暗黒理力の導師
望月双角

データ

名前:望月双角

格闘スタイル:望月流修験術

誕生日:7月3日(49歳)

身長:176㎝ 体重:86㎏

国籍:日本

職業:住職

趣味:将棋

大切なもの:恩師の形見の日本刀

好きな食べ物:甘いもの(しるこ、餡蜜)

好きな音楽:浪曲

嫌いなもの:己の中にある内なる修羅

得意スポーツ:泳法を少々

特技:どこにでも眠れる

闇に生きる一族の血を引きながら、暗黒の理力を駆使しこの世を脅かす修羅を狩ることを生業とした一族の一門。
不知火流とは永年対立状態にありながらともに強大な修羅を封じてきた仲である。

最近では自らの内なる修羅を制せんとさらなる修行を自らに課してきた。
そして今、修羅が蠢くと目されるこの闘いにも身を投じることとなる。

技設定

・投げ技

縛り投げ(相手の近くで前後+B、C):錫杖で投げ落とした後に、杖の一撃を食らわせる。

地獄投げ(相手の近くで前後+F、G):巴投げの要領で一回転してそのまま背中を落とす。

昇天殺(空中で下要素+B、C):組んだ後に相手に乗っかり、そのまま落ちる。

・必殺技

まきびし(236+A):おもむろにまきびしを放り投げる。射程は短いが出かかりは早い。

邪神棍(236+B):念で棍を操り攻撃する。

野猿狩り(236+C・ヒット後パンチ連打で追加攻撃):念で小型の双角を発し、相手を攻撃する。

邪棍舞(G連打):念によって生じた幻影に攻撃させる。

天破(邪棍舞中に1+C)
払破(邪棍舞中に3+C)
降破(邪棍舞中に9+C)
突破(邪棍舞中に6+C)
倒破(邪棍舞中にD)
:以上、邪棍舞からのフィニッシュ技、さまざまな効果と追加ダメージが期待できる。

渦炎陣(421+パンチ)
:座禅とともに炎とともに浮かび上がり。しばらく前に進む。
一応対空技扱いだが、前方に攻撃判定があり、飛び込みによる相討ちが狙われやすい。

雷陣愚(623+キック):錫杖の先端に雷をまとわせて振り上げる。先端に攻撃判定があるために水平方向には弱い。

秘儀雷落とし(623+A、B、C、D):念とともに雷を落とす。ボタンによって落とす位置が違う。

鬼門陣(相手の近くでレバー1回転+C):相手の近くで邪神を召還して、捕まえた後に舞い上げた後に落とす。

憑依弾(646+A):邪神を召還して、数回パンチを繰り出させる。技のあとに双角自身が疲れて、大きな隙が出るために多様は禁物か。

・超必殺技

いかづち(63236+C):邪神の姿を浮かび上がらせた巨大な雷を呼び起こす。

雷神の息吹(41214+C):身構えた後に攻撃を受け流し、邪神を召還して吹き飛ばす。

潜在能力

無斬弾(63236+C):邪神を召還し、その邪神が双角をつかみ、敵にぶつける。ちなみに双角自身はダメージなし。

ストーリー

・対戦メッセージ集
(うちわけは対戦キャラの登場メッセージ、改行で自キャラの勝利メッセージ)

テリー:相変わらず舞たちを狙っているのか、俺はあんたが強けりゃそれでいいがな。
:やはり純粋な強さを求めておるか、ぬしもまた自らの修羅と闘うておるのだな。

アンディ:僕も不知火の一門としてあなたと闘いましょう、自らの修羅に打ち勝つために。
:ぬし居る限り不知火も安泰ということか、せいぜいあの小娘を護っていくがいい。

ジョー:相変わらず怪しいおっさんだな、俺の新しい嵐で目を覚ましてみるかい。
:その能天気さならば修羅も逃げ出すか、若さとはまさに頼もしきということか。

舞:やっぱりあなたとまた対しなきゃいけないのね、どこからでもかかってらっしゃい。
:まだまだ甘いぞ小娘よ、この程度では修羅はともかく真の魔をも制することかなわぬわ。

マリー:これも任務の範疇街かしら、あなたも来たなら私も気を引き締めなきゃね。
:修羅は常に人知を超えるもの、それを制すんならば己が武をさらに極めるがいいて。

アリス:こういった怪しい人とは闘いたくないけど、そうも言っちゃいられないしね。
:いまだ興味本位の闘いか、されどぬしにも光るものあり、せいぜい磨いていくがいい。

ベア:闘いは力こそすべてだがよ、やっぱりあやしい奴はこの俺が成敗してやるぜ。
:力の理はぬしの考えもまた及ばぬ、とはいえさしものわしも折れそうになったがの。

キム:その冥き気は捨てては置けません、我がテコンドーの業で目を覚ましなさい。
:ぬしの方こそ正義に気を取られて真の武を見失うか、それならば本末転倒であるぞ。

十平衛:ほう望月流とは珍しいな、儂の鬼はぬしが狩る修羅とは一味も二味も違うぞい。
:この場は某の理力が一歩勝っていましたか、しかし老師の業の冴えもまたお見事。

チン:あいやアナタと仕合わなきゃいけないとは、時間とおカネの無駄遣いでしゅ。
:過ぎたる欲は修羅をも引き寄せるもの、払いたくばいつでもわしを呼ぶがいいぞ。

ダック:Hey、Youノマジックなら、Meも結構楽しめるネー、COME ON。
:ようやく静かになったわい、これほどの軽さなら修羅の入り込む余地はなしやもな。

タン:ここで貴殿と闘うことになりますか、これも修羅を制することになるのならば。
:老師との仕合で某も力の理を学べました、ゆめゆめ己を見失うことはありませぬぞ。

ボブ:相変わらず怪しい雰囲気ですねえ、僕と仕合って少しは吹っ切れましょうか。
:その陽気さにはついていけぬが、どうやら闘う愉しみには溺れぬようだな。

フランコ:怒りに溺れちゃやっぱ闘えねえ、昔とは違うことをあんたに教えてやるぜ。
:やはり闘いからは抜けられぬか、護るためならばゆめゆめ己の怒りに溺れるなかれ。

ホンフウ:あんたもあやしか人たいが、いっちょ闘ってからお暇したいばいねえ。
:世の中にはぬしの考え及ばぬこともある、それが犯罪に絡めばなおさらというものじゃ。

双角:よもやわしの現身と対せんとは、これも修羅のなせる業なれば乗り越えねばのう。
:わしは決して修羅には陥らぬ、ましてや己の弱さに負けるわけにはいかぬのでな。

香緋:やっぱりあやしいお坊さん相手だね、あたしのクンフーで切り抜けてみせるよ。
:これほどまでにすばしこい小娘め、我が暗黒の理力にはやはり逃げきれなんだか。

つぐみ:坊さん相手でも近付かなろくに闘えんから、ここが仕合のやりどきやね。
:いかに間合いがあろうとぬしにはてこずるわ、これも真の体術といえるよのう。

リリィ:やはり兄さんに用があるんですか、私でよければお手合わせいたしますが。
:兄ほどに純粋なる業の運びか、兄に近き業なればぬしも危うき道を歩むと心がけよ。

チェ・リム:おいでなすったなあやしい坊さんめ、あたしのテコンドー受けてみやがれ。
:ぬしの血気もまた修羅に捕らわれにんやもしれぬて、せいぜい気を付けることじゃ。

アルフレッド:ちょっとアブない雰囲気だけど、ノリだったら俺についていけるかい。
:ぬしの軽き業も甘くは見れなんだわ、さしものわしもどっしり構えてしまったぞ。

リック:たしかにあやしい雰囲気だ、だがあんたが強ければ挑まなければ非礼だな。
:着実なる拳なれば真の強さにふさわしいな、だがあえて我が理力で試させてもらったぞ。

坂田:うぬならば儂の修羅をも呑み込まんか、なれば今こそ真の死合ができような。
:いまだ御老を送るには至りませぬかな、御老からみれば某の未熟というべきですか。

ビリー:ギース様を付け狙う怪しげな坊主か、その棒きれごとおめえをへし折ってやるぜ。
:やはり心までは修羅には陥っておらぬな、しかしその棒は封じておくべきかのう。

アクセル:あんたの背中の化け物と仕合ってのも悪くはねえ、大勝負にはもってこいだ。
:ただの打ち合いでも侮れぬな、さらに信念を込めた拳で己が修羅を制するがいい。

ローレンス:君の理力とやらもわたしの獲物にふさわしいかな、さあかかってきたまえ。
:我が邪神は一筋縄ではいかぬのでな、まずはぬしの中の修羅を狩らせてもらったよ。

ホワイト:君の理力も僕の術に通じるかな、いずれにしても君も虜にしてあげよう。
:このようなこけおどしでわしと対するは10年以上早い、逆に虜にしてくれよう。

山崎:またてめえか腐れ坊主、これ以上ヘンに気分に捕らわれてたまるかってんだ。
:ぬしそのものが真の修羅とは驚きだな、わしもこの稼業冥利に尽きるというものだ。

崇秀:僕も自分の修羅に抜けられたつもりだけど、まだまだあなたに狙われちゃうかな。
:ぬしの真龍も修羅に近きなれば、わしの理力が挑むに値する、ぬしも精進するがいい。

崇雷:俺の真龍を極めんとなればその理力を超えねばならぬか、いい勝負になりそうだ。
:修羅を超える真龍の拳か、まこと若き力こそわしとてもそそられるものじゃわい。

クラウザー:貴公の理力とやらも闇に属するならば、わたしを闇に呑み込むつもりかね。
:流石は暗黒の帝王の力業よ、とはいえわしも搦め手で勝たせてもらったのだがな。

ギース:ほう望月流か、このギースを至高の修羅と狙わんとはわたしもいい身分だな。
:やはり至高の修羅にふさわしい力と威厳だて、これでわしの業も一つ極まったわ。