北斗の拳・リュウ伝

80年代初頭、ジャンプより連載された“北斗の拳”
世紀末の暴力が支配する荒廃した世界で一子相伝の暗殺拳“北斗神拳”を駆使して闘う主人公ケンシロウの活躍を描いた
バイオレンスな描写と男の哀愁を醸し出しながらも痛快なアクション巨編として絶大な人気を博した。
同年代後半にて連載が終了してもなおその人気は衰えることはなく、様々な派生作品も世に出たことだろう。
そこで当HPは手前勝手を承知の上で最後期にケンシロウの継承者として選ばれたラオウの子リュウを主人公に、
ある程度の平和の中、再び世を乱さんとする者たちに敢然と立ち向かう様をここにお送りできればと思います。
なお述べるまでもないのですが、原作の北斗の拳及び各派生作品とは一応は関係ないことをここに述べることに致します。
以上のことをご了承の上、それでは、ごゆっくり。

プロローグ

前世紀末からの戦乱より世界は暴力が支配する混迷の中にあった。
その混迷を収めんと男たちは闘い、伝説となった。
そしてここにまた一人、新たな伝説を築かんとする男がいた。

とある荒野、一台のバギーが数台のバイクに追い回されていた。やがてバギーは岩盤に乗り上げ身動きが取れなくなる。
バギーから転げ落ちた男にバイクの男たち、いずれも若い不良風の男たちが囲んでいく。
「どうしてこんなことをする」と抗議する男にコツコツ働くなんてバカらしいと返し、バギーの物資をよこせと迫る。
それを拒否し不良たちに踏みつけられる男、バギーの物陰で怯える男の妻子、しかし一人の不良が何かに吹き飛ばされる。何者かと誰何する不良たち、そこには巨漢の青年が立っていた。
激昂して襲いかかる不良たちを拳一つで打ち払う。打たれた不良たちはいっせいに身体の異変を訴える。
その強大な容姿と力業にラオウの名を口にする不良たちに「俺はラオウではない」と返しつつ、
「悪党というより、単なる跳ねっ返りのチンピラか、本気を出すまでもないが、せめてこの人の痛みを思い知れ」と、掌からの闘気で不良たちを吹き飛ばす。
その闘いぶりに何かを得心する男、そこに妻が駆け寄って「命ばかりは!」と若者に懇願するが、男がそれを制する。
「いや、俺もあいつらと同じだ」
妻をなだめつつ返す若者に男は訪ねる。
「しかしあの業を使えるのは、拳王さまお一人のはず。よもやあなたは」
「まさかあんたは、いや、俺は、ラオウの子、リュウだ」
と名乗りつつ、リュウと名乗った若者は乗り上げたバギーを片手で元に戻す。
「俺ができるのはこんなところだ、その先に村がある。もう一息だ」
そして寄ってきた子供に手を添えて、
「お前も男なら、どこまでも強くなれ。親御さんたちを守れるようにな」
と若者リュウは去っていく。リュウが去り行く様に、過去の思いがよぎる。
ケンシロウとラオウとの決戦近き頃、拳王軍の一団と対峙しそれを討ち破った際、数人の若者の怯えを感じたケンシロウはそのまま手を出さずに去っていく「拳王は俺が倒す、そしてお前たちは、生きろ」という言葉を残して。
その想いとともに元拳王軍の兵士だった男は帽子を脱いでリュウを見送るのだった。

同じ頃、フードを目深にかぶった女性を数人の荒くれ者が追い立てる。誰何する男たちに食べ物を所望する女性。近付こうとする男たちにその女性はいきなり手を広げんとするや、男たちの服が斬り裂かれ、その際に数筋の傷が刻まれる。
「まさかこの拳!?」と誰何せんとするも、恐れをなして逃げ出してしまう。その際に落とされた食糧を少女は拾いつつ、指先にこびりついた血を見てつぶやく。
「血か、これを見たら母さんが悲しむな」と、食料を口にしつつ再び歩みだすのだった。

第1話:水鳥の少女

水鳥の村
かつてケンシロウとレイが守りきったこの村は、今や緑豊かな、実りある地となっていた。
村の中心とある石碑、かつて南斗水鳥拳のレイ終焉の地に建てられたそれの前に、村長となったマミヤとレイの妹アイリが祈りを捧げていた。
「兄さん、あの娘はとうしているかしら」
「大丈夫、あの娘は強い子だから。無事彼のもとにたどり着ければいいけど」
「そうね、兄さん、あの子を、見守って」
空を見上げるマミヤとアイリ、空には一羽の小鳥が飛んでいた。

変わって荒野を歩む一人の男リュウ、先の事件から数日後、飲まず食わずで歩き続け、流石に疲労の色をあらわになった。
「水、いやその前に、食糧(メシ)を・・・・・」
それでも自らに奮起を促しつつ、歩みを進めるリュウは、そのうちにオアシスを見つける。
まずは渇きを潤せると急ぎ足でオアシスに入る。しかしそこには水浴びをしていた一人の少女がいた。
軽い動揺を覚えるリュウに少女はおもむろに空を引っ掻く。リュウの胸板に数筋の傷が付く。
「これは、南斗水鳥拳か・・・・・」
動じないリュウに今度は少女の方が動揺する。やがて両手を水面に置き、空高く飛び上がる。リュウは太陽を背に空を舞う少女の姿を見やる。
「巣立ったばかりの雛鳥か、俺と同じだな」
そしてリュウめがけて少女の両手が降りかかり、リュウは両手で受け止める。
「水鳥拳奥義、飛翔白麗か、思わず受けてしまったな。これが男のけじめなら自惚れかもしれない。まして拳士のけじめとなれば」
受け止められた少女の顔にも安堵の色が浮かんでいた。
「あんた、ラオウの子供のリュウでしょ」
「そうだ」
リュウの方も自らを見知られたことにむしろ安堵する。互いの手を放し、リュウは改めて告げる。
「できれば話をつけたいが、まずは服を着てくれないか」
「・・・うん」
少女の方も自分の姿に気付き泉脇の草むらに身を隠す。
ややあって服を来た少女とリュウが改めて泉外に座す。まず少女が名乗り上げる。
「あたしはユイ。南斗水鳥拳レイの妹アイリの娘だよ」
「やはり、そうか」
少女の名を知ることができたリュウ、少女ユイもリュウの心情を汲んでか、なお話を続ける。
「たしかに伯父貴はラオウに倒されたけど、その後最期の命を燃やして母さんとマミヤさんを守りきった。そのことは今でも誇りに思ってる」
「・・・・・」
ユイの言葉に陰りはなかった。
「そのラオウだって、野望の果てに最後ケンと己の誇りを持って闘い抜いた。それから今、あの二人の誇りと志はあんたがついているはずだよ」
「そう、ありたいものだな」
いくらかリュウの心は解きほぐされた。
「おそらく伯父貴以上の水鳥拳の使い手は現れないかもしれない。あたしは伯父貴の義の星とともに後の世に水鳥拳を伝えられればいいと思ってる」
「やっぱり俺と同じ、そっちの方がきっぱりしているな」
「そうかな、だったらあたし、あんたについていくよ。伯父貴だってそれを望んでるはずさ」
「そうか、すまない」
立ち上がり呼び掛けとともに手を差し伸べるユイにリュウもそのまま手を取り立ち上がる。ここに旅の仲間ができた。

第2話:無法のアマゾネス

北斗神拳伝承者にしてラオウの子リュウの旅についていくこととなった、南斗水鳥拳伝承者ユイ。しかしリュウの旅もあてもなかった故、さしあたりユイの故郷へと向かうことになる。そのユイの故郷、水鳥の村にたどり着き、村長のマミヤとユイの母アイリが出迎える。まずユイがアイリの胸に飛び込んで再会を喜び合った。その様を見守り一人立っていたリュウにマミヤが近付く。
「ラオウの子、リュウです」
「よく来てくれたわね、あなたのことは聞いていたわ。こんなところで立っているのもなんだから、村に入ってきて」
一礼の後、マミヤたちと村に入るリュウ。はじめレイの碑に立ち寄る。そこにはアイリの夫でユイの父ロイがレイの像の手入れをしていた。ユイとリュウの姿を認めもう少しで手入れが終わると告げるロイ。父をせかすユイをよそにリュウはひとまず見守っている。
やがてロイが像から離れリュウは厳かに一礼するや一筋の風がリュウに吹いた。
ラオウの息子よりケンシロウの後継者として迎えられたとリュウは、村人にも暖かく迎えられた。そこにマミヤが一つの話を切り出していく。
まずユイは水鳥拳を学ぶため修行に行かせ、帰り途中でリュウと出会うようにも言いつけたのだ。対してリュウは一通りの修行を終え、あてどもなく旅を続けていた。そこにユイと出会い、この村で自分のなすべきことをあらためて聞き出す。
そこに現れたのは一人の男。それは今や近隣の街の指導者となったバットだった。
「実はリンとの間の子が家出同然で旅をはじめたので、合流してこれからの旅の伴にしてほしい」とバットは告げる。
意外な要請も、半ば真剣に聞き入るリュウ。使命にしては軽いと文句をいうマミヤに対し、リュウは承諾する。もともとバットの娘は天帝の血を引く娘で、これからの世界の復興には欠かせない存在だったのだ。
ともかくもリュウは後日その娘を迎えんがため、ユイとともに再び旅立つこととなる。

変わってとある街の地下闘技場、そこでは非合法(現在でも無法なのは変わりはないが)の闘技が行われていた。そこで闘っているのはなぜか若い女たち。まず巨体の女が少女と組んだ末に激昂したのか次第に少女を打ち付けていく。しかしなぜか倒れたのは大女の方で、打たれ続けて顔を腫らした少女は静かに闘技場を後にする。
大女の方も数人の女闘士に控室まで運ばれる。そこで先に対した少女に、組んだ後体か勝手に少女を打ち続けていったともらす。
実は少女が大女に何かしらの細工を施し試合を盛り上げようとしたのだ。実はこの闘技場は近隣の若い女たちをさらって闘わせて儲けている代物だった。そのうわさを聞き付けた件の少女は、わざと捕まるふりをしてそこに潜入していたのだ。とある目的のために。
その後も他の女闘士たちの白熱した試合を繰り広げ、観客も大いに盛り上った。その中にはカーテン越しの物影に一人の男が部下からその盛況を告げられ、ただひとしおに喜ぶのだった。
やがてその闘技場に、リュウたちが訪れたのだ。

第3話:闇を斬る

数多くの女たちが闘いを強いられている闘技場、そこにリュウたち一行が訪れた。それに先立ちとある村からさらわれた娘を助けてほしいと若い母親から依頼されてここに来たのだ。
その女性はかつてとある軍人崩れの組織に両親を殺されるもケンシロウのおかげで立ち直った。その後成長し家庭をもって一人娘に恵まれるも、その娘がとある賊徒にさらわれたのだ。その手がかりがこの闘技場にあるというのだが。
変わって闘技場では件の少女と幼い女の子が闘い合わんとしていた。見るからに少女が女の子を倒すだろうと、観客も主催の男もそれを楽しみにしていたのは目に見えていた。
いざ闘いが始まるや、少女が女の子に何やらの技をかける。その際何やらを女の子に話しかける少女。ややあって女の子の動きが素早くなり、少女に襲い掛かる。少女は構えるも別段女の子の攻撃を防ぐまでもなく打たれるがままだった。しかし時間が立つとともに女の子も疲れ果て、そのまま倒れ込む。それをすくい上げる少女。
「お、お姉ちゃん、ごめんなさい・・・・」
「私は大丈夫、よく頑張ったわね」と女の子に語り掛ける少女。女の子を抱え上げて主催者に親指を立てつつ少女は闘技場を後にする。控室に向った先にあの大女が待ち構えていた。
「結構容赦なかったっすね、たしかにあたしと変わんないですけど」
「これでもあの時よりは優しい方なの。あんな程度じゃ母さんにも及ばないから」
その大女に付き添われて、少女は戻っていく。しかしたたずむ少女に主催者の部下たちが呼び寄せる。闘技場に乗り込んだ賊が入り込んだので、それを迎え討つよう指示されたのだ。その主催者が少女の使う業に目をつけてのことだった。

その乗り込んだ賊、リュウとユイに少女が対峙する。
「久し振りね、ユイ、そしてあなたが、リュウ」
リュウが重く静かにうなずき、少女は静かに構える。
「あなたたちの目的がこの闘技場なのは分かってる。かくいう私も同じものだから」
「望んだこととはいえ、結構損な役回りだね」
と、少女にはユイが対することになる。対峙する二人、少女の拳をすんででかわし、ユイの業が少女の胸元を切り裂き、あらわになりかけた胸をかばった隙にユイが少女に数発平手を繰り出す。これもさしてきいてないかにみえたが、少女は静かにユイに寄りかかる。

「後のことはリュウに、いえあたしに任せて」
「気を付けてねユイ、あそこを護っているのは恐ろしい拳法を使うって話だから」
少女が座り込んでから先に進むユイ。リュウも「大丈夫か」と話し掛けつつ羽織っていたマントを少女にかける。
まさか少女があの賊とグルだったかと驚愕しつつも、主催者は傍らの男に迎え討つよう言い渡す。

建物内に入ったリュウたち。中の回廊は一面の暗闇で一切の視界がきかない。そこでユイはこめかみの秘孔を突き、自らの視力を封じる。かつて母アイリの視力を治した秘孔、それの逆の効果を一時的にもたらすものだった。目が見えないと思うからかえって暗闇に迷うものならいっそということだった。
暗闇の中、音もなく襲い掛かる人影。しかしユイはすんででその拳先をかわし、あらためて低く構える。
相手も小娘と侮ってなおも襲い掛かるも、ユイの反り返りざまの脚刀が相手の胸板を切り裂く。
「この業は、貴様、南斗水鳥拳、いや、これは・・・・・」
「たしかに水鳥拳じゃ暗闇ではちょっと不利だけど、頭に思い浮かんだ業、紅鶴の構えからの白鷺拳が役に立ったかな」
「さ、流石は南斗水鳥拳レイの姪だ。この俺の無音拳など足下も及ばなかったか」
「もっとも、紅鶴はともかく白鷺拳も真似事に過ぎないから、本当に伝承した人がいるからね」
男はそのまま倒れ伏したのを見計らい、ユイが先に進み、リュウと少女がそれに続く。

主催者の部屋まで差し掛かり、怯える主催者にリュウがにじり寄る。怯えつつも金で懐柔せんとするがリュウも静かに告げる。
「己のみが安全な場所で人の苦しみを見届けんか、気に入らんな」
と、寸止めの剛拳を放ち、その風圧で主催者を吹き飛ばす。壁に叩きつけられ、さらにはその際に秘孔を突かれ一切の身動きが取れなくなった主催者。部屋の外からさらわれた女たちの親族も駆けつけてきた。あとは彼らの裁きを受けさせるのみとこの場を後にする。その後主催者がどんな目に遭ったかは語るべくもなかった。

闘技場は壊滅し女たちは解放された。そして女の子も少女に付き添われ、母親と再会した。その際少女が無傷で返せなかったことを詫びるも、母親は少女の面影からリンの名を告げる。
「私は、リンの娘。今は父の名を取って“ラット”と名乗っています」
ともかくも母親はラットたちに感謝の言葉とともに見送る。大女をはじめ女たちの大半~ラットに秘孔を突かれて体を強化した~は村の復興に従事することになった。
こうして闘技場の事件を解決したリュウたちは、新たに少女ラットを加え、さらなる旅を続けるのだった。