王「むしろ負け犬にならぬよう勝ち続けるのだ、堕ちればそれっきりだからな」


ジャズウ

ほたる「強くて怖い人だって聞いたけど、やっぱり闘ってみないと分からないかな」
ジャズウ「いずれ、分かる、我の、怖さが、汝の、清楚、我が贄に、ふさわしい」
ほたる「たしかに怖いけど闘える、動ける限りなら、まずは立ち向かえるかな」
ジャズウ「乙女の、抗いほど、我を、奮えるものはなし、存分に、楽しませてみせよ」

「闘いの本能は仕方がないけど心も失いたくない、だがらあなたにも負けられないの」

ほたる「怖いものなら何度か見たけど、だんだん慣れてくる自分がやっぱり怖いかな」
ジャズウ「真の、恐怖は、これからだ、せいぜい、己の心を、磨いて、おくがいい」


天童凱

ほたる「あなたも本当の格闘家さんだったら、お手合わせした方が修行になるかな」
凱「お手合わせ程度じゃあんたも満足しねえだろ、ここはあんたに合わせるけどな」
ほたる「そうですね、あなたに甘えた人と見られないよう、しっかりと仕合わなきゃ」
凱「こいつはますます頼もしいねえ、あんたのクンフーはさぞやいい業運びだろうな」

「ツボを掴んで結構な業運びでした、私ももう少し真剣に闘えればよかったかな」

ほたる「真剣に仕合えば相手の人にも伝わりますから、私もちゃんと仕合えましたか」
凱「ただの腕自慢だけじゃ格闘家は語れねえからよ、あんたも結構な格闘家だったぜ」


西園寺貴人

ほたる「若い武道家さんならお稽古程度じゃ失礼かな、とりあえずお願いします」
西園寺「君もお若い拳法使いの方なら、全力でかかってこそ満足できましょうか」
ほたる「あまり厳しいのも嫌いですけど、西園寺さんなら鍛えられがいもありますね」
西園寺「修行ならお互い楽しめますね、その拳法の冴えをぶつけてみて下さい双葉さん」

「静かに構えた着実な業なら、まず動きをつかんでから乗っていくつもりでいけたよね」

ほたる「業を流そうと思ったけど、西園寺さんの業運びと比べてまだぎこちないかな」
西園寺「双葉さんもいい動きです、少し肩の力を抜けば、さらによく流れますよ」


パトリック=ファン=ヒディング

ほたる「次はレスラーの人がお相手ですね、体力勝負になっちゃうけど大丈夫かな」
ヒディング「なぜお前のような娘がいる、ここはお前のようなものが立つ場ではない」
ほたる「私が女だから言ってるのですか、そんな誇りのない人には見えませんが」
ヒディング「俺に誇りがないだと、その非礼だけは腕ずくでも取り消してもらおう」

「力に頼る誇りも強くないですから、本当の誇りと強さをも思い出して下さいね」

ほたる「力を尽くして仕合えたから悔いはないでしょう、また手合わせできますね」
ヒディング「力がなければ努力も無駄になる、次まで十分に力をつけてかかってこい」


ズィルバー

ほたる「あなたの空手も冷たい拳、あの人の空手と同じようだけど、どこか違うかな」
ズィルバー「ぬしはあ奴を見知っているのか、あれは単なる虚仮脅し、我が敵ではない」
ほたる「冥い拳なら立ち向かわなきゃいけないかな、それならあなたとも対せるから」
ズィルバー「あくまで奴等と同じと見るか、ならばその身で我が拳思い知れい」

「どんなに冥い拳でも誇りを感じられましたから、私はそれに応えられました」

ほたる「力だけしか通らないのはイヤだけど、勝たなきゃ想いも通らないものなのね」
ズィルバー「ぬしも力の理を知っている、その想い闘い抜いて貫いてみせるがいい」


ユウキ

ほたる「探偵さんなら調べられるものがありますか、でも私自身で解決したいですけど」
ユウキ「それについては俺もお力添えしたいな、もちろん君の力も信じたいけどね」
ほたる「さしあたっては仕合ですね、探偵さんのお力もひとかどのものと思いますから」
ユウキ「そいつは光栄だね、それだったら大いに胸を貸してあげようじゃないか」

「分からないことがあったら教えてほしいですが、今は自分で乗り越えられますね」

ほたる「ここにも手がかりはないんですね、やみくもに歩いちゃダメだと分かるけど」
ユウキ「辺りを見回せば何か分かるさ、でも君自身も笑顔でいこうじゃないか」


アイ

ほたる「なにか調べているみたいですが、私にもお手伝いできることはありませんか」
アイ「お手伝いとまではいえないけど、あなたもできそうだから手合わせはできるかな」
ほたる「やっぱり強さを見てくれるなら、お遊び程度じゃあなたにも失礼でしょうね」
アイ「あなたも結構まじめなのよね、それだったらあたしも付き合わなきゃいけないね」

「遊びで仕合はできないけど、何事にも楽しくいかなきゃいけない時もありますよね」

ほたる「お遊びに見えてきっちりとした仕合運びだな、結構考えてるみたいですね」
アイ「ただでさえきっつい仕事だからね、ここはあなたと一緒に楽しまなきゃね」


ラブ=ハート

ほたる「海賊の人なら荒っぽい闘いをしそうかな、怖いけど向かっていこうかな」
ラブ「そうも言いつつあえて危険に向かうか、そういう娘は私も気に入っているよ」
ほたる「あなたが誇りをもって闘うのら、私もまたそれに応えられなきゃいけませんね」
ラブ「その清楚の中の強さも感じられたな、私こそそれに応えなければならないな」

「自由に、そして気高く飛ぶことが強さなら、私もそれに近付くことはできましたか」

ほたる「風が気持ちいいです、その風が鍛えてくれるならいつでも受けられますね」
ラブ「心地よい風だけでなく嵐も受ける度量も必要だ、しかしそれも受けられるか」


ムイムイ

ほたる「私と同じクンフーを使うようだけど、何か底力を感じるかもしれないよね」
ムイムイ「そういうあんたもできる人みたいだから、はじめっから飛ばしてもいいかな」
ほたる「今さらどんな力でも恐れちゃいられないから、私もドンと構えてみますよ」
ムイムイ「そうこなくっちゃ面白くないよね、それならあんたの強さも受け止めたいな」

「これも龍の気迫なのかな、あなたも本当の武道家さんなのはたしかなようなのね」

ほたる「はじめちょっと怖かったけど、私なりについていけたからよかったですね」
ムイムイ「むしろあたしが引っ張られたよね、いざというときはやれる娘なんだよね」


サイバー・ウー

ほたる「ロボット相手はちょっとキツそうだけど、業を試せるならやってみようかな」
ゆず「あたしもウーの性能試せるからね、でも勝負だったらイーブンといきたいよね」
ほたる「勝負なら私も真剣にいかなきゃね、ちょっと気合い入れてなら大丈夫かな」
ゆず「やっぱり踏ん切りをつけたら強いよね、それじゃあたしたちもいっちゃうよ」

「想いがこもっていれば本当に強かったよ、私もちゃんと受け止められたかな」

ほたる「ウーも結構頑張っているから、私も遅れをとっちゃやっぱりダメだよね」
ゆず「もうちょっと頼ってもいいけどね、そのためにウーと一緒にいけるんだよ」


フィオリーナ=ジェルミ

ほたる「軍人さんといっても優しそうだね、でも甘えた気分じゃ闘えないからね」
フィオ「たしかにここは戦場じゃないですが、怖かったら離れた方がいいですよ」
ほたる「私自身の甘さが弱さにつながるなら、あなたと一緒に振り切るのもいいですね」
フィオ「やはりあなたも強い人なんですね、ならその強さを確かめていいですか」

「厳しい闘いを乗り越える強さにこそ、本当の優しさも生まれるものなんですね」

ほたる「激しい闘いながらも耐えられました、私は次ももう少しがんばれますが」
フィオ「ちょっと一休みしましょう、がんばりすぎて疲れると元も子もないですよ」


マーズピープル

ほたる「宇宙人さんが直々仕合うなら怖じ気づけないね、私もどう出て行こうかな」
マーズ「ポッピピプッ(この勝負は受けねばならないな、お前も武道家って奴なら)」
ほたる「打って出ればいいわけじゃないけど、私もできるだけ応えてみたいよね」
マーズ「ピピッポッ(それならこちらも全力でかからせてもらおうか、さあかかってこい)」

「たとえ宇宙人さんでも闘う気持ちは同じだよね、怖いと思うのもやっぱり失礼かな」

ほたる「本当は闘いは嫌いだから、みんなでゆっくり過ごせれば幸せになるよね」
マーズ「ピッピピィ(そうだな、こちらもいたずらな闘いは好まないからな)」


アレン=オニール

ほたる「あなたも闘いが好きな人なんですね、たしかにはじめてじゃないんですが」
オニール「たしかに甘ったれた小娘ではないが、俺と闘うならばそれなり覚悟もあるか」
ほたる「避けられないなら向かうしかないです、私自身のそしてみんなの明日のために」
オニール「だが怖ければ逃げてもよかろう、もっとも俺としても逃がす気はないがな」

「闘いに命をかけるのも悪くはないですが、やはり人を巻き込むのは正しくありません」

ほたる「やりすぎかとは思ったけどそうでもないですね、やはり引くときは引かなきゃ」
オニール「俺は物足りないのだ、おいしい所はみなお前が持っていったのだからな」


旧アテナ

ほたる「強い人は時に大胆になれると聞いていますが、私はここまで自信ないかな」
旧アテナ「あなたも結構スタイルよさそうだけど、それ以上に強さもありそうだし」
ほたる「強さも自信ないですが試していいですか、私も出来る限りがんばります」
旧アテナ「そういう所は私も好きですよ、ここは力いっぱい仕合いましょうか」

「大胆さも度胸も力を尽くすのに大切なら、私も一つずつ身に付けたいですね」

ほたる「なんとかついていけたつもりですけど、私なりのスタイルは自信が持てました」
旧アテナ「あなたとかなりの闘いっぷりね、これなら私もうかうかできないわね」