Sクラスの女
ブルーマリー

データ

名前:ブルーマリー(本名:マリー=ライアン)

声:生駒治美

格闘スタイル:コマンドサンボ

誕生日:2月4日(22歳)

身長:168㎝ 体重:50㎏

B:86 W:54 H85

血液型:AB型

国籍:アメリカ

職業:フリーエージェント

趣味:バイクツーリング

大切なもの:革ジャン

好きな食べ物:ビーフカップ(牛丼)

好きな音楽:ロック、バラード

嫌いなもの:ネコ

得意スポーツ:野球

特技:イヤなことはすぐに忘れられる。

プロフィール:アメリカを中心に活躍するフリーのエージェント。
かつてはアメリカ最強のエージェントとして名を馳せたヘンリー=ライアンを父に、
またかつてギースが古武術を会得する際に斃した周防辰巳を祖父に持つ格闘界のサラブレッドとも言える女性。

かつて父の同僚であるブルースという男と恋仲だったがある事件で父親とともに失った過去を持つ。
先の秘伝書事件においてテリーたちと知り合い、ひとまずはそのかたくなな心を開いたかに見えるが。

技設定

・投げ技

フェイスロック(相手の近くで前後+B):相手を引き倒し、両腕で首をきめる。

ビクトルスルー(相手の近くで前後+C):おもむろに相手を後ろに投げ、倒れざまにエルボードロップをきめる。

ヘッドスロー(相手の近くで前後+F、G):いわゆる巴投げ。

・必殺技

スピンフォール(236+パンチ):前方へ高く跳び上がり、一回転の後にかかとを落とす。

M・スパイダー(スピンフォール中に46+C):スピンフォールでかかとを当てた後に両足で相手の首をきめておもむろに倒す。

ストレートスライザー(4にためて6+キック):軽く跳んでからスライディングキックを繰り出す。

クラブクラッチ(ストレートスライザー中に46+G):ストレートスライザーで足を当てた後に両足で相手の足をきめる。

バーチカルアロー(623+キック):跳び上がりつつ片足を上空に突き出す。

M・スナッチャー(バーチカルアロー中に46+G):バーチカルアローで足を当てた後に両足で相手の首をきめてそのまま落とす。

M・リバースフェースロック(214+E):上段の当て身投げ。かまえて相手の攻撃を受け止め、相手の首から落としつつきめる。

M・ヘッドバスター(214+F):中、下段の当て身投げ。かまえて相手の攻撃を受け止めて巴投げをきめる。

リアルカウンター(214+A、B):身体をかわしつつ身構える。打撃技はかわせるが投げ系の技には無効。

バックドロップリアル(リアルカウンター中に41236+C):後ろに回りこみ、そのまま後ろに投げ落とす。

ヘッドクラッシュ(リアルカウンター中に41236+G):飛びかかりつつ首に腕をかけ、全体重で首から投げ落とす。

・超必殺技

M・タイフーン(236236+A):飛びかかりつつ両足で上空に投げ飛ばす。

M・スプラッシュローズ(2141236+C):踏み込んで前後に打撃を加える乱舞技。

・潜在能力

M・ダイナマイトフィニッシュ(214214+G)
:軽い飛びひざ蹴りから相手を飛ばし、空中で組んでからのパイルドライバー、首をきめつつジャイアントスイングの連携技。

ストーリー

・対戦メッセージ集
(うちわけはまず相手キャラの登場メッセージ、改頁で自キャラの勝利メッセージ)

テリー:またイヤなことがあったようだな、久しぶりにパーッとして吹っ切れようぜ。
:こうして吹っ切れるのは悪くなかったわ、でも今はこれだけじゃないでしょう。

アンディ:さてマリーさん、僕の武術の神髄を是非ともあなたに見てほしいのですが。
:たしかに純粋な意味での武術だったわよ、でもそれ以上に女の扱いはデリケートにね。

ジョー:よおマリーちゃん、今度こそ俺の嵐でエスコートと洒落込もうじゃねえか。
:前よりもアツい嵐だったわよ、でもまともに突っ込むほど私単純じゃないの。

舞:ここはお互い女同士、お久しぶりにこの場は業と女を競うことができるわね。
:ひとまずは業で勝ることができたけれど、いずれ機会があれば女も競ってみたいわね。

マリー:こういった形で自分に見つめ合うってなんだか変な気分よね、そう思うでしょ。
:イヤな気分よね、自分の急所を狙うようで、その痛みも感じるみたいだから。

ベア:確かに関節技もバカにはできねえ、俺の重い手足、決められるかな。
:さしもの私もまっすぐ決めるほど単純じゃないわ、たしかに取るまでは一苦労だけど。

キム:さてこのわたしの足業、あなたならば見事受け止められますか、勝負です。
:結構手応えある受け止めだったわ、あなたもただ振り回すだけじゃなかったわね。

チン:何か調べているみたいでしゅね、たまにはワタシのために調べて欲しいでしゅ。
:この程度の業ならまだ序の口だろうけど、私の仕事代は高いってわかったでしょ。

十平衛:ほうこの型は心得てるかの、これは儂が手ほどきをせずにはいられないのう。
:結構危なっかしい手合わせだったけれど、先生に認められるだけの武術だったかしら。

ダック:Youノことハテリーから聞いてるゼー、ここハMeと遊んでくれるかーイ。
:私も騒がしいのは好きじゃないの、こういうにぎやかなのは他でやってもらえない。

タン:お若いのに武術の極みがありますの、しかし攻めるのみの業はいかがなものかな。
:私も自然体でいきたいものですけど、やはりタン先生のようにはいかないものね。

フランコ:レディと侮れねえほどの業って奴だ、俺もうかつには手は出さねえよ。
:守りに関しても対応できるのよ、やはり積極的に攻めるのがあなたらしいわ。

ボブ:お久しぶりです、今日のオードブルの前に、どうです、お手合わせのほどを。
:ほどよい足の運びだけどこんなものね、もうちょっとじっくり味わいたかったわ。

ホンフウ:オイラも誇りにかけて、エージェントとしてのあんたと仕合いたかったばい。
:たしかに面倒な仕合だったけれど、あなたみたいな単純な人はむしろ好きよ。

双角:やはりぬしも武術の心得があったか、それが正なればわしが仕合わえばならぬな。
:力が争いを呼ぶものだったら、それを鎮めるのは何もあなただけじゃないわよ。

香緋:業はともかく女として憧れちゃうんだよね、ここはやっぱり手合わせしなきゃ。
:こういう慕われ方も悪くはないわね、今は忙しいけど、また手合わせにいらっしゃい。

つぐみ:うちのレスリングも体術勝負、うちの業もまずマリーさんにうならせんとなあ。
:たしかにある程度はうならせてもらったわ、やはり攻めるわけじゃなかったわね。

アリス:単なるあこがれだけじゃ強くなれないね、本当の強さを教えてもらおうかな。
:まだ本当の強さには至れないわね、あなたも私も、あせっちゃ前にも勧めないわよ。

チェ・リム:マリーさんだって武道家の端くれだ、ここであたしの業を試してみたいぜ。
:やはりまだまだ粗削りね、がむしゃらもいいけどもう少し前を見据えて修行しなさい。

リリィ:これからのこともありますから、ここはマリーさんにもお手合わせを。
:そうしょいこむのは何だから、もし困ったことがあれば頼ってもいいわよ。

アルフレッド:あんたも飛んでる女っぽいけど、実際の闘いぶりはどうかなあ。
:あなたも軽く攻めてるつもりじゃないでしょ、空を飛ぶのも注意が必要よ。

リック:打つのみの俺だが、せめて信念の業を見せないとやはり意味がないな。
:ボクシングも繊細に攻めるものよ、その意味ならあなたの仕合は楽しめたけれどね。

坂田:周防の孫よ、ぬしがごとき小娘なれど、この坂田を満足せしめられるか。
:たしかに緊張感だけは本物だったわね、でも遅れをとるわけにはいかないの。

ビリー:また何か嗅ぎまわっているみたいだな、もうこれ以上は行かせねえぜ。
:棒が真っ直ぐな分単純にかわせたわ、私も忙しいから先に行かせてもらうわよ。

アクセル:俺の拳とお前さんの体術か、ここはハンデなしでいってみるかい。
:腕っ節だけでも本当のチャンプだったけど、搦め手でかかるのが私のやり方よ。

ローレンス:やはり君にも紅き血を流すが似合う、十分に傷付けがいがあるかな。
:この私を易々傷付けると思わないことね、あの時から傷付かないって誓ったのよ。

ホワイト:今夜は楽しいショータイムさ、今夜こそ君は僕の虜になるんだよ。
:私も易々陥らないわよ、まして人の心を弄ぶ奴はほんとに許せないのよ。

山崎:今度こそほえ面かかせてやるぜえ、じっくり痛めつきゃいい悲鳴が出るだろ。
:私もしつこい男はキライなの、もうそのにやけ面は見飽きたから早く失せなさい。

崇秀:まあ正直言って、あなたと遊ぶのは今から楽しみですね、さあ楽しみましょう。
:強すぎる力は子供にとって危険なオモチャよ、本当の強さはこんなものじゃないわ。

崇雷:闘いの基本の体術か、やはり間合いに入れば本当の勝負ってところだな。
:どんな相手も侮らない私だけど、流石に子供とは思えない闘気は感じ入ったわよ。

クラウザー:裏社会をも轟かせるそなたの妙技、このわたしを見事唸らせてみたまえ。
:たしかに暗黒の帝王の名は伊達ではないわね、それに挑む私もやはり奮い立ったわ。

ギース:お前の父と祖父、連綿と続く因縁か、お前の血で終わらせるのも悪くはないな。
:あなたとの因縁もこれっきりにしたいわね。昔のイヤな思い出はもう忘れたいわ。