誇り高き最強の虎
ロバート=ガルシア

龍虎2・ストーリーモード

ベースストーリー・オープニング

 ユリ=サカザキ事件の後、郊外の別荘で悠々自適な生活を送る。ここ最近本国の父アルバートから帰国を言い渡されるも本人はどこ吹く風。
今回もまた新たな刺激を求め、大会に参加するのだが。


ロバート=ガルシア

ロバート(プレイヤー)「そっくりさんのご登場かいな、わいも有名になったなあ」
ロバート(CPU)「技の腕前まではそっくりといかないからなあ、ほないこうか」

「そっくりなのは分かるけんど、本物のわいはもっと男前やで、おととい来いや」


ユリ=サカザキ

ロバート「まさかユリちゃんと仕合うんかいな、わいも心の準備できとらんからなあ」
ユリ「悪いけどロバートさん、あたしも手加減しないからそこんところよろしくね」

「ユリちゃんもほんま強なったなあ、せやけど後はわいに任せてゆっくり修行しやね」


キング

ロバート「うるわしの女戦士キングさんのご登場かい、ほなおてやわらかに頼むで」
キング「気を抜いたらすぐにやらせてもらうよ、この前のように本気でかかってきな」

「あいかわらず冴えたキックやなあ、たまにはゆっくりとグラスをかたむたいわなあ」


如月影ニ

ロバート「あんたがお噂の忍者さんかい、しかしこの格好テレビの見すぎとちゃうかいな」
影二「そういうぬしの口調には少し訛りがあるな、力なきものはよく吠えるというからな」

「やっぱり余裕ないんとちゃうか、いくらキレてる業でも当たらなきゃ意味ないで」


テムジン

ロバート「おっちゃんの小柄でもピリリと辛いか、こいつは楽しく仕合えそうやな」
テムジン「兄ちゃんもお金持ちそうダスから、仕合に勝って寄付を頼もうダスねえ」

「面白くてもやっぱ強いおっちゃんやね、まあ寄付の件は考えてやってもいいで」


ジャック=ターナー

ロバート「久しぶりに見せてもらおか、バイカーのジャックさんの実力ってのを」
ジャック「ケッ、おめえこそこのジャック様と闘えることをありがたく思うんだな」

「どんなに飛び跳ねても結局力業や、仕合ってのはやっぱ考えて闘うもんやで」


李白龍

ロバート「リーのじいちゃんかいな、張り切るのはいいけど急な運動は身体に毒やで」
リー「余計なお世話ぢゃて、ぬしの方こそ儂の爪と業で腰ぬかす出ないぞ、ひょー」

「こうまで強かったとはあらためて驚きや、その分わいらも頑張らんとあかんなあ」


ミッキー=ロジャース

ロバート「こいつは裏チャンプのミッキーさんか、わいでスパーリングなら受けて立つで」
ミッキー「お前とはいい仕合ができそうだぜ、俺が表のボクシング界に復帰するためにな」

「前とはちごうて信念のこもったパンチやなあ、そうでなきゃわいの空手にはかなわんで」


ジョン=クローリー

ロバート「サングラス新調したかいなジョンさん。こいつも渋くてかっこいいで」
ジョン「そんな余裕を持っている暇はあるかな、あらためてお前は鍛え直してやろう」

「武道家も軍人も鍛えるまでもなく常に強くなるもんやで、これもあんたの教えやな」


藤堂竜白

ロバート「おっちゃんてっきり国に帰ったかと思うたら、まだ居座ったんかいな」
藤堂「ぬしら極限流と決着がつかぬ限りおめおめ帰れんわい、かかってくるがいい」

「家族も心配しとるから一度帰った方がいいで、その上でまた勝負受けて立つからなあ」


リョウ=サカザキ(第7回戦)

ロバート「リョウ、久しぶりにお前と仕合できるな、今からわいも腕が鳴るってもんや」
リョウ「ああ、こうしてお互いの実力を試せるんだ、お互い全力でいこうぜ」

「今回はわいの勝ちやが、すぐに追いつくから次に備えてまた鍛えんとな」


タクマ=サカザキ(第8回戦)

ロバート「いよいよ師匠との仕合かいな、気い抜いたら負けそうやから、引き締めんとな」
タクマ「どうしたロバート、お主のすべての力と業、わしの前で存分にぶつけてくるがいい」

「やっぱ今のままじゃ師匠の域には達せられんからなあ、また修業のやり直しや」


Mr.BIG(第9回戦)

・仕合前

 勝ち残ったロバートの前に黒服の男が近付いてくる。
「優勝おめでとうございます」
ロバート「何やお前らは、何の用やねん」
「へへっ、今から面白いことが始まるんだよ。一緒についてきてもらうぜ」

 とあるビルの地下駐車場内、そこにBIGが待ち構えていた。
BIG「久しぶりだな、ロバート=ガルシア」
ロバート「やはりお前かい、またやられに来たんか、まったくこりんやっちゃな」
BIG「俺とても以前とは大違いだ、とにかく、少しの間おとなしくしてもらおうか」

・アンコンプリート(条件未達成時・そのままゲーム終了

「かくしてロバート=ガルシアは、Mr.BIGを倒し、最強武闘会・KING OF FIGHTERSを制した。
しかし、その裏には何か漠然とした何かを感じずにはいられなかった」
「ま、どないな奴でもドンと来いや」


ギース=ハワード(第10回戦)

・仕合前

 BIGを退けたロバートのもと、1台のリムジンが近づいてきた。
「お待たせ致しました、ロバート=ガルシア様。コミッショナーがお待ちです。ご同行お願い致します」
ロバート「お、わいに会いたいってか、ようやく真打ちの登場かいな」
 アップタウンのとあるビルの一室に連れてこられたロバート。
「ロバート=ガルシア様をお連れ致しました」
ギース「ようこそ、ロバート=ガルシア君、お会いできて光栄だよ」
ロバート「あんたが大会の主催者さんかい」
ギース「わたしの名はギース=ハワード、この大会の主催者といえば分かりやすいだろう。
    確かにこの大会にBIGが介入したが、君がそれを退けた。全てはわたしの目論見どおりになったというわけだ。
    そこで最後の仕上げというわけで、ここまでご足労してもらったというわけだ」

ロバート「どうせ断ったところで、あんたと闘わないかんやろ、とっととかかってきいや」
ギース「ほう、案外せっかちな奴だな、よかろう、どこからでもかかってくるがいい」

・仕合後

ギース「まさか、これほどの力とはな、どうやらお前を甘く見すぎていた」
ロバート「ど、どうや、わいの実力思い知ったやろ・・・うっ、何や!?
「ギース様、こちらへ」
ギース「今回のところはわたしの負けだ。ここは潔く引き下がることにしよう」
ロバート「どこへ行くんや、逃げるんか」
ギース「いずれこの借りは返さねばならぬ。ひとまずはさらばだ」
ロバート「また大変なことが起きそうやな、とりあえずカーマンと相談やな」


エンディング

 1ヵ月後、道場で門下生と練習に励むリョウのもとをロバートが訪れる。
リョウ「ロバートか、まだ家には帰っていないようだな」
ロバート「やっぱお前やユリちゃんが心配やからなあ、それよりも」
ロバート、門下生に向かって何やら話し始める。
ロバート「ええか、確かに踏み込みが肝心やが、それ以上に一つばっか、決め技も持たなあかん。こんな具合にな・・・・・」
 ロバートはオーバーヘッドキックを繰り出すも、バランスを崩し、そのまま背中から落ちる。
リョウ「おい、ロバート、大丈夫か?」
ロバート「あいたたた、まだまだ修行が足りんなあ」
 そんなロバートを中心に2つの円をのぞいてブラックアウトする。
高級車の中、初老の男が双眼鏡で遠くをのぞきこんでいる。ロバートの父、アルバートだった。
アルバート「ロバートめ、まだ帰る気しないようやな」
 そんなアルバートに傍らの男、ボディーガードのカーマンが話しかける。
カーマン「どうやら、わたしの出番のようですね」
アルバート「あ、いや、もうちょっと様子見んとな、近いうちまた大きな事件が起こるかもしれん。そのときに頼むわ」
カーマン「はっ」

(スタッフロールへ)