加納亮子 VS DECO・ADK系キャラ

DECO系キャラ

・溝口誠

亮子「むうナニワ男、今度こそ私の柔術であなたを成敗してあげるから覚悟しなさい」
溝口「おう亮子かい、そんなにワシと遊びたいなら今日も存分に付き合ったるで」

「これが本当の武道の業よ、あなたのような喧嘩バカには少しは骨身に染みたでしょ」


・レイ=マカドガル

亮子「レイさんなら武道の神髄は理解できるはずだから、まずは私も全力でいきます」
レイ「俺も溝口と変わりないが、お前がよければ武道の仕合にも付き合ってやるぜ」

「真の武道は実戦にあり、その意味でもレイさんの業もやはり武道に通じていますね」


・加納亮子

亮子(プレイヤー)「ここは私の武道のため、あなたに負けるわけにはいきません」
亮子(CPU)「まして自分が相手なら、己の弱さをも克たなければなりません」

「まずは自分に克ってこそ武道をも極められます、今こそその一歩を歩められました」


・ジャン=ピエール

亮子「相変わらず軽い動きのようですが、今こそ見切った上で打ち勝ってみせましょう」
ジャン「そうだね、今度こそ体操のすばらしさを教えてあげようかな、さあきたまえ」

「真の武道は業芸にあらずです、ゆえにあなたの体術にも送れば取られません」


・サムチャイ=トムヤンクン

亮子「打撃よりも組技で勝負する私にとって、あなたとの仕合は避けては通れません」
サムチャイ「確かにお前の柔道も甘くは見れぬ、だが俺も誇りにかけて負けられぬな」

「立ち技最強はやはり柔道です、その誇りにかけて負けるわけにはいかないのです」


・李典徳

亮子「リーさんのクンフーの冴えをあらためて学びたく思います、それでは参ります」
テントク「たしかに前よりも良き面持ちだ、しかし気負ったままではわたしに勝てぬぞ」

「改めて身も心も引き締まりました、あなた以上に私も精進することができました」


・劉飛鈴

亮子「女の魅力はともかく、あなたの業の遅れを取ることは私の誇りが許せません」
フェイリン「あなたも腕を上げたようだから、今度もあしらうわけにはいられないわね」

「私の柔術も実戦の武術です、その誇りにかけてあなたにも負るわけにはいきません」


・マーストリウス

亮子「ただ投げのみのあなたに、成長した私の武術の冴え、ご覧に入れてましょう」
マース「なんの娘子よ、家内はともかくぬしにも後れを取るわけにはいかないからな」

「力任せのみではやはり勝てません、いかに業を決めるかが投げの神髄ですからね」


・マットロック=ジェイド

亮子「相変わらずけたたましい音なら鎮めて差し上げましょう、我が武術にかけて」
マット「鎮められるならやってみな、前のようになげられっぱなしじゃいられねえぜ」

「これでもう静かになったでしょう、こんなので格闘家と名乗ってほしくはないわ」


・ザジイ=ムハバ

亮子「野生の拳も怖れるに足らずです、こちらも武道家の誇りがありますから」
ザジイ「おお少女よ、久しぶりにお前の業と対してみたくなったぞ、いざ勝負」

「どうです私の柔術は、いかに大きく強くてもあなたにも後れを取りません」


・柳英美

亮子「いかに脚を振るおうとも、すべてを受け止めた上で見切ってみせましょう」
ヨンミー「まともに受けるのみじゃ私には勝てないわよ、あなたの柔見せてみなさい」

「気負うまでもなくあなたの脚も見切れました、いつでも再戦は受けられますよ」


・サントス

亮子「やはり怪しげな風体な人ですね、どんな業を使っても私の武道は揺るぎません」
サントス「柔道使うなら投げられるわけにいかねえぜ、みんな気合いで跳ね返してやる」

「この珍妙な顔面で笑いを誘われてたまるものですか、もう二度とこないで下さい」


・カマクラ君

亮子「あなたも忍者ね、忍者の技術も武道につながればいいけど、あなたはどうかしら」
カマクラ「今から拙者の忍術を披露して差し上げるから、ほえ面かくなでござるよ」

「まるで隙だらけですね、こんな程度で忍術だなんて私の方こそ見くびられました」


・ローズ=サブ

亮子「あなたも剣を嗜む者ならば、私も武の限りを尽くさなければいけないけれど」
サブ「そいつは光栄だ、しかし俺の剣技、お前さんの細腕で受け止めることができるか」

「やはり振り回すだけの剣なのね、これで本当の剣技なんて名乗ってほしくはないわ」


・シンディ

亮子「わずかな殺気でもやはり本気じゃない、今の私なら闘えるか試してみれるかしら」
シンディ「むしろその殺気も苦じゃないはずよ、あなたも本当の武道家のはずだからね」

「闘いに関しての緊張感を求められたけど、あとは私の未熟を超えられるかが問題ね」


・フール

亮子「何この子、ここは危ない人がいっぱいいるから怪我しないうちに帰りなさい」
フール「ニョ~、ニョ(まじめでキビしそうな人なら僕も苦手だなあ)」

「あなたのような朴訥な人なら私も闘いやすいのですが、何なら私が鍛えましょう」


・スター

亮子「よもやその壺での魔法を使うのですか、しかしそれゆえに怖れてはいられません」
スター「そんなにとげとげしくしないでです~、私も本当は闘いはキライです~」

「やはり腰が引けていますね、魔法も武道もまず足腰から鍛えるべきなのです」


・デビル

亮子「やはり小悪魔の人ですね、さっきからのイタズラはあなたの仕業なのですか」
デビル「お姉ちゃんもオイラ捕まえるの、ここで投げられるわけにはいかないよーだ」

「武道の仕合はイタズラ程度では済まされません、ここで性根を叩き直しましょう」


・チャリオッツ

亮子「さてオモチャの兵隊さん、あなたの戦闘術もまた本物と見ました、いざ勝負」
チャリオ「たしかに打てばいいもんじゃなさそうだな、しかし当たって砕けろだ」

「ただ突いてくるのみでは技とはいえません、あなたの槍もただの棒ではないはずです」


・ストレングス

亮子「子供ながら腕っぷしに自信ありと見ました、ですが業のほうはいかがですか」
ストレングス「あんた武道家だろう、だったらあたしの腕っぷし、とくとご覧あれだ」

「腕っぷしのみでは強いとは言えません、私でよければ柔の手ほどきを教えましょう」


・ジャスティス

亮子「あなたの目も前を見据えていますね、それならば私の武術に応えられるはずです」
ジャス「剣を振るうだけじゃお姉さんの武術には敵わないから、ここは全力でいくよ」

「ちょっともの足りませんが結構な剣さばきでした、次もまた精進してください」


・ジャッジメント

亮子「ちょっとしゃべり方が気になりますが、あなたもかなりの使い手と見ました」
ジャッジ「うちもケンカじゃなく武術仕合で燃えたいから、よろしくお願いしますわ」

「やはりそれなりの礼節を持たねばいけません、その上で戦意も上がるというものです」


・デス

亮子「多少の殺意も望むところ、それが孤独に根差したものなら祓わねばなりません」
デス「おまえにあたしの闇を払えるってことかい、近付きざまにたたっ斬ってやるよ」

「哀しみに身を委ねては己もまた見えてきません、明るきにこそ真の武があります」


・プリエステス

亮子「ここにきて読書とは悠長ですね、私もお勉強が苦手なのは否定はしませんが」
プリエ「まあお勉強が苦手とはいただけません、ここはお勉強のお手伝いするざます」

「たしかに勉強も大事なものですが、やはり頭ばかりでは鍛えたとはいえませんよ」


・マジシャン

亮子「あなたも魔法を使うのですね、ただの手品とは違うことを見せてください」
マジシャン「お前も真面目そうだからな、特別にとっておきの魔術をみせてくれよう」

「魔法でも武術でも、仕合において本気でかからない限り大怪我は免れないものです」


・エンプレス

亮子「なんとも不埒な出で立ちですか、あなたも悪ならばこの私が成敗いたしましょう」
エンプレス「誰が悪だって、そんな生意気な口を利く娘はじっくり嘗め尽くしてやるよ」

「これぞ武の骨頂です、そんな鞭など撫でられたにも等しいもの、出直して下さい」


・クラウン

亮子「性懲りもなく現れたのね、今度こそ我が武の誇りにかけて成敗してあげるわよ」
クラウン「アナタにワタシの美しさなんて分からないわ、返り討ちにしてあげるわよ」

「いつまでも珍妙さに惑わされるわけにはいかないわ、もう二度と顔を出さないで」


・カルノフ

亮子「さあカルノフさん、今度こそ我が武の神髄を見せる時、いざ勝負を願います」
カルノフ「先よりも強き面持ちか、ならばこのカルノフもそなたの業を受けてみよう」

「いまだ武道の途上にあります、あなたの勝利もその始まりに過ぎないものです」  


・チェルノフ

亮子「真の武道家の誇りにかけて、闇の強者たる貴方に堂々と対しましょう、いざ勝負」
チェルノフ「そうだな、お前にもまた正義にふさわしい闘いを、期待できるだろうな」

「正しい力にこそ真の強さが宿ります、いずれ貴方も真の強さに到れるこでしょう」


・チンさん

亮子「あなたも達人の方と見ましたが、ここはとりあえず御指南、頂けるでしょうか」
チン「あの男も一目置くというお主なら奮い立つのう、じっくりと教えてしんぜよう」

「こんな業ではこけおどしに過ぎません、ましてあなたはあの人の師匠、なんですか」


・ワールド

亮子「真実を見通す目なら私の武術を見抜けるでしょうが、怖れてはいられません」
ワールド「そうはいっても私との仕合を楽しみにしていますね、期待していいですよ」

「恐れは自分の目をも曇らせるもの、なればこそ私も前を見据えて闘い続けましょう」


・ポン

亮子「これほどの巨大さならばむしろ我が武術のすべてをかけなければいけませんね」
ポン「そうだ、お前に力任せと見られたくはないからな、この場は俺も全力でいこう」

「まさに肉体の壁でした、我が柔の業を極めるにはあなたを破らなければいけませんね」


・フォーチュン

亮子「今こそ我が運気にかけて、貴女が司る運命にも打ち勝ってご覧に入れましょう」
フォーチュン「汝も己の運命に抗うか、所詮は力業、我に勝つは儚き夢と知るがいい」

「今は手さぐりでもいずれは己の運命をも切り開いてみせましょう、我が武道にかけて」

ADK系キャラ

・ハンゾウ

亮子「出雲さんがお噂の忍術の冴え、今度は私が試させて頂きます、それでは参ります」
ハンゾウ「お主もリョウコ殿と同じ柔術家なれば、彼女と別の業も楽しみでござるな」

「真の強さは己に厳しくあれです、これこそ真の忍術、そして真の武術なのですね」


・フウマ

亮子「あなたもまた忍者なれば、あなたにとっての忍道、私の柔で問わせて頂きます」
フウマ「そいつは光栄だな、なら俺の炎の忍術を存分に教えてやるぜ、かかってきな」

「やはり前に出すぎです、真の忍道は忍んでこそ、今一度己の忍道を想い起して下さい」


・叉助

亮子「忍というより刺客の色も濃いです、しかし己の命をかけてこそ私の武道です」
サスケ「俺を怖れぬのは見事と言いたいが、怖れの心はむやみに捨てるものではないな」

「ひとまず怖れの心を超えて闘えました、この緊張感も私を鍛えてくれるものでした」


・ジャンヌ

亮子「出雲さんも認めた剣術の冴え、そして聖女の実力をぜひとも見せて頂きます」
ジャンヌ「あなたならリョウコ以上に楽しめそうね、それじゃ早速投げて頂こうかしら」

「わずかな慢心も業を鈍らせます、まずは聖女としての使命を再び思い起こして下さい」


・金龍

亮子「ヒーローズを謳われた真のクンフーなら、私も挑むにふさわしいでしょうか」
ドラゴン「君のひたむきさならわたしの相手にふさわしいネ、さあかかってきなさい」

「映画にも映える武道ですか、たしかに飾らぬ業の冴えならまた手合わせして下さい」


・ブロッケン

亮子「いかに機械兵器でも怖れるに足りません、ここはすべてしのいでみせましょう」
ブロッケン「お前の柔術も俺を唸らせるに値するかッ、ならば早速投げてみよッ」

「装甲はともかく信念の重みもやはりこたえました、私も投げがいがありました」


・Jカーン

亮子「大陸に轟く豪傑ならば、我が武を試すに値うでしょうか、一勝負お願いします」
カーン「これは厳しい攻めが期待できるのう、しかしワシとても武道家の端くれじゃ」

「これぞ豪傑の闘いっぷり、業もこたえましたがいずれは適うようにしましょう」


・マッスルパワー

亮子「ただ投げるのみでは業とはいえません、ゆえに我が柔術も味わってください」
マッスル「俺も考えなしに投げてるわけではない、いやというほど教えられたからな」

「ヒーローの域までの投げを期待しましたが、今だショーマンの域なら期待外れです」


・ラスプーチン

亮子「あなたもヒーローズなのですか、これで出雲さんと同じとはとても思えません」
ラスプ「このわたしの愛の手で、そなたを包み込めること、今から楽しみですな」

「こういった怪しき業で出雲さんを、ヒーローズの名を汚すことはこの私が許しません」


・出雲良子

亮子「最近は出雲さんも頑張っておられますね、この機会に一勝負お願いします」
リョウコ「加納さんとはいい仕合が出来るかな、それならこっちもお願いしますね」

「やはりヒーローズとしての風格も備わっていますね、これもなかなかの精進でした」


・マッドマン

亮子「見た目浮ついているようで清々しい雰囲気ですが、それを確かめさせて頂きます」
マッドマン「アナタの柔術なら一味違うのは聞いてるザマス、手合わせできるザマスか」

「近づき難い雰囲気でしたがこれもあなたの業ゆえ、あえて調子に合わせて頂きました」


・シュラ・カイ・ナノム・トム

亮子「地味ながら実直なる業ですか、サムチャイさんお噂のムエタイ見せて頂きます」
シュラ「君にとってはつまんないっスが、俺の真剣さをこの場で理解してほしいっス」

「実直な業ほど仕合を読む価値もあります、ですが今一つの大胆さもほしいですね」


・キャプテン・キッド

亮子「海賊にして喧嘩の達人となれば、我が武術にて倒させて頂きます、いざ勝負」
キッド「お前さんも柔術かーい、彼女とは違ってのパワフルさを味あわせてもらうぜえ」

「可愛げのないのは余計なお世話です、私だってあなたに負けない誇りもありますから」


・Jマキシマム

亮子「アメフトも誇り高い男のスポーツと聞きます、なら我が柔術が挑むに値いますか」
マキシマム「お前も柔術か、なら挑んで来るのだな、多少の投げでも俺は倒れんぞ」

「これも結構な受け止めがいがありました、アメフトの実力あらためて思い知りました」


・エリック

亮子「真の海の男ならば、荒波の厳しさで私の柔術並びに武道も鍛えさせて頂きます」
エリック「そういった物言いはやはり厳しいのう、しかしその前向きさは気に入ったぞ」

「冬の浜辺の寒稽古を思い起こします、あらためて身が引き締まった感もしました」


・ジャック・ザ・リッパー

亮子「夜な夜な人を傷つけるとは不埒な方ですね、ならは我が柔術で成敗いたします」
ジャックR「ちょっと可愛げのない奴が来たな、おめえの悲鳴は可愛げがあるかもなあ」

「傷付ける爪ならば怖れるに足りません、あなたもここまでです、さあ神妙にしなさい」


・呂布奉先

亮子「これが豪傑の気迫なのですか、しかしここで気圧されるわけにはいきません」
リョフ「小娘とはいえ可愛げのない奴だ、ここはこの俺がお前を鍛え直す必要があるな」

「真の豪傑は武道とともにあり、よこしまな野望で武を征しようとはやはり許せません」


・孫悟空

亮子「あなたがお噂のおサルさん、伝説のおサルさんなら私も挑ませて頂きます」
悟空「おっこいつは可愛い子ちゃんだな、あいつと違う業ならひと勝負いきてえぜ」

「未だ伝説には程遠いですが、我が柔術と心意気ならば伝説にも引けを取りません」