厭世の業炎
嘉神慎之介

データ

名前:嘉神慎之介

声:粟根まこと

生年月日:天保4年2月22日(31歳)

身長:6尺 体重:19貫目

利き腕:右

流派:焦刀・朱雀の炎

武器:宝刀〔端鳳〕

家族構成:不明

宝物:あまり物には執着しない

趣向:美学の追求

好き:美しきもの、すべて

嫌い:美学に反するもの

シンボルアイテム:洋装

プロフィール:かつては朱雀の守護神として地獄門の監視を担っていたが、
常世の負の力により人間の醜い部分を見せ付けられ、そのまま人間の粛清をはかるが、
先の闘いにより楓に倒され、その身を地獄門に身を任せる。しかし、気がついたときには未だ自分は現世に残っていた。
そのことから今一度自らを、そして人間という存在を見つめ直すために今回の闘いに身を投じ、
さらには先の己の行いに伴い暗躍した者たちの野望をも食い止めんと再び立ち上がるのだった。
 

技設定

・投げ技

焦椀・爆炎(相手の近くで前後+BC):片手で相手をつかみ上げ、もう片手で相手を燃やす。

焦脚・飛扇(相手の近くで前後+FG):組んだ後に、炎のこもったサマーソルトキックを放つ。

・必殺技

飛燕翼(236+上段):手を振りかざし、炎の塊を繰り出す。

劫炎爪(236+下段):炎を纏った剣を振り下ろす。

不知火(劫炎爪中に236+下段):振り下ろした剣をそのまま斬り上げる。

焦咆哮(623+上段)飛び上がりつつ剣を斬り上げる

焔咆哮(相手の近くで63214+上段):炎を込めた手を伸ばして、捕らえ相手を剣で突き刺し、そのまま爆発させる。

降炎襲(空中で214+G):炎を纏った蹴りを放つ。

明鏡の瞳(214+上段):目の前に光の壁を発生させる。飛び道具系の必殺技をはね返すことが出来る。

・超奥義

紅蓮朱雀(空中で41236+A):炎を纏い、斜め下に急降下する。

鳳凰天昇(236236+C・または紅蓮朱雀中41236+C):炎を纏い、斜め上に飛び上がる。

閃光の裁き(214214+C)
:宙に浮きつつ掌から光を発する。光はガード不可、ダメージもそこそこだが発動が遅く、懐に飛び込まれると弱い。

・潜在奥義

真・星火燎原(641236+G)
:構えた後炎を纏い、高速で突進する。前作のようにガード不能ではなくなったが。隙が少なくなったのと、攻撃範囲が広くなったのが強みか。

 

ストーリー

・対戦メッセージ

あかり:我らの束ねたるそなただ、力は及ばずとも業と心意気は常に歩ませるがいい。

楓:わたしは相変わらずだがそなたの力は目覚めたばかり、返されるのみでは済むまいて。

守矢:はたして許せぬのはわたしか己の心か、しかし交えた剣が物語っているかな。

雪:改めて問おう、真にそなたが護りしものは何かはいささかの迷いも持ち得ぬはずだ。

十三:一見無鉄砲に見えて前を見据えているか、前にもましてその強力はきいたよ。

天野:野卑に見えてももはや見損なわぬよ、そなたもまた美学に生きる者ということを。

鷲塚:侍といい志士ともいうが、そなたの士道もまた己の美を貫いているものかな。

小次郎:いかにそなたが女とて容赦はできなんだな、そなたもまた志士である所以だ。

李:そなたの正義とわたしの美学、どちらが尊いかは今は些細なる問題に過ぎぬよ。

斬鉄:そなたの刃は前にもまして迷いなしか、これもまた美学なれば対するに値うか。

響:この場に踏み入ったならばいささかの迷いも命取り、これはそなたも覚悟の上かな。

骸:哀れなるかな常世に踏み入れたるものの定め、これもまた人の醜態というべきかな。

翁:今だからこそ師の言の意味を知るか、たしかにかつての世の憂いは変わりないが。

示源:たしかにそなたの意思は今以上に感じられる、今のわたしとはやはり大違いだな。

嘉神:かつてわたしも迷いは持たぬはずであった、そなたの顕現もやはり迷いが故なのか。

武蔵:そなたが迷うたのも戯れが故か、その苦悶もまたいずれわたしも被らねばならぬな。

刹那:この懐かしくも邪なる瘴気、そなたがそうであるならまた剣を交える刻もあろうて。

青龍の楓:そなたの迷いももはや取るに足りぬ、ただ歩み続ければ自ずと路も開けよう。


・2回戦後
山奥の社にたたずむ一人の男。
男「時代は着実に動いている。そのうねりは日本はおろか、やがては世界を巻き込もう」
男の足元には魔方陣がえがかれていた。
男「今こそ、再び新たなる力を」
魔方陣に男の鞭の一閃がうなり、魔方陣から光が発せられその光から人影が現れる。


・第5回戦(対武蔵)
社の魔法陣に佇む一人の男。そこに嘉神が寄ってくる。
男「ふふ、よくぞ参られた、卿の到来を今かと待ちわびたところだ」
嘉神「やはり、そなたであったか」
男「有り体に言えばな、卿が引き起こした争乱より新たなる時代も開けた。それよりさらに時代を進めるのだ。そのための俺と卿の邂逅だ」
嘉神「たしかに先の争乱はわたしの愚行やもしれぬ。しかしもはや徒に乱を起こすこともできぬ。せめて止めさせてもらおう」
男「ふふ、その意気やよし、だが今卿と闘うは俺ではない。この者と闘っていただこう」
男が姿を消し、代わりに魔法陣から暁武蔵が現れる。


・特別戦その1(対青龍の楓)
嘉神「ふふ、ようやく目覚めたようだな、青龍」
青龍の楓「嘉神か、やはり俺の力を利用する、わけではないか、いずれにせよお前と再び仕合わねばならないな」
嘉神「互いの己の業との闘いだ、ここはそなたの気が済むまで付き合っていこう」
青龍の楓「ああ、それも望むところ、どうせなら魂の赴くままにだ」

つづく