元・炎の用心棒
ビリー=カーン

データ

名前:ビリー=カーン

声:山西淳

格闘スタイル:棒術

誕生日:12月25日(40歳)

身長:179p 体重:79s

血液型:B型

国籍:アメリカ

職業:無職(時折洗濯屋のバイトをしている)

趣味:洗濯

大切なもの:妹、棒、皮ジャン、バンダナ

苦手なもの:説教(あるいは屁理屈)

好きな食べ物:卵料理

好きな音楽:パンクロック

好きなもの:仕事の後の一服

嫌いなもの:人に指図されること(一応妹以外で)

得意スポーツ:棒高跳び

特技:ギターのソロプレイ

プロフィール:もとはギースの側近だった棒術使いとして恐れられた彼も、ギースの死後、
しばらく妹が経営する洗濯屋で地道に働いていたが、
久しぶりに開かれる大会にあの男とともにある若者の出場を知らされ、いてもたってもいられなくなり
永い間封印した愛用の棒を取り出し出場する。

「久しぶりの俺の棒術、まだまだ燃えカスじゃないってこと教えてやるぜ!」

もちろん妹リリィは心配で一応香緋に連絡を取っていたのだが。


技設定

・特殊技

大回転棍(6+B、C):軽く跳び上がり回転しつつ棒を振り回す。

棒高跳び蹴り(6+F、G):棒高跳びの要領で前方に蹴りつける。

・投げ技

一本釣り(相手の近くで前後+B、C):棒の先に相手を引っ掛けてそのまま投げ飛ばす。

地獄落とし(相手の近くで前後+F、G):棒の先に相手を引っ掛けてから軽く持ち上げ、上から数回突く。

・必殺技

三節棍中段打ち(236+パンチ・再入力で追加攻撃):棒を3つに分割して前方に伸ばして突く。追加攻撃で炎属性の攻撃を放つ。

雀落とし(214+パンチ):斜め上に棒を伸ばして突く。

旋風棍(パンチ連打):棒を回転して攻撃する。

強襲飛翔棍(623+パンチ):棒高跳びの要領で天高く飛び、降りざまに棒を回転させて突っ込む。

火龍追撃棍(63214+E、F):構えて相手の上、中段攻撃を受け流してから反撃する。

水龍追撃棍(63214+G):構えて相手の下段攻撃を受け流してから反撃する。

集点連破棍(T.O.Pアタック):棒を前方に連続して突く。

・超必殺技

火炎旋風棍(2363214+A):棒の両端に炎をまとわせて回転させてから炎を投げつける。

大旋風(236236+C):気合いをこめ、残像が出るほどに棒を振り上げてから地面に叩きつける。

火炎旋円棍(236236+G):炎をまとった棒を回転させつつ飛び上がって攻撃する。

・潜在能力

火炎嵐龍棍(サラマンダーストーム・2363214+G):棒を八の字に振り回し、周囲を燃やしつくす。


ストーリー

・対戦メッセージ集
(うちわけは対戦キャラの登場メッセージ、改行で自キャラの勝利メッセージ)

ロック(ストーリー参照)
:なかなか強くなったな、だけどまだまだ甘えぜ、あの人に比べりゃあな。

テリー(ストーリー参照)
:ケッ、今更てめえに勝っても嬉しくもなんともねえぜ、いつかぶっ飛ばしてやるぜ。

ドンファン:そんなに棒っきれを振り回しっぱなしで、疲れやしないかいおっさん。
:何だあ、お前本当にキムの息子か、業はいいが全く拍子抜けするぜ。

ジェイフン:ただ倒すのみで棒を振り回すとは、この僕が真の武を教えて差し上げましょう。
:勝ちゃいいんだよ、甘っちょろいこと言ってるとぶっとばすぜ。

ほたる:結構厳しい眼光ですね、でも敵意のみで闘っているわけでもないでしょう。
:こっから先はお嬢ちゃんには無理だってことさ、怪我しねえうちにとっとと帰りな。

牙刀:我が拳は倒す相手を選ぶ、相手を選ばぬ貴様とは違う。
:闘いに理由なんざいるか、気に入らなければ倒す、それだけよ。

ジェニー:むう、あんたはビリーね、そんな棒なんかくぐり抜けてあげるから。
:確かに腕と度胸は認めるが、金目当てならやめときな、ここも結構物騒だぜ。

マルコ:むう、チミのような敵意をもったものとは闘いがいがあるというものだよ。
:武術試合じゃねえんだよ、これは命をかけたケンカというもんだぜ。

フリーマン:さあ、キミを斃してギースのもとに召してあげられるかな。
:てめえを見てると、昔の俺を思い出すぜ、まったく不愉快なこったぜ。

北斗丸:む、おっちゃんも棒使うのか、オイラの忍術が敵うかなあ。
:ぼうず、お前の師匠はもっと強かったぜ、せいぜい精進しな。

グリフォン:リング上では無法は許さない、早々に立ち去りたまえ。
:おれのダチにもレスラーがいるが、てめえよりゃずっと強えぜ。

ケビン:まあ、大きな獲物をひっ捕まえる前に、昔のつわものをブチのめしといくか。
:てめえ、サツにしとくにはもったいねえ実力だぜ、それだけに後れはとれねえ。

香緋:やはりここで暴れ回っているの、いい年してよくやるものよねえ。
:たしかに結構やってるとはいいたがよ、やっぱ昔と全然成長してねえなあ。

ビリー:てめえ、誰に断ってこんなかっこしてんだよ、今から洗濯してやろうかあ。
:今更ニセモノだと、俺もなめられたもんだぜ、ここで日干しになってな。

崇雷:確かにほどよい敵意だ、だがいなしてみせるさ、俺のためにも、あいつのためにも。
:これほどの闘気とはな、もうちょっとブランクが永かったら危なかったぜ。

桃色頭巾:あなたの炎も衰えていないようね、ひとつぶつけてもよろしくってよ。
:確かに侮れねえ業と炎だったな、しかしその頭巾は余計だったじゃねえのか。

レイラ:ママが言ってた棒使いの人、気を抜いたらすぐにやられちゃいそうだよね。
:こんなものか、いくら俺でも八つ当たりはしねえ、怪我しねえうちに家に帰んな。

ラン:やはり来たよね用心棒さん、あたしも命を懸けて闘わなきゃいけないよね。
:お前の拳も蹴りもマジで痛かったぜ、こちとら本気出さなきゃいけねえじゃねえか。

チャバット:足洗ったと聞いたっスけど、棒術の冴えは衰えてないようっスね。
:ジョーやホアのいいとこ取りってところか、それだけがお前の力じゃねえだろ。

ジュニア:まさかあんたまで出てくるとはな、ここで勝てなきゃダディも越えられねえぜ。
:俺に勝つにゃ10年、いや5年だな、親父を越えたきゃ後は勝手に修行しな。

チャン:おまんもかつての悪の用心棒ちゃ、ここでやっつけて見返せられるちゃ。
:得物もデカけりゃいいってもんじゃねえ、だがうまく使ってるじゃねえか。

ベラミス:あんたの敵意じゃなく情熱ってのを見てみたいね、こっちも本気で行くよ。
:血の赤より炎の赤か、たしかにあの旦那よりも結構燃えた闘いだったぜ。

ヒルダ:父上をうならせた貴方の敵意、何としても乗り越えさせていただきます。
:小娘とはいえ、お前もクラウザーの血筋ってやつか、俺をうならせりゃ本物だぜ。

ジーク:我が親父も認めた貴公の棒術、俺とても緊張感ある仕合が出来ような。
:親父のこともあるからな、おめえ相手じゃぶっ叩きゃいいってわけにゃいかねえからな。

グラント(ストーリー参照)
:こんな寒気は久し振りだな、やっぱりこういったギリギリの闘いは嫌いじゃねえぜ。。

カイン(ストーリー参照)
:てめえみてえな若造が軽々しくギース様の名前を口に出すんじゃねえ。


ストーリーチャート

第5回戦:対ロック

・仕合前
ビリー「会いたかったぜ坊や、今日はテリーと一緒じゃねえんだな」
ロック「俺のことを知っているか、あんたは何者だ」
ビリー「何、一度お前の力、見てみたいと思ってなあ、ここは本気で行くぜ」
ロック「確かに鋭い技だ、しかしそうそう敵意を感じないのか」

・仕合後
ビリー「まあこんなものか」
ロック「激しい攻めだったが、手加減をしたのか、あんたは一体」
ビリー「さあな、ギース様に比べりゃまだまだ甘えが、結構いい実力だ。
    これから俺自身のケリをつけなきゃなれねえ、じゃあな、縁があればまた会おうぜ」

 ビリー、去っていく。
ロック「自分自身のケリか、俺自身は、ギースを、親父を、憎んでいるのか、それとも」


第8回戦:対テリー

・仕合前
ビリー「やっと見つけたぜぇ、テリー」
テリー「ビリーか、今更何しにきたんだ」
ビリー「ケッ、てめえをぶちのめすのに理由なんざいるか。今までの借りを含めてやってやるぜぇ」

・仕合後
ビリー「相変わらずてこずらせてくれるぜ、やはりこの棒一本でも足りねえな」
テリー「なるほどな、やはり腕は落ちちゃいねえか。だが、これからどうするんだ」
ビリー「んなこたぁ、てめえにゃ関係ねえ。こんなつまんねえこと考えた奴に目に物を見せてやるんだよ」
テリー「フッ、なるほどな」
ビリー「ケッ、何がおかしいんだよ、まあ、次こそぶちのめしてやっから、それまで首を洗って待っていな」


第9回戦:対グラント

・仕合前
ビリー「おう、ここにいるってのはわかっているんだよ、さっさと出てきやがれ」
「ビリー=カーンか、いまや野良犬に成り下がった貴様に、我が拳は砕けるか」
ビリー「言ってくれるぜ。だがてめえを倒さねえ限り先に進めねえってことかい」
グラント「我が名はグラント、力の殉教者なり、貴殿の持つ力、存分に披露されませいっ!」

・仕合後
グラント「馬鹿な、これほどとは・・・・・」
ビリー「てこずらせやがって。さっさとてめえの飼い主の所に案内しな」
グラント「我らの絆、貴様には理解できまい。行きたくば、勝手に行くがいい。俺もいずれは、さらばだ・・・・・」

 グラント、去っていく。


最終戦:対カイン

・仕合前
「グラントが敗れたか、ビリー=カーン、その実力はいまだ衰えぬか、それとも」
ビリー「てめえがカインか、このビリー様がわざわざブチのめしにやってきたぜえ」
カイン「いきなりご挨拶だね、いかにも、わたしがカイン=ライオット=ハインライン。
    亡きギース=ハワードの遺志に従い、この街に暗黒をもたらす者だ」

ビリー「ギース様の遺志だあ、一体どういうことだ?」
カイン「ほう、君は知らないだろうから説明してやろう。我が姉、メアリー=ライオットはギースの妻でロックの母親なのだよ。
    そしてわたしはそのギースの後を継ぎ、この街を独立化させ、真に力あるものが生き残る街にするのだ」

ビリー「ケッ、能書きは終わったか。だったら一生眠ってろ。この俺の手でなあ」
カイン「かつてのギースの側近たる君ならばわたしに賛同してくれると思ったが、仕方がない。邪魔者は排除するまでだ」

・仕合後
ビリー「てめえがあの坊やを使って何を企んでいるかは知ったこっちゃねえ。だがよ、
    これだけは覚えときな。あのロック坊やは誰にも縛られねえってことをなあ」

カイン「だが、私はあきらめるわけにはいかないのだよ。ギースの遺産を手に入れるためにね、そのために彼が必要なのだよ」
ビリー「ギース様の遺産たあ?一体何のことだ、って、おおっと」
 屋敷が崩れていく。
カイン「さらばだ、また会おう、ビリー=カーン君」
ビリー「ああっ、待ちやがれ、くそっ・・・・・」


エンディング

 崩れた屋敷跡を眺めつつ、荒野にたたずむビリー。
ビリー「何とか逃げ出せたな。しかし、ギース様の遺産か。また、面倒なことが起きるってのか、あるいはあの時と同じか?
    まあいいや。歯向かう奴はこの俺の棒でぶちのめす、それだけよ。
    と、その前に家に帰るか。リリィの奴が心配するといけねえ」

 と、背を向けてビリーは去っていく。

(スタッフロールへ)