THE KING OF FIGHTERS
アナザーストーリー・餓狼 MARK OF THE WOLVES枠

ロック・カイン編
(ロック=ハワード フリーマン グラント カイン・R・ハインライン)

 アメリカ・サウスタウンのかつての衛星都市で、今や母都市を凌駕せんとする勢力を有することとなったセカンドサウス。
 今やそこの裏社会最大の実力者となったカイン・R・ハインライン。彼は今、郊外の高台に居を構え、街と母都市を虎視眈々と見届けていた。
 彼の傍らには腹心であり親友の、闇の格闘家グラントともう一人、母都市サウスタウンの実力者ギースの息子ロック=ハワードがいた。ロックは今、屋敷の大広間、カインの姉にしてロックの母、と目される女性、メアリーの肖像画の前に立っていた。

「あの時、テリーのもとを離れ、今こうしてここにいるが、やはり何もするでもなく、自分の気が高まっていくのを感じている。
 確かにこの力は闇の力。カインやグラントが使う強大な力だ。俺にもその力を持つのは分かっている。だが、この力は、テリーが言うに、ギースの、親父の力とは違うという。それならなぜ、俺はこんな力を持っている。カインは何も言わない。彼があてにできないのは分かっている。一体、俺は・・・・・?」
 心の中での自問自答のうち、ふとロックの口から言葉がもれる。
「・・・母さん・・・・・」
 その時、ロックの背後から呼び掛ける言葉が発せられる。
「・・・やはり、ここにいたか、ロック=ハワード」
「ああ、あんたか、グラント」
 ロックはそのままその仮面の男、グラントに応える。
「・・・未だ母を想っているか、それとも・・・・・」
「・・・それとも、か。たしかに今ここにいるのは、あくまで俺自身のため。それ以外の何物でもない」
「それも、承知の上。所詮我らはカインの手駒。故に貴様がカインの益ならざれば、そのときは・・・・・」
 その言葉に応え、ロックは振り向く。
「それも、案ずることじゃないはずだ」
 そのとき、グラントはロックの気を感じただろうか、グラントも一瞬引き下がる感もあった。
「そうか、それならよい・・・・・」
「俺も、少し休みたい、それに気持ちの整理もしたいしな」
 と、ロックはこの場を離れる。それを見守るでもなく、グラントもふと言を発する。
「流石は、ギースの血筋ということか・・・・・」
 そのロックに入れ替わるかの如く、長い髪の男が現れる。もう一人のカインの客人、フリーマンだった。
「大丈夫だよ、彼は君たちを裏切らない、今はね」
「・・・フリーマンか」
「彼も言ったように、彼は彼自身のために闘っている、それはカインが彼自身のカギとなっているから、だからこそカインについていくことが今の彼の選択なんだ。まあ君が危惧するように、今後どうなるかは分からないけれどね」
「ならば貴様はどうする、今我らと共にしているようだが」
「さてね、僕は気に入った人を召してあげるだけさ。それで君たちと組んだ方がトクだってことだからね」
「あのケビンとやら、ブルーマリーの従兄弟とやらか」
「そうだね、あの下品な警官も、そして警部のそばの彼女。僕自身結構楽しみにしている人もいるからね。さて、僕も少ししゃべりすぎたようだ。ここらで退散するよ」
 と、フリーマンも姿を消す。あとに残されたグラントはふと、自らの心臓をむしばむ弾丸が埋め込まれた胸に手を当てる。
「俺自身も、まだ、さだめの刻(とき)には、至らぬか・・・・・」

 一方、それらのやり取りを知ってか知らずか、自室にてカインはワインを傾け、燃え盛る暖炉の前で椅子に腰を預けていた。
「時代は確実に進みつつあるか、あと僅かな動きさえあれば、我らが再び動くことも出来るだろう。そしてそこから訪れる混沌から、新たなる力による秩序がこの俺の、カイン・R・ハインラインの手によってもたらされるのだ。そのためにまずギース=ハワード、貴様の遺産、のこらず奪い尽くしてやろう」
 一気にワインを飲み干し、カインは暖炉の炎の中にグラスを投げ入れる。

 一方、サウスタウンにいるテリーもまた、ロックのことを案じていた。
「ロック、お前は今、自らに立ちはだかっている闇に、手探りで歩き続けている。確かにあの時、俺もどうなるか心配だった。だがこうしていても、今のお前の気持ちが分かるような気がしてならないんだ。だがこれだけは覚えておいてくれ、今闘っているのは、お前だけじゃないことを。そうだ、特にあの娘(コ)が一番お前のことを思っていたな」
 テリーはしみじみと、ロックに次いであの清楚な顔立ちの少女のことを想いいたしていた。

 そして、ロックもまた、
「確かに今俺は迷っている。闘っているうちに、俺が俺でなくなっていく。それを、怖れていた。だが結局はつまらないことだったんだ。そうだ、俺は負けるわけにはいかないんだ、親父、ギースの血にも、カインの野望とやらにも、そして俺の内なる闇にも。すべて、闘い抜いてみせる」
 自らの決意を確認しつつ、今はただ自室のベッドの上にて身を委ね、天井を仰いでいた。


双葉ほたる編
(双葉ほたる 秦崇雷※ 李香緋※)※:MOWの設定にて

双葉ほたる
 家族の崩壊を機に学業の傍ら拳の修行を続けていた彼女は、数年ぶりに開催される格闘技の祭典に参加、そこで兄らしき人物と出会うも、彼は非情の拳士となっており、途中心を通わせつつあったロックという少年もまた実力者のカインと今は行動を共にしていた。
 そんな途方に暮れていたほたるに一人の女性が手を差し伸べてきた。サウスタウン・チャイナタウンの若きリーダー、李香緋であった。
 もともと香緋とほたるは実の姉妹以上に仲がよかったこともあり、香緋は仕事の合間を見てよくほたるの面倒を見た。それを受けほたるも白家のもとで修行を再開。特に自らの弱い心を克服せんとした。
 こうして心身ともに成長しつつあるほたるのもとに、香緋に付き添われて一人の男が現れる。
「さて“奴”の妹というのはどこにいる」
「まあ、ちょっと待ってて、あっ、ほたるちゃん、あのね、あんたに会いたいって奴がいるんだけど」
 香緋の招きに応じ、たまたま顔を出したほたるが近づいてきた。その男は青い服に身を包み、オールバックで整え、両脇の金髪の筋がある少し長めの髪のいで立ちだった。
「はい、えーと、あなたは・・・・・」
「秦崇雷だ。なるほど、お前がそうか」
「・・・はい、双葉、ほたるです・・・・・」
 そこに香緋が割って入る。
「もともと崇雷は10年前の事件で知り合って、まあいくらか修行にも付き合っていたんだけどね。まあまずはあんたの実力を見てもらって、それからは今後の対策を話しましょう。あ、それから崇雷、あまりやりすぎないでね、ほたるちゃんは力つけたっていうけど、身体は強いわけじゃないからね」
「フッ、分かってるさ」
「はい、おねがいします」
「それじゃあ、あたし今から店の会議があるから」
 香緋は一旦この場を去る。
「フッ、企業家とやらも大変だな」
 と、崇雷が一言。ともかく修行仕合が始まる。
 かつて先祖の霊に支配されたものの、今やその力をほぼ自分のものにしたその拳は、一見無機質な動きのように見えるが、着実かつ的確に拳を放つ。対してほたるはそれに押されるように見えながら、その流れに逆らわず、やはり着実に受け流していく。
 やがてほたるの方に疲れが見えたかと思えば、そろそろ決着といわんばかりに崇雷は軽く後ずさる。
 それに応えるかのごとく、ほたるも構え、お互いに気を練りつつ、やがてお互い強大な気を放つ。それが激突し、膨大な気が発散される。崇雷の方は何とか耐えていたが、ほたるの方は吹き飛ばされるように大きく後ずさる。そして体を整えつつ、
「ひとつ試してみたけど、やっぱり、まだまだかな」
 崇雷の方もやはり体を整えて
「まさか俺も圧されるとはな、しかしまだ本気を出すには至らないか」
「・・・はい・・・・・」
 ほたるにとっては言葉を選んだつもりだった、それは崇雷も理解できた。
「俺に敵わぬまでも何とかついていきたい、といったところだな。確かにそういうのは俺自身物足りなかったのだがな」
「・・・え、あ、あの・・・・・」
 言葉に窮するほたるに崇雷は不敵な笑みで応える。
「確かに俺自身香緋に呼ばれてここまで来た。そもそもは双葉家の事件を聞いてのことだが。それしロックの件もある。あいつもまんざら他人というわけではないからな。まあいずれにせよ、“奴”を止めることが出来るのは、他ならぬお前自身だ。それだけは忘れるな」
「あ、はい・・・・・!」自分でもいつになくはっきりとした返事だとほたるは思った。
「さて、今日はここまでにしてメシにしよう。あんまりしごくと香緋がうるさいからな。それから対策とやらの件もあったな」
「はい」
 と、香緋の店へと向かう二人だった。

備考:MOW時代(と当サイト)の設定では香緋は白大人の店を全米や日本にチェーン店を展開する大企業へと発展させた実業家としての顔があるという設定がある。


北斗丸編
(北斗丸と謎の少年

北斗丸
 不知火一門として、幼い頃から忍術と骨法の修行を積んでいた。
 ある日修行を抜け出して旅に出た先、アメリカのサウスタウン。そこでテリーとロックらに出会い、彼らを通じ見聞を広げるとともに、自らの業も研いた、つもりだった。
 その後、日本の道場でおとなしく修行の日々に戻ったかに見えていたが。

 今日も静かに座禅を組んでいる北斗丸。実は彼なりに思案にふけっていた。
「もうすぐ大きな格闘大会が始まって。師匠と(テリー)先生、御頭も友達と一緒に参加するというからな。やっぱオイラも出たいけど、ロックの兄ちゃんとほたるの姉ちゃんは今アメリカだし、誰かチーム組んでくれるのっているかなあ」
 気が付くと北斗丸は道場を飛び出し、町内を飛び回っていた。
 しばらく屋根伝いに飛び回っていた矢先、突然北斗丸めがけて一個の小石らしきものが撃ち込まれる。すんででよけた北斗丸は、撃ち込んだ先の空き地に降り立った。そこには手にパチンコを持っていた少年がいた。
「お前、何モンだ!?」と北斗丸が問い詰める。
「お前こそ何モンだよ?」と返す少年。
 そこで北斗丸はあることに気づく。それは北斗丸にとってはどこかしか覚えがあるような少年だったのだ。
「そういやお前、この前会った兄ちゃんとおんなじ雰囲気あるけど、それどういうことだい」
「・・・う、そいつは諸事情ってもんだ。今は俺のご登場ってところで」
「うん、それもそうだな。あ、そうだ何でお前、オイラを撃ち落とそうとしたんだよ」
 本題に戻して北斗丸は再び問い詰める。
「うん、山ザルが下りてきて悪さしたのかなと思ってさ」
「山ザルって何だよ、オイラも忍者の端くれだい」
 その言葉に何かを感じ取ったのか、少年は不敵に構える。
「忍者ってか、そういやそうだな。俺も格闘家のたまごだからな、ここは闘うのが礼儀ってもんだ」
「うっ、やるってのか」
 少年の不敵な挑戦に北斗丸も身構える、しかし先の会話が影響してか、不思議と動揺はない。
「だったら、オイラも遠慮しないよ」
「上等だ、お互い全力で闘おうぜ」
 こうして、少年と北斗丸との仕合が始まった。その仕合は一見すれば子供のケンカだろうと傍目には見えるが、観ていくうちにそれが次第に子供のケンカとは思えないほどのエキサイティングな仕合と認識できるだろう。
 確かに北斗丸も先の闘いでは、ついていくのがやっとだったが、いくらかの修行の末結構腕を上げたのだ。
 対して少年の方も、幼い頃からケンカ三昧の日々を過ごし、今では近隣の不良も彼を怖れるに至り、さらには有名な格闘家も彼と交流があるとか。
 ともかくそんな二人の激闘は数人のギャラリーを交えてかれこれ3時間が過ぎた。もはやお互いの体力は限界に達し、お互い申し合わせたかのごとく、渾身の一撃を放ち、見事なまでのクロスカウンターが決まった。
 こうして二人とも腰を落として座り込み、周囲の幾人かが歓声を上げるが応える気力もない。
「な、なかなかやるじゃねえか・・・・・」と少年が、
「お、お前こそな、あの兄ちゃんの代わりというけど、けっこういい実力だったよ・・・・・」と北斗丸がそれぞれ話す。
「ところでこらからどうするんだ?」
「うん、これから大きな大会があるっていうから、そこにロックの兄ちゃんが参加するならオイラも参加してみようかなと思うんだ」
 少年の問いに北斗丸は応え、その言葉に反応して少年はある事項を語る。
「今ロックって言ったよな、そのロックっていやあ・・・・・」
 少年は周囲に聞こえないほどの小声で語りかける。
「・・・えっ、まさか、あの・・・・・!?
 驚く北斗丸に少年は口に指を立てる。それにうなずきつつ北斗丸は続ける。
「う、うん、師匠からいろいろ聞いたけど、まさかロックの兄ちゃんと。それだったら、なおさら行かなきゃな」
「ああ、この大会も飛び入り参加は大歓迎だっていうからな。もちろん俺も参加するさ。その時はまた楽しもうぜ」
「そうだね、それじゃオイラは山に帰ってくよ」
 と北斗丸はさっきの疲れも何のその、この場を去って行った。残った少年のもとに何と普通の格闘家、矢吹真吾が近づいてきた。草薙家の用を済ませ、家路に就く途中だったのだ。
「やあ、がんばったね、あの子、アンディさんのお弟子さん、だったっけ」
「あっ、真吾さんか、ちょっと張り切りすぎたからね。もうちょっと休んでいくよ」
「何なら俺が肩を貸すよ。帰り同じだから」
「いやいや、面目ないなあ」
 と、少年を肩に担ぎ、家路に就く真吾たちだった。


牙刀・ジェニー編前編『帰還』
(牙刀・Bジェニー)

非情の拳士、牙刀
 常に強さを求め、闘いを渇望する彼は、セカンドサウスにて行われた大会にてその蛮勇を振るうも、謎の男の襲撃を受け、視力を奪われるに至る。
話はそれから数刻後から始まる。

「・・・ここは、一体・・・・・」
「おお、気がつかれましたか」
 気がつけば自分はベッドの上で横たわっていた。目には包帯が巻かれていて、わずかな光を感じるのみだった。そこに壮年の男が呼び掛けたのだ。
「ここはリーリンナイツ。ジャネット様の艦(ふね)にてございます。あなた様はお目を負傷され、わたくしめが治療いたした次第です」
「そんなことはどうでもいい、あれからいつ経ったというのだ」
「2、3日程で、ちなみに今は大西洋内を潜航しております」
「くうっ、こんな所でもたもたしてはいられぬというのに」
 と、目に巻いた包帯に手をかけようとする牙刀に別の声がかかる。
「待って、今無理しちゃ本当に目が見えなくなるわよ」
「むう、その声は・・・・・」
「これは、ジャネット様」
 現れたのはこの艦の長で、義賊団リーリンナイツのボス、B(ビューティ)ジェニーだった。
「やはりお前か、ハレンチ女」
「何よ、目をケガしてうめいてたところを助けてあげたのに」
「・・・余計な真似を・・・・・」
「・・・それに、あんたの事情はいくらか調べたつもりなのよ。数年前の拳法家失踪事件。それは先に会った女の子、ほたるちゃんだったっけ、あの娘とあんたが結び付いていることも調べがついているわ。そしてカインとグラント、あの二人も行き着く先は同じだった。だからあんたの件で介入してきたってことかしら」
「・・・そう、だったのか・・・・・」
 牙刀に再び静かな怒りが灯る。しかしそれが苛立ちをかき消すこととなり、次第に冷静さを取り戻す。
「して、これからどうするのだ」
「一度本国に戻って休養するつもりよ。ついでにあんたも療養していなさいな」
「そうさせてもらう」
 ということで、牙刀、ジェニーをのせたリーリンナイツはイギリス、バーン財閥の秘密格納庫に停泊し、牙刀はそのまま財閥の客人として心身を癒すこととなる。

中編『来訪者』
(※ジークフリード・フォン・シュトロハイム ※ヒルデガルド・フォン・シュトロハイム)
※:本編オリジナルキャラ

リーリンナイツがイギリスの別荘に帰還して数ヶ月、牙刀は目の傷を癒しつつ鋭気を養う日々を過ごしていた。
 そんなある日、久し振りにパーティードレス姿のジェニーが訪れてきた。
「ふん、やけに着飾っているな」
 牙刀の視力は徐々に回復しているようで、ぼんやりながらジェニーの姿を認識することができた。
「これから大事なお客様のためのパーティーなの。もちろん、あんたにも付き合ってもらうわよ」
「・・・何だと!?
 抗弁しようとして、牙刀は途中で口を閉ざす。どうも最近ジェニーのペースに乗せられている感もしないでもないのだが。

 ともかくも牙刀は、黒を基調としたパーティースーツと目の保護のためのサングラスに身を包み、パーティーに臨んだ。
 パーティーは表向きジェニー主宰のバーン家の賓客を歓待するものであった。そうそう派手なパーティーではなかったのだが、やはり不快なまでの賑やかさには変わりはなかった。しかしそんな中で、幾人かの強い気の持ち主を感じるのだった。その一人が牙刀に近づいてくる。
「・・・何者だ・・・・・!?
「そう尖ることもなかろう。見れば貴公、眼を傷めているか、まずは養生といったところだな。いずれ対することもあろうが、ひとまずは宴を楽しもうか」
 その男、背の高い若者は、シャンパングラスを差し出す。牙刀はグラスをゆっくりと受け取り、ぐいと飲み干す。
 そういえばジェニーはどこにいるのか、サングラスを外しいくら見通しを良くし、辺りを見やる。その視界の先にジェニーを見つけ、即座に足を運ぼうとするも、もう一つの気を感じた。
「あら、もう帰りたいの、牙刀」
 そんなジェニーの呼び掛けをよそに感じた気の主に話しかける。それは紫の髪の見た目清楚な少女だった。
「お前の気を感じたぞ。やはり先の気と同じか」
「ふふ、兄上とお会いしたのですか、ヘル・ガトウ」
「ちょっと牙刀、彼女はあたしの友達よ」
 半ば無理やりながらジェニーも割って入る。それをよそに少女は牙刀に話し続ける。
「申し遅れました、私の名はヒルデガルド。先ほど顔を見せたは兄のジークフリードにございます」
「やはりお前たちも、先の大会のことを知り、ここに来たというのか」
 牙刀の問いは重い。
「ええ、我らが父ヴォルフガングと、かのギース=ハワードとは、浅からぬ因縁がありますから」
「ヴォルフガング=クラウザーか」
 その名は牙刀にとっても知らぬ名ではなかった。
「ええ、そうよ」
 と、ジェニーが代わりに応える。そこに先ほどの男、ジークフリードが入ってきた。
「フロイライン・ジャネット、俺もそろそろ失礼したい。他の賓客には一通り挨拶はしてきたが」
「そうね、あんたも忙しい身だからね」
 ジェニーの承諾の後にジークは妹ヒルダに問う。
「ヒルダ、そなたはどうだ」
「兄上が帰られるとなれば私もまた」
 それらのやりとりを聞き、ジェニーが入る。
「そうね、その次はサウスタウンってところかしら、あんたたちも腕がなるってところね」
「そうだな、俺たちもクラウザーの子供。血には抗いきれぬということだ。無論ロックの件はともかくカイン一党とやらの企みにも興味があるからな」
「カイン、か・・・・・」
 一瞬牙刀は、倒すべきあの男の手がかりとして狙ったカイン、結果繋がっていたことを、眼の痛みとともに確信した。そして次の瞬間、一気に視界が開けてきたが、ここはあえてサングラスで眼を覆う。
「どうしたの、牙刀」
「すまぬが俺も外させてもらう。明日にでも診てもらわないとな」
「・・・そうね・・・・・」
 この場を離れる牙刀に、ジェニーはただ見守るだけであった。
 そんなわけで、ジーク、ヒルダ兄妹の見送りもそこそこに、パーティーも終わりつつあった。

後編『酒場で大乱闘』
(※チャン・ヤンジャ(張陽子) ※ベラミスローズ)
※:本編オリジナルキャラ

 マルチナの店。ここは気さくな女主人マルチナが経営する酒場で、彼女はもともと幼いころマフィアの手から修行中のテリーに助けられたいきさつもあったり、最近になって友人同士となった香緋の会社の傘下にも入っていたりと、特に格闘家には結構評判の店でもあった。
 それを知ってか知らずか、その日牙刀はリハビリがてらに界隈を散策ついでにこの店に立ち寄ったわけだ。
「いらっしゃい、何にする?」
 店の奥まった席に座った牙刀にマルチナが近寄ってきた。
「ワイン・・・・・」
「オーライ!」
 マルチナもその点は心得ていたようで、踵を返してカウンターから手頃なワインをグラスと一緒に差し出す。
「ゆっくりしてってね」
 差し出されたワインをグラスにちょうど一杯に注ぐ。それをおもむろに一口、しばらく匂いを味わいつつもう一口含んだ後で、しばらく酒場の喧騒に身を委ねようとしているかにみえた。そんなある意味の平穏はとある一団によって破られる。
「おう、マルチナ、先日はよくも恥かかせてくれたな」
「借り返しにやってきたぜえ、覚悟しな」
 数人の荒くれ者が店に押しかけてやってきたのだった。
「何言ってんだい、散々ツケ踏み倒して因縁つけたくせに、あの時香緋にのされてシッポを巻いたのはどこのどいつだい」
「うるせえ、あれはちょっと油断したまでのことだよ。今度はそうはいかねえ」
「香緋、か・・・・・」
 荒くれ者たちの言葉に反応してか、牙刀は席を立とうとした。それを隣の席の女が制する。
「お待ちよ、あんた眼の調子戻ってないだろ、ここはあたしに任せて貰うよ」
 と、女はテーブルクロスの端を指でつまみ、料理の入った食器やワインが注がれたグラスが置かれたはずのテーブルから、まるで何事もないかのごとくテーブルクロスを引き抜いた。そしてそのまま荒くれたちのもとへと歩み寄る。
「ちょいとあんたたち、聞けばツケがどうとか言ったけど、大の男が徒党を組んで押しかけるとは大人げないねえ」
「何だとこの女」
「おいちょっと待て、こいつはまさか・・・・・」
「まして女だと思ってなめてかかられちゃあ、こちとら黙っちゃいられない。また痛い目に合わないうちにここから立ち去りな」
「くそっ、やっちまえ」
 リーダー格の男がナイフ片手に飛びかかる。しかし女の持っていたテーブルクロスに弾き飛ばされた。それはまるで、鞭か棍棒かと見まごうほどの操りようだった。
 弾き飛ばされた男は、向かいの席の足元に置かれたバッグに頭を強打する。それをバッグの持ち主の、大柄な女がつまみ上げる。
「何するちゃ、このバッグにはアボジ(お父ちゃん)の大切な鉄球が入ってるんよ」
 そのうちに仲間の男が何かを思い出したかのごとく口を開く。
「や、やはり、こいつらは女マタドールのベラミスとコリアの極悪三人組チャンの娘」
「極悪だけ余計ちゃ」
 と大柄な女はつまみ上げた男をグループに投げ入れる。
「とにかく、この店はともかく、界隈であんたたちみたいなチンピラが悪さをされちゃ、あたしらも黙っておけなくてね」
「本当に怪我したくなけりゃ、とっとと出直すちゃ」
 とまあ、この二人に圧され、荒くれ者たちは我先にと逃げ出した。
 そんな二人に牙刀とマルチナがほぼ同時に歩み寄る。
「おかげで助かったよ、こういうのは慣れっこだけどね」
「ま、男はみんなオオカミみたいなものだからね。もちろんあの男のように誇り高い奴もいるけど。そういや、ここにもそんな男がいるね」
「ふん、すっかり出番を取られてしまったな」
 ベラミスの言葉に牙刀がそっけなく応え、マルチナもまたそれに言を加える。
「あんたは、テリーと闘ったことあるかい」
「・・・うむ・・・・・」
「そうか、でもテリーとの戦いを欲している奴はあんただけじゃない。それは彼女たちを見ればわかるけれどね」
「そのようだな、しかし、女か」
「言うと思ったけど、この二人は実力は折り紙つきだよ」
「それも分かっている。しかしそれはいずれ楽しめるな」
「だいぶ騒がせたね、あとで請求しておくれ」
 ベラミスが割って入るようにマルチナに告げる。
「気にしなくていいよ、おかげで助かったから」
 その言葉に手を振りながらベラミスも去っていく。
「そういえば、お前と同じコリアンの兄弟、キムの息子たちだったな」
「うん、あいつらを見返すため、いずれあたいが最強にならなきゃいけんちゃ」
 と、チャンの娘と目される女も、重い荷物を肩に店を後にする。
「いずれにせよ、あんたの目的が何か知らないけど、ライバルも徐々に増えてるってことだよ」
「そうだな、ひとまずは失礼した」
 マルチナの言葉を胸に、牙刀も店を後にする。残ったマルチナもカウンターの席に腰を下ろす。
「まあ、いずれ面白くなるってことだね、香緋、テリー・・・・・」
 帰り道、牙刀は先ほどの熱い女たちの闘いぶりを思い返していた。
「この世界にはまだ見ぬ強者がいるという。ふふ、たぎる、この俺の血が、闘いを欲してたぎっている」
 今の牙刀には今まで抱いた憎悪と敵意を超えた、ある種の高揚感が高まっているのを感じていた。


若きムエタイ戦士編

 タイ・チェンマイ
そこでは今でもムエタイチャンプとして活躍するジョーが久しぶりに盟友ホア・ジャイと会っていた。現在ホアはムエタイのジムと中規模ながらも農園を経営していた。
「しかし、俺に合わせたいって奴がいるってのか」
「ああ、俺の遠縁に当たる奴で、俺やお前にあこがれて今まで腕を磨いてたんだ。お前のレベルならまだまだだが、俺の若いころよりは格段に上だ。更に鍛えれば結構いいタマになるぜ」
「とにかくよ、会ってみなきゃ分かんねえからよ、ちょっくら案内してくれ」
「ああ、今は俺のジムで汗流してるはずだ」
 と、ホアは自分のジムへとジョーを誘う。そこには一人の青年がサンドバック相手にスパーリングに打ち込んでいた。
「よお、やってるか」
 ホアの呼びかけに青年はスパーリングを一時切り上げて応える。
「ああホアさん、まさかこの人はジョーさん、ですか」
「おお、結構いい面構えの奴じゃねえか。お前がそうなのか」
 青年は人懐っこい表情でジョーたちに近づく。
「ええ、以前から憧れてたジョーさんに力見てもらえるなら、一つお手合わせを」
「よーし、今準備するから、ちょっと待ってな」
 というわけで、ジョーと青年のスパーリングマッチがジムのリングで行われた。さしあたりジョーが軽く手合わせ程度でかかったところ、かなりの手応えを覚え、ひとまずジョーが優位を保ちつつ、ほぼ互角の闘いを繰り広げることができた。
「ふう、結構いい仕合だったな、いつかまた闘いたいぜ」
「はい、俺もジョーさんの闘いぶりを身をもって勉強させていただきました」
「まったくだ、最近強くて若い奴らがいろいろ出てきたっていうから、お前もそのようだな、って・・・・・」
 そしてジョーは確信とともに、一つの提案をする。
「ともかく、お前の実力はよーくわかったぜ。どうだい、今度アメリカのサウスタウンで開催される大会に参加してみねえか」
「大会ですか」
「ああ、それで鮮烈なデビューを飾ればマジで箔が付くぜ」
 そこでホアが割って入る。
「おいちょっと待てよ。確かにギースが倒れて街も穏やかになったとはいえ、その隣のセカンドサウスってところじゃ。なんかまたヤバいやつが台頭しているって話じゃないか」
「セカンドサウスねえ、たしか衛星都市っていうじゃねえか。まあ今取り仕切ってるのはギースに比べりゃありふれたチンピラだから心配いらねえぜ」
「そうだと、いいんだが」
 ふと、ジョーは青年に向き直る。
「あ、そういえば、お前の名前、まだ聞いていなかったな」
「はい、俺はレイ・チャバットと申します」
「そうか、それじゃあレイ、そのセカンドサウスやら、格闘大会やら、それからそれに出る奴を、テリーをはじめいくらか目ぼしい奴のことを、いろいろと教えてやるぜ」
「はい、お願いします」
 こうしてこの青年レイは、セカンドサウスのいろいろな情報を聞き、数日後にまずサウスタウンに降り立ち、セカンドサウスの格闘大会を待ち受けるのみだった。
「ジョーさんがかつて繰り広げた嵐を、この俺も巻き起こせるか、今から楽しみっス」
 若きムエタイ戦士レイ・チャバットの闘いは、今まさに始まろうとしていた。
 


スペインの熱き薔薇編(前編)

 スペイン・マタドール界の新星ベラミスローズ。この場を借りて彼女がセカンドサウスの格闘大会をはじめ、再び起こらんとする大いなる争乱に身を投じるいきさつを語らねばならない。
 それにはまず彼女の生い立ちから語ることにする。

 孤児だったベラミスは、幼い頃から人の卑しい面を見せつけられながらも、親代わりに育ててくれたシスターの教えを受けて育っていった。
「いいですか、人は一人では生きていくほど強くはないものです。いずれあなたが頼れる人、あなたを頼りにすべき人がいるはずです。その人のために出来るだけ義しく生きるのです」
「はい、先生」
 しかしほどなくしてそのシスターの死後、孤児院も閉鎖され、彼女も生きるために裏町をたむろする生活におちいってしまう。しかしシスターの教えだけは忠実に守り、進んで悪事は働かず、生きるために自分が良かれと思うことはやってのけた。いつしか彼女のもと、多くの少年少女たちが彼女を頼るようになり、一大不良グループの頭としてスペインの裏社会にも名を知られるようになる。
 そんな窮屈な環境の中、ひとかどの女に成長したベラミスは、その裏社会から得られた情報から、かのマタドールの英雄ながらも裏格闘家であったローレンスブラッドの噂を受け、彼女は一念発起する。
「あのローレンスのようにあたしもマタドールの技を極めれば、一躍有名になってこんなチンケな生活にもおさらばさ」
 それからの彼女はマタドールの技、とりわけローレンスの技を見よう見真似で習得、そしておりしもテリーたちへの復讐のために技を磨き直しているローレンスに勝負を挑むにいたる。
 ローレンスの方も降ってわいたように戦いを挑んできた彼女を、はじめは軽くあしらおうとしたが、彼女の格闘センスに次第に押され、ついには自らの奥義、ブラッディフラッシュにて倒される。
「まさか、お前ごとき小娘に敗れるとは、無念だ・・・・・」
「ま、敗っちまえばなんてことないけど、あたしもあんたに憧れてここまでやってきた。あんたは裏の世界に甘んじちまったけど、あたしはいつか表の世界に立ってみせるさ」

「・・・フッ、そ、そういうことか・・・お前は、あの男に・・・テリー=ボガードに、そっくり、だな・・・・・」
 これが、最強の女マタドール、ベラミスローズの誕生の瞬間であった。

スペインの熱き薔薇編(後編)

 それからの彼女はスペインの闘牛界のスターとして活躍する反面、かつての仲間たちにもまっとうな職をあっせん、ことに自分のような身寄りのない子供たちの養育のための施設を次々と建てていった。
 一部の人々は元不良娘の売名行為と批判したが彼女は意に介さず、ただ仲間たちの安定した生活と子供たちの笑顔が彼女にとっての何よりの喜びだったようだ。
そんな彼女の噂はいつしかドイツ、シュトロハイム家の若き当主、かつて若き格闘家に敗れたヴォルフガング=クラウザーの息子ジークフリートが彼女に近付いてきたのだ。
彼女もまたヨーロッパ裏社会で永年の顔役であるシュトロハイムの当主の来訪と聞いて自然と緊張が走る。そういえばあのローレンスは先のクラウザーのもとで闘っていたというからおそらくその縁で来たのだろう。
 対峙するベラミスとジーク。どちらが仕掛けてきたかは知らないが、自然と業と業がぶつかり合っていく。一進一退の激闘も次第に高揚感からの愉しみを感じ、やがてはまずベラミスが、そしてジークも己の拳を引いていく。
「どうやらそなたもただ野心の人ではないようだ」
「そういうあんたも、ここの制圧が目的じゃなかったね」
「たしかに、親父とローレンスの縁で手合わせをしたが、まずはよき仕合ができたことをよしとしよう」
 と、ジークは新しい時代の到来と、その中の一つが自分たちだと告げ去っていく。いつかまた彼と出会えるだろうと、彼女自身、自らの業を着実に磨いていくのだった。

 ジークとの熱き対戦の後も、半ば充実した日々を送っていたある日、久しぶりに訪れた酒場にて、かつての仲間の一人型とある情報を耳にする。
「キング・オブ・ファイターズ?」
「ええ、永らく開催されなかった格闘大会なんすけど、この度サウスタウンのとなりのセカンドサウスってところで開かれたんですけどね」
「なるほどね、で、それとあたしとどういう関係があるんだい?」
「あ、いやね、姐さんが興味あるかなって思ってもちかかけたんですけどねえ」
「ただでさえ不景気だってのに、わざわざアメリカくんだりで格闘技ごっこなんかやってられるさね」
 と、つまらなさそうにブランデーのグラスを傾ける。男はさらに続ける。
「いやいや、ここからが肝心ですが、それを裏で引いてた奴に対抗して、あの英雄テリーや先の奴さんまでも乗り込んでくるって噂ですぜ」
「テリー、それに、あいつが・・・・・?」
 ベラミスはグラスを口から離し、しばらく何やらを考え込んだと思いきや神妙な面持ちでグラスを一気に飲み干し、軽く音を立ててグラスをカウンターに置く。
「そうと決まればこうしちゃいられないね、今からアメリカのセカンドサウスに行くよ、早く用意しな」
「そうこなくっちゃ・・・・・」
 酒場を急ぎ足で飛び出すベラミス。半ば急かされつつもそれを期待したかのごとく男もついていく。
 こうして、いまやスペインのみならずヨーロッパにその名を轟かせる女マタドール、ベラミスローズはいまや格闘都市となったセカンドサウスに乗り込んでいくのだった。


女探偵の気苦労編

 全米有数の女エージェント、ブルーマリー
 秘伝書事件の後も全米各地をめぐり幾多の難事件を解決してきた。時折知り合ったテリー=ボガードとも親密な関係を築き、いつしか子供までもできてしまった。それを機に一線を退き、サウスタウンに探偵社を設立し以後娘と二人で生活をしていた。
 それから数年後、サウスタウンの衛星都市、セカンドサウスにて大々的な格闘大会が開催される運びとなり、彼女にも招待状が届けられたのだが。
「はい、オニオンスープ」
「いつもすまないわね、レイラ」
「それは言わない約束でしょ、ママ。でも、こんな時に風邪なんてね、これじゃ大会に出られないね」
 実はここ数日マリーは体調を崩し、ベッドの上に身を預け、今日も一人娘レイラの世話を受けてていたのだった。
「まったく、私たちをほっといて、ロックと一緒に放浪の旅三昧で、帰ってくると思えば私がこんなざまとはね」
「せっかくパパに会えると思ったのにね」
「そうだ、せっかくだからあなただけでもパパに会っていきなさい」
 と、自分あての招待状をレイラに渡す。その文面には「前回のディフェンディングチャンピオン・テリー=ボガード様も参加する運びとなっております」と書かれてあったのだ。
「え、でもママは大丈夫なの」
「私は大丈夫だから、あ、せっかくだからパパに会ったら、ついでに一発ぶん殴ってきなさいな」
「う、うん」
 こうしてレイラは多少の戸惑いを交えつつ招待状を手に部屋を後にする。しかし家を出てる際に、

「あらレイラ、これからお出かけ」
 そこに一人の女性と出くわした。
「あれアニタさん、今からセカンドサウスに行ってパパに会いに行くの」
「そうなの、気を付けてね・・・・・」
 と、出かけるレイラを見送りつつ家に入りかけ、そのアニタと呼ばれた女性はふと振り返るが、すでにレイラの姿はいなく、仕方なくマリーの部屋へと足を運ぶ。
「あらアニタ、お見舞いなんて珍しいわね」
「ええ、元彼の妹としての礼儀もあるけど」
「でも、それだけじゃないでしょう」
「そうね、今回の格闘大会の件では街の界隈で以前から格闘家の襲撃事件が相次いでいたの。その中にうちの同僚も被害に遭ったのよ。それが件の主催者と関わりがあるのも調べておいたけれど」
「そういえばケビンもそれを追っていたと聞いているわ」
「そうね、でもそれはさておいて、その主催者がどうしてギースの息子を狙っているか、いずれはサウスタウンも支配下に置きたいが故なのは分かるけど」
「ギースの息子、ロックを支配下に置いて“錦の御旗”を立てるため、でもそれ以上に」
 そこでアニタも一通の手紙を渡す。少し下手な字のそれはマリーの友人のものだった。
「香緋が言うには『強大な力で界隈を独立させる』というのよ。そのためにロックを利用して」
「まさかそんなことが現実に、ああ・・・・・」
 マリーもふと、かつてサウスタウンでの争乱を思い出す。ちょうどそこに一人の男も顔を出す。

「かつての秘伝書のほかに、裏秘伝書とも呼ばれる書があった。それを手にする者は無限の力を与えると伝えられるという代物だが」
 かつての秘伝書事件の首謀者、山崎竜二の協力者と目された秦崇雷である。
「そのために、ロックの血を必要とするのね」
「ああ、レイラの件も含めて俺も力を貸してやろう」
 といって姿を消す。
「ずいぶんと勝手な話ね」
「ともかく、マリーは体を休めて、私たちに任せて。一応捜査を優先するけど、いざとなれば」
「ええ、お任せするわね」
 ひとまずアニタもこの場を後にする。しかしややあってマリーもベッド脇のノートパソコンを取り出す。
「私も寝てばかりじゃいられないわ、ひとまずは情報収集ね、これじゃあ回復は先になりそうだわ」
「まあ私も力を貸すからゆっくりしていってね」
「ほんと、みんな勝手なんだから」
 と、文句を垂れつつ、いつの間にか現れた和服の女性をまじえキーボードを操作するマリーだった。