ワンダーモモ VS namcoキャラ
うちわけはパーソナルストーリーモードのデモ、勝利メッセージ、
グルーヴモードにおけるグルーヴメッセージの順


風間仁

モモ「こうして仁さんと仕合ができるなんて、でも、ちょっとぎこちないですね」
仁「そうなのか、俺はいつもと変わらない」
モモ「迷いがあるなら、それを吹っ切れればいいのですが」
仁「そうだな、ここは付き合っていこうか」

「まずは力以上の強さ、仁さんなら得られると思いますよ」

モモ「一つの勝ちはみんなの勝ち、それを一つずつ重ねればいいんですね」
仁「そうだな、永いことそれを忘れてたな」


三島一

モモ「確かにイヤな気が、でもここで怖気づけないですね」
一八「怖気づいても生きて帰れるとは限らぬぞ」
モモ「やってみますよ、私も戦士の端くれなんですから」
一八「いい度胸だ、これで倒し甲斐がある」

「絶対的な力なんてそうそうあるものじゃありませんから、でも勝ててよかったです」

モモ「まずは1勝、押すだけでの勝ちも嫌いじゃないのですが」
一八「ふふ、たまにはお遊びも必要かもしれないからな」


ニーナ=ウイリアムズ

モモ「同じ女としてニーナさんと仕合わなきゃですね、お手合わせできますか」
ニーナ「私との仕合なら覚悟が必要よ、でもあなたならたやすいはず」
モモ「確かに、おじけづいちゃいられないものですね」
ニーナ「ふふ、やはりいい度胸ね、ならばかかっていらっしゃい」

「常に冷静な攻めで着実に技を決める、そして静かに勝つ、これにつきますね」

モモ「こうして闘っていて、やはり落ち着きがないのでしょうか」
ニーナ「まあ得手不得手というのがあるから、あなたはこれでいいと思うわよ」


リン・シャオユウ

モモ「ここはシャオユウさんの中国拳法を学んでいこうかな」
シャオユウ「うん、あたしもかじり程度だからね、こちらもついていけるかな」
モモ「それじゃ、お互いの精進のためにってところですね」
シャオユウ「はい、お手合わせお願いしますね」

「やはり奥深い拳の運びですね、ここでも学ぶことができました」

モモ「拳法も足が命、踏み込みもおろそかにできませんね」
シャオユウ「やっぱりモモちゃんのようにまっすぐのびやかに脚を使いたいな」


風間飛鳥

モモ「日本武術もいいかもしれませんね、まずは飛鳥さんから」
飛鳥「モモちゃんならいつでも胸貸すつもりだから、結構楽しみやね」
モモ「たまには私で腕試しですか、他の皆さんとも差をつけたいですよね」
飛鳥「せやなあ、ここは真剣にトレーニングや」

「もうちょっとで洗練されますね、それでも楽しく行けたと思いますよ」

モモ「静と動、ひとまずは調和がとれた闘いでしょうね」
飛鳥「うちももうちょっと動きたかったんやけどなあ」


吉光

モモ「あなたもサイボーグさん,でよかったかなあ」
吉光「確かに我もほとんど機械、されど人で当らねばぬしと仕合えぬ」
モモ「確かに緊張しますけど、ここは一生懸命いきます」
吉光「お主のひたむきさ、我も楽しもう」

「信念があなたを動かしてる、その業、すべて私に響かせました」

モモ「あなたに比べたら、私の正義もお遊びですよね」
吉光「否、小さき信念でも正義を貫くに十分なり」


クマ・パンダ

モモ「本当の動物さんとの仕合かな、ここは本気出さなきゃね」
 クマ「ガウ(お前が強そうなら倒さなきゃいけない)」
 パンダ「ガウ(仕合うのはいけど、お手柔らかにね)」
モモ「機械とは違って野生の力だから、気を抜けないよね」
 クマ「ガウ(いい度胸だ、じゃあ早速かかってこい)」
 パンダ「ガウ(結構物怖じしてないか、ちょっと手ごわそう)」

「動物さんは力づくじゃダメかも、もうちょっとなだめておとなしくさせなきゃ」

モモ「私はいいけど、この子を怒らせたら怪我しますよ」
 クマ「ガウ(弱すぎる相手なら本気出す気になれねえ)」
 パンダ「ガウ(本当はあたしも手加減したいけれどね)」


クレイグ=マードック

モモ「力任せなら誰でも出来ますから、あなたと力比べでいいですか」
マードック「おい、お前の細腕でこの俺に敵うのか」
モモ「私だって力があるのを、ここで認めてもらわなきゃね」
マードック「ああ、こちらも遠慮なくひねらせてもらうぜ」

「勝てたのはいいけどちょっと逃げちゃったかな、でも正々堂々あたったつもりだけど」

モモ「力がなくてもっていうけど、闘えば力もわくものですね」
マードック「まったく危なっかしいぜ、次は俺に闘わせろよ」


ブライアン=ヒューリー

モモ「なんか悪そうな人だな、ここは闘わなきゃ、かな」
ブライアン「ふふ、そんなに俺に倒されたいのか」
モモ「まあ私も、負けるために闘ったりはしませんよ」
ブライアン「そうだ、あっさり倒されては張り合いがないからな」

「多少の痛みも耐えられなきゃ、どんな相手にも勝てませんよね」

モモ「うわー痛そうな攻め、ちよっと後ろめたい勝ちだったかな」
ブライアン「無用な同情も、いずれはしてられぬ事態にもなるやもな」


レイヴン

モモ「えーと、あなたも忍者さんなんですね」
レイヴン「ある意味、お前の言う通りだ、俺もお前と仕合ってみたいな」
モモ「はい、こちらも真剣にやらなきゃですね」
レイヴン「なかなかの度胸だな、だがそれでこそだ」

「任命一筋に闘うのも、戦士にとっては当たり前のことなんですね」

モモ「疲れました、でも足を引っ張らなかったつもりでしたが」
レイヴン「確かにお疲れさまだな、もしもの時は俺に任せるがいいさ」


フェン・イェイ

モモ「中国拳法の人ですね、でも、すごい気迫」
フェン「これはヒーローのつもりか、闘うならば受けて立つが」
モモ「うん、私なりに真剣にかかるつもりですよ」
フェン「なかなかの度胸だ、ならばわたしも本気でいこう」

「やはりとげとげしいかな、でもこれも武術のある姿だろうしね」

モモ「ここはフェンさんも意識して、飾りないファイトのつもりでしたけど」
フェン「それではお前の業も活かせんな、わたしごときで物怖じすれば意味がないぞ」


リリ

モモ「見れば私と同じ、といえば蹴られそうかなあ」
リリ「まだ勝負前ですわ。でも今の言葉には賛成できますわね」
モモ「でも、勝負は容赦なさそうですね、それなら受けて立ちます」
リリ「ふふ、有意義な仕合ができますわね」

「お互いまだ趣味レベルかな、だからこその真剣でファイトしないとね」

モモ「ひとまずエレガントに勝てましたね、それで足引っ張ってませんか」
リリ「大丈夫ですわ、あなたもまた、立派にエレガントでしたわよ」


ボブ

モモ「うわっ、結構ふわふわなんですね」
ボブ「そうか、俺の格闘技は弾力が命だ。お前が思うほど軽くはないぞ」
モモ「それでも、打つだけじゃやはり乱暴かなあ」
ボブ「なんの、拳のぶつかり合いは望むところだぞ」

「重さをかけての攻めと守り、結構疲れる闘いでした」

モモ「壁になる、は失礼かな、でもサポートはとても役に立ってますよ」
ボブ「守りなら俺に任せろ、だけどたまには攻めに回りたいぞ」


エリザ

モモ「出ましたね、吸血怪人のエリザさん、ここはいざ尋常に勝負といきましょう」
エリザ「・・・あら、誰、貴女、もしや私と、遊びたいと、いうのね・・・・・」
モモ「とりあえずみんなの夢のために、あなたの夢から冷まさせてあげましょう」
エリザ「・・・さしあたって、貴女も、私の、腹の足しに、なれたら・・・・・」

「まだまだ悪夢には遠いですけど、いつだって人の夢のためにも私は闘えますよ」

モモ「覚めない夢はないけれど、生きるためにもみんなの夢は守っていきたいです」
エリザ「・・・みんな、おいしそうな夢、さしあたり、自分の夢だけで、いいけど」


三島平八

モモ「平八さんも元気ですね、結構な意気込みも感じられますが」
平八「ぬしも感じるか、さてぬしはわしを止められるかな」
モモ「まあやってみますね、生半可ですと怪我しちゃいそうだし」
平八「わし相手で怪我だけとは、結構のんきじゃのう」

「いくつになっても容赦ない闘い、これも強さの条件でしょうか」

モモ「この威圧感も味方だったら頼もしいものがありますね」
平八「だからとて楽にはさせられぬがな、まだまだ役に立ってもらうぞ」


御剣平四郎

モモ「御剣さんも相変わらず剣の業を追い求めているきらいがありますね」
御剣「何ならお前との仕合、付き合ってやってもいいぞ、俺も純粋に闘ってみたい」
モモ「やはり御剣さんも本当の侍ということですね、こういうのも楽しみです」
御剣「おう、こういったのはやはり昔を思い出させるぜ、とっととかかってきな」

「多少の野心も剣の業を高めるなら、それも力となりうることでしょうか」

モモ「気を付けて下さいよ、油断してると正面からバッサリいっちゃいますよ」
御剣「どいつもこいつも斬るまでもねえ、もっと闘いがいがあるやつと当たりてえな」


タキ

モモ「ここはタキさんと仕合わなければいけませんね、ここは全力で行きます」
タキ「ようやく来たか、モモ、私を仕合うならば全力のみでは物足りぬぞ」
モモ「そうですね、全力のみでなく覚悟も必要になってきましたから」
タキ「それでこそお主だ、そのひたむきさも改めてそそられた、ではかかってくるがいい」

「やはりステージじゃ物足りない緊迫感あっていいね、でも闘い好きと見られるのもね」

モモ「タキさんと一緒にいると味方でも容赦しなさそうだから、その分真剣に闘えたかな」
タキ「これでもお主の後ろをも守ったのだ、しかしそれもお主の修行になったか」


カサンドラ=アレクサンドル

モモ「あなたが噂の女剣士さんですか、でも私と同じく若い人なんですね」
カサンドラ「私は見習いみたいなものだから、ここは仕合わなきゃいけないかな」
モモ「こういうところは結構やるようだから、私も全力で闘わなきゃいけないですね」
カサンドラ「結構やる気じゃない、あなたの方が姉さんに近いから真剣にやらなきゃ」

「若い力というには幼いけれど、それなりに私もがんばったからそれでいいかな」

モモ「お互いにヒーローとしていけたといえば失礼かな、でもノリがよかったからね」
カサンドラ「本当の戦士には遠いかもしれないからね、それも褒め言葉と受け止めるわ」


キリク

モモ「そういうストイックな男の人はちょっと苦手かな、私と手合わせできますか」
キリク「君も遊びで来たわけじゃないはずだが、手合わせなら本気を出すまでもないな」
モモ「それでも、強くなるために仕合うというのはありだと思うんですけれど」
キリク「強くなるためか、それもいいな、むしろ俺の方が君の闘いに合わせたい」

「闘うより強くなるため、守るための力が本当の力とあなたも信じているんですね」

モモ「まず真っ直ぐに当たって勝てたのはいいですね、楽に勝てたのもいいのですが」
キリク「そうか、敵意さえ敗ればそれで済むなら、君も俺と同じ闘いだったな」


ソン・ミナ

モモ「ナギナタ一本で駆け巡るって、まさに駿馬ですね、私も追い付けるかな」
ソン・ミナ「うん、そう言いながらあなた、追い抜きそうだから油断できないわね」
モモ「こちらも全力でかからなきゃ、あなたの全身の蹴りに敵わないからね」
ソン・ミナ「ここまで見切られたなら、ぶつかっていかなきゃかえって失礼よね」

「どうでしょうか、私だって大胆にいければあなたにも追い付けるはずです」

モモ「時には飛び込めば勝機も見えてくるものですね、こういう大胆さもあれば」
ソン・ミナ「それでも考えて闘ってるから、その点あたしも規範になっているのよ」


タリム

モモ「こういったさわやかな風は久しぶりです、やはりあなたから吹いてきましたね」
タリム「そういうあなたの風とともに強さが、あなたも勇者にふさわしい人ですね」
モモ「勇者もヒーローも、あなたの風の前にはじゃちょっと恥ずかしいかな」
タリム「私の風があなたを導いたなら、私も全身でそれを受けてみたいですね」

「こういう風が吹く仕合ができて、闘いがない時を過ごせたらいいんだけどね」

モモ「闘いが終わって優しい風が感じますよ、ちょっと一休みしましょうか」
タリム「ほんと久しぶり、この風のために闘ってるのも義しいことだったのね」


ジークフリード=シュタウフェン

モモ「結構な剣ですが、それを振るうのにいささかためらいがあるようですね」
ジーク「たしかにな、人を傷付けるのみの刃を振るうのみでは意味ないからな」
モモ「そういう刀を切り抜けていきたいですから、真剣に振るっていいですよ」
ジーク「陳腐な挑発だがそうさせてもらう、お前の戦士の誇り、見せてもらおう」

「力を振るうことの怖れ、それを乗り越えてこその本当の力だったんですね」

モモ「思い切って斬りこんでみるのも、その剣が物語っていましたね」
ジーク「剣は力に過ぎないか、しかしその力をいかに使うかが今後の俺の闘い方だ」


ヒルデガルド=フォン・クローネ

モモ「何か勇ましそうな人、そういう人と仕合うというのもちょっとおこがましそうかな」
ヒルダ「貴女も名のある闘士と見ました、互いの名誉のため仕合うのはむしろ礼儀のはず」
モモ「ここは多少の怪我も覚悟しなきゃいけないですね、モモ、やってみます」
ヒルダ「真の勇者ならば己の名誉が自身を護るはず、怖れずかかって下さい」

「怖れない勇気と勝てる信念が本当の武器となるのですね、私もやればできました」

モモ「怖れず最後まで頑張れたのも、みんなの勝利といったところでしたね」
ヒルダ「人のために闘えれば私はいいとは思いますが、こういうのも嬉しいですね」


アイヴィー:イサベラ=バレンタイン

モモ「結構怪しいまでの美しさですね、同じ女としてこれは憧れちゃうかな」
アイヴィー「そう言いつつそなた、我が刃切り抜けんと欲するとみたがどうかな」
モモ「ここで食べられるわけにもいかないので、ここは一生懸命闘います」
アイヴィー「そういう無邪気なまでの清らかさ、私もなるべく傷付けずに勝たせてもらう」

「遊ばれているようで堂々と闘っていましたね、その気高い誇り、すべて受け止めました」

モモ「ここは私だけに気を取られていると、すぐに罠にかかっちゃいますよ」
アイヴィー「この場はそなたの方に誘ったつもりでいきたかったが、こんなものだろう」


ソフィーティア=アレクサンドル

モモ「ソフィーさんが神の戦士なら、私も本当のヒーローとしてぜひお手合わせをですね」
ソフィー「その元気さなら私の方が見習わなければいけません、私の方こそ、是非」
モモ「常に強くなることが戦士ならば、どちらが多く鍛えられるかが勝負ですね」
ソフィー「勝ち負けは別にしてこういった勝負も興味がありますね、では参りましょう」

「風格といっても気取らない強さがソフィーさんの強さ、私も噛みしめられました」

モモ「戦士といえば守るべきものがあれば、強くなるきっかけとなるものですが」
ソフィー「これは軽く言えないものね、あなたの方は励みになればいいけれど」


セルバンテス・デ・レオン

モモ「うん、魔物の親玉さんのようですね、ここは私の出番ということでしょうか」
セルバンテス「そうだ、お前もこのわしの贄となるべき時なのだ、さあ陥るがいい」
モモ「やっぱり手ごわそう、でもこれでこそヒーローの闘いだから、ここはがんばります」
セルバンテス「やはりそそられるではないか、今こそお前の勇者の血を捧げるがいい」

「こういう仕合こそ命をかけているというものですね、やはり勝ってよかったです」

モモ「ただならない気が程よく漂っていますね、吹き飛ばすだけじゃつまらないかな」
セルバンテス「これはわしとても煩わしいな、しかし露払いをするまでもないわ」


ザサラメール

モモ「う、こういう見透かしてくる目の人って、やっぱり苦手だなあ、どうしよう」
ザサラメール「わたしもそなたの資質を見てみたいが、易々と見せぬのは承知の上だよ」
モモ「むしろ試されるのは望むところですね、ここは怖れずにモモ、やってみます」
ザサラメール「そなたの勇者の力、いかなる輝きを見せてくれるかを見せてくれたまえ」

「まだまだ実力は出し尽くしていないけど、あなたの掌はやっぱり狭いですから」

モモ「闘いの先に何があるか、ザサラメールさんもそれを求めているのですか」
ザサラメール「ある意味そなたの言う通り、しかしもっと広い意味を求めたいのだよ」