魅惑の女忍者
快傑!桃色頭巾

データ

名前:快傑!桃色頭巾

声:小清水亜美

誕生日:1月1日 年齢:不明(肉体的には20代前半・精神的には10代半ば)

格闘スタイル:忍術を使うが詳細は不明

身長:164㎝ 体重:48㎏

B:98 W:52 H:90

国籍:おそらく日本

職業:いちおう忍者(不知火忍軍頭目)

血液型:B型

趣味:料理にエステ

大切なもの:頭首の証のかんざし

苦手なもの:ご老人

好きな食べ物:餅、鍋物全般

好きな音楽:ヘヴィーメタル

好きなもの:夫と娘と不知火流門下

嫌いなもの:蜘蛛

得意スポーツ:テニス、バドミントン

特技:和裁、習い事全般

どこからともなく現れた謎のくの一で不知火忍軍頭目をまず名乗っている。かつての争乱が鎮まって久しく、再び不穏な空気が流れたことを感じ渡米。
まず数年来の親友からサウスタウンの裏事情を聞き、衛星都市のセカンドサウスの争乱に改めて立ち向かうことになる。
しかし直接参加することはなく、多くの若き格闘家たちの実力を見極めつつ彼らを導けるかとも思いひとまずの介入を決めるのだが

「この不知火流忍術の継承者、そう、快傑!桃色頭巾が来たからには、
 このセカンドサウスの争乱は一通りに吹き飛ばしてみせましょう」

このような事情で彼女が闘いに身を投じることになったのだが、ただ目立ちたかったのだろうとある者は言っているが。

CPU対戦条件:第5戦まで無敗、あるいはノーコンティニューで一定評価以上。
使用条件:クリアしたキャラが8人以上。

技設定

・投げ技

不知火剛綸(相手の近くで前後+BC)

風車崩し(相手の近くで前後+FG)

夢桜(空中で下要素+BC)

・必殺技

小夜千鳥(236+A):扇を振り下ろし、その真空波で攻撃する。

花鳥扇(236+B、C):おもむろに扇を投げつける。

必殺忍蜂(63214+パンチ):前転して低い位置で飛び掛かり肘打ちを繰り出す。

桃色空破弾(63214+キック):前転して飛び上り、全身で蹴る。

龍炎舞(214+A):一回転して帯の炎をぶつける。

飛翔龍炎陣(214+B):後転しつつ帯の炎で攻撃する。

桃色流影陣(214+D):相手の飛び道具を両手を振り上げて受け止め、振り下ろしつつ細長めの斬鉄波を繰り出す。

ムササビの舞・甲(623+A、B、C、D)
一度姿を消してから上空に現れ、ほぼ垂直に跳びこむ。ボタンによって現れる場所が違う。
 ちょうど餓狼2の舞ステージにおいてイカダの柱から跳び込むのと同じニュアンスか。

ムササビの舞・昇(2にためて7か8か9+キック):壁(画面端)に向かって大きくジャンプをする。

ムササビの舞・乙(ムササビの舞・昇のボタン押しっぱなし)
:そのまま斜めに急降下して体当たりを食らわせる。なお、壁までにボタンを押しっぱなしにしなければ三角飛びとなる。

桃花鳥つぶて(三角飛び中相手の近くで下要素+F、G):両足で相手の首を挟みこみそのまま倒す。

浮羽(三角飛び中2+キック):ほぼ垂直にひざを落とす。

山桜桃(三角飛び中2+パンチ):斜め方向におしりを落とす。

陽炎の舞(T.O.P攻撃):印を結び、足元から吹き上がる炎で攻撃する。

・超必殺技

桃色斬鉄波(641236+A):小夜千鳥より若干遅いフォームで真空波を飛ばす。

超必殺忍蜂(641236+B):炎をまとった忍蜂。

鳳凰の舞(214214+G):垂直に飛んでから炎を纏って回転し急降下する。

・潜在能力

月下乱れ牡丹(2363214+G):おもむろに飛びかかり、しがみついた後に相手を爆発させる。

真・花嵐(641236+E):両手に扇を持って踏み込みつつ回転しながら上昇して攻撃する。

紅蓮残影拳(641236++C):軽いバック転の後で炎をまとった斬影拳を放つ。

ストーリー

・対戦メッセージ集
(うちわけは対戦キャラの登場メッセージ、改行で自キャラの勝利メッセージ)

ロック(ストーリー参照)
:一瞬の迷いが負けにつながります、まずはもっと自分をまっすぐに見つめなさい。

テリー:おっ久し振りって、何だその覆面は、それで正体隠してるつもりなのか。
:まあ私の方はともかくとして、あなたの方もあまりマリーに心配かけないように。

ドンファン:こんなところであんたと仕合えるなんてな、俺の男っぷりを見せつけねえとな。
:確かに業と男っぷりは申し分ないけれど、もう少し努力を積んでからまたいらっしゃい。

ジェイフン:あなたの忍術の冴えは僕のスピードを研ぎ澄まさせます、是非お手合せを。
:たしかに努力次第でお父様を超える日は近いけど、その先にあるものを目指せるかしら。

ほたる:忍者さんはともかくとってもきれいな女の人、私なんかが仕合っていいのかな。
:女の資質は優しさ、美しさ、そして強さ、あなたも女としての自分を磨きなさい。

牙刀:歴戦のつわものといえど所詮は女、色仕掛けなぞ本当の拳を得た俺の敵ではないわ。
:わずかにぎらついた眼があなたの拳を曇らせた、そこを突いて敗れたならまだまだね。

ジェニー:あら、あなたも真の女格闘家のお一人い、ならここは仕合ってみたいわん。
:うわべだけの美しさではやはり無意味、あなたも真の女のなんたるかを磨きなさい。

マルコ:ここでチミと仕合得るとは光栄の至り、ワシの情熱の炎を受けてみんしゃい。
:たしかに情熱の炎は受け止められました、ただ燃え盛るだけでは本当に燃えないものよ。

フリーマン:炎の赤より血の赤だよ、君も僕の爪で赤く彩ってから召してあげるよ。
:まるで稚戯に等しい業、その程度の爪で私の焔を引き裂くには力及ばなかったわね。

北斗丸(ストーリー参照)
:忍道も武道も甘いものじゃないわよ、帰ったら次に備えて早速特訓に取り掛かるわよ。

グリフォン:ベアをもうならせる忍術と女の冴え、このグリフォンが受け止めてあげよう。
:あなたもまた真のヒーロー、一度の負けでその闘士も屈することはないでしょう。

ケビン:ここは仕事抜きで、マリーから聞いたその女っぷりを楽しみたいもんだぜ。
:すでにこれは公務の範疇を超えます、しかしあなたは立ち向かわねばなりません。

香緋:お久しぶりだね、今ならまんざらでもないけど、女に関しては憧れちゃうのよ。
:あなたもこういったところは元気がいいのね、いざという時強いのが女ってものなのよ。

ビリー:今更おめえも来たってのか、まあどっちの炎が強いかあらためて楽しめるな。
:ただ敵意だけでは闘ってはいないようね、その炎の業も衰えてはいなかったわよ。

崇雷:今でも女の扱いは苦手だが、ここは俺なりのやり方で扱わせてもらおうか。
:たしかにもう子供じゃなかったわね、その真龍の業も限りなく昇っていくものね。

桃色頭巾:私はあなたの影、そして刹那の幻、ひと時の戯れ、楽しんでもらうわよ。
:やっぱり最大の敵は自分自身といったところね、後れを取っちゃいられないわね。

レイラ:ここで叔母さまの業と女っぷりを学ばなきゃいけないから、あたしも本気出すね。
:結構な技だったわよレイラ、でも私も若いつもりだから表立って叔母さまはやめてね。

ラン:お母さんが言っていたくノ一さんだね、まずあたしの修行の成果見てもらおうかな。
:たしかにご両親のいいところを受け継いでいるわね、今度は女の修行もしてきなさい。

チャバット:ジョーさんたちのお噂通り、この場で俺が仕合うことになるとはっスね。
:若いながらも洗練されたムエタイね、一途にかける蹴りに真の強さを感じました。

ジュニア:ダディと違ってあんたにはのろけそうだな、せめて仕合は真剣にやんなきゃな。
:真の強さとは確固たる信念、その意味でお父様を超えたとも言えるのでしょうね。

チャン:同じ女として仕合えることはやっぱ光栄っちゃね、お手合わせお願いするっちゃ。
:鍛えている分体つきもいいのよね、後で女の何たるかもじっくりと教えてあげましょう。

ベラミス:格闘家として、そして女として、あたしの情熱の炎をぶつけてみせるよ。
:たとえ傷つき血に汚れようとも、そこから立ち上がってこそ本当の女といえましょう。

ヒルダ:不知火といえば父上をも弄された業、まずは私なりにもついていきましょう。
:その気高さはあしらっていられなかったわね、いつでも業と女をみがきにいらっしゃい。

ジーク:我が親父さえも翻弄した貴女の忍術、このジークフリートが挑ませて頂こうか。
:たしかにお父様よりも強くて純粋、こういった方ならいくらでもお相手しましょう。

グラント(ストーリー参照)
:冥い情念に身を任せては真の力の理も得られません、まずはそのことを理解なさい。

カイン(ストーリー参照)
:その冥い炎こそがあなたの弱さの証、我が紅蓮の焔で己が身を清めなさい。


ストーリーチャート

第4回戦(対北斗丸)

・仕合前
桃色頭巾「まさかあんたが勝ち残ったとはねえ、少し前まではお子ちゃまだと思ったら、よほどアンディの教え方が良かったのかしら」
北斗丸「えーっ、まさか御頭さまと闘わなくちゃいけないの、そんなの聞いてないよお」
桃色頭巾「今更何言ってるの。さ、始めるわよ」

・仕合後
北斗丸「うー、やっぱり負けちゃったよう」
桃色頭巾「ま、こんなもんでしょ。まだまだ世界は広いわよ。今後とも精進しなさい」
北斗丸「と言っても、ほんとは御頭さまだって闘いたいんじゃないの」
桃色頭巾「う・・・と、とにかく一度帰って修行しなさい、いいわね」


第8回戦(対ロック)

・仕合前
桃色頭巾「あなたがロックね、一度お手合わせしたいと思っていたわ、私は不知火流の・・・そう、人呼んで快傑!桃色頭巾」
ロック「不知火流、どこかで聞いたようだけど、あんたがその使い手なのか」
桃色頭巾「ええ、ここは一つあなたの運命を確かめたく思って推参したわけよ」
ロック「その覆面はともかく、俺の運命と言われて挑まれちゃ、黙っていられないな」

・仕合後
桃色頭巾「ひとまずは、こんなところね」
ロック「俺にも甘いところがあったか、いや迷いをついてきたとなれば俺をどう導いてくれるってんだ」
桃色頭巾「さて、あなたを導くのは私でないわね。いずれにせよその運命は自分で切り開かなければいけないわよ、
     ほかならぬあなた自身のために」

 と、桃色頭巾は姿を消す。
ロック「俺の運命か、いずれにしても乗り越えてみるさ」


第9回戦(対グラント)

・仕合前
桃色頭巾「確かこの辺りだったわね、さあ、出ていらっしゃい」
「不知火の使い手か、かつての強者といえど所詮は女、のこのこ出てきたことを後悔させてくれよう」
桃色頭巾「何と陳腐な言い回しかしら、そのような大言を吐き、滅んでいった者のなんと多いことか、あなたもその一人となるのかしら?」
グラント「馬鹿め、滅ぶのは貴様の方だ、この暗黒空手の前でな、我が名はグラント、力の殉教者なり。闘いの本質、存分に披露されませいっ!」

・仕合後
グラント「まさか貴様ごときに敗れるとは、女ごときの業で打ち破られる我が拳ではないはず、それを・・・・・」
桃色頭巾「例え強大な力を振るおうとも、当たらなければ同じこと。あなたの負けがその証」
グラント「だが、我らが信奉する暗黒の炎、貴様ごときには消せはしない、ひとまずはさらばだ、そして覚えておくがいい」
 グラント、去っていく。


最終戦(対カイン)

・仕合前
「グラントが敗れるとは、流石は不知火流頭首というところか、それとも・・・・・」

桃色頭巾「それとも何かしら?ま、あなたにも小細工は通用しないのは確かなようね」
カイン「ようこそミス・シラヌイ、いや、今は桃色頭巾殿と言ったほうがいいかもしれぬな。
    わたしはカイン=ライオット=ハインライン、亡きギースに代わってこの街に暗黒をもたらす者だ」

桃色頭巾「ギースねえ、要するにあなたは、何をしたいというのかしら」
カイン「君はこうは思わないかね、“生”とは日々闘いの中で勝ち取るもの。惰性をむさぼる輩に今日を生きる資格はない、と」
桃色頭巾「つまりは街の無法をむさぼって、あなたがその上に君臨するっていうことかしら。
     でもそれとは違う答えを持っているっていうの、でもいずれにしても・・・・・」

カイン「これ以上の詮索は無用、あとはわたしの焔を受けてその身で思い知ってもらうのみだ」

・仕合後
桃色頭巾「あなたの雰囲気から多少の苦戦は覚悟したけれど、まだまだ本気じゃないってところかしら」
カイン「ふふ、分かっているじゃないか、いかにも今のはほんの小手調べ、これからがわが計画の本番だ。この街を手に入れるためのな」
 屋敷が崩れていく。
桃色頭巾「ひとまず、宴はお開きってことかしら」
カイン「いかに君とてもはや阻止することはかなわない。さらばだ美しきくノ一よ」


エンディング

 崩れた屋敷跡を眺めつつ、荒野にたたずむ桃色頭巾。肩には先に捕らえた北斗丸が逆さ吊りにされてのびていた。
桃色頭巾「さてと、第一ステージは見事にクリアってところかしら・・・・・」
 そこにテリーと香緋が顔を出す。
テリー「まあな、ロックの件はまず大丈夫だ、自分の運命って奴には負けることはないさ。
    それに香緋が気にしてるほたるちゃんも、背中の北斗丸も結構いい線いってたぜ。とにかく次の計画まで気長に・・・・・」

桃色頭巾「・・・それよりもレイラちゃんの件はどうするの、あのカインって人、あの子もつけ狙ってるって話よ」
テリー「なんだって、そいつは一大事だな」
香緋「一応うちのスタッフも見守ってるけどね、いすれにしてもレイラちゃんにもがんばってもらわないと」
テリー「そいつはいただけねえな、その分俺も頑張らなきゃってところだろ」
桃色頭巾「いずれにしても次のステージに備えることにしましょう」
 いつの間にか北斗丸も逆さづりのまま目を覚ましていた。

北斗丸「え~、まだまだ闘いは続くのぉ」
テリー「それまでゆっくりと休んでろよ。これからが大変だからな」
北斗丸「は~い・・・・・」

(スタッフロールへ)