華麗なるムエタイレディ
キング

龍虎2・ストーリーモード

ベースストーリー・オープニング

 かつてはMr.BIG配下のバウンサーとしてその勇名をはせた男装の麗人にして格闘家。しかしユリ=サカザキ事件を機に離反。
永らくその姿を隠していたが、大会の開催を機に姿を現す。
 STG(サウスタウン・ギャング)主催のこの大会に、彼女の出場目的がその多額の賞金と噂がされているのだが。


リョウ=サカザキ

キング「しばらくだね、ここで今までの修行の成果を見せてもらうよ」
リョウ「そいつは楽しみだな、女だからって甘くは見られないぜ」

「今回は返したけど、あんたの力、こんなもんじゃないだろ」


ロバート=ガルシア

キング「久しぶりだね、今回は先のように手加減は出来ないよ」
ロバート「相変わらず気が強いなあ、ほな、お手柔らかに頼むで」

「なるほどね、リョウと負けず劣らずの実力だよ、次も楽しめそうだね」


キング

キング(プレイヤー)「おやおや、こいつはもう一人の私ってところかい」
キング(CPU)「どっちが強いか、ここではっきりさせてもいいけどね」

「こんな程度の実力で私を名乗られちゃ、お笑い草もいいところだね」


如月影ニ

キング「怪我しないうちにとっととニホンに帰りなよ、ニンジャボーイ」
影二「その前に拙者の身体に振れればな、女子(おなご)ごときには後れはとらぬぞ」

「殺気だけだから簡単に見切れたよ、もうちょっと落ち着いて闘いな」


テムジン

キング「一見地味だけど、こういう奴が油断できなさそうだからね、全力で行くよ」
テムジン「おお、キレイでカッコいいお姉さんダス、ワシも本気で行くダスよ」

「これほどの体術なんてね、見た目以上に楽しめた闘いだったよ」


ジャック=ターナー

キング「ジャックさんのご登場か、ここらで借りを返させてもらうよ」
ジャック「お前も腕を上げたつもりか、しかしそう簡単にはいかせねえぜ」

「これがあたしの実力さ、もうあんたにでかい顔させないよ」


李白龍

キング「リー爺さん相手か、しかし年寄りでも手加減できないよ」
リー「何の、ぬしの方もせいぜいツメの餌食にはならぬようにの」

「年をとっても結構な腕前だな、私の方も鍛えられちまったよ」


ミッキー=ロジャース

キング「久しぶりだねミッキー、あんたも足を洗ったって聞くけれどね」
ミッキー「おうよ、俺だってこんなところでくすぶってはいられねえぜ」

「ちょっと手荒になったけれど、あんたのファイトなら応援できるよ」


ジョン=クローリー

キング「こうしてあんたと闘えるとはね、青き疾風の力、見せてもらうよ」
ジョン「俺もお前との闘いは楽しみだ、お手柔らかに頼む、お嬢ちゃん」

「結構なレクチャーだったよ、その誇りもまた感じられたよ」


藤堂竜白

キング「そういやあんたも日本の武道家さんだ、さてどんな技を見せてくれるかい」
藤堂「我が藤堂流の業、まあお主の身にも刻み込んであげようかのう」

「こんなもんじゃ物足りないね、あんたの達人の意地、見せておくれよ」


ユリ=サカザキ(第7回戦)

キング「どうやら結構腕を上げたみたいだね、ここはお手並み拝見ってところだな」
ユリ「今までの修行の成果、まずはキングさんで試すのが一番ってとこだね」

「もうちょっとで勝てたかもね、それに懲りずにまたがんばりな」


タクマ=サカザキ(第8回戦)

タクマ「ほう、お主が勝ち残ってくるとは、これはいい機会かな」
キング「やはりあんたにはご指南いただきたいとは思っていたけどね」
タクマ「そいつは光栄だな、腰をすえてかかってきなさい」

「血は争えないってのはよく言ったものだね、まさに不敗の拳ってところだ」


Mr.BIG(第9回戦)

・仕合前

 勝ち残ったキングの前に黒服の男たちが近づいてくる。
「優勝おめでとうございます」
キング「うん、あんたたちは」
「まあ、あんたに会いたがっている人がいるんだよ。一緒についていってもらうぜ」
キング「まあ、今更だけど付き合ってもいけどね」

 とあるビルの地下駐車場内、そこにBIGが待ち構えていた。
BIG「久しぶりだな、キング」
キング「やっぱりあんたか、今度は何を企んでいる?」
BIG「お前の知ったことではないな、まあいずれにせよ、この俺の計画のため、お前にもしばらくおとなしくしてもらおうか」

・アンコンプリート(条件未達成時・そのままゲーム終了)

 倒れ伏すBIGを足元にたたずむキング
「こうしてキングはMr.BIGを倒し、最強武闘会・KING OF FIGHTERSを制した。
 その後、彼女の姿を見たものはいなかった。しかしこの街に再び陰謀の影が落ちるとき、その勇姿をこの街に現すだろう」
「ほとぼりが冷めるまでは静かに暮らしたいね、でもあいつらも放ってはおけないからねえ」


ギース=ハワード(第10回戦)

・仕合前

 BIGを退けたキングのもと、1台のリムジンが近づいてきた。
「お待たせ致しました、キング様。コミッショナーがお待ちです。ご同行お願い致します」
キング「さてと、ようやく本命のお出ましってとこか」

 アップタウンのとあるビルの一室に連れられたキング。
「キング様をお連れ致しました」
ギース「ようこそ、ミス・キング、これは噂にたがわぬお美しい方だ」
キング「ふふ、そんなクサいお世辞を言うために呼んだんじゃないだろう、色男さん」
ギース「これは失礼、わたしはギース=ハワード、この大会の主催者といえば分かりやすいだろう。
    確かにこの大会にBIGが介入したが、君がそれを退けた。全てはわたしの目論見どおりになったというわけだ。
    そこで最後の仕上げというわけで、ここまでご足労してもらったというわけだ」
キング「なるほどね、あいにくだけど私は強引な男は嫌いでね、とくにあんたみたいなのはね」
ギース「それは残念だ、だがせめて、このわたしの遊びにはお付き合いしてもらおうか」

・仕合後

キング「何とか対することができたけど、こんなものかい」
ギース「あまり本気を出してはかえって興ざめと思ったが、やはり失礼だったか、ここは一旦引き下がることにしよう」
キング「何、逃げるのか!?
「ギース様、こちらへ」
ギース「いずれこの借りは返さねばならぬ、さらばだ」
キング「これで終わったか、ひとまずは、ね」


エンディング

 とある病院の病室に入るキング。そこにはベッドで寝ている少年とリョウたちがいた。
キング「ただいま、ジャン、って、あんたたち、何で?」
リョウ「弟さんのこと、聞いたぜ、足、手術すれば治るんだってな」
ロバート「まあ手術代は張るけど、わいにとっちゃ小遣い程度やから心配はいらんで」
ユリ「やはり仕合は仕合だけど、こういうときはお互い様だからね」
キング「あんたたち、本当にありがとう」
リョウ「ところで、これからどうするんだ」
キング「うん、当分は静かに暮らしたいかな。でも、いつかは」
リョウ「そうだな」

(スタッフロールへ)