セリス=ハワード
(CERES HOWARD)

データ

名前:セリス=ハワード(CERES HOWORD)

声:田中理恵

格闘スタイル:覇我悪怒流古武術

誕生日:4月12日 年齢:14歳

国籍:アメリカ(母親は日本人)

身長:160㎝ 体重:40㎏ B:84 W:56 H:78

血液型:B型

趣味:習い事全般

大切なもの:自分のプライド

嫌いなもの:敗北

好きな食べ物:肉以外ならなんでも。(でも最近は肉料理も食べるようになった)

好きな音楽:お気に入りはワーグナー、ルイ=アームストロング、ビリー=ホリディと尾崎豊

得意スポーツ:気に入ったものならなんでも。

特技:どんな人間も懐柔できる。

かつてギースが日本での修行時代に世話をした女性に産ませた子供。母親は自分を産んですぐに亡くなり、幼い頃は母の知り合いに育てられ、
その際に我流ながら父親の武術を会得する。現在ではアメリカ・サウスタウン郊外のミッション系の女学校に在学しつつも度々日本で修業をしていて、
その際に神代タケシを自らの舎弟にする。

なお、家族構成について、父親の他に腹違いの弟もいるとか。

技設定

・特殊技

滑り込み(3+F、G):低い姿勢から、片足で滑り込む。

・投げ技

氣爆球(前後+BC):相手と組んで気を込めた拳を叩き込む。

巴投げ(前後+FG):相手と組んで、倒れざまに投げ飛ばす。

谷落とし(空中でレバー入力+BC):空中で相手を抱えこみ、そのまま投げ落とす。

・必殺技

烈風拳(236+A):手を振り上げて繰り出した気を走らせる。

ダブル烈風拳(236+B、C):両手を振り上げて大きめの気を走らせる。接近時には連続技につなげられる。

裂空拳(236+キック・連続三回入力可・GC可):連続して気を込めた手を振り上げ、切り裂くように攻撃する。

飛翔日輪斬(623+パンチ):飛び上って振り下ろした手刀で切り裂く。

当て身攻撃(2146+A(上段)、B(中段)、C(下段))

:相手の攻撃を受け流し反撃する。相手の技によって攻撃方法が違う。

雪崩落とし(上段):ジャンプ攻撃に対応。受けのモーションが短いのが特徴。

裏肘門(中段):立ちの上、中段攻撃に対応。

足固め(下段):足払い系の攻撃に対応。

・超必殺技(数字は対応パワーレベル)

Ⅰ・裂光拳(641236+C):気を貯めた後で勢いよく手を振り上げ巨大な気を走らせる。

Ⅰ・烈嵐拳(4632146+C):上に掲げた両手を叩きつけ、気の柱を発する。なお、コマンドの最初と最後は1、3でも可。

Ⅱ・真・邪影拳(236236+A):一歩踏み込んで正拳を繰り出し、そこから連続して

Ⅲ・覇我悪怒流最終奥義・徹怒流威麗舞(63214632+ABC):踏み込んで乱舞攻撃を繰り出す。

ストーリー

ストーリーモード・メッセージ集

DECO系キャラ

・溝口誠

セリス「あなたが恥ずかしい武道家の方ならば、ひとつ打ち倒してみせましょうか」
溝口「おうよ姉ちゃん、ワシと仕合いたいんなら逃げも隠れもせんからかかってきいや」

「勢いだけなら受け流すが武道の本質、この程度で敗れるなら凡人にも劣りますわ」


・レイ=マクドガル

セリス「あなたも刑事の方ながら私に用とは、生憎あなたとは闘うことしかできませんが」
レイ「たしかにあの男の娘なら侮れないが、ここは君の言う通り仕合を楽しもうか」

「身一つで乗り込む気概は買いたいものです、いつでも私を踏み越えて下さいませ」


・加納亮子

セリス「純粋な武術の競い合いなら、あなたとの仕合はまさにもってこいでしょうね」
亮子「あなたにわずかな野心を感じます、ですがその実力の冴えも見逃せません」

「真の武道は善悪の彼岸を超えるもの、あなたほどの方でも理解はできるはずです」


・ジャン=ピエール

セリス「たしかに流麗と称すべき体術ですが、はたして私に打ち勝つことができますか」
ジャン「打ち勝つだなんて穏やかじゃないな、僕の業には君も魅了されるはずさ」

「魅せる闘いといえど攻めが足りませんわね、これで芸術だなんて少し失望ですわ」


・サムチャイ=トムヤンクン

セリス「あなたのムエタイは堅い巌のごとく、その質実剛健さを見せてもらいましょう」
サムチャイ「我がムエタイは子供の遊戯にあらず、しかしお前の気迫にあえて応えよう」

「まさに気迫の蹴りでした、こうした猛る業こそある意味私が望んだ強さですわ」


・李典徳

セリス「あなたの一撃の踏み込みなら、私の強さをみがくにふさわしいものですか」
テントク「わたしの業を試すのはかまわないが、むしろ君の精神を鍛えさせてもらおう」

「多少の迷いも振り払っているようですが、なれば今少し踏み込んでもよろしくって」


・劉飛鈴

セリス「京劇の華たるあなたとの仕合なら、私もまた引き立たせていただきますわ」
フェイリン「私の舞台でいい度胸ね、その意気を見込んで可愛がってあげるわよ」

「わずかな殺気も華を添えるなら、この仕合もあなたとともに盛り上がれましたわね」


・マーストリアス

セリス「プロレスならば見知るところですが、はたしてあなたも格闘技足り得ますか」
マース「甘く見るなよ娘子よ、プロレスはお前が思うほど力業のみでは語れないぞ」

「少しいなせばこんなものですか、この程度では力業の域は越えられませんわね」


・マットロック=ジェイド

セリス「このけたたましさはロックなのですか、ひとまずは静めて差し上げましょう」
マット「俺様のロックは筋金入りだせ、おめえもノッていけるか試してみるかい」

「こんなものですかあなたの魂のロックは、ただ騒がしいだけでは魂も奮いませんわ」


・ザジイ=ムハバ

セリス「野生の本能を武道に込めますか、たしかに打つのみでは武道にあらずですが」
ザジイ「そういうお前も武道家なのか、ならばワシの拳の冴えを楽しんでみるかね」

「野生の拳ならば少し構えましたが、本能を越えなければやはり興ざめというものです」


・柳英美

セリス「テコンドーは数あれど、あなたとならば理屈抜きに仕合うことができますか」
ヨンミー「理屈抜きであなたと仕合うんだったら、あたしも本気出していいかしら」

「この程度で本気ならもの足りませんわね、今少しの渾身の蹴りを期待しましたが」


・サントス

セリス「見た目勢いだけと見ましたが、気合いだけでも受け止める価値はありますか」
サントス「ヘイお嬢さん、俺様の気合いならきっとあんたのお気に召すはすだぜ」

「顔面だけの気合いでは一笑に付す価値もありませんわ、顔を洗って出直してきなさい」


・カマクラくん

セリス「忍術やら妖術やらは間に合っていますが、せっかくですから付き合いましょう」
カマクラ「うむ、拙者の忍術ならばお主を唸らせるに値するがな、しかとご覧あれ」

「やはりこけおどしにもなりませんわね、元来忍術は洗練されたる武術足り得るのです」


・ローズ・サブ

セリス「およそ剣士にしては雑な感も禁じ得ません、ひとまずは振るってもらいます」
サブ「これは勇敢なお嬢さんだな、この俺の剣の冴えを存分に味わってもらおうか」

「あなたの剣は武術には程遠いものです、これでは私も命をかける甲斐もありませんわ」


・シンディ

セリス「刺客との仕合もほどよい緊張感です、はたして挑むだけの価値はありますか」
シンディ「お嬢様のお遊びで仕合はできないわ、あなたの実力がどうであれでもね」

「馴れ合いはむしろ不要、気負いも侮りもない純粋な闘争こそ私が望む真の仕合です」


・フール

セリス「朴訥なる出で立ちでも出来そうな方ですね、ここはひと勝負といきましょうか」
フール「ニ、ニョニョン(気高そうなお姉さんなら真剣に仕合わなくちゃね)」

「掴み所もない闘いなら望むところ、その分打ち勝つ優越感も楽しめますからね」


・スター

セリス「その魔法のツボとやらで私と勝負するなら、私も全力を出す価値もあるかしら」
スター「真剣に闘わなきゃいけないですけど、なるべくお手柔らかにお願いしますぅ~」

「私の前で及び腰は命取りですわよ、それでも真の強者の前ではまだお遊びですが」


・デビル

セリス「疾さを頼りに仕合うのならば、ひとまず私もついていくことにしましょうか」
デビル「お姉ちゃんとは追っかけっこ程度じゃすまさないよね、でも捕まんないよ」

「捕まえれば勝ちとは言いませんが、軽業ならばもう少し気を張ってもよろしくってよ」


・ストレングス

セリス「まずは力ずくでの仕合は望みませんが、あなたの力なら見て差し上げましょう」
ストレングス「あたいの力も父ちゃん譲りだから、それを姉ちゃんに認められなきゃ」

「少し遊びが過ぎたようですが、父親を越えんとする気概は認めるべきですわね」


・チャリオッツ

セリス「やはりオモチャの兵隊とは侮れませんわね、全力で遊んで差し上げます」
チャリオッツ「たかがオモチャと甘くみるなよ、俺の槍さばきをうけてみやがれ」

「たまにはお遊びも必要でしょうが、どうせなら真剣にかかってくださいませ」


・ジャスティス

セリス「はたしてあなたの正義の剣が、私という小悪を制することができますかしら」
ジャスティス「ボクの剣もまだ強くないけど、まずあなたに認められなきゃいけないね」

「悪に抗うが正義の立つところ、ですがそれを振るうにあなたはいまだ幼いですわね」


・ジャッジメント

セリス「果たして勝利の女神はどちらに微笑みますか、この拳で確かめてみましょう」
ジャッジ「やっぱりあんたもガチンコ勝負かいな、それも面白いかもしれないなあ」

「運命の裁定とはいかないようですが、とりあえず私が一本を取ったようですわね」


・デス

セリス「いずれ命をかける時も来ましょうが、まずはあなたの刃で試してみましょう」
デス「怖いもの知らずとはいい度胸だね、それなら本当の死の恐怖を教えてやろうか」

「鋭いだけでは死の刃とはいえませんわね、これで命をかけるとは少し物足りませんわ」


・プリエステス

セリス「読書の邪魔をするようで恐縮ですが、あなたもまたできる方のようですわね」
プリエ「おしとやか見えてあなたも好戦的ざますね、乱暴な方は許さないざますよ」

「余裕を持って構えるも結構ですが、今は闘うべき時であることは承知のはずですわよ」


・マジシャン

セリス「あなたの魔術には興味ありますが、果たして私を唸らせることはできますか」
マジシャン「俺の魔術に興味があるなら、今からその秘術を教えてやろうじゃないか」

「下手な手品よりはよほど闘えました、ですかもう少し私の身に響かせていいはずです」


・エンプレス

セリス「たしかに気高さには問題はありませんが、少し浮かれすぎてはいませんか」
エンプレス「私の気高さにケチをつけようなら、その身に教えてやっていいわよ」

「気高さと傲慢さはやはり別物、あなたほどの方がそれを知らぬわけでもありますまい」


・クラウン

セリス「単なる道化と侮れません、むしろ全力で叩き潰してこそ価値も生まれますわね」
クラウン「たしかに小生意気な小娘よね、こちらこそ全力でぶっ飛ばしてあげるわよー」

「芸事といえど油断すれば怪我もしますが、それをも怖れぬ気概こそ必要ですわね」


・カルノフ

セリス「あなたが伝説の格闘家なれば、我が闘技であなたを唸らせて差し上げましょう」
カルノフ「そなたの父は悪なれど真の格闘家だった、そなたが受け継ぐに値うかな」

「これが伝説なればいまいちもの足りません、されど私も腕を上げなければなりません」


・ワールド

セリス「何でも見通せるならば望むところ、むしろ曇りなき心でかからねばなりませんね」
ワールド「闘いに関してはあなたも純真な方、なればこそ私もまっすぐ向かわなくては」

「いまだ心眼には至りませんが、私もいくらかの業ならば見切ったつもりですわ」


・チンさん

セリス「中国拳法の老師なれば、 私の武術もまた認められなければいけませんわね」
チンさん「はてどこかで見たお嬢さんだのう、儂の武術が見たいならかかってきなさい」

「武芸も極まればひとつの業も大成しえますが、私なとは未だ及ばぬ境地ですわね」


・チェルノフ

セリス「たしかに不快なる気を感じますが、あなたの闘いそのものには興味があります」
チェルノフ「ならばこそこのわたしの力を是非見ていただこう、覚悟はよろしいかな」

「絶対的な力というには少し物足りないのですが、私を圧倒するとは大したものです」


・ポン

セリス「迂闊にかかればひねられそうですわね、それでこそ闘いがいもありますわ」
ポン「迂闊にかかれないのは俺も同じだ、むしろ俺もお前の力を見てみたいぞ」

「いかに巨大とて臆する必要もありませんわ、こちらも全力を出したつもりですが」


・フォーチュン

セリス「ついに参られましたか、あなたで我が運命をはかるにはちょうどいいですわね」
フォーチュン「父親同様、汝も己が運命を越えんか、すでに汝も我が掌の内にある」

「未だ運命の掌の内にありますか、それでこそ私の闘争も面白きものとなりますわね」

ADK系キャラ

・ハンゾウ

セリス「忍者とは食傷ですが、あなたならば武道家として対することができますわね」
ハンゾウ「わずかに感じる野心の残滓、しかしその目の真っ直ぐさならば応えねば」

「その忍の業にふさわしき真っ直ぐさですわね、いずれの精進も勝っていましたか」


・フウマ

セリス「燃える忍としては熱苦しいですわね、ここは一陣の風で晴らせばいいのですが」
フウマ「どこかで見たようでクールな姉ちゃんだな、あんたの熱さも見せてもらおうか」

「この程度の炎では私も燃えることができませんわ、もう少し業を洗練していらして」


・叉助

セリス「むしろ心地よきはわずかなる敵意と殺気、真剣勝負なら私も望む所ですわね」
サスケ「たしかにお前の殺気も侮れない、お互い生きるために闘わねばならぬか」

「今日を越える明日にこそ価値も見出だせますわ、たとえどんなにあがいてでも」


・ジャンヌ

セリス「刺々しいながらの気高さですか、そういった方なら全力で応えなければ」
ジャンヌ「あなた単なるお嬢ちゃんじゃないわね、私に対するなら覚悟もあるようね」

「振るえる聖剣もわずかな隙で見切れましたわ、あなたにも女を磨く余地ありですか」

・金龍

セリス「たとえ映画撮影ついででもでもクンフーなら、胸踊る激闘をも楽しめますわね」
ドラゴン「そういう君にも武道の心得あるネ、武術仕合なら演技なしでいきたいネ」

「たしかに映画通りの白熱の仕合運びでしたわ、私も今少しで主役も張れそうです」


・ブロッケン

セリス「真剣勝負ならば武器兵器も望む所ですわね、ぜひ討ち敗ってみせましょう」
ブロッケン「お前の信念もまた本物なりかッ、なら俺の正義を見事越えてみせよッ」

「ひとまずいなせるのみでしかあなたに勝てぬとは、いずれは打ち払ってみせましょう」


・Jカーン

セリス「英傑ならざる私の身で、豪傑たるあなたに打ち勝てるか試してみましょう」
カーン「腕試しならば光栄じゃな、その上でお主の英傑の器を試させてもらうぞ」

「これほどこたえたとは、力業を支えるあなたの度量こそ受け止めるべきですわね」


・マッスルパワー

セリス「肉体美の芸術なら認めるところですが、それを討ち敗るもまた芸術でしょう」
マッスル「いずれにしてもお遊びでは済まされんな、まずは俺の肉体を打ちにこい」

「打てども砕けぬ鋼の肉体ならば、全力の業で打ち負かすだけで精一杯ですわね」


・ラスプーチン

セリス「単なる魔法使いには用がありませんが、このただならぬ気なら見逃せません」
ラスプ「やはりそなたもそうであるかな、ならばわたしの導きもまた入り用かな」

「退屈しのぎなら有意義でしたが、その程度の魔術では私にとっても子供だましですわ」


・出雲良子

セリス「ヒーローズならびに武道家たるあなたと仕合い、私の武も高めていきましょう」
リョウコ「私の武術もまだまだだけとね、少なくともあなたにも認められたらね」

「武の道は永きものとはいいますが、お互い入口で惑っている暇もないはずです」


・シュラ・カイ・ナノム・トム

セリス「ヒーローズにふさわしき実直なるムエタイを、是非私の前に披露下さいまし」
シュラ「ただならぬ気迫っスね、こういった人なら俺も気を張らなきゃいけないっス」

「大樹としては少しもの足りませんが、実直なる蹴り業なら総て受け止められましたわ」


・マッドマン

セリス「奇抜さはともかくあなたの精霊術、ひとときの戯れでは済まされませんわね」
マッドマン「少し怖い気迫のお嬢さんザマス、ワタシも精霊も気を張らなきゃザマスね」

「今少しの弄びなら私も楽しめましたが、たしかに精霊の業なら侮れませんわね」


・キャプテン・キッド

セリス「単なる暴力と違い、あなたの喧嘩術も力強くそして誇り高きものですわね」
キッド「ヘイお嬢さん、あんたの気迫も侮れねえから本気出してもいいんじゃなーい」

「たかが喧嘩といえど一つの仕合足り得ます、キッド船長の心意気や見事ですわ」


・Jマキシマム

セリス「実際のアメフトと仕合うことになるとは、はたしていかに受けてみましょうか」
ジョニー「だがまともに受けてくれるとは思えんな、こちらも堂々構えていこうか」

「真っ直ぐなる力には堂々受け止めたかったのですが、今は受け流すが精一杯ですわね」


・エリック

セリス「北海の荒波に一陣の烈風を、まずはあなたの身に我が拳を打ち込みましょう」
エリック「これまた大胆な娘っ子だな、それ以上の気迫もまた楽しみでもあるが」

「少し大海にもまれるつもりでしたが少しもの足りませんわね、多少頭は冷えましたが」


・ジャック・ザ・リッパー

セリス「何やら刃物をもっての仕合なら、ひとまずの覚悟も持っていようかしら」
ジャックR「覚悟ならおめえがするのがいいかもな、その後で気持ちよくなろうぜえ」

「いかなる刃も当てねば同じこと、この程度で人斬り包丁とは笑い話にもなりませんわ」


・呂布奉先

セリス「豪傑のあなたに小娘の私は役不足でしょうが、何とか食らい付いてみましょう」
リョフ「何とお主も英傑の器か、我が物にするには俺も全力を尽くさねばならぬのか」

「これで豪力ですか、容易く受け流してしまえば私としても失望以外ありませんわね」


・孫悟空

セリス「たしかにおサルさんの戯れとはいきませんが、真の仕合もまた望めましょうか」
悟空「そういうおめえもなかなかやりそうだ、こいつは単なる娘っ子と侮れねえぜ」

「さしもの私も弄ばれる所でした、ともあれ聖猿ならば英傑以上の気迫は当然ですわね」

 

アルカナハート枠

 

コロシアムモード・メッセージ集