機動戦士ガンダムSEED
DESTINY REVENGE 第1クール
(PHASE01〜13)

PHASE01:怒れる瞳

地球連合、ザフトは多大な犠牲を双方に出した第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦の後、ユニウスセブン跡において停戦条約を締結。しかし、ナチュラルとコーディネイターの争いの火種が消えたわけではなかった。
 話は連合、ザフトの決戦に先立つ、連合によるオーブ攻略戦にさかのぼる。
 戦火を逃れるべく逃亡するひと組の家族がいた、ふと妹のマユが落とした携帯を拾おうとするシンは、崖下に降りたその時、放たれたビームが家族のもとを直撃、駆け付けたシンが見たものは、爆発に巻き込まれ変わり果てた家族の姿だった。
 悲しみにくれるシンの眼前を、飛び去っていく巨大な翼を背負ったMS『ガンダム』の姿があった。オーブの空に、シンの悲痛な絶叫が響き渡る。

 それから時が流れC.E.(コズミック・イラ)73年10月。オーブの代表首長となっていたカガリ・ユラ・アスハはアスラン〜彼女の護衛としてアレックス=ディノを名乗っている〜を伴ってL4に新設されたプラントの一つ『アーモリーワン』を訪れていた。再び燻り始めた両陣営での不穏な動きを懸念し、最高評議会議長ギルバート=デュランダルと極秘会談の場を持つためであった。
 その基地内では新造艦『ミネルバ』の発艦式の準備に余念がなく、パイロットの一人、ルナマリア=ホークもその準備に追われていた。一方居住区ではあのシンが久しぶりの休暇を楽しんでいた。
 彼はあの戦争の後、オーブ政府のとりなしでプラントに渡り、ザフトの兵士として志願、訓練を重ね、ミネルバへ配属となったのだ。
 ともかくその休暇の途中、シンは一人の少女と邂逅を果たす。それが今後の運命にかかわることを知らずに。
 後にそのミネルバの発艦式を間近に控え、突然の騒乱に見舞われる。謎のグループがドック内で破壊活動を起こしたのだ。その中にはあの少女、ステラ=ルーシェもいた。さらに彼らは混乱に乗じ、ロールアウト直前の新型MS『ガンダム』数機を強奪する。

その混乱を感じ、再び起ころうとする戦いを予感し戸惑うカガリ。爆煙の中アスランは彼女を守るため手近のMS『ザクウォーリア』に乗り込み、この場を脱しようとするも、奪われた3機のガンダムとの戦闘にもつれ込む。前線をするアスラン、しかしスペックで上回る3機に次第に追い詰められてしまう。
 だがそこに現れたのはもう1機のMS『インパルスガンダム』だった。そしてそれに搭乗していたのは、事態を受け出撃したシン=アスカだった。
「また戦争がしたいのか、あんたたちは!」
 再び起こった戦乱の空に、シンの叫びがこだまする。


アイキャッチ:前半は原作と同じくロゴ表示のみで、後半は前作前半のようにメカの雄志と関連するキャラのバストアップを。
この回ではインパルスガンダムとシンを。


PHASE02:戦いを呼ぶもの

 突如『アーモリーワン』で起こった騒乱は強奪されたガンダム3機とアスランのザク、そしてシンのインパルスとの戦闘にもつれ込んだ。
 そのころデュランダルは『ミネルバ』に乗り込み難を逃れんとしたのだが。
 同じ頃、外郭では謎の戦艦内にて仮面の士官の指揮のもと、行動を開始する。彼こそは後に明かされるだろうが、地球連合特殊機動部隊『ファントムペイン』の指揮官『ネオ=ロアノーク』であった。ともかく彼が指揮する艦『ガーティ・ルー』はまず外郭を護衛していたザフト護衛艦を撃沈し、さらに港湾部を破壊してしまう。
 それに呼応して、内部で戦闘を繰り広げるネオ指揮下のスティング、アウル、ステラのガンダム3機もアスラン、シンと激闘を繰り広げる。彼らに押されつつもアスランはかつての戦いにての3機、カラミティ、フォビドゥン、レイダーの3機を思い出す。
 ともかく果敢に応戦するシンのインパルスはともかくアスランもまた反撃を試みる。ひとまずアスランはミネルバに撤退し、それと入れ替わりに出撃したのは、同じミネルバクルー、レイ・ザ・バレルの『ザクファントム』だったのだ。戦いの中で高揚するステラたち、しかし通信上の会話の中、突如ステラが恐慌状態になり壁面を砲撃し破壊する。そして3機はそこから脱出を試みる。それを追うシンのインパルスとレイのザク、しかしそこにはネオのMA『エクザス』が待ち受けていた。
 これら不測の事態に対しミネルバ艦長タリア=グラディスは艦の強行発進を決意した。

アイキャッチ:ザクウォーリア(赤)とルナマリアを。


PHASE03:予兆の砲火

 強奪された3機のガンダムを追い、シンとレイはアーモリーワンの外へと飛び立つ。しかしそこで待ち受けていたのは連合特殊部隊ガーティ・ルーとそれを率いるネオであった。ネオが操るエグザス、かつてのメビウスゼロを彷彿とさせる全方位攻撃で2機を翻弄する。その猛攻に圧倒されつつある彼らだったが、アーモリーワンより発進したミネルバが割って入りインパルス、ザクファントムの2機はやむなく帰還をする。ミネルバはそのまま敵母艦ガーティ・ルーを攻撃、すかさずネオはガーティ・ルーの予備の推進タンクを爆破を指示、戦場からの脱出を試みる。
 追撃を続けるミネルバの艦内には、先だって戦場を離脱したアスランとカガリが収容されていた。急を要する事態の為、2人をオーブに戻すことが出来ずその非礼を詫びるデュランダル。そのついでにと彼は、ミネルバ内を案内するにした。
 ミネルバとインパルスの想像以上の戦力を目の当たりにし、憤りを覚えるカガリ。
「我々は誓った筈だ、もう悲劇は繰り返さない、互いに手を取って歩む道を選ぶと!」
 その言葉に対しシンは突然激昂する「俺の家族は先の戦争で家族を失った。俺の家族を殺したのはお前たちアスハ、そしてあの白いMSだ」と彼女に怒りをぶつける。一旦はレイが割って入り納まったかに見えたが、その言葉にカガリは絶句するのみだった。
 その時艦内の警報が鳴り響く。再びガーティ・ルーを捕捉し戦闘準備に入ったのだ。デブリ帯を舞台にした戦いが始まろうとしていた。

アイキャッチ:ザクファントム(白)とレイを


PHASE04:星屑の戦場

 戦闘態勢の中、アスランはひとまずカガリを居住ブロックの一室に落ち着かせ、自分はデュランダルとともにブリッジに上がる。
 カガリはシンの言葉に動揺したままであった。あの戦争でカガリもまた父と友人を失った。それでいてシンの言葉が突き刺さったままなのであった。
 敵母艦ガーティ・ルーを追い、出撃しデブリ帯に突入したシンとルナマリア達だったが、レーダー上の敵は迎撃の動きすら見せない。それが囮だとタリアとアスランが気付いた瞬間、シン達は待ち伏せしていたカオス、ガイア、アビスの襲撃を受ける。同時にミネルバ自身も身を潜めていたガーティ・ルーに背後から攻撃を受けた。すべてはネオの策略だったのだ。
 戦力を分断された上、浮遊する岩石に邪魔をされ攻撃もままならないミネルバ。ネオは更にその岩石をも巧みに使い艦の動きを封じる。その絶体絶命の窮地を救ったのはアスランの助言であった。至近距離での砲撃の爆圧を利用し、一気に回頭したミネルバは即座に反撃、ガーティ・ルーにダメージを与えた。
 退却を始めるガーティ・ルー。しかしミネルバにも追撃の余力は無かった。ミネルバの初陣は痛み分けという形を持ってここに終結した。
 帰還するシンたちをよそに、レイはネオという男に何やらの感慨を覚えていた、かに見えた。そしてアスランもまた、これから起こりうるだろう騒乱に想いを馳せずにはいられなかった。
 その時プラントにおいては、とある病室のベッドの上、顔を包帯で覆った一人の少女がいた。その包帯を解かれたその素顔には・・・・・。

アイキャッチ:カオスガンダムとスティングを


PHASE05:平穏な日々に

 シンたちが連合ファントムペインと激闘を繰り広げているころの一方の地球、オーブにて隠棲生活を送っているキラのもと、サイとカズイ、そしてカズイが亡命先のユーラシアで知り合い、カズイの帰国に伴いオーブに亡命した女性を伴い訪れていた。
 またキラの回想にて、オーブ国内ではカガリの代表就任に伴い、レオニル=キサカが大西洋連邦の弁務官に赴任したことと、モルゲンレーテのエリカ=シモンズは先の事態を察知してか、新型のMS開発に着手していることが語られる。
 話をキラたちに戻し、まずミリアリアとディアッカがシホの懇願を受け一旦別れたことから、カズイが最近付き合っていた恋人の研究の話題へと話が流れる中、何故かサイがラクスに目配りをし、ややあってサイが席を離れるのとあいまってラクスも席を離れる。
 屋外にてサイはラクスに、最近の大西洋連邦において、軍事的分野を中心に活発な動き見受けられること、その再軍備計画というのは、先の大戦においてフレイが地球軍にもたらしたNジャマーキャンセラー及びフリーダム、ジャスティス、そしてプロヴィデンスのデータを元にした新型のMSの開発ではないかという話だ。キラに余計な心配をかけまいと本来アスランに伝えたかったのを、彼の不在を理由に密かにラクスにだけ伝えるのだが、一方のキラもそれを察知するも、サイの心情を察して見ぬふりをしていた。
 一方、ユニウス7宙域では不穏な動きが見受けられた。

アイキャッチ:ガイアガンダムとステラを


・追加設定

サイ=アーガイル:先の大戦後、工業カレッジ卒業後、大西洋連邦のハルベルト大学(現実のハーバード大学のSEED版か?)に留学、そこで政治学を専攻。その裏で、大西洋連邦軍の反BC派の士官と知己となり彼らからBC残党(後にロゴス)の情報を逐次入手し、それをキラたちに伝えようとオーブに帰国したが、戦乱によりそのままとどまることとなる。

カズイ=バスカーク:先の大戦、オーブ攻防戦の際に退艦し、そのままユーラシアに亡命、一時ジャンク屋の仕事を手伝った際に一人の女性と知り合い、ともにオーブに帰国。技術者よりも商人としての才覚に目覚める。

“彼女”:ユーラシア出身のコーディネイター。亡き父からナノテクノロジーの研究を受け継ぐ。後にこの研究が世界に多大なる影響力をもたらす。また弟が一人いて、トール=ケーニヒの妹と仲がいい。

シホ=ハーネンフース:先のヤキン戦においてイザークのもとで戦い、戦後はそのまま彼の副官になるも、条約締結後に除隊したディアッカに復隊を請願し、ディアッカ復隊後、彼に主席の座を譲り、自分は次席副官に納まる。ミリアリアとは終戦以来の友人同士である。

ディアッカ=エルスマン:先の大戦の後、ユニウス条約締結後に正式に除隊。地球に降りそのままミリアリアと生活をともにし、半ばヒモのような毎日を送る。後にたまたま任務のために降りたシホと偶然出会い、彼女から復隊を懇願される。結局それに折れ、復隊の際に初心に帰るという意味で一般兵の軍服に身を包むも、その待遇は“赤”同様と見なされている。


PHASE06:癒えぬ傷跡

 ガーティ・ルーとの激闘を切り抜けたばかりのミネルバに入った急報。それは更なる、そしてより深刻な凶報であった。
 停戦条約締結の地であり、血のバレンタインの悲劇の舞台、ユニウスセブンが安定軌道を外れ地球に向け落下し始めたのだ。
 デュランダルは何故かタリアとともにベッドの中でその凶報を聞いたのだが、ともかく彼は速やかにプラントに指示を与えるのだった。
その指示を受けてプラントは、イザークの部隊を破砕部隊として急行させる。
 同じ頃、地球でもそれらの動きを察知し、あらたにブルーコスモスの新盟主となったロード・ジブリールがその機に乗じプラントとの再戦を持ちかける。居合わせた老人たち〜BCの上部組織ロゴスの幹部たち〜の態度に内心苛立ちながら、結局承諾を取り付けるに至るのだが。
 話を戻し、現場に到着したイザーク隊は直ちにメテオブレイカーに因るユニウスセブンの破壊作業を開始。しかしその時謎のジンの一団が工作隊を急襲する。一連の異変は人為的なものであったのだ。
 そこにミネルバからMS部隊がイザークたち工作隊をフォローすべく到着した。その中には自ら志願したザクウォーリアのアスランの姿があった。

アイキャッチ:アビスガンダムとアウルを


PHASE07:世界が終わるとき

 地球へ落下を始めたユニウスセブンを破壊するために、現場に急行したイザーク隊、対してユニウス落下を図る謎のジンの一団。
そこにミネルバ隊が駆けつけ、テロリストとの戦闘に入った。
 さらには撤退したはずのガーティ・ルーが介入。カオス・アビス・ガイアが参戦するのだった。しかしネオの通信で一時共闘の意向を示し、ともにテロリストとの戦闘にあたる。戦いの最中、敵を圧倒するアスランとイザーク、そしてディアッカ。それを目の当たりにし驚嘆するシン。かつてのクルーゼ隊の勇士は健在であった。
 ともかく彼等の活躍により工作隊はメテオブレイカーの起動しユニウスセブンは分割された。しかし未だその破片は大きく、ミネルバはそれをさらに砕く為に共に大気圏に突入することを決める。
 一方アスランとシンも出来る限り破片を細分化するため、残されていたメテオブレイカーの起動を試みる。だがそれを阻止しようと残るテロリストが玉砕をしかけた。
 実は彼等はかつてザフトに身を置いた者たちで、かの血のバレンタイン事件で家族を失い、パトリック・ザラの思想をその拠として生きてきた。パトリックの戦死で居場所を失い、デュランダルの施政に反発し、今回の暴挙に到ったわけだ。
 己と同じ境遇を持つ人間を目の当たりにしたシン。かつて自分もその強引な施政を否定した亡き父、しかし命をかけそれを肯定する人間に出会ったアスラン。衝撃と動揺のなか2人は大気圏へと落下していく。

アイキャッチ:ザクファントム(青)とイザークを


PHASE08:混迷の大地

 辛くもテロリストたちを退けるもユニウスセブン、それでも最後までユニウスの破砕を続ける為ミネルバもまた大気圏に突入、そのまま地上に降下した。
が、その行為もむなしく結局いくらかの破片は地球に落下し、地球各地は甚大な被害を受けてしまった。
 その惨事を受け、先にプラントに帰還したデュランダルは持てるすべての物資をもって各地の救援を指示する。
 しかしそれをあざ笑うかのごとく、ジブリールはガーティ・ルーのネオに指示を与える。そして大西洋連邦への介入を画策しさらには傍らの科学者風の男の説明を受ける。その男から発せられた言葉『F計画』を。
 一方ミネルバは、先の戦闘で受けたダメージの大きさからカーペンタリア基地に向かうこともままならず、あとカガリを送り届けなければならぬこともあり、一路オーブへと向うことにする。
 そのオーブの浜辺でキラが、先の惨事から再びまき起こらんとする戦乱、そして自らにも訪れるであろう激動の運命を予感していた。それに寄り添ってくるラクス、今はただ二人きりでたたずむのみであった。
 その一方、ラクスのポートレートに囲まれて舞う一人の少女、それはラクスと瓜二つの少女だった。

アイキャッチ:ザクウォーリア(緑)とディアッカを


PHASE09:ジャンクション

 オーブに入港したミネルバは修理と補給の為、モルゲンレーテのドックに入った。
 代表首長として政務に復帰し官邸へと戻ったカガリは、待ち合わせたウナト等首脳陣から、先の事件によって地球とプラントの情勢が抜き差しならない事態になっていることを知らされる、そしてそれに伴い、オーブの国際情勢に対する態度についての決断を迫られようとしていた。
 一方、つかの間の休暇を楽しむミネルバのクルー達。そんな中は艦長のタリアは、ドッグで整備を行っていた女性整備士を見かけ、何故か興味を示しいくらか話しかける。その相手こそ、かつてのアークエンジェル(以下AA)艦長、マリュー=ラミアスであった。彼女は素性を隠しミネルバの整備にあたっていたのだ。
 一方シンは、ルナマリアとともに家族の亡くなった地を訪れる。そこに偶然建てられた慰霊碑を複雑な思いで見やっていた。
「ここで、シンの家族が」とのルナマリアの問いに「ああ、でも墓はない、これが墓標の代わりってやつさ」と半ば吐き捨てる用に応える。
 そんな中、傍らにはいつの間にか一人の青年が佇んでいた。
その青年、キラはシンに呼びかけられ自らの名を名乗る。そしてシンの心は大きく揺れ動く。
 アスランもまた、先にキラと会い再び行くべき道を模索し始める。そして彼はカガリに約束の指輪を渡しデュランダルの元へと向う決心をする。

アイキャッチ:ミネルバとタリアを


PHASE10:驕れる牙

 地球連合は、「ユニウスセブン落下事件」をザフトの仕業と決め付け、プラントを敵性国家と見なす共同声明を発表。地球軍の月面基地では、開戦へ向けて着々と準備が進んでいた。プラント政府の最高評議会は紛糾し、開戦派の意見が主流を占めようとしていたが、デュランダルはあくまでも対話による解決を主張。とはいえ、当座は降り掛かる火の粉を払わねばならない。目の前に迫った地球軍の攻撃に対して、国防委員会はプラントを守るために軍を動かす。その頃、プラントへ着いたアスランは、和平を訴えるべくデュランダルへの面会を求めていた。
 地球軍はプラントへの開戦を通告し、進軍を開始。合わせてイザーク隊も迎撃に参加するが、その部隊は実は囮だった。別動隊のモビルスーツが、プラント目掛けて核ミサイルを次々と発射するが、ザフト艦の新兵器・ニュートロンスタンピーダーの一撃が、迫る核ミサイルを全て迎撃。プラントは最大の危機を脱した。しかしイザークらはその破壊力に戸惑いを禁じえないでいた。
 一方のロゴス、ことに盟主のジブリールは動ずるそぶりもなく、むしろ自分が主導権を握れるとほくそ笑む。そこで傍らの科学者にとある計画の開始を指示する。

 変わってプラント内で、デュランダルを待ちつつ、外の戦況を茫然と見やっていたアスランは、ラクスそっくりの少女にいきなり抱きつかれる。後で食事にと誘われ戸惑いを禁じえないアスランの前に、ようやくデュランダルが姿を現した。

アイキャッチ:ブラストインパルスと銃を構えるシン


PHASE11:父の呪縛

 ようやく会見の場を得、デュランダルから先ほどの事態は、地球連合がプラントへ核攻撃を仕掛けたと聞かされたアスランは、その疑念が確信と変わり驚愕する。そこで彼は改めてアスランと名乗り、父・パトリックの言葉を否定した上で、デュランダルへ和平を訴える。淡々と語るうちに次第に感情を高ぶらせ自分をも責めるアスランに、デュランダルは「負い目に思ってはいけない」と、優しく諭すのだった。ふと何かのころ合いを見計らったのか、傍らのモニターのスイッチを押す。
 その頃プラント市内は、連合の核攻撃を知らされ騒然としていた。そこへあらゆるモニターから聞き覚えのある声が流れ、市民の動揺を鎮めるべく人々に訴え始める。
 モニターに映し出された少女、それは先刻アスランと接触してきたラクスそっくりの少女。彼女がラクスをかたって演説をしていたのだ。その映像を観て軽い動揺を禁じえないアスランにデュランダルは、彼女は現在地球に隠棲中のラクスに代わって、彼女の代理を務めていると告白。そして彼の口から、彼女の本名、ミーア=キャンベルという名を聞き出したのだ。
 次にデュランダルは彼を連れて軍の格納庫へ向かった。そこにあった新型機・セイバーガンダムを前に、デュランダルはこの機体をアスランに預けたいと言い出す。父のことで悩み苦しみ、誰よりも平和を望んでいるアスランだからこそ、いざというときには力のある存在であって欲しいと言うのだ。
 しばらく考える時間がほしいと告げるアスランにデュランダルも了解し、アスランはこの場を離れる。そこにミーアが現れ彼を食事に誘う。会食中淡々と胸の内を語るミーア。プラントのために、ラクスの代わりを喜んで演じている彼女を前に、アスランはただ思い悩むだけであった。

アイキャッチ:セイバーガンダムとアスラン


PHASE12:選びし道

 プラントの最高評議会は、先の再核撃戦を受け、現在ジブラルタルとカーペンタリアのザフト基地を包囲している地球軍への対応に追われていた。それに際しデュランダルはこの軍事作戦を先の報復に持ち込まぬようあくまで積極的自衛権の行使であることを明言し、戦火が拡大しないよう配慮する。
 時を同じくして、オーブ議会では大西洋連邦との同盟の締結が議論される。その同盟をかたくなに拒むカガリであったが、ウナトの一言、「伝統や正義、正論よりも、国民の安全のことをお考え下さい」という言葉に大半の議員も同調し、カガリの必死の訴えもかき消されていったかにみえた、
 そして別荘のベランダで一人たたずむキラ、誰もいないはずなのに、誰かに語りかけているように見えた。
 その頃プラントに滞在していたアスランのもと、半ば押しかけられるようにイザークとディアッカの訪問を受ける。二人は、部隊をシホに任せアスランの護衛と監視のために派遣されてきたのだ。かつての戦友・ニコルらの墓を訪れたアスランに、イザークはザフト軍へ戻るよう強く勧める。
 プラントの降下作戦と、それに呼応したオーブ・大西洋連邦の同盟締結を察知したバルトフェルドは、停泊中のミネルバへ匿名の警告を送る。それを受けてタリアは出航を決断し、ミネルバは翌朝オーブを離れた。だがすでに領海外では、地球軍の艦隊がミネルバを待ち受けていた。
 一方のカガリは、己の不甲斐なさに落ち込んでいた。そんな彼女に、訪れたユウナは優しく告げる「僕が君を支える、夫として」と。しかしカガリはそんな言葉に違和感を禁じえないでいた。

アイキャッチ:ソードインパルスとノーマルスーツ姿のシン


PHASE13:血に染まる海

 オーブ外洋にて敵の待ち伏せを受けるミネルバ。前方に大西洋連邦軍、後方には出航を見計らったかのごとくオーブ艦隊が出撃した。もちろん、後退した場合の迎撃に備えて。
 その事態に気付いたカガリは信義に反すると攻撃の中止を訴えようとするも、ここぞとばかりにユウナがそれを諌める。そのわざとらしさにいらだちつつも、結局カガリは引き下がらざるを得なかった。
 こうして退路を断たれたミネルバは正面突破を余儀なくされる。ルナマリアとレイは艦の守備に就き、シンは連邦のMSウインダムを次々と迎撃していく。そこで連邦の新型MAザムザザーが投入される。内蔵するリフレクターで援護射撃でミネルバから放たれたタンホイザーの一撃をも跳ね返したザムザザーが、インパルスを追い詰める。絶体絶命のそのときシンの中に何かが弾けた。
 ザムザザーのとどめの一撃をはじき返し、海上からミネルバからのデュートリオン・ビームでエネルギーをチャージしたインパルスは、ザムザザーを一撃のもとに斬り伏せる。続いてソードシルエットに換装すると、鬼神のように地球軍の戦艦を切り裂き、次々と沈めていく。その圧倒的な強さに、ミネルバのクルーも含めた全ての人々は驚嘆を禁じえなかった。こうしてミネルバはオーブを後にすることに成功したのだった。
 その頃プラントでは、アスランがザフトの赤服に袖を通していた。デュランダルに特務部隊・フェイスの徽章を与えられ、平和のために再び戦う決意を固めたアスランは、新たな機体・セイバーガンダムを駆って飛び立つのだった。

アイキャッチ:ザムザザーとネオ