スケバン刑事(デカ)
(和田慎二)

概要

『スケバン刑事』とは、70年代後半に連載された、少女漫画ながら少年漫画でも通用するノリで多くの支持を集めた学園アクションマンガでもある。
物語はとある事件で少年院に投獄された麻宮サキは、母の減刑と引き換えに、一種の閉鎖社会でもある学園社会に蠢く犯罪に立ち向かう学生刑事として
数多くの事件に立ち向かう。といったのが当初のあらすじだった。

後に悪しき野心を持つ宿敵、海鎚麗巳と対峙し、一旦は検挙するが、後に脱獄しての逆襲を受け多くの仲間を失いつつ相打ちという形で決着を見た。
 ここで連載は一旦は終了されたが、ファンの惜しむ声を受けて連載再開にこぎつけられた。
麗巳との激闘の後にとある日系の財閥に助け出され、復活を遂げてから、さらに強大な敵との対決に余儀なくされる。
学生連合の抗争、それに蠢く犯罪組織、そして総ての黒幕の謎の老人と闘い抜いていき、サキは風のように去っていくのだった。

そんな当作品なのだが、まあ学園ものをはるかに超えたバイオレンス度を擁する作品でもある。まず敵味方の使い捨てとも思われる損傷度が大きく、
それにともなって、前述の麗巳やらその盟友の鳴海碧子やらと、確かに悪の美学に対する憧憬は認めるところだけれど、
やはりそのやり方はぶっちゃけ言えば「ケツの穴が小さい」ともいえるだろうか。

ともかくも、和田せんせいもそれにかすかに後悔していたのか、後年リメイク作品を制作したことは記憶に新しい。
そういえばもう一人挙げるならば、すべての事件の黒幕たる信楽老。何らかの手段で永遠に近い時を生き、日本の裏面を支配していったが、
裏腹に老いていく自分と相対させ次第に若者を、ことに若い女性を憎むようになる。やはり彼自身も悪役としてはどこか人間的な部分を捨て切れなかったということか。

テレビドラマ版について

こうして絶大なる人気を博したこの当作も85年頃になんと斉藤由貴主演でテレビドラマとして放映することとなった。
ストーリーは前半は各地の学園犯罪の捜査を中心に、後半から原作前期に準拠した展開となった。

そんな第一部の好評を受けて今でも名作の名が高いだろう南野陽子主演の第二部『少女鉄仮面伝説』が放映された。
ここでのストーリーは原作後半をベースに、“麻宮サキ”の名を受け継いだ主人公、幼い頃何らかの陰謀に巻き込まれ鉄仮面をかぶせられ、現在に至ったといったという、
今でこそ無茶ともいえるのだが、ともかくその主人公が、はじめ知り合った仲間とともに学園組織の暗躍とその背後の謎の老人、
そして仮面をめぐっての自らの因縁とにケリをつけるというのがおおまかなあらすじなのだが。

ちなみにその鉄仮面については、やはり原作にてサキのパートナーたるエージェントの神恭一郎が、若い頃敵組織の陰謀によって鉄仮面をかぶせられたエピソードによるものだった。

そしてその次作浅香唯主演の『少女忍法帳伝奇』これは原作後半の伊賀の里にて敵組織の長が追放された復讐のために攻め込んだといったエピソードを引用したもので、
やはり三代目サキを襲名した主人公が、同じく一門の姉妹とともに、学園犯罪の裏に蠢く敵流派との抗争が主なストーリーとなっている。
これについてはまったくというわけではないけれど、ひとまずオリジナルといってもいいかもしれない。

ともかくもこのテレビドラマもひとまず原作とは別物というよりはもう一つの作品と見て楽しむ方がいいとは思うのだが。

ちなみに90年代のOVA、これは純粋に原作そのもののストーリー展開で、初期の海槌一族との対決だけだったが、原作のファンもある程度一安心だったようだ。

予想ストーリー・ネクストジェネレーション

前編
かつて日本の学園社会を通じて日本を支配せんとした犯罪組織とそれを裏で操った老人との戦いがあり、それはささやかな伝説として人々の記憶に残っていった。

あの戦いから数年後、アメリカ、デンバーの山奥で一人の男が暮らしていた、その男渡辺大吾は後述の財閥のエージェントとして時折働くも、いつもは半ば悠々自適の生活を送っていた。そんな彼が一人の赤ん坊を拾う、その子に運命的な何かを感じ“サキ”と名付け大切に育てることにした。
同じ頃NYのスラムにて、不良たちがたむろしているのを警官が誰何する。先日流れ星が落ちてきて、近くにヨーヨーが落ちていた。それを拾って遊んでいたが、硬くて重いそれを誰もがもて余していた。そのうちヨーヨーの側面が開きそこには警視庁の記章が印されていた。そこにとある財閥の使いの者が現れ、口止め料とともにヨーヨーを回収する。その財閥こそ、かつてNYの怪物と称されたとある日系の財閥を吸収した若き頭首率いる新進気鋭の財閥だった。
その財閥の当主ジミー=オッドマンは全米での放浪と修行を切り上げて程なく、重病のゴルド・小松崎に呼び出され、もしもジミーが父を継ぎ財閥の当主となるなら自分の財閥を合併してもよいと持ち掛ける。ジミーもそれに応え、ゴルドの死後一大財閥を率いるに至ったのだ。

その一方で、名僧樹真のもと一人の雲水が修行を終えて旅立たんとしていた。自分は一度死んだ身と言いつつ新たなる生と使命を自らに課す。その肩には一羽の小鳥が停まっていた。街を歩きほどなくして一人の青年に呼び止められ、これも縁かということで酒の席に付き合うのだった。

それから程なくして、とある隔離地区に謎の一団が現れて、彼らの目の前に一体のミイラ、否、痩せこけた老人が姿を現す。そこに駆けつけた公安が誰何するや、何故かその老人がなぎ倒す。手刀で心臓をえぐってその血をすすり「傷は癒えた」と言い放つ。そして一団に連れられて去っていく。
同じ頃NYでは件の財閥が「魔界から蘇りし者」の報を伝えられ、すぐさまデンバーに連絡をつけるよう指示する。その連絡元の公安当局、額に月のアザを持つ捜査局長はふと机上の写真に目をやる。あの戦いはまだ終わっていなかったとつぶやきつつ。

それから十数年後、日本を訪れた大吾とサキは、街中でたむろしている学生たちを見かけ、それが鷹の羽学園の生徒であることを知るやいろいろと何やら話しかける。そのうちに青年教師が現れ、生徒たちに誰何しようとするも、大吾を見かけるや叔父貴と呼び生徒たちを咎める。その教師は大吾の甥でかつての鬼教師沼十蔵の息子の不良教師沼剣蔵だったのだ。ひとまず大吾が取り繕い、生徒の一人にかつての友人片岡の面影を覚え、あらためて呼び掛ける。彼はその片岡の甥で山田といったのだ。
生徒たちを返した後、剣蔵は大吾とサキを家に招き入れ、大吾の姉礼子も前もってオッドマン財閥からの連絡を受けたこともあり、懐かしげにサキを迎え入れる。
後日姉の言いつけで十蔵の墓参りに付き合った大吾とサキ。悪態をつきつつ十蔵を参る大吾にここぞとばかりに相槌を打つ剣蔵。そこにあの山田が母親とともに墓参りに来ていた。
その母親は通りすがりながらも兄の葬式に来た女生徒の面影に似ていると告げるも、大吾がその遠縁の娘だと返す。そのうち話に花が咲き、大吾のおごりでかの財閥傘下の高級レストランでの食事に付き合うことに。この席で剣蔵が大吾だけに、山田の伯父片岡の死の原因たる学生組織の残党が復活したことをとある雲水に告げられたことを伝えるも、実は大吾もそれを承知で、今回の来日もそれに関してのことだったのだ。
やがて少し年季が入った一軒家をサキの新たな住まいとし、そこの管理人でもある一人の女性の世話を受けて、サキの新たな生活が始まる。
その一方で大吾はあの公安の一室にてあの局長と、現在鷹の羽学園の学園長を務めている女教師、そしてオッドマン財閥当主ジミーの立会いの下、先に剣蔵に伝えられた案件について語られ、それに伴いとある品を渡される。それはかつてNYで落とされたあのヨーヨーだったのだ。