熊殺しのマッスルデビル
ジャック=ターナー

龍虎2 ストーリーモード

ベースストーリー・オープニング

 生来の怪力を身の軽さにものを言わせ、バイカーグループ・BRACK CATSを結成し街に勇名をはせていた。
 それに目を付けたSTGの圧力から永らくMr.BIGの傘下に甘んじていたが、
ユリ=サカザキ事件にてBIGの敗北を受け、ちりぢりになっていたメンバーを再び呼び寄せ、BRACK CATSの再結集を果たす。
 今回、グループのアピールのために参加を決めたのだが。


リョウ=サカザキ

ジャック「久しぶりだな、今度こそその腕っぷしごとへし折ってやるぜ」
リョウ「たいした自信だな、だがそいつも俺を捕まえられたらの話だがな」

「まだまだてこずっちまうがよ、腕をへし折るにゃもうちょっとブチのめさねえとな」


ロバート=ガルシア

ジャック「ここで会ったら何とやらだ、死なねえ程度にブチのめしてやるぜ」
ロバート「勝った気でいるようやけどな、冗談は休み休み言いや」

「勝負はいつでも腕一本だぜ、そんなまどろっこしい技で負けてたまるかよ」


ユリ=サカザキ

ジャック「お譲ちゃんが俺の相手だあ、怪我しないうちにとっとと帰んな」
ユリ「失礼ね、あたしを怒らせたらどうなるか、教えてあげる」

「なかなかやるじゃねえかお譲ちゃん、少しぶつかってのびちまったがよ」


キング

ジャック「まさか、お前女だったとはな、どうりて俺が楽勝なわけだったぜ」
キング「あんた、あたしが一番嫌いな言葉を、今から教えてやろうか」

「前よりはやるようだがよ、やっぱ女はしおらしいのが一番だぜ」


如月影ニ

ジャック「ニホンのニンジャかあ、怪我しねえうちにクニに帰った方が身のためだぜ」
影二「これで気を使うてるつもりか、なればぬしを倒してから考えようぞ」

「これで攻めてるつもりかぁ、ぜんぜんくすぐったいぜ」


ジャック=ターナー

ジャック(プレイヤー)「俺に双子の兄弟なんていたかあ、まったくブサイクなツラだぜ」
ジャック(CPU)「余計なお世話だぜ、ともかくおめえにゃ負ける気はしねえぜ」

「腕っ節だけじゃあ俺様は語れねえ、ニセモノはとっとと引っ込んでろよ」


李白龍

ジャック「とんだ猿爺さんの登場かあ、何か芸でもするってのかい」
リー「ふぬう、猿を馬鹿にするとは許さん、ここは懲らしめてくれよう」

「爺さんよぉ、やっぱ無理は早死にのもとだぜ、せいぜい養生しな」


ミッキー=ロジャース

ジャック「お次はボクサーくずれか、俺に挑もうとは笑わせるぜ」
ミッキー「調子に乗るのも今のうちだぜ、とっととブチのめしてオサラバさ」

「そんなヘナチョコパンチ、何発打ってもこの俺には効くもんかよ」


ジョン=クローリー

ジャック「ジョンの旦那か、永いこと戦場を離れて腕がなまっていねえかい」
ジョン「それより自分の心配をしたらどうだ、ミンチにならないように気をつけるんだな」

「まあ俺も、ある意味実戦でならした闘いだからよ、あんたにゃ負けられねえぜ」


藤堂竜白

ジャック「ブドウカのおっさんか、てっきり逃げたと思ったぜ」
藤堂「この藤堂、敵に向ける背中はない、ここは踏ん張ってみせるわい」

「ここまで打っても倒れねえとなは、これだけは敬意を払えるぜ」


テムジン(第7回戦)

ジャック「俺と力比べしようたあ、ここは軽くひねりつぶしてやろうかあ」
テムジン「ふふん、自分の力に溺れては、勝てる仕合も勝てないダスよ」

「投げられたのは多少こたえたがよ、この程度じゃあじゃれあいにもならねえぜ」


タクマ=サカザキ(第8回戦)

ジャック「空手のおっさんか、型どおりの技じゃあこの俺には勝てねえぜ」
タクマ「うむ、真の空手の何たるか、その足りない頭に叩き込んでやろう」

「流石に骨身に染みたな、リョウの親父だけあって侮れなかったぜ」


Mr.BIG(第9回戦)

・仕合前

 勝ち残ったジャックの前に黒服の男たちが近づいてくる。
「優勝おめでとうございます」
ジャック「む、てめえらはBIGの手下か」
「そうあせるなよ、ボスがあんたに用があるってさ」

 とあるビルの地下駐車場内、そこにBIGが待ち構えていた。
BIG「俺がいない間に威勢がよくなったものだな、ジャックよ」
ジャック「ヘッ、いつかはてめえをぶっ倒そうと思ったが、こうも早く機会が回ってくるとは思わなかったぜ」
BIG「ふん、お前ごときにこの俺が倒せるかな。ともかく、しばらくお前にはおとなしくしてもらおう」

・アンコンプリート(条件未達成時・そのままゲーム終了)

 倒れ伏すBIGを足元にたたずむジャック
「かくしてジャック=ターナーは、Mr.BIGを倒し、最強武闘会・KING OF FIGHTERSを制した」
ジャック「これでBLACK CATSの復活ってわけだな」
「しかし、この時点でジャックは知らなかった。これからの闘いが単なるギャングの抗争にとどまるわけではないということを」


ギース=ハワード(第10回戦)

・仕合前

 BIGを退けたキングのもと、1台のリムジンが近づいてきた。
「お待たせ致しました、キング様。コミッショナーがお待ちです。ご同行お願い致します」
ジャック「むぅ、ようやくおいでなすったか」
 アップタウンのとあるビルの一室に連れられたジャック。
「ジャック=ターナー様をお連れ致しました」
ギース「ようこそ、ジャック=ターナー君、お会いできて光栄だよ」
ジャック「おめえか、今まで仕切ってた奴は」
ギース「まあ、そういうところだ、このわたしの役に立ちそうな人材を見つけるべく大会を開いたのだがな」
ジャック「ケッ、てめえをぶっ倒して今度こそこの俺が優勝ってこったな」
ギース「果たしてそううまくいくかな、ともかくこのわたしの遊びに付き合ってもらおうか」

・仕合後

ジャック「どうでい、このジャック様の実力は」
ギース「なるほどな、貴様とてただの力バカではなさそうだな、だが」
ジャック「な、逃げんのか、待ちやがれ」
ギース「あわてるな、いずれお前ともじっくり相手をしてやろう。ひとまずはさらばだ」
ジャック「最後までいけずかねえ奴だったぜ」


エンディング

ジャック「さて、BIGの野郎をやっつけたしこれで晴れてBRACK CATSの復活ってわけだ」
「おめでとうございやす、親分。これで一味は元通り、新しい仲間も増えたことだし、これから極限流をブチのめしやすか?」
ジャック「バカヤロ、奴らは正々堂々かからねえと意味ねえんだよ。それよりギャングどもに奪われた縄張りを取り戻すんだよ」
「そいつは楽しみすねえ、久々に暴れられるっす」
ジャック「よーし野郎ども、俺たちの復活を祝って街中をひとっ走りだ」
「おおーっ!」
この時点でジャックは知らなかった。これからの闘いが単なるギャングの抗争にとどまるわけではないということを。

(スタッフロールへ)