ONE PIECEレビュー総集編(その7)

このページでは主に今までネット等でしたためた
ONE PIECEのレビューをこの場でまとめてお送りする運びです。
ひとまずのヒマ潰しということでお目を通して頂ければ幸いに思います。

 第91~93巻(ワノ国編第一幕~第二幕)
911:ヒヒと狛犬の争いの中、偶然助けた少女お玉に歓待を受けるも、そのお玉が体調を崩し天狗にとがめられる。その中でお玉がエースを待っているというのだが。それから最悪の世代の一人、今やカイドウの部下ホーキンズが来訪する。再びの激突は必至ということか。
912:エースを待ち焦がれるたまにその死を知らせるルフィ。考えなしなのはいつものこととして失意のたまを病院に連れて行くべく妖刀をたずさえ無法の荒野に。そこでゾロと再会、ついでにホーキンズにも出くわした。ある意味難敵との激闘は必至か。
913:最悪の世代、バジル・ホーキンズ、ワラワラの能力を駆使してルフィたちを翻弄するまさに難敵だった。ひとまず逃れてから先に助けたお姉さんの助力を経るに至るのだが。そして謎の力士と出迎えのベポたちもまた。
914:ひとまずたまの毒も抜け、ささやかな誕生日のお祝いも済ませたのもつかの間、なんと幕府の手の者にその能力を買われてさらわれてしまう。それを助けんとルフィとゾロ。そして訳ありのお菊が救出に向かう。それを知らされたローもまた。
915:捕らわれのたまを救うべく、敵地博羅町に殴り込んだルフィたち、まずは無頼の横綱浦島が立ちはだかるもまずは同行の菊が一太刀浴びせるが。
916:マゲを斬られ怒り心頭の横綱浦島、しかしここはルフィが力押しで退ける。能力の秘密を探らんと痛めつけられるたま、そんなたまを助けんとホールデムと対峙せんとするもホーキンズ、そしてローの介入となるのか。
917:捕らわれのたまを救うべくホールデムと対峙するルフィたち。ひとまず救い出し、たまの落とし前とばかりにブチのめしたがその後に控えるジャックの逆襲もひとまず気になるが。でも今はもう一人の真打スピードとホーキンズと対峙するローも気になるのだが。
918:たまの落とし前でホールデムを撃破し、ついでにスピードを手なずけた、そしておこぼれ街に物資を届けていく。これであのジャックとの激闘も必至になったが、最後の墓標の群れは何を物語るか。
919:ひとまずたまたちの腹を満たさせたルフィたち、廃城にてキンやナミたちとも合流し今後を話し合うが、ここで錦えもんたちが過去から飛ばされた人間だと告げるが。あとオロチ一党もまずは民をひとまず掌握できたみたいだが。
920:滅ぼされた光月家は時を越えて打倒カイドウとオロチに向けて立ち上がる、すべてはこれからということで。
921:打倒カイドウに向けて準備を整えんとするルフィたちだが、おこぼれ町にて盗賊とジャックとの抗争が、そして巨大なる龍、なんとカイドウの化身だった。今回ばかりはシャレにならないのか。
922:龍に化身したカイドウの圧倒的な力。突然の来襲はあくまで気まぐれでなぜか酒天丸を追っておでん城跡を攻撃する。誰もがなす術ないと思われたが城跡を破壊されてはやはりルフィが黙っていられなかったか。この絶対の強敵を前に本当にどうなるのか。
923:何もかもを破壊し尽くすカイドウに多くを傷つけられたルフィの怒りの猛攻も、本気の一端を顕したカイドウに一撃で倒された。この絶望的ともいえる状況で、果たしてどう抜けるかが問題なのだが。
924:カイドウに倒され捕らわれたルフィ。しかしその闘志は未だ失ってはいなかった。そしてその傍らにはキッドの姿も。一方でナミたちは無事、たまも深手を負いながらもひとまず無事。ともかくも戦力の立て直しを図りつつも一旦幕は下りる。しかしルフィが敗れる報を目にした他の一味はともかく、ロビンの動揺はある意味やっちゃいけなかったなあ。
925:やはりモリアが生きていて、まさか健在だったとは。ひとまず黒ひげティーチに誘われて仲間に引き入れられるのか。あとルフィサイドも立て直しを余儀なくされるのもいいけど、ジャック以上のつわものもやはり現れたか。
926:戦力の立て直しと裏工作も着々勧められていく中、捕らわれのルフィはともに捕らわれのキッドと張り合いながらも看守たちをも退けつつ機をうかがっているようにみえるのだが。
927:ソバ屋のサンジに因縁をつけるチンピラを退け、知り合った禿の少女と知り合い、ついでに花魁の小紫の噂を耳にする。その小紫は将軍オロチのお呼びとなるのだが、はたしてオロチのこの姿は。
928:カリブーを交えて脱出の気をうかがうルフィ、一方都では花魁の小紫太夫が将軍のもとへ向かう。その小紫太夫、金持ちから金をせしめ、用済みとなればあっさりと棄てる一物ありの女だった、しかしその裏に何かあるというのか。
929:カイドウの屋敷図を求めて悪戦苦闘する中、乱恥気騒ぎの将軍オロチ、よもや世界政府にも手を伸ばしていたとは、サンジたちの報復のためかのドレークまでも乗り込んできたか。
930:えびす町での歓待を受けるゾロだが、どこか心から笑えないきらいを感じているか。それにつけても噂のうしみつ小僧とは。一方来襲したマムをひとまず退けたカイドウ、これで終わりとは思えないか。そして都で狼藉を働く暴竜ページワンに、サンジが踏みとどまる。その手には禁断の利器が握られているが。
931:忌むべき力をもってページワンに挑むサンジ、望まぬ技術で望んだ力を得るとはなんという皮肉か。一方ロビンもお庭番の尋問を受けんとし、さらには浜辺に打ち上げられたマム、記憶を失っているというのだが果たして。
932:お庭番に捕らわれたかと思いきや、分身で難を逃れたロビン。一方宴席での些細なことで手打ちにされんとしたおトコをかばった小紫に将軍オロチが本性を現して襲いかかるが。
933:狂乱のオロチからおトコを救ったはいいけれど、肝心の小紫が狂死郎に斬られてしまった。果たしてその真意はいかに。それから記憶を失ったマムだが、果たして使いこなせるのか。
934:ひとまずページワンを倒せたサンジ、同じく脱出できたロビンたち、しかしマム一党は健在なのをはじめ、それらに対してまた仕切り直しにかかるだろう。一方囚われのルフィはまたいたぶられているヒョウジイを助けんとまた人暴れせんとするのだが。そこに現れるクイーンはいかなる難敵なのか。
935:虐げられたヒョウじいを助け、大暴れの末再び捕まったルフィ、はたして脱出できるのか、さておき今回は久方ぶりのセクシーショットだな。
936:地獄相撲を課すクイーンだが、海楼石のハンデを外したのは余裕の現れか。一方湯屋の手入れに下心のサンジが助け出す形となったが、そしてゾロはとある武者と対峙するのだが。
937:激闘続くルフィのもと、マムもかの地へと向かっているが。一方のゾロは謎の僧兵牛鬼丸と対峙のさなか、女子供を襲う謎の刺客とも対峙し混戦で苦戦するも何とか退けるが、おトコを匿う彼女はまさか。
938:決起の件か露呈し騒然となる都内外、変わり果てたサンジはナミがとっちめたみたいだ。一方倒れたゾロを介抱した小紫、なんとというかやはりモモの妹日和だったか。
939:モモの助らを送られ、自らは残って今に至った小紫、その屈託のない笑顔は本心の笑顔だろう。一方で反逆者狩りとルフィらの処刑が進むなか、秘めたる覇気の力を目の当たりにしてかつての強者ヒョウ五郎も再び立ち上がるか。
940:不協和音の中のナミたちのもとに、小紫に棄てられた坊主たち、一方で太鼓持ちトノヤスも何やら一物隠し持っているみたいだが。また一方でルフィも業の習得とともに決起の時を雷ぞうに伝えられたが。そしてもう一人のある意味破滅の使者が。
941:さらなる混乱のただなかに巻き込まれるワノ国。そこに小紫の葬儀とともに都を騒がせた大泥棒こと太鼓持ちトノヤスこと元大名康イエの処刑も行われんとしていた。そこに娘のおトコも駆けつけんとしそれを追うゾロと日和。そしてルフィたちの運命やいかに。
942:太鼓持ちトノヤスことかつての大名康イエ。この国の現状を憂いつつ、笑顔とともに望みを託しオロチらの凶弾に斃れる。それを悲壮なる笑いで送る民衆。すべてはこれもカイドウがまき散らした毒によるものだった。その声なき慟哭と怒りに応えるものはいるというのか。
 第94~96巻(ワノ国編第2幕(承前)~第3幕)
943:康イエの死に際しても悲しむどころか笑うことしかできなくなった民衆。それはカイドウのSMILEとそれを支配の道具として利用したオロチの凶行によるものだった。それに静かな怒りを込め二人の漢が立ち上がるか。
944:ゾロとザンジ、そして一味が入り乱れて花の都は大乱闘。一方監獄ではあの刺客とキッド、しかも刺客はキッドの相棒のキラー、これはやはりあのSMILEなのか。しかしそこにはマムが近付いているというのだが。
945:いまだ混迷のただなかの一味。一進一退の攻防とはいえやはり不利な状況には変わりはない。そんな中ついに到着したマムとクイーンが対峙。記憶を失い腐っても四皇。はたして側近たる暴竜クイーンをどう仕留めるか。
946:クイーンを倒したもののお目当てのしるこをルフィに喰われたことを知り、記憶のないまま怒り心頭のマム。対するルフィもすべての枷を取り外し、ヒョウ爺からその感覚を思い起こすよう言い渡されるまま再びマムと対峙することになるのだが。
947:かつてレイリーが見せた覇気の業をマムにぶつけんとしたがやはりマムは強かった。しかもクイーンによって記憶も戻るもひとまず動きを封じられる。しかし機転で兎丼を離れていったが、その隙にルフィの反撃も本格的になったのだが。
948:ルフィいよいよ反撃開始かと思いきや心を折られた囚人たちに阻まれる。対して菊たちも立ち上がり、ついには河童の河松も解放される。ここに戦力も出そろって本当に反撃開始か。
949:反撃に転ずるルフィたちだが、疫災の力で威迫する看守たち、しかしルフィの魂の呼び掛けで捕らわれの侍達の心を魂を呼び戻し、かくして兎丼は落ちるに至ったが。
950:兎丼は陥落したが不安要素はまだまだ多い、まずキッドの心は折れたまま、というかもともとひね曲がっているかもしれないが。九里のアシュラは同士の墓標を前にそのかたくなな心を開き助力を了承する。ゾロも本格的な反撃のため刀を取り戻さんとするのだが。そして結局捕らわれたローの不敵な笑み。こちらも反撃の気を読んでいるのか。
951:幕府の手を逃れ、ひとまず戦力の立て直しを図る一味。一方捕らわれのローは人質の仲間を解放し、一人収監されるのだが。そして鬼ヶ島ではマムとカイドウがついに対峙四皇同士の対戦はまさに天を引き裂く勢いだが。はたしてここからどう動くのか。
952:兎丼を制圧し、ババヌキら看守をも手なずけたルフィたち。一方でゾロと牛鬼丸との対峙も河松の水入りでひとまず収まった。やはり完全なる敵ではなかったか。そんな彼らにもカイドウの手の者が。はたして牛鬼丸はどう動くか。
953:かつて日和と別れ、放浪の果てに出会った化けギツネ。日々を過ごして河松の大義を受け継ぎ、僧兵牛鬼丸として今に至った。一方ゾロには新たな刀が与えられるというのだが。
954:奪われた秋水の代わりに日和の閻魔を与えられることになるゾロ、河松は難色を示しているが。一方で反抗の勢力は着々と整いつつあり、ルフィは新たなる力の習得に余念がない。また一方でローがホーキンズを返り討ちにしたが、これも裏がありそうだ。そしてカイドウとマムがまさかの同盟を組んでしまい、一方で強大なるナンバーズも敵陣営に参入する。こちらの方がよほどの大ごとなのだがはたしてどうなることやら。
955:日和から託された二振りの刀、持ち主の覇気をも吸い取らんとするまさに妖刀だったが、ひとまずそれを制御するゾロ。一方ルフィも奥義流桜をモノにせんとしている。そしてそれぞれの想いを胸に来る火祭りに臨まんとしている。はたしてワノ国、そしてルフィたち一味の運命やいかに。かくて物語の第二幕は幕を下ろすのだが。
956:一方世界会議を経た後で衝撃的なニュースが駆け巡っていた。革命軍サボの戦死から始まり、ビビたちアラバスタの異変、そして七武海撤廃の報せとある意味凶報ぞろいで世界中を震撼させたのだが。一方でコビーが、特務部隊に所属しいていたのはいいけど、あのドレークとも連絡を取っていてしかも彼が隊長なのか。
957:いにしえの大海賊ロックス。そしてかつて彼の配下だった四皇、カイドウ、ビッグマム、そして白ひげ。今の彼らの強さとともに、その危険性をもあらためつつ現在の状況を危惧をするが。たしかに今の状況がワノ国を中心に回っているのは気になるところなのだが。そのロックス打倒にガープとロジャーが共闘、それが二人の因縁のはじまりだったか。
958:遠き日のロジャー一党とおでんの誓い。それから時は流れ第三幕が上がり、いよいよ火祭りの討ち入り、しかし港は嵐。それは昨日の事件が関与しているというが、これはいかなるものなのか。
959:来る決戦に向けて意気上がるルフィをよそに、すでにオロチによって路が遮断され、身動きが取れない状態になっていたのだが。そんな中、おでんの過去が明かされることになるのだが、はたしてどのような物語が語られるのか。
960:かつてのおでん、幼き頃より破天荒な生き方を送り、今もまた友の弔いもまた破天荒。それをやっかむものもあれ、慕う者もまたいたのだ。そんな彼の前に強大な獣が立ちはだかる。はたしてその先に待つものは。
961:突如来襲した山の神、体を張って食い止めんとした錦えもんを退けて自らが立ち向かったおでん、ひとまず鎮めることができたが今度はスキヤキからの絶縁状、ついで身を寄せた康イエのもとには若きオロチが、はたしてこの取り合わせは何をもたらすのか。
962:出奔後に続々と家臣を集め、ついにはワルのたまり場の九里の大名となるおでん。しかし異変は海の向こうから訪れる。一方で康イエのもとのオロチも不穏な動きを見せ始めるのだが。
963:流れ着いたイヌとネコを合わせて彼ら赤鞘の侍たちの誕生。そして白ひげ一党との邂逅を描かれたが、それにしても山の神、よく生きていたな。
964:白ひげと接触し、船に乗り込んだおでん、イゾウとイヌネコも伴い、そして紆余曲折の末途中謎の女性トキを拾い、彼の夢にまで見た冒険の日々が繰り広げられるかに見えた。そんな彼の活躍を見守っていた人物もいたのだが。
965:順調に白ひげのもと航海を続けるおでん、一方でオロチが謎の老婆にそそのかされ陰謀を巡らせる。そして訪れるロジャーとの対峙の時。はたしてどのような運命が待ち受けるのか。
966:白ひげとの激闘の末、彼の配下となっていたおでんを預かることとなったロジャー。彼の残された刻のため、最果ての地ラプテルを目指し、再び航海を続ける。はたしてその先に待ち受けるものやいかに、と言っておきたいが。
967:ロジャーとおでんの航海は続けられ、W7、魚人島と次第に革新へと迫り、ついには最後の島で、皆の笑いとともにこの島“ラフテル(笑い話)”と名付ける。これが究極の秘宝と関係があるのか。あとバギーとシャンクスがそれに加わらなかったのがこれからの伏線ともなるだろうか。
968:航海を終えて海賊王の称号を手にしたロジャー、一党を解散して後、まだ肝心なことは話さないが、同じく別れて故郷に戻ったおでんは、変わり果てたワノ国の現状を耳にし、その元凶たる今や奸物と化したオロチに刃を向けんとするのだが。
969:いざオロチを斬らんとするも、能力者の側近に阻まれ引き下がらざるを得なかった。その側近の老人たちにも語るべきことがあるだろう。いずれにしても道化を装い時を置き国の乱れの元凶たるカイドウを討つべく今一度おでんは立ち上がらんとするのだが。
970:おでん怒りの猛攻でカイドウを追い詰めるもモモ之介ら子供たちを人質に取られ結局敵の手に。そして無情にも刑場の露と消えんとする。それが次にどう繋がらんとするのか。
971:ついに始まったおでんの公開処刑。それに際しても執念で機をうかがうおでん。しかしオロチの口から出たのは、この国に対する怨念そのものだった。それに対しておでんもまたその怨念を殺ごうとした。そしてその帰結したものは何か。
972:家臣たちを守るために釜茹での刑を耐え抜いたおでん。しかしオロチも約束を守るわけもなくそのまま銃殺刑に踏み切った。そんなおでんも家臣たちを逃がし、自分は潔く刑場の露と消える。そして残された妻子たちにも運命の時が訪れんとするが。
973思い出ともに墜ち行く九里のおでん城、モモの助と家臣を未来に逃がし城と運命を共にするトキ。そして残されたる者たち。小紫に身をやつした日和はともかく、狂死郎は傳ジローだった。これで先の騒動の顛末も合点がいったが。
974:怨念も遺恨も呑み込みつつ月日が流れ今に至って、なんとカン十郎が裏切り者、そして黒炭の一族の一人だという。すべてはオロチの思惑通りだというが、対するルフィたちもひとかどの大海賊。そう易々やられるはずはなかった。そして今一つで反撃の狼煙も上げられるはずなのだが。 
第97~99巻(ワノ国第三幕その2)
975:迫りくるカイドウの軍勢をまずはいがみ合いながらも船長連合が退け、いくつかの偶然が重なり、そして駆け付けた狂死郎こと傳ジロー一党の参戦でようやく反撃の開始と相成ることとなるのか。
976:ひとまず大勢を立て直したルフィたち、しかしカン十郎を取り逃がし敵の増援も来襲してきた、と思えば今度はジンベエが戻ってきた。これで今度こそ反撃開始といきたいところ。
977:ジンベエ参入で意気上がるルフィたち。いざ宴といきたいがここは周りの戦況を受けていったんはお預け。ひとまず鬼ヶ島の周りの敵を退けてもまだ敵の陣容は未だ厚い。マムやカイドウはともかく、そのカイドウの息子とやらもひとまずは気になるところなのだが。
978:ついに鬼ヶ島に上陸した連合軍。船を打ち捨て変装をして、いざ決戦の地へ。しかし敵の陣容はやはり厚く、ことにドレークをはじめ飛び六胞はいずれも曲者ぞろいだな、いろんな意味で。
979:討ち入りが始まりそれぞれ攻め入っている中、やはりルフィとゾロが先行しウソップたちがそれを追うのか。あとカイドウ側もヤマトとかいう息子の件で少々もめているとか。そしてルフィ。しるこの件で文句をたれる兵士を見かけ、なぜか静かな怒りの炎をともすのだが。
980:おしるこがきっかけでルフィの怒りに火が灯り、結局ゾロを交えて乱闘と相成った。そこにアプーが立ちはだかりなぜか大苦戦、やはり相手の実力が分からないとかえって苦戦も当たり前か、しかし裏切りの恨みからキッドが助け舟を出す形でひとまず難を逃れたのだが。
981:ひとまずアプーの猛攻を切り抜けたルフィ。同じくサンジの寄り道も空振り、錦えもんたちも合流せんとする。一方でマム一党は再び上陸せんとするも今度はマルコに退けられた。やはりルフィたちに参戦せんとするのか。それにしてもチョッパーが遭遇したのはやはり。
982:カイドウのもとに連れられたモモの助、しかし小心なオロチは何としても亡きものにしたくてたまらない。いずれにせよある程度の絶体絶命のモモ。しかしルフィたちも着実に進行しているのは確かだけど、そんな中飛び六砲のうるティとルフィが遭遇してさてどうなるかということで。
983:なおも厚いカイドウの包囲網の中、うるティ姉弟と対峙するルフィ。たしかに強敵だがそうそう苦戦というわけにはいかなかった、しかし割って入った鬼面の男、カイドウの息子ヤマトと名乗っているのだが、はたして彼は敵か味方か。それにしてもやはり生きていたのかパウンド。
984:ルフィとの対峙の末、ようやく己の素性を語ることができた実は女の子だったヤマト。カイドウの息子として育てられた彼女はひそかにおでんを尊敬していたのだ。一方で討ち入り及びモモの助奪還に乗り出さんとする侍連合の中、マルコ及びイゾウが合流。本格的に反撃にかかることになるのだが。
985:対峙するカン十郎と菊之丞たち、その一方でいよいよカイドウがオロチを斬り捨てワノ国の乗っ取りを宣言する。すべてはあのお宝を手に入れんがために。それを阻止せんとルフィ、そしてヤマトが立ち上がる。はたしてどうなるか。
986:裏切りの旧友カン十郎を討ち取って後、カイドウのもとへ乗り込んでいく赤鞘の侍たち。一方なけなしの勇気を振り絞り名乗りを上げるモモの助をよそに蜂起を呼び掛けるカイドウにワノ国旧臣も続々投降する。しかしカイドウのもと、ルフィとヤマト、そして赤鞘の侍たちもまた続々攻めてくるが。
987:過去の古傷とともに赤鞘の侍たちと対峙することとなったカイドウ。敵味方ともに戦力が出そろったがやはりマムとの共闘の敵陣営はやはり強大だ。しかし味方には満月を前のミンク族がいる。はたしてどう転ぶのか。
988:スーロン化したミンク族をも交え、過熱化するカイドウ、マムとの激闘。ひとまずはジェルマ化したサンジの手でモモの助は救出し、ひとまずは形勢は逆転、できたのか。
989:フランキーやジンベエらの優先によりビッグマムも押し返されさらにクイーンたちの追撃も何のその、久しぶりに一味全員が集結した今のルフィには負ける気はせずに敢然とカイドウ一党に立ち向かわんとする。はたして勝機は見えるのか。
990:八面六臂の大活躍、言い変えれば大混乱続くカイドウ軍との決戦。そんな中不協和音が響いたかと思えばドレークの裏切りが露呈してしまった。まさか海軍とつるんでいるとは言えず、ひとまずルフィとの共闘を持ちかけるがこれもどうなることやら。
991:追われたドレークを受け入れかねる面々にさらに襲い掛かるアプーをはじめとする強敵たち。一方でカイドウに対する赤鞘たち。意外と健闘する彼らにカイドウの一撃が放たれるも、もはや臆する理由もなし。それを切り裂き自らの覚悟を見せつけるのだが。
992:侍たちはまず各々の業で、そしておでん直伝の業でカイドウを追い詰めていく。その一方でマムとマルコが何やらの交渉を持ち掛けていくがこれもまたいかに。
993:祭りを通じての国民のささやかな願いをよそに、敵味方の攻防は今も続いている。そんな中、侍たちに追い詰められたかと思いきや、やはりさほどには攻撃も通じず、反撃に転じられ一気に形勢逆転なのか。
994:大きすぎる手傷を追ってもなおも闘志を失わない侍たち。一方ある程度の雑魚を蹴散らし進む一味。またクイーンのウイルスも猛威を振るっているがそれを食い止める手立てはあるのか。そしてヤマト、かつての覚悟とともに彼女もまた立ち上がるのだが。
995:マルコとの激闘にミンクたちの加勢、ウイルスをめぐってのアプー争奪戦、しかし肝心のチョッパーに感染したのは気になるところ。そしてウソップとナミもうるティにやられて大ピンチかと思えば、なんとたまが助太刀に。はたしてそれらが今回の激闘の行方にどう繋がるか。
996:たまの参戦を機に強敵うるティを振り切ったナミたちをはじめ各自勇戦するルフィたち連合。そんな中ローは自らの出自を問いつつポーネグリフに何故か目をやる。そしてサンジ、はたして謎の遊郭を前に羽目を外してしまうのか。
997:この非常時にまんまと敵の罠にはまってしまったサンジ、一方なんとかアプーを倒し、ウイルス治療の糸口をつかんだゾロとチョッパー。そこにマルコも参戦して一気に強敵クイーンを討ち果たさんとするが、なんとカイドウが島を動かして一気にワノ国を制圧せんとするのだが。
998:浮かんだ島が都に侵攻していく中、件のウイルスはマルコの焔でひとまず収まり、クイーンはドレークが当たることに。そしてそれぞれが反撃に転じんとしていた。しかし肝心のサンジが女の色香に惑いつつある中このまま餌食になるというのか。
999:話はエースとヤマトの対峙から始まり、その縁からルフィたちが、そしてマルコが百獣一党に立ち向かう。しかしカイドウの野望は着々と進み、ビッグ・マムを交えてそれを成就せんとするのだが。
1000:未だ圧倒的なカイドウの軍勢に引き続き果敢に攻め込む一味。そんな中ヤマトがエースを通じて託されたおでん、そしてルフィの想いをモモの助に託す。そして倒れ伏す赤鞘たちとその前に立ちはだかるカイドウを前に、ルフィもあらためてその闘志を燃やす。己の強き意志を込めての名乗りとともに。
1001:勇んでカイドウらに挑んだルフィにカイドウもかつてのつわものの面影を垣間見てわずかに脅威を覚える。それでも強大なるカイドウの実力に張り合いながらもローたち世代連合の援護もありなんとか喰らい付くのがやっとに見えるが、はたして最強と最凶、どちらに軍配が上がるというのか。
1002:カイドウとビッグ・マムに果敢に攻め込むルフィたち新世代連合。しかし相手は海賊の頂点たる四皇の二角、攻めては押される一進一退、しかしルフィに雷は効かず、そして炎をもものともせず、その隙にカイドウへの渾身の一撃が炸裂するのだが。
1003::いざという時にパワー切れのルフィ。巻き返すのに時間がかかるのもさることながら、CP-0のいうカイドウ軍の陣容の厚さに結局制圧も必至というが、はたしてこのままむざむざやられてしまうというのか。
1004:CP-0が予想するカイドウ軍の圧倒的物量。それを覆すたまのきびだんご作戦が着々と進められ、ついにはササキやうるティらをも打ち倒すにいたる。一方でサンジを捕らえ続いてロビンを狙わんとするマリア。その一方傷付いた侍をも狙わんとするもそこに何かが近付いてきたが。