ONE PIECEレビュー総集編(その6)

このページでは主に今までネット等でしたためた
ONE PIECEのレビューをこの場でまとめてお送りする運びです。
ひとまずのヒマ潰しということでお目を通して頂ければ幸いに思います。

第76~78巻(ドレスローザ編その3)

753:幹部たちに苦戦する闘士たち、しかしルフィのために道を開かんとする。ベラミーもドフラに真意をたださんとするが、やはりドフラの闇も深い。あと工場のトンタッタも解放されんとするがそれが功名の一つとなるか。
754:ついにカン十郎を救出。ここで一気に捨てられた市民をも助け出さんか。一方でピーカと対峙するゾロ、駆けつけたレベッカに気を取られたピーカを一閃、手ごたえはあったか。
755:工場を解放せんと、セニョール・ピンクと工場長キュイーンに立ち向かうフランキー、しかしマンシェリー姫は未だ城の中、はたして。
756:襲い来るは巨大な頭割り人形。目覚めたシュガーの怒りの大逆襲か。一方レベッカがディアマンテと再び対峙するのだが。
757:ディアマンテと対峙するレベッカを救ったのは、いつでもそばにいた父だった。一方で藤虎はサボと激闘しつつも何かを待っているようだ。そしてローの枷が解かれ、ついに終局へと向かうのか。
758:頭割り人形よりも怖いシュガーの忘却の能力。それをさせじとウソップが皆の力を借り、そしてなんと覇気に目覚めての狙撃でシュガーを再び撃破、そしてついにルフィとローはドフラのもとへとたどり着くが。
759:ベラミーをも操るドフラの卑劣さにルフィとローの機転で一撃を浴びせる。しかしドフラなだけに次はどんな手を使うか、そしてローの過去とは。
760:一撃を浴びせたかと思えばすぐさま押し返された。さらに衝撃の過去を語るドフラミンゴ。一方で結局国王にすがる民衆たち、そして藤虎の賭けとの真意は。
761:なおも押されているルフィたち。ここにきてドフラが奪った秘宝やら不老不死の秘術やら、そしてコラソンの過去やらと一気に核心についたかな。そのコラソンもはじめ何やらアブない奴に見えるが。
762:明かされる白い町の、そしてローの悲劇。その後ローが後の恩人のコラソンに手をかけるのだが。
763:ドフラミンゴの忌まわしき過去、そしてローはコラソンを指したことを伏せられ、過酷な英才教育を受ける。そしてローの真名、彼もまたDの一族だったか。それを知ったコラソンは沈黙を破るのだが。
764:ローの病を治さんと奔走するコラソン。一方海軍ではヴェルゴが、そしてドフラミンゴが動き出す。運命の日は近づきつつあるということか。
765:ローを治すため、オペオペの実を見つけたコラソン。音もなく、というか音を起こさず事を成したかと思えば、最後の最期でしくじったか。
766:結局この時点でオペオペの実を食べることになったロー、そしてヴェルゴ急襲と鳥カゴの悲劇の帰結はいかにというところか。
767:父に手をかけたドフラ、狂気はそこから始まった。ローを安全な場所にかばい、コラソンことロシナンテは凶弾に斃れる。大いなる悲しみとともに、遠い日は過ぎていく、のだが。
768:島内は未だ一進一退の攻防が。決着は近いというけれど、まだまだ隠し玉が潜んでいるから。一方お互いの素性を知ることとなったドフラとロー。ひとまずはローが1本取ったが。
769:ひとまずは追い詰めるも接近戦ではやはりドフラが一枚上手。腕を切り落とされたローは大丈夫なのか。そしてあくまでドフラの部下として、最後の戦いを挑むベラミー。半ば倒されることを望む彼にルフィはどう応えるのか。
770:ルフィが手負いのベラミーに手こずっている間、ゾロや闘士たちは幹部たちに手こずりつつも着実に戦果をあげる。そんな中、巨人ハイルディンがエルハブの誇りにかけてマッハバイスの超重量攻撃を跳ね返していくのだが。
771:今回はサイとベビー5の色恋沙汰が絡んだ戦いが。なぜかチンジャオとラオGも絡んで事態は泥沼化。しかしサイもチンジャオを実力で説き伏せ、Gの死にかけ拳法も叩き伏せ、ついにはベビー5の心も解きほぐし、まさに頭領の貫禄で勝ってしまったな。
772:いまだ混戦の体を成している戦況だけど、その中で優男然としたデリンジャーがその凶猛で手長族のイデオをまでも退けるも、次に対するはハクバと化したキャベンディッシュに蹴散らされるか。
773:デリンジャーを蹴散らしハクバと化したキャベンは自分の中のハクバと闘いひとまず収め、それに応えるかのごとくバルトもグラディウスを身体を張って倒しまた男を上げたか。
774:何と倒した幹部たちをマンシェリー姫を使って戻ってきたジョーラが甦らせようとしていろいろ強迫した。そこにレオが阻み、今度こそジョーラを倒す。助け出したマンシェリーはやはり癖のある子だけどここで説き伏せればある程度役に立ち、次こそ勝利の切り札となるか。
775:フランキーとセニョール・ピンクとの男の闘い。そのピンクには哀しい過去が、ある意味彼が曲者ぞろいのファミリーの中で一番の普通の男だった。それが故に自らを飾った、まさに哀しい男をあえて倒し、彼の男を立てたフランキーだったか。
776:ディアマンテとキュロスとの決戦はキュロスが傷だらけになりながらも娘レベッカを守りきりつつ見事ディアマンテを討ち倒し、ここに本懐を成し遂げた。そしてファミリーの一角はここに崩れ去ったのだが。
777:とどめはスカーレットの墓標のもとで、ディアマンテを討ち取り、万感の思いで受け止める王とヴィオラ。そしてレベッカとキュロス。しかし続くはピーカ。島そのものを駆使してまずは王に襲い掛からんとする。まさに絶体絶命の危機にゾロがついに本気モードを出し、ピーカを討ち取らんとするのだが。
778:リク王に襲い掛からんとするピーカ、そんなリク王も最後まで王の威厳を保ちつつも民の盾とならんとしていた。そこにゾロも戦士たちの力を借り、ピーカを一刀両断、岩の身体を刻みつつついに本体を斬り捨てる。そして最後はエリザベローの虎の子キングパンチ。こうして最大の危機の一つは回避できた。
779:ピーカを倒し、工場も破壊し、決着は近付きつつある中、一方でベラミーの意地の決戦を制したルフィ。あの時と同じ決着だが、全力を尽くした末の敗北にベラミーも悔いはなかった。それらをもてあそんだドフラミンゴにルフィの怒りはさらに燃え上がる、しかしそれを見透かしたかのごとく待ち受けるドフラ。まさかローはあのままやられてしまったのか。
780:ドフラがローにとどめを刺す際に、ローが未だにコラソンらハートの呪縛にとらわれていることを告げる。たしかにドフラ自身も何かに怯えている感だってあるが。そこに駆け付けたルフィ。繰り出す技を次々流されていく中。ローもやられたことを知りさらなる怒りを燃やす。そして鳥カゴを狭め、一気に勝負を付けんとするドフラだが。
781:徐々に縮まっていく鳥カゴ、そんな中やられたはずのロー、実は身代わりの兵士と入れ替わり難を逃れた。すべての因縁の清算を込めて起死回生の一撃を放つが、ドフラも執念の応急処置を施していた。そんな中でのルフィへの選手交代ということだが。
782:ルフィとドフラの一騎討ちに進んだ戦況。そんな中トレーボルが明かすドフラの過去。彼自身がドフラを担ぎ上げ悪のカリスマに仕立て上げたか。そしてローに止めを刺さんとするも起死回生の斬撃を食らい、負けじと自爆を試みるが。
783:自爆したトレーボルをかわしつつ、傷付いたローをロビンたちに任せ、ローも駆け付けたキャベンとともに戦いの帰趨を見届ける。いよいよルフィも本当にドフラと対峙することになるが、その間徐々に狭まる鳥カゴ、なおも不敵に挑発するドフラに対してルフィも強き意思で跳ね返し、さらに秘めたる力をついにあらわすか。
784:ついに発動されたギア4、武装色の覇気と弾力を合わせたまさに全身武器といったところか。ともかくもこの業の数々でドフラを追い詰める。はたしてこのまますんなりといってもいいものだろうか、それともまた何か波乱がありそうなのか。
785:ドフラミンゴを追い詰めたルフィだが、ドフラも能力の“覚醒”で反撃。周りのものを糸状にして攻撃するもルフィもまた負けてはいなかった。一方で追い詰められる国民をリク王が励まし力を取り戻させる。それより気になるのはバージェスの動向が、やはり何かを待っているのか、それとも。

 第79~81巻(ドレスローザ編その4~ゾウ編)

786:ドフラミンゴは倒れた。しかし鳥カゴは未だ破られない。そうこうしてる間にルフィのギア4が解かれ覇気が使えない状態に。そんな時助けてくれたのはギャッツたちコロシアムの戦士たち。雑兵とはいえドフラを止めんとする彼らの心が一つになったのはいいけど、そこにバージェスがルフィを狙う。しかしそれを止めんとしたのはサボだったか。
787:迫るバージェスにサボが救援に駆けつけてくれた。そこで狙いをサボのメラメラの能力に移すが、むざむざやられるサボじゃないと信じたいところ。一方でゾロとフランキーが鳥カゴを止めんとし、倒れた戦士たちも復活してルフィを助ける。しかしタイムリミットは迫りつつあるのだが。
788:マンシェリーの応急処置で人々が元気を取り戻した。その間に人々が戦士たちが、そして海兵たちが鳥カゴを止めんとする。そして本当に止めんとレベッカが、そしてヴィオラがドフラに立ち向かう。
789:ルフィ復活までのカウントダウン。戦士たちも力尽きていく中、人々も希望は未だに捨ててはいない。そんな中、ヴィオラの始末のためレベッカを操って討たせんとするもローの機転もあって、ついに復活したルーシーことルフィが助けてくれた。これで反撃開始だ、となればいいけれど。
790:復活したルフィとドフラの最終決戦、なおも悪意をまき散らし抵抗するドフラにルフィも怒りのギア4でドフラを打ち砕く。しかし今度こそ引導が渡されるのか、そして・・・・・。
791:ルフィのキングコングガンで打ち砕かれたドフラミンゴ、解かれていく鳥カゴ、それはひとえにドフラの支配から解放されることを意味する。誰しもが感極まって喜び、虚飾の繁栄が崩壊しガレキの中、ドレスローザに真の平和が戻ると思われた。だが・・・・・!
792:サボとバージェスとの対戦は最後の挑発をものともせずひとまず決着。ファミリーもほとんど拘束された後、復位することとなったリク王に藤虎が土下座。ともかくもドフラミンゴが倒されたニュースは世界中を震撼させた、しかしそれでよかったのか。
793:ドフラの敗北と藤虎の土下座で世界は震撼する。そんな中で超新星たちはそれぞれ動き出す。そんな中キッドはシャンクスやサンジらに狙いを定めるが。そして政府中枢では不協和音やら藤虎と赤犬とのいざこざやらとまだまだ予断は許さないか。
794:戦いの後、お花畑の一軒家でルフィたちとローや何故かベラミーも休んでいた。そこにサボが現れ、革命軍にかくまわれた事情、頂上戦争との関わり、そしてルフィとの再会を語る。そしてルフィとの別れもそこそこに、再び旅立っていく。
795:ドレスローザの一件の一方、ようやくサンジたちの消息が明らかに、ビッグマムの船を振り切ったかと思えば謎の島でとある一団に襲撃される。その紋章に描かれたのは、そして天からキッドたちのもとに降ってきたのは海賊四皇カイドウ。常に死に場所を求めつつ最期の戦いを渇望しているのだが。
796:センゴクとおつるが来訪し復興の事後処理に一役買う一方、藤虎が最後の運試しということでルフィたちの捕縛を決する。またキュロスは娘レベッカのために自らの素性を伏せる。しかしレベッカの気持ちはいかに、このまま別れるままになってしまうのか。
797:レベッカのために去りゆくキュロス、しかしレベッカはルフィのとりなしで王位を捨てて父とともに生きることを選ぶ。対して海軍の追撃はなんとかサイたちが食い止めているが、そして対峙するルフィと藤虎。ここでもやはり逃げるのみなのか。
798:海軍をトンタッタが足止めをし、ローが未だ残る七武海の地位を利用しセンゴクにコラソンの真実を問う。そんな中イッショウがガレキを利用し最後の揺さぶりをかけ、ルフィもまた藤虎に最後の決戦を挑むか。果たしてその帰趨やいかに。
799:藤虎と対峙するルフィ、しかし目の見えないハンデを付けて一旦憤慨するもその滑稽さに失笑する。国民もまたルフィを追い立てるフリで逃がさんとする。そんなこんなで出航し、バルト以下多くの戦士たちが子分になるというが。しかし藤虎、視力を失ったのは自らの意思だというのか。
800:ルフィも自由にやりたいので子分はいらないというけど、サイたちもそれなら勝手にやらせてもらうということで話はまとまった。一方ドフラと取引をしていた海賊たちはルフィへの恨みで襲い掛かるも藤虎に阻まれる。ここで藤虎も義理は果たしたか。まだまだやり残していつことがあるけどひとまず新たなる冒険が待っているでいいか。
801:平和が戻ったドレスローザ、それぞれの目的に向けて新たなる航海が始まる。しかしそれは新たなる波乱と激闘の始まりでもあった。さておき強者どもと一時別れたルフィたちは、バルトの船のやっかいとなり、そこで新たな手配書を目にする。特にウソップが躍進したのはいいけど、ようやく素顔公開のサンジは生け捕りとするのは一体なぜか。そして冒頭のCP0の要員たち、彼らはまさか。
802:突然の荒天に悪戦苦闘するバルトの船、一方で旧黒ひげ配下を倒し姿を現した最後の七武海、何と白ひげの息子だという。なんか図体がでかいだけの小物っぽいな。一方でルフィたちはゾウにたどり着く。それは1000年を生きたまさに巨大な”象”だったのだ。
803:ひとまずバルトとはここでお別れでゾウに乗り込むルフィたち。たしかにサニー号の姿、サンジたちもそこにいるってことか。そこでカン十郎がヘタな龍を出してガケをよじ登るが。一方で革命軍も新たな動きを見せる、そこに黒ひげが殴り込んでいくというのだが。あと七武海バギーのまず近況から。あのハイルディンがバギーに雇われていたというが、これも気になる所だというのかな。
804:ヘタ龍りゅーのすけをよじ登るルフィたち、途中謎のサルが落下し、途中錦えもんらも巻き込まれ落下しつつ、やっと着いたゾウの島。絵に戻る龍に感傷する暇もなく品の冒険に乗り出す。そこに現れた獣人たち、ミンク族だというが、その一人がナミの服を付けているのはどういうことか。
805:対峙するミンク族、彼らは獣人の一族だった。加えてハートの海賊団のベポ、やはりミンク族だったか。他のミンクもルフィと対峙するもひとまず和解。それから最近街が襲撃されたという、それが海賊ジャックというが。あとサンジたち、死体となっていると犬のワンダは言うのだが、死体といえば、やはり・・・・・。
806:ゾウの水浴びが島の噴火水ということで、錦えもんたちはもうちょっと後の合流となる。いろいろトラブルがあったけど、ミンク族の村に到着。そこで先と打って変わっての歓迎を受け、ナミとチョッパーとも合流。しかしサンジのみに何か。それからミンクの街を蹂躙した海賊ジャックについて、あれからセンゴクたちに返り討ちになったというけど、あれでむざむざやられたなら興ざめだけれど。
807:歓待を受けるルフィたち。サンジの行方が心配だけど、まず“死体”はまずブルックなのが確定、イヌ族はやはり天敵か、ある意味。しかし難なくビッグマムから逃れたのと、チョッパーが助けたのがミンク族の公爵だった。先に拷問されたのが彼かな。そしてその襲撃の黒幕の象男、彼がジャックだというのか。
808:ゾウを蹂躙したジャックはカイドウの部下だった。あのマンモスの姿はやはり悪魔の実の力か、それからナミたちが退けたことがここで分かった。そして最後にシーザーの兵器が街を滅ぼしたことも。その上でルフィたちはイヌアラシ公爵と対面するんだが。

809:ジャックの猛攻に何とか持ちこたえるイヌアラシ公爵だったが、ここに昼夜後退でネコマムシの旦那に攻手交替。まあそれなりの事情というのがありそうだけど、これも再来週に明かされることになるのだろうか。
810:蹂躙の決め手はやはりシーザーの毒ガス。その後の凄惨たる拷問と破壊。それを止めたのがやはりナミたち。その後であのジャックのこと、あのまま返り討ちとは考えられない。ともかくまだ話の途中ひとまずの帰結を待つのみか。あとモコモ公国も政府に帰順しているのか。
811:シーザーの毒ガスにはシーザーの解毒ガス、脅して作らせてひとまず事なきを得たが。あとはネコマムシを治療させるのみだが。一方サンジはやはり襲来するビッグマム配下のペコムズに対するためか、それとも。
812:今度はカポネと同じミンク族だったペコムズ。故郷を救った彼とは別に、カポネは用済みとなったペコムズを始末しサンジたちを拉致する。この中でサンジが良家のお坊ちゃんでマムの娘と結婚するというのだが。それにしてもカポネの実力はまだ隠し持っていたのか、それとも。
813:サンジは北の海、ヴィンスモーク家の三男坊でビッグマムの娘との婚礼を迫られている。カポネの配下からの耳打ちで内を吹き込まれたか知らないが、ともかくナミたちを脱出させ自分は何やらのケジメをつけに乗り込んでいくということか、帰れないだろうとブルックは言うが、はたして。
814:ひとまずサンジのことは後回し、いずれ顔を合わせなければならないのだけれど。ひとまずはネコマムシに合いに行く。たしかに豪快な侠だが無鉄砲な奴でもある。ともかく彼にも協力を仰げるとして、もう一人ペコムズにサンジの家のことを聞くのだが、相当ヤバい家柄のようで。
815:ペコムズからマムとヴィンスモーク家の恐ろしさ、絶対的な力を教えられてもなお乗り込まんとする心意気にネコマムシらが宴で応える。しかし翌朝錦えもんたち侍が上陸。一旦は打ち解けた雰囲気が次回でもうひと悶着しそうな予感がするのだが。
816:ついに上陸した錦えもん、それを報され、イヌアラシ、ネコマムシがついに会してあわや対峙と思いきや、何故か錦えもんがそれを止めた。対するイヌネコの両巨頭、彼ら侍を涙ながらに待ち構えていた。何と今一人の侍は彼らがかくまっていて、体を張って守っていたとか。

 第82~84巻(ゾウ編(承前)~ホールケーキアイランド編その1)

817:侍たち、ことにモモの助の口添えで和解と相成ったイヌとネコ、残りの一人忍者の雷ぞう、まあ掴みどころのないのは結構だけど。やはりゾウにもポーネグリフがあったとは、そこに何が記されているのか。そしてジャック、何とか退けられたか、それとも。
818:ロビンが解析したポーネグリフは、究極の目的地ラフテルのありかを示すロードポーネグリフの一つだという。それらはカイドウ、ビッグマムの二皇がもっており、それの記した光月家の末裔おでんはワの将軍とカイドウに処刑され、ことにワはカイドウの縄張りとなっていたか。
819:モモの助の父おでんはロジャーのクルーだった。そんな彼がワの国を救わんと開国を臨むもカイドウによって命を落とす。錦えもんらの懇願となによりルフィの呼びかけでモモも同盟を結ぶことになった。しかしあのジャックが再来襲、巨象ごと叩かんとするのだが。
820:イヌネコ両巨頭もまたロジャーのクルーだったことが分かり意気揚々の一味。気になるのはマルコたち白ひげ残党、すでにティーチに打ち負かされていたか。ひとまず彼らをも探すこととなるが、すでにジャックたちの攻撃が。この危機に果たしてルフィたちは。
821:象主を襲撃するジャック一党、その叫びを受け止めるルフィとモモの助、その叫びに応えモモがゾウに応戦を呼び掛けひとまずジャックたちを撃退した。その動けなかった理由はともかく、その後に控えるカイドウ、その前にアプーたち世代軍の動向が気になるな。
822:ジャックをひとまず退けルフィたちはサンジやワの国、そしてカイドウ対策にてそれぞれまた別行動を取ることになる。ナミの新たな天候棒もウソップによってつくられご機嫌だがはたしてどう活躍できるか。あとビビが船で旅立つ、そういえば世界会議ってのもあったな。
823:アラバスタ、リュウグウ王国、そしてドレスローザと世界会議のためにマリージョアへと向かう。それはある意味大いなる駆け引きが絡んでいるというが。一方サンジ奪還のためミンク族の同行とともに船を進めるルフィ。しかしそこにバルティゴ陥落の報せが。バージェスたちにやられたのか、それとも。それにしてもゴア王国の新王、どこかで見たことがあるのか。
824:サンジ奪還のため船を進めるルフィたち。しかしその航海で深刻な食糧難に陥る。やはりサンジ不在というのが痛かったか。一方で深刻なダメージをこうむったカイドウは怒り心頭。その際にキッドがやられてしまったか。もう一方当事者のサンジも今頃になって心が動いてしまった、のか。
825:改めてサンジを迎えるカポネ一党とどこかで見たような女傑海賊、一方サンジがいないルフィたちもたちまち食糧不足に陥るも、まず大魚で食をつなぐ、しかし今度はルフィが魚の毒に当たってしまって。まあそのうちにとある一隻の船と遭遇。そこにはサンジに似た男が。
826:突如現れた謎の船。そこにはサンジとよく似て異なる男女、彼らはサンジの兄弟だったか。一触即発の事態にここは姉らしき女がルフィの毒を抜き、ひとまず一時休戦と相成った。しかしそこにはあの魚人たちが。
827:おそらくアラディンたちの手引きでビッグマム支配下の島にたどり着いたルフィたち。抑えきれぬ食欲で軽くトラブルを引き起こしたがなぜか婚約者のプリンが入ってひとまず収まった。しかし中央ではあのマムがサンジとの結婚式で何やら企んでいるのだが。
828:サンジの婚約者と目されるプリンからアイランドの住民のほとんどが巨大な家族と告げられる。さておきサンジ奪還に乗り出すルフィたち。ペコムズの書置きが気になるのだが。一方神とも悪魔とも目されるジェルマのサンジの兄弟らしき男たち。彼らもお茶会に行くというが。
829:ビッグマムの元へと急ぐルフィ、一方マムも強大な食欲で辺りかまわず食い尽くす。そんな折ジンベエが現れその場を収める。ひとまずはマムのために働いているが、その思惑はいかに。
830:ビッグマムのもとを離れる決意を固めたジンベエ。仲間には了承されたが、なにぶん相手がマムなだけにたしかにただでは済まされないか。一方悪戦苦闘の末にマムの島にたどり着けたルフィたち、はたして何が待ち受けているか。
831:ルフィたちがたどり着いた不思議な森、しゃべる大ワニはともかく埋もれた人間、果ては自分そっくりな幻と、まさに誘惑の森のオンパレードだった。その危機に果たしてルフィは抜けられるか。
832:ルフィたちが森の中で惑っている間、サンジはジェルマの本拠地にいた。浮遊する傭兵国家、その王たるサンジの父ジャッジ。豪快かつ危険な男は息子にどんな困難を与えようとするのか。
833:サンジたちの父親にしてジェルマ66総帥ジャッジ、その圧倒的な力で、サンジをねじ伏せる。かつてはできそこないと蔑まれ、今はたしかに強くなった彼を手玉に取るだけに。結局サンジをはじめジェルマの兵士たちと変わらず手駒として彼を捕らえるのだが。
834:捕らわれのサンジはともかく、ペコムズはカポネに追い詰められ命運が尽きてしまうのか。それからシーザーもまた実験の成果を迫られる。そして我らがルフィは、未だ惑っていた。ひとまずはこれでいいけれど。
835:何者かに魂の一部を取り出される住民たち。一方未だ惑っているルフィたちに大きな首は自分があのローラの父親だと告げる。しかも子種を与えれば用済みというとはまさにバケモノの所業か。
836:ルフィたちに立ちはだかるはマムの大幹部クラッカー。腕を殖やして闘いかなりの実力者。一方ローラたちの父親、そう子種でしか存在価値を認めないことに怒りを燃やすルフィ。ひとまずは全力で退けるしかないのだが。
837:一歩も引けないルフィも果敢に攻めるもクラッカーにはあまり効かない。一方のナミも大首の男パウンドの協力もあり何とかプリュレを退け活路を見出す。激闘の中サンジをバカにされようやくギア4で押し返すが。
838:やっとクラッカーを倒したかと思えばそれは偽りの存在。本隊から繰り出されるクラッカーたちにただ立ち向かうしかないのか、ルフィ。サンジの結婚式が近付く中、ナミはローラのビブルカードを使いまかり通らんとし、チョッパーたちは鏡の世界を利用して活路を見出さんとするが。
839:何もかも相いれない非情なサンジの兄弟ニジ。さらにはお世話になったパラティエの面々を狙って威迫されてはグウの音も出ない。憤りが募る中、調整漕で眠っている兵士たちを目の当たりにするサンジ。これがジェルマの秘密の一端だというのか。
840:戦闘国家ジェルマ66の正体、それは作られた人間たちをまさに兵器にした危険なものだった。そしてここにベガパンクとの関わりがあったとは。そこにサンジの知られざる過去、ジャッジの手足として生まれたものの、能力が劣ったがゆえにまさに未来を、そして自身をも奪われたのだが。
841:捕らわれのサンジが唯一心を慰められたのは母とのふれ合い。そこからコックへのあこがれが芽生えた。そして東の海に進出するのを機に脱走を決意する。それを逃がしたのは父とレイジュだったが。一方でルフィはクラッカーのビスケット兵を喰らい尽くさんとするが、はたしてうまくいくのか。
842:ビスケットの兵隊を喰い尽くしてもなお尽きぬクラッカーの猛攻。しかしナミの口八丁とルフィのギア4、さらに満腹の力でやっとクラッカーを撃破。一方サンジの婚礼が近付いていくがそれは一応心配なのだが。
843:クラッカーを撃破したルフィ、しかしこれからのマムの攻勢を想えばやはり油断はならない。天候をも操ると聞き、ナミは何やらを心当たりが。ひとまず進んでいきサンジと合流するも、サンジはなぜか追い返さんとする。これも考えがあってのことだけど、ルフィに通じるのか。
844:対峙するルフィとサンジ、お互いルフィの呼びかけに答えられぬサンジ、届かぬ思いに退かざるを得ないルフィ。その断腸の想いからただ呼び掛けるしかない。果たして再び想いが通じ合えるのはいつのことか。
845:サンジとの手痛い別れの末、クラッカーの報復のため差し向けられたマムの兵隊たち。サンジを待つべくとどまったルフィがそれに敢然と立ち向かうが。一方でサンジとプリンの婚約も進みつつあり、サンジ自身もプリンの真心に感じっている、かにみえるのだが。
846:善戦むなしく敵に捕らわれたルフィ。一方でプリンとの結婚を承諾したサンジにマムもルフィを逃がすと告げたが、後のタマゴがポーネグリフのことを語る。それをマムが知ればすんなり返すことはない恐れが生じてしまったか。それに対し、ブルックとペドロは。
847:捕らわれのルフィとナミ。ローラのことを聞き出すうち、彼女がマムを裏切った形となったことを知る。それからマムのコレクションに目をやるヴィンスモークの兄弟たち。あとブルックとチョッパーが反撃を開始せんとするのだがこれもいかに。
848:ルフィの挑発をひとまず受け流すビッグマム。一方でプリンもサンジとの結婚のためにルフィたちを訪れ、ひとまず別れを告げるが、その衝撃の意味するものは。一方でペドロの援護を受けブルックが敵地に潜入せんとするが、ここにきて活躍の場を得たというか。