放浪の居合の刺客
高嶺響

データ

名前:高嶺響

声:上坂すみれ

生年月日:弘化4年3月30日 年齢:17歳

身長:5尺2寸 体重:11貫目 三体数:74・51・80

利き腕:右利き

流派:無双真伝流(かの神無想一刀流から分派した居合いを主体とした抜刀術とか)

武器:刀(谺)

家族構成:父・源蔵(故人)

宝物:父の形見の刀

趣向:押し花

好き:花

嫌い:異人、異国かぶれ

シンボルアイテム:刀、腰につけた巾着袋

プロフィール:数々の名刀を生み出した名工、高嶺源蔵の一人娘で、父から教えられた居合術を会得し、その腕前は並みの侍も顔負けの実力を誇る。
ある日父が、刀打ちを依頼に来た銀髪の青年の“純粋な悪の気”に魅せられ、全身全霊を込め一振りの太刀を打ちあげた後に力尽きて命を落とす。
父の死の真相と銀髪の青年を追っていく中、途中多くの剣客との仕合にて己の剣に対する想いもまた変わりつつあるのだが。

技設定

・投げ技

勢い活かす也(相手の近くで前後+BC):組んでから片手で投げ飛ばす。

斬り伏せる也(相手の近くで前後+FG):組んだあと、何度も斬りつける。

・必殺技

遠間にて斬る也(236+上段):抜刀の後に、間合いの長い真空波を繰り出す。

近寄りて斬る也(236+下段):踏み込んで斬撃を繰り出す。

水月を突く也(623+下段):ふいに後ろ向きになり、上段の攻撃をかわしつつ刀の鞘で突く。

居を合わす也(41236+C):構えてから攻撃を受け止め、そのまま投げる。

抜かば斬る也(居を合わす也中にC):投げてから斬りつける追加技。

抜かずば斬らぬ也(居を合わす也中にD):投げてから鞘で打ちつける追加技。

紙一重にてかわす也(ABC同時押し):相手の攻撃を避ける。投げは無効。

間を詰めること肝要也(紙一重にてかわす也中にC):攻撃を避けたあとで間合いを詰める。

間を置くこと肝要也(紙一重にてかわす也中にD):攻撃を避けたあとで間合いを離す。

・超奥義

発勝する神気極むる也(2141236+A):構えた後、残像が何度も突っ込んで斬りつける。

死を恐れぬ心也(641236+G):刀を突き出し、ヒットすると一瞬に何度も斬りつける。

・潜在奥義

屍を越え行く也(2141236+C):踏み込んで連続して斬撃を繰り出す乱舞技。 

ストーリー

・対戦メッセージ

あかり:あなたも私と同じでどこかが違う、その違いが仕合を決めたかもしれません。

楓:あなたも自分との闘いに苦悩していますね、私もそれに討ち勝たねばなりません。

守矢:死と隣り合わせの仕合ならば、明日を見出すことができるかもしれませんね。

雪:運命とは道を選ぶもの、それがいばらの道であろうとも進まねばならぬのですね。

十三:歩みを進めるは時に何も考えず進むるものなら、これも正しいことかもしれません。

天野:今の私には、あなたの想いをこの剣で応えることしかできないものでしょうか。

鷲塚:お噂にたがわぬ剣技の冴え、それすら斬り拓かねば私も歩むことはできません。

小次郎:女を捨てて剣の道は極めねばならぬのなら、人をも捨てねばならぬのでしょうか。

李:私の剣も武に通じるに値うなら、このまま振るい続けてもいいものでしょうか。

斬鉄:真の強さとは仕合い続け、勝ち続けて、そして相手を倒し続けるべきでしょうか。

響:自分自身と向き合う時、私は私自身を確かめられるなら、その先に何がありますか。

骸:貴方には生きる気も感じられません、その上で人を斬り続けるはまさに滑稽です。

翁:永きにわたる生の末、武と人とを極められるなら、私もまたそれに到れるでしょうか。

示源:剣を向けどもあなたの身には未だ届かない、これがあなたの意志なのですか。

嘉神:人は己の行いを省みられるものなら、命をかけても世の乱れにあたるべきですか。

武蔵:剣を極めたあなたも時の定めには逆らえないなら、人の生は儚きものなのですか。

刹那:やはりこの剣は、あなたとその剣を討ち破る前に私自身に討ち勝たなければ。

青龍の楓:剣と力を極めながらも己を見失わない、それには私も到れるものでしょうか。


・2回戦後

山奥の社にたたずむ一人の男。
男「時代は着実に動いている。そのうねりは日本はおろか、やがては世界を巻き込もう」
男の足元には魔方陣がえがかれていた。
男「今こそ、再び新たなる力を」
魔方陣に男の鞭の一閃がうなり、魔方陣から光が発せられその光から人影が現れる。


第5回戦(対武蔵)

社の魔法陣に佇む一人の男。そこに響が駆けつける。
男「ふふ、やはり参られたか、しかし其方の到来もまた必然やもしれぬな」
響「貴方が、この争乱を」
男「まあ、そんなところだ。新たなる時代其方も踏み入った。朱雀の乱をきっかけとして、時代をさらに進める。そのための我らの邂逅だ」
響「何を企てているかは分かりかねますが、いずれ貴方を止めなければなりません」
男「ふふ、その意気やよし、だが今は其方と闘うべきではないな。この者と仕合っていただこう」
男が姿を消し、代わりに魔法陣から暁武蔵が現れる。


・特別戦その1(対青龍の楓)

響「あなたは、たしか楓さん、でも何かが違う」
青龍の楓「さあどうかな、ある意味俺はあいつと同じ。否もう一人のあいつというところだ」
響「ここはいずれにしても、あなたと仕合わねばなりません」
青龍の楓「そうだな、しかしあんたも斬ることのみにこだわっている、それだけでは俺とは闘えない」

つづく