青龍の力を受けし志士

データ

名前:楓

声:水津光司

生年月日:弘化3年9月14日 年齢:18歳

身長:五尺九寸(約179cm) 体重:十六貫目(約60kg)

利き腕:右

流派:活心一刀流(概世によって教えられた剣術と青龍の力をミックス)

武器:疾風丸

家族構成:概世(養父・故人)、守矢(義兄)、雪(義姉)

宝物:養父の形見の刀

趣向:港で海を眺めること

好き:清々しいもの、特に水羊羹

嫌い:暑苦しいもの、自分の弱い心

シンボルアイテム:紅葉

プロフィール:先の地獄門をめぐる闘いの後、青龍の力を受け入れるも、その強大な力はもとよりだんだんと自身の心も侵食されることを怖れ、
心の強さを得るために修行の旅に出る。その旅の先に一条家をめぐる争乱を耳にして、自身の四神としての使命に基づき再び戦いの場に足を運ばんとする。

技設定

・投げ技

帯刀・谷落とし(相手の近くで前後+BC):相手を抱え込んで、そのまま投げ落とす。

帯刀・巴投げ(相手の近くで前後+FG):相手と組んで、倒れざまに後に投げ飛ばす。

帯刀・雷霆(相手の近くでレバー入力+BC):空中で相手を抱え込んでそのまま投げ落とす。

・必殺技

晨明・疾風(236+上段):刀を振り上げつつ地を這う電撃を前方に繰り出す。

晨明・空牙(623+上段):軽く飛び上がりつつ雷を込めた刀を振り上げる。

晨明・連刃(214+上段(連続3回)):踏み込んで何度も斬りつける。

晨明・追風(空中で236+上段):空中で刀を振りかぶり斜め下に雷の波動を繰り出す。

晨明・嵐討(相手の近くで63214+下段):肘うちを当てて相手を浮き上がらせる。

一刀・束風(236+下段):前転しながら大きく移動する。移動中は相手をすり抜けることが出来る。

・超奥義

活心・伏龍(2141236+A):地面に刀で突き刺し雷の柱を繰り出す。

活心・醒龍(236236+E(タメ可)):光をまとい巨大化した刀を振り下ろす。

・潜在奥義

活心・亢龍(2141236+C):地面に刀で突き刺し巨大な龍の姿に見える雷撃を斜め上に発生させる。

活心・蒼龍(214214+G)少し踏み込んで刀を短く前に突き出し、ヒットすると相手をロックして、
     飛び上がりつつ巨大な龍の姿が見える雷を込めた刀を振り上げる。

活心・青龍(236236+G)振り下ろした刀とともに、青龍のオーラを発生させる。 

ストーリー

・CPU戦メッセージ

あかり:君の力もまた多くの人に役に立つはずだ、そして僕もそれを守っていきたい。

楓:この胸の昂ぶりを僕は未だ怖れている、それが僕の弱さなら乗り越えてみせる。

守矢:すべてを背負わんとするのも分かるけど、それだけで動かないのも分かるはずだ。

雪:大丈夫だよ、あの時には戻れないけれど穏やかな日はきっと帰ってくるはずだ。

十三:改めて驚いたな、これほどの力なら多くのものを守れるはずだ、後は自覚だけだな。

天野:闘いにおいて思い煩うまでもないか、そういったところならあなたにも及ばないか。

鷲塚:誠のための士道も理解はできる、しかしあなたも新たな時代を見据えるべきだ。

小次郎:あなたも時代を憂えているのか、その剣からひしひし感じられるから分かるさ。

李:強くなろうとする心、やはり目的があってこその力と強さ、僕も学ぶべきが多いな。

斬鉄:強さをよりも何か追い詰められている、あなたの強さはどこへ向かうというんだ。

響:やはり斬ることにためらっているのか、今は切り抜けなければ先にも進めないんだ。

骸:人斬りの慣れの果て、ここで斬り捨てるのも慈悲というならやはり割り切れないな。

翁:いまだに老師には教えられることも多いけれど、僕も一歩ずつ歩んでみせる。

示源:己の意志を持ってこその強さか、腕のみではあなたに及ばないが、いずれは。

嘉神:今の業と炎こそが本当のあなたの心の強さだ、その意味でも闘う理由もないか。

武蔵:たとえあなたに及ばずとも僕は僕自身の剣と業、そして青龍の力を信じるのみだ。

刹那:これほどの深い闇が覆うのか、しかしこれに屈するようでは僕は僕でなくなる。

青龍の楓:僕も覚悟が足りないかもしれないが、いずれすべてを受け入れてみせるさ。


・2回戦後
山奥の社にたたずむ一人の男。
男「時代は着実に動いている。そのうねりは日本はおろか、やがては世界を巻き込もう」
男の足元には魔方陣がえがかれていた。
男「今こそ、再び新たなる力を」
魔方陣に男の鞭の一閃がうなり、魔方陣から光が発せられその光から人影が現れる。


・第5回戦(対武蔵)
社の魔法陣に佇む一人の男。そこに楓が駆けつける。
男「ふふ、よくぞ参られた、卿の到来を今かと待ちわびたところだ」
楓「お前が、今回の張本人か」
男「まあ、そんなところだ。新たなる時代を卿が開きかけた。朱雀の乱をきっかけとして、時代をさらに進める。そのための俺と卿の邂逅だ」
楓「何を企てているかは知らない、いずれにしても、ここで止めなければいけない」
男「ふふ、その意気やよし、だが今卿と闘うは俺ではない。この者と闘っていただこう」
男が姿を消し、代わりに魔法陣から暁武蔵が現れる。


・特別戦その1(対青龍の楓)
楓「これは、もう一人の、やはり青龍なのか」
青龍の楓「未だ目覚めぬか、いや、何故怖れる、自らの心、そして昂りに」
楓「あれも、僕自身の心だと、いうのか」
青龍の楓「お前は、自らが思っているほど、弱くはない。己の力、今一度見極めて見るがいい」

つづく