魅惑の女忍者
不知火舞

データ

名前:不知火舞

声:小清水亜美

格闘スタイル:不知火流忍術

誕生日:1月1日(21歳)

身長:165p 体重:46s

B:87 W:54 H:90

血液型:B型

国籍:日本

職業:不知火流継承者

趣味:料理

大切なもの:おばあちゃんの肩身のかんざし

好きな食べ物:お雑煮

好きな音楽:ヘヴィメタル

嫌いなもの:蜘蛛

得意スポーツ:羽根つき

特技:和裁

プロフィール:日本古来から伝わる不知火流忍術を継承したくの一で、
祖父の不知火半蔵亡き後、名実ともに不知火忍軍の頭目となる。
祖父の直弟子であったアンディとは半ば恋仲ともいえる(と、本人談)
が、あまり進展はしていない様子である。
最近では遠縁で直弟子となった子供に忍術を教えていることをはじめ
(もっとも、基本技そのものはアンディなのだが)後進の育成にも力を尽くしているとか。


技設定

・投げ技

不知火剛臨(相手の近くで前後+B、C):両手で相手の首をつかんだまま前転し、その反動で投げ飛ばす。

風車崩し(相手の近くで前後+F、G):両足を首に挟みそのまま投げ飛ばす。

夢桜(空中で下要素+F、G):組んでから敵に乗っかりそのまま落とす。

・必殺技

花鳥扇(236+A、B):手に持った扇を投げつける。

水鳥の舞(236+C・連続3回):3回連続で花鳥扇を繰り出す。

龍炎舞(214+パンチ):1回転して腰の帯に纏った炎で攻撃。

必殺忍蜂(41236+キック):前転してから飛び込み、肘をぶち当てる。

小夜千鳥(214+キック):扇をおもむろに振り下ろし、扇の残像で攻撃する。

白鷺の舞(623+パンチ):両手に扇を持ち、回転しながら前進して攻撃する。

陽炎の舞(22+パンチ):印を結び、一瞬炎を身に纏う。

ムササビの舞・甲(421+Dをのぞく任意のボタン)
:一瞬姿を消し、上空からほぼ垂直に降下して体当たりを食らわせる。ボタンによって落ちる位置が違う。

ムササビの舞・昇(2にためて7か8か9+キック):壁(画面端)に向かって大きくジャンプをする。

ムササビの舞・乙(ムササビの舞・昇のボタン押しっぱなし)
:そのまま斜めに急降下して体当たりを食らわせる。なお、壁までにボタンを押しっぱなしにしなければ三角飛びとなる。

桃花鳥つぶて(三角飛び中相手の近くで下要素+F、G):両足で相手の首を挟みこみそのまま倒す。

浮羽(三角飛び中2+キック):ほぼ垂直にひざを落とす。

山桜桃(三角飛び中2+パンチ):斜め方向におしりを落とす。

・超必殺技

超必殺忍蜂(641236+A):炎をまとった忍蜂。なおコマンドは616と簡略化できる。

花嵐(236236+C):踏み込んでからほぼ垂直に上昇する白鷺の舞を繰り出す。

鳳凰の舞(214214+G):垂直に飛んでから炎を纏って回転し急降下する。

・潜在能力

月下乱れ牡丹(2141236+C):おもむろに飛びかかり、しがみついた後に相手を爆発させる。

紅蓮残影拳(2141236+G):軽いバック転の後で炎をまとった斬影拳を放つ。

ストーリー

・対戦メッセージ集
(うちわけはまず対戦キャラの登場メッセージ、改行で自キャラの勝利メッセージ)

テリー:アンディの代わりといっちゃ何だが、手合わせなら付き合ってやるぜ。
:私も強くなりたいからね、でも次はテリーも本気を出してよね。

アンディ:やはりこう来たな、ここはいつもの修行のつもりでいこう。
:まだまだ手加減したでしょう、でも修行だったらあまり文句言えないしねえ。

ジョー:よーぉ舞ちゃん、今日こそ俺さまの嵐に乗ってもらおうかな。
:今日も私の炎に踊ったようね、こんな程度じゃ吹き飛ばないわよ。

舞:さて、どっちが本当の炎か、ここでひと勝負といきましょうか。
:さて、これで私が真の炎と、はっきりと分かったでしょう。

マリー:女には女の闘いなんだけど、ひとまず技の勝負といきましょう。
:あなた相手なら身体の痛みも絶えなくちゃいけないのよねえ、でもその甲斐あったわ。

ベア:確かに女は度胸だろうが、俺もふっ飛ばされるわけにはいかねえ。
:まともにぶつかってもフォールは取れないわね、それでもドンといかせてもらったわよ。

キム:あなたの武道も理解できますよ、でもやはりその衣装は刺激的すぎますが。
:やはり真面目過ぎるのもねえ、キムさんももっとあかぬけたらどうかしら。

十平衛:久しぶりじゃのう舞ちゃん、稽古なら今すぐ付き合ってしんぜようぞい。
:んもう、いくら仕合だからってあちこち身体を触らないでよ。

チン:相変わらず舞しゃんも美しいでしゅ、今日も仕合ってリフレッシュでしゅよ。
:前よりはついていけたかな、でももうちょっとダイエットしてよね。

ダック:Hey舞サーン、Youのニンジャファイト、今日もノってるかーい。
:やはり何か騒がしいのよねえ、ただ無軌道なだけじゃ意味ないわよ。

タン:おお舞さん、さてさてこの老骨めが教えることはありましょうかの。
:やはり私も鍛えられたかな、お年寄りは苦手だけど、タン先生のご指導ならね。

フランコ:レディーに拳を向けるは気が引けるが、ここは優しくファイトしねえとな。
:結構アツいパンチだったわね、次は手加減しなくていいけれど。

ボブ:ハーイ舞さん、今日のフルコースはいかがです、まずはファイトですね。
:このリズムとファイトだけでおなかいっぱいね、それにディナーはもっと後かしら。

ホンフウ:うーん、舞さんのファイトなら、ノロけっぱなしじゃいられないたい。
:仕合も結構真面目じゃない、こういうのも信念あったのよねえ。

双角:ふふ、不知火の小娘よ、今度こそこの双角と仕合ってもらうぞ。
:そうそう昔の因縁を引きずられちゃたまんないわ、こだわっちゃ進歩ないわよ。

香緋:まだまだ女としては未熟だけど、クンフーの腕なら認められなきゃね。
:まあ腕もいまいちだけどね、いつか女についても教えてあげましょう。

つぐみ:舞さんに比べりゃ地味やけどね、地味なりの闘いも見せてあげるね。
:バカにできない闘いだったわ、でも華のある闘いも理解できたでしょ。

アリス:やはり女の魅力も強さのうちかな、修行のついでに私の女も磨けたらね。
:女の魅力は一日じゃ得られないわよ、やはり毎日の積み重ねこそ大事なのよ。

チェ・リム:やっぱり女は度胸だぜ、あたしも武道家の端くれだからな。
:やはり足振り回すだけじゃ、武術は語れないわよ、それに女の何たるかもね。

リリィ:業の勉強にはなるかな、これが本当の強さにつながるんだったら。
:私もお節介が過ぎるけどね、あなたもそうそう力むつもりはないはずよ。

アルフレッド:ここは面白い空中戦が期待できるかな、お手柔らかに頼むよ。
:空中戦だけが忍の闘いじゃないけどね、飛ぶにしてももっと落ち着いてよね。

リック:あんたのフットワークも甘く見れない、腕だけでは闘えないな。
:こういった緻密な闘いもよかったわ、あなたも結構丁寧な拳だったわね。

坂田:娘の身とはいえ、ぬしの祖父以上に死合えるであろうな。
:命をかけるのはしょっちゅうはできないわね、それにお身体はお大事にね。

ビリー:おう、ニンジャ娘、お前の炎がどれほどか、また見せてもらうぜ。
:確かに、棒術は侮れなかったから、やはり炎だけは負けられないからね。

アクセル:女だてらに打たれ強そうだな、あんた相手なら本気も出せるか。
:やはりまともに受けちゃアブなかったから、それでもまっすぐに闘えたでしょ。

ローレンス:君の炎がどれほどのものか、流れる血よりも紅いだろうね。
:あなたも傷つけるのが能じゃないでしょ、真の武は何者も傷つけられないものよ。

ホワイト:ここで君を虜にすれば、ふふ、今から楽しみだよ。
:こういう下心があったからあなたは負けたのよ、出直していらっしゃい。

山崎:ケエ〜ッ、久しぶりにこの俺と遊んでもらうぜえぇぇぇぇ!
:もう、私には先客がいるからね、そうそうつきまとわれちゃたまらないわ。

崇秀:ふふ、この場はこの僕と遊んでいただきますよ、さあ、楽しみましょう。
:やっぱりお子様には危険すぎるオモチャよね、もうちょっと心を研きなさい。

崇雷:ここで子供扱いはさせられない、それに女と侮れないしな。
:確かに侮れなかったわね、それにまだまだ強くなりそうだしね。

クラウザー:果たしてどれほどのものかフロイライン、不知火の炎、そして真の女の武は。
:ここまでくれば引けなかったわ、帝王さんの闘い、やっぱり骨身に染みすぎよ。

ギース:不知火の小娘か、これでアンディの代わりとは笑わせるわ。
:私だって本気出せばね、もうアンディたちには手を出させないわよ。