ワンダーモモ VS CAPCOMキャラ
うちわけはパーソナルストーリーモードのデモ、勝利メッセージ、
グルーヴモードにおけるグルーヴメッセージの順


リュウ

モモ「本当の戦士を目指すためにはリュウさんとの仕合は欠かせませんね」
リュウ「俺との闘いで君が成長できれば光栄だ、ぜひ胸を借りてくれ」
モモ「はい、一生懸命頑張ります」
リュウ「君の全力、俺にぶつけてこい」

「もう少しひたむきに闘えれば、次はまた一層頑張らなきゃですね」

モモ「まずは着実に一勝ですね、次も頑張れそうです」
リュウ「そうだな、次は俺がリードしなければ、だな」


ケン

モモ「ケンさんのような積極なファイトは学ぶところが多いですね」
ケン「そうかな、回りくどい闘いは出来ねえが、君も楽しめればな」
モモ「そうですね、ひとつ楽しめるように」
ケン「結構乗り気だな、じゃあ、いくぜ」

「こういった燃える闘いは、少し疲れますがやはり楽しかったです」

モモ「もう少し鍛えなきゃ、次はついてこれないかもしれないから」
ケン「まあトレーニングはいつでも付き合うぜ、次は安心して休んでな」


春麗

モモ「蹴りの腰なら春麗さんに譲っちゃいますけど、私だってその気になれば」
春麗「そうね、仕合うんだったらドンといかなきゃ、ここは胸を貸してあげるわよ」
モモ「はい、お願いします」

「軽やかに、そしてなるべく力まずに、私も結構ついていけたかな」

モモ「次の舞台のリハーサルも兼ねれば結構仕合も引き立つんですが」
春麗「ショーマンは嫌いだけれど、あなたとの共演は楽しそうね」


ガイル

モモ「本当の闘いを経験しなきゃ、真の戦士は語れないですね」
ガイル「本当の闘いか、だが命をかけるまでもないな」
モモ「うん、無闇に信念を語るな、ってところですね」
ガイル「いずれにせよお前と付き合ってやろう、かかってこい」

「無駄な動きも言葉もない、やはり本当の戦士さんでしたね」

モモ「いざとなれば本気の蹴りも、まだまだ甘いかな」
ガイル「悪くはないな、場数を踏んでいるのには変わりないからな」


ザンギエフ

モモ「岩のような身体ですか、うかつには動けませんね」
ザンギエフ「どうかな、技をかけねば俺には勝てぬ、まあ俺の有利は変わりはないがな」
モモ「ここは度胸で闘わなきゃですね、それでは、いきます」
ザンギエフ「うむ、気負わずともしっかりと受け止めてやるぞ」

「すごい耐久力でしたね、多少の打撃なんてものともしないですから」

モモ「英雄というから、ただのヒーローとは大違いなんですね」
ザンギエフ「何の、お前も真の戦士ではないか、少し鍛えれば俺と肩を並べられるぞ」


ダルシム

モモ「インドのお坊さんですね、何か不思議な感じがするけど」
ダルシム「なに大したことはなし、それよりそなたの義しきを見極めたし」
モモ「正しい力、教えてくれますか」
ダルシム「それもそなた自身で求めるもの、わたしは一助にすぎぬよ」

「軽いながらも的確な業でしたね、あと心理もいつかは学びたいし」

モモ「闘いや演技の中に、みんなが笑顔を引き出せたらと思うんです」
ダルシム「そなたも人々の指針たらんや、その心、忘れずにいきなさい」


エドモンド本田

モモ「お相撲さん相手だったら力比べだろうけれど、どうしようかな」
本田「何の、あんたもコシが強そうだわい」
モモ「ここは踏みしめが大事だけど、なんとか踏んばってみせます」
本田「こいつは楽しみじゃのう、どっからでもかかってきんしゃい」

「度胸一番でしたね、勝ち負けはともかくなんとか踏んばれたつもりでした」

モモ「手数も大事だけど、押しもおろそかにしてはいけませんね」
本田「押しのみでは勝てんからのう、手数も大事にしとるぞ」


ブランカ

モモ「うん、獣の怪人さん、でもヒーローの感じがしますね」
ブランカ「おれ、ブランカ、お前、ヒーローか、ならおれと、ただがう」
モモ「野生の力ってところですね。いくらか鍛えられるかな」
ブランカ「うおっ、お前とは、いいただがいでぎる」

「こういう野生の力も、やはりヒーローの資質でしょうかしらね」

モモ「こうも決められますと、次はがんばってみようかと思うんです」
ブランカ「えものははやいものがぢ、でもつぎは、ゆずっでもいい」


Mバイソン

モモ「ボクサーさんですか、たしかに腕っ節よさそうですね」
バイソン「分かるか、お譲ちゃんには特別見せてやってもいいんだぜ」
モモ「ファイトだったら受けてっ立ちますよ、これでも腕はいいんですから」
バイソン「ヘッ、かわいがってやるぜ」

「突っ込んでくるだけじゃつまんないなあ、敵を倒すにも頭使わなくちゃ」

モモ「ファイトだったら楽しくいかなきゃ、勝っても負けても気持ちがいいよ」
バイソン「全力でブッ潰しゃ、最高に楽しいもんだぜ」


バルログ

モモ「うん、いかにも悪そうな人ですね」
バルログ「フッ、真の美は善悪をも超越するもの。お前には理解出来まい」
モモ「これもみんなの幸せのためかな、モモ、闘っちゃいます」
バルログ「お前の血も、我が爪と仮面に捧げよ」

「ただ速いだけじゃ疲れるだけですよ、軽さに身を任せての技なんです」

モモ「魅せる闘いはいいですけど、なんかとげとげしくないですか」
バルログ「美しき薔薇には棘かつきもの、敵を倒すに情けはいらぬはず」


春日野さくら

モモ「改めてさくらさんと仕合うのもいいものですね」
さくら「モモちゃんも強くなったようだからやっぱり楽しみだね」
モモ「ここは全力で、がんばりましょう」
さくら「うん、楽しめればいいね」

「こういった闘いが一番精進するんですね、次もどれだけ強くなれるかな」

モモ「常に競い合った仲だから、チームプレイでは抜群の強さかな」
さくら「お互い戦い合う仲だからね、結構頼りになれたかな」


キャミィ=ホワイト

モモ「キャミイさんなら空中戦となりますね」
キャミィ「どうかな、的確に打てば派手な動きも必要ない」
モモ「それなら、撃ち落とされないようにしなきゃですね」
キャミィ「さてどちらが先に打てるかな」

「こういう容赦のないところも望むところです、でもいい仕合でしたよ」

モモ「力がない分、全身で蹴れば結構きくものですね」
キャミィ「いい体術だな、もう少し無駄を省けば技の効果も上がる」


火引弾

モモ「たしかダンさんですね、一応格闘家さんの」
ダン「お前も噂を聞きつけたようだな。興味を持ったのは光栄なんだがな」
モモ「ここは楽しく仕合えたらいいかもしれませんね」
ダン「おう、見て驚け、俺さまのサイキョー流の真髄を」

「結構引き立っていましたよ、お互いに楽しく闘えましたから」

モモ「攻めて守ってポーズを決める、結構考えて闘っているんですね」
ダン「おうよ、俺もハンパで闘ってるわけじゃねえからな」


ローズ

モモ「ローズさんだったら、ある程度の勝ち負けは予想できますか」
ローズ「さあどうかしら、占ってもままならぬこともあるから」
モモ「やはり闘ってみなければ分からないこともありますよね」
ローズ「あなたの意思、いかなるものかしら」

「運命も対し方次第で変わるものなんですね、こうやって仕合ったらすっきりしました」

モモ「いかなる技もお見通しですよ、でも、いなすのが大変なんです」
ローズ「何事も実戦の業が大切、気を抜いちゃダメよ」


神月かりん

モモ「かりんさんには新しい技と、なにより強くなった私自身を見てもらいたいんですが」
かりん「そうですわね、ここは純粋にあなたとの仕合を楽しみましょう」
モモ「そういえばかりんさんも強くなったみたいですね」
かりん「己の力を確かめられれば、強さも自ずと意識できますわ」

「本当の強さは信念の強さ、今まで以上に大きさを感じました」

モモ「もう少し胸を張って勝ちを喜んでいいですか」
かりん「むしろ相手を見下ろし、己の価値を知らしめるべきですわ」


ガイ

モモ「ガイさんみたいに私ももっと正義のために闘いたいですね」
ガイ「モモ殿もまた正義の士、別段気を張る必要もござらぬが」
モモ「ガイさんとお手合わせして心を高めるのはどうでしょう」
ガイ「むしろその心を忘れねばよろしかろうが、仕合ならば、いざ」

「技の強さより信念の強さですね、これだけは後れを取っちゃいます」

モモ「どうです、ここで降参してもいいはずですよ」
ガイ「戦意なきものは敵にあらず、彼女の言うとおり退くがよろしかろう」


源柳斎マキ

モモ「女性の武道家さんですね、お遊びにしか見えないでしょうが」
マキ「そういってあんたも出来そうだ、特に足の動きがね」
モモ「至らぬなら鍛えてもらってもいいかもしれませんよね」
マキ「こいつも気に入ったよ、さて思う存分かかってきな」

「わずかな信念も武道たりえますね、それが着実に高まるのも楽しみです」

モモ「軽やかなステップを心がけてますが、心もとないですか」
マキ「あたしの方がぎこちないからね、こいつは参考にするよ」


レインボー・ミカ

モモ「女子レスラーさんですね、本当の意味で闘いの何たるかを教えてほしいです」
ミカ「ううっ、有名なワンダーモモさんにそう言われると光栄っす」
モモ「同じ闘う女として最高の仕合をしたいですね」
ミカ「おおっ、あたしも一生懸命頑張るっす」

「まさにテクニックでの仕合でした、力のみでないのがまたいいものでしたね」

モモ「ここぞでのテクニックに根差した技、それがチームワークに活かせられました」
ミカ「ここは頼った分役にたてられましたか、次も活躍したいっす」


モモ「う、この強い殺気はまさかお爺さんが出しているんですか」
元「ふふ、うぬの輝きは儂にとってはまぶしすぎるな」

モモ「命をかけるのはきついけれど、ここは一番やってみます」
元「うぬもまた死合うに値する、我が拳の冴え、受けてみるがいい」

「こういった厳しい闘いを繰り広げてこそ、年季も本物になってるんですね」

モモ「少し休憩しましょう、一息つくだけの時間はありますから」
元「儂よりもうぬの方が休みたかろう、それもよかろうて」


イーグル

モモ「仕合だったら真剣勝負、こういうのも気が引き締まりますね」
イーグル「そういう君も修羅場を知っている、そういう仕合もやはり楽しみだな」
モモ「少しの怪我でもバカにはできませんね、全力で行きましょうね」
イーグル「君も闘いに愉悦を感じるか、これは期待できるな」

「やはり闘いだけが人生じゃあ、少しつまらないですからね」

モモ「勝負は正々堂々と、それだけは譲れませんね」
イーグル「そう、まずは正面にぶつかってこそ、愉悦も大きいものだよ」


アドン

モモ「あなたもムエタイの人ですか、キックの勝負だったらちょっと手ごわそう」
アドン「小娘だからとて容赦はせん、俺の相手となればな」
モモ「結構ぎらついていますね、身体じゅうのばねが勝負ですね」
アドン「安心しろ、一瞬で片がつくから痛みも感じんぞ」

「危ないなあ、でも慢心しなければもっと危なかったようでしたね」

モモ「強さに理屈はいらないといっても、やはり強くなる意味も必要ですね」
アドン「むしろ己への勝負か、これも承知のうちだ」


ロレント

モモ「うん、いかにも悪そうな人発見ですね」
ロレント「貴様、これでヒーローのつもりか、これで我輩に立ち向かわんとするか」
モモ「ひとまず強そうな悪人さんですから、気を引き締めて闘わなくちゃ」
ロレント「貴様では役不足だが、わが軍の奮起のために血祭りに上げてくれよう」

「力押しじゃつまらないです、もっと戦略も使わないとですね」

モモ「ちょっと飛ばし過ぎでしたが、でも戦略的には勝ちですよね」
ロレント「くっ、この我輩がついていけぬだと、いやそんなはずはない」


アレックス

モモ「力勝負も一応いけますが、アレックスさんも力のみじゃないですよね」
アレックス「闘いに関して優しくなれないかもな、それと同じく甘くも見れない」
モモ「ここは一発ぶつかってみますね、それじゃお願いします」
アレックス「やはりあんたも強いな、こちらこそよろしく頼む」

「力の理を知ってこそ、アレックスさんも限りなく強くなれるということですね」

モモ「力に劣る分しっかり動かないとアレックスさんについていけませんね」
アレックス「疲れたら休むといいさ、たまには引っ張るのも悪くはない」


いぶき

モモ「いぶきさんも本当の忍者ってところでしょうか、とくに体術のあたりが」
いぶき「それでも女らしさも身に付けたいからね、今は仕合しか出来ないかな」
モモ「今はそれもいいかなあ、私もただ蹴るだけじゃ闘えないしね」
いぶき「今は度胸が一番か、せいぜい派手にぶつけてみようか」

「女の魅力を武器にするには私たち、まだまだ足りないかなあ」

モモ「まずは度胸を磨けば、自ずと女らしさも身に着くものですか」
いぶき「うーん、やはり礼儀作法は性に合わないからこの方がいいかな」


ユン

モモ「あなたもクンフー使うんですね、やっぱり突き出して振り回す私と違いますね」
ユン「あんたも脚だけ使ってるわけじゃねえだろう、いい仕合が出来そうだな」
モモ「うん、仕合ならやっぱり修行を楽しむつもりでいきましょうか」
ユン「ああ、そういうところはキビしいなあ、ここは楽しくやろうぜ」

「のびのびとした技ばかりでした、やはり武術も自由にいかなければですね」

モモ「見よう見まねでしたけど、ここで踏み込んでいけたから勝てました」
ユン「ああ、俺の仕合も役に立てたかな、後で技も教えてもいいかなあ」


エレナ

モモ「これは全身での脚技だけど、まるで踊ってるようですね」
エレナ「分かる、そういうあなたの業もいいリズムね。一緒に踊ってくれない」
モモ「こういうのは競うより調子合わせた方がいいのかなあ」
エレナ「こうして楽しく仕合った方が気持ちいいものなんだよ」

「ゆったり流れて相手を乗せる、私もそうだけどそっちがまず上手だったからなあ」

モモ「ここはモモたちのオンステージ、楽しんでいただけましたか」
エレナ「こういうのは勝っても負けても、ほらいい笑顔じゃないの」


まこと

モモ「拳ひとつでの勝負ってとこですね、私のキックは通用するかな」
まこと「うちの拳、見た目チャラチャラのおんしには負けられんわい」
モモ「ここは私も気合い入れなきゃいけないですね。さあ勝負です」
まこと「おう、ここはどっちが勝ってもうらみっこなしじゃ、いくぞ!」

「ちょっとききましたか、モモだってガチンコ勝負は出来るんですよ」

モモ「ヒーローもまたファイターの端くれ、いつも真剣勝負で臨んでいますよ」
まこと「おんしも結構頑張っとるのう、そんだけうちも励みになるわい」


ユリアン

モモ「むう、すっごい肉体美、ちょっと蹴っただけでは効きませんね」
ユリアン「なんともけしからぬ揚げ足だな、余がただしてくれよう」
モモ「む、かかってくるのですね、私も見事受け止めてみせます」
ユリアン「そなたの業、余が挑むにふさわしい、じっくり征してくれよう」

「いろんな意味でアブなかったかな、風格だけは分かるんですけど」

モモ「今回集まってくれたのは、いつもと違って強そうなお兄さんばかりですけど」
ユリアン「余とそなたの人気の賜物だ、ここは喜んでもいいはずだぞ」


C・ヴァイパー

モモ「もしやエージェントの人ですね、ひとまず何の用でしょうか」
ヴァイパー「ちょっとばかしお邪魔なのよね、少しばかりおとなしくしてもらうわよ」
モモ「ちょっと厳しいですね、任務といっても仕合なら付き合えますよね」
ヴァイパー「こちらも、軽くあしらおうとは思わないわよ、かかっていらっしゃい」

「任務というからには軽くないでしょうが、面倒にも感じないみたいでしたね」

モモ「今回も楽勝でした、その分任務も多少は進んだみたいですね」
ヴァイパー「そういう任務だからこそ、人を巻き込みたくはなかったんだけれど」


ルーファス

モモ「うん、はじけるようなこの身体、ここは体術勝負ですね、それだけ負けられません」
ルー「何だと、赤いスーツにヘルメット、さてはお前ヒーローだな、いや女だからヒロインか、
   まあどっちにしてもこの俺の華麗なる技に挑むんだから、こっちも腕が鳴るというものだが」

モモ「うん、口上でもモモも負けられません。愛の戦士ワンダーモモ、悪い、という風じゃないですけど、
   ファイターさんを倒すため、全力で闘いまーす」

ルー「おお、お前もヒーローしているな、こいつはやっぱり光栄ってもんだ。
   見ていろ、このルーファスさまの伝説のためにお前を踏み台にするんだから、途中ツブれてくれるなよ」

「やはり格好や物言いはともかく、ルーファスさんも結構ヒーローしていましたね」

モモ「闘いには言葉はいらないといいますけど、言うべきことは言ってみるものですね」
ルー「そ、そうだぞ、格闘技は常に強くならなきゃいけねえもんだからな、俺のこの身体も永年鍛えた業も、
   すべて今の俺を物語っているのだ。それでこそ俺さまがヒーローにふさわしいといえるから・・・・・」


ジュリ

モモ「テコンドーも脚業主体ですから、一度お手合わせしたいと、思いましたが」
ジュリ「こんな闘いの場でお手合わせとは、結構呑気なものじゃないか」
モモ「やはり、武術は正しい心があってこそ、悪い武道家さんは懲らしめちゃいます」
ジュリ「笑わせんな、おまえなんて片足使うまでもないんだよ、さあ覚悟しな」

「ちょっと怖そうでしたけどこんなものですか、武術だけは正々堂々でしたね」

モモ「実はモモも武道家さんですよ、いろいろ能力使っていますけれど」
ジュリ「こりゃあたしに対する当て付けかい、何ならあとで決着付けようか」


チャーリー=ナッシュ

モモ「なにか真面目さととげとげしさが交じってますね、これはどうかしたのですか」
ナッシュ「またしてもお節介か、わたしと関わってもいたずらに傷が付くのみだがな」
モモ「悪しき気に惑っているなら、義しき心を思い出す力添えをいたしましょう」
ナッシュ「やはり闘わねばならぬか、傷付く覚悟があるならばかかってくるがいい」

「やはりご自分には負けてはいなかったですね、真剣さに本当のあなたが見えました」

モモ「厳しい闘いも望むところです、私だって闘志くらいは持っていますからね」
ナッシュ「生半可な覚悟でないのは分かるが、ますはわたしが先でもいいだろう」


ララ・マツダ

モモ「かなりの女っぷりですが、これが実力に反映してるから侮れないですね」
ララ「そういうあんたも結構な女っぷりじゃない、今時のヒーロー顔負けねえ」
モモ「そう言われればやる気も出るものです、まずあなたの情熱についていかなきゃ」
ララ「そう言われるとあたしも弱いのよね、それでも気を引き締めてかからなきゃね」

「情熱の力も応えればちゃんとついていけました、私もまず女を磨かなきゃですね」

モモ「こういう仕合なら情熱だけじゃなく、ある程度の根性も必要なんですね」
ララ「結構腰が座ってるのね、そればかりはさしものあたしも譲っちゃうわよね」


ラシード

モモ「激しいけど気持ち良さそうな風ですね、私にもあなたの風に乗れますか」
ラシード「ぜひとも乗ってもらいたいね、俺もあんたの風と光を楽しみたいぜ」
モモ「お互いの風を流れに乗せて、これもいい仕合が出来そうで今から楽しみです」
ラシード「こいつは勝負抜きで楽しめそうだ、その後でデートに持ち込めないかな」

「私も風に乗っただけですが、あなたの風を読めたなら、まずは一本でいいですね」

モモ「誇り高そうな人だと思ったら以外と柔らかい人で、ちょっと安心しましたけど」
ラシード「ひょっとしておカタい奴と思ってる、そっちの方がやっぱりヘコむよなあ」


エド

モモ「拳の先によからぬ力を感じますが、少しまっすぐなまなざしも見逃せませんね」
エド「あんたも正義の味方を気取るのかい、たしかにあんたの力の方も危ねえかな」
モモ「力は使いようで危なくなります、何なら使い方を教えてあげましょうか」
エド「いや遠慮しておく、どうせなら力のぶつけあいが一番面白そうだからな」

「今は攻めるだけですが、本当の使い方もいずれは分かる時が来ると思いますよ」

モモ「ちょっと暴れすぎちゃいましたが、みなさんも結構楽しんでくれましたね」
エド「こういう余興も楽しいものだな、俺としてはもう少し強い相手が欲しかったが」


コーリン

モモ「ちょっと寒くなりましたが、あなたもどこかの組織の幹部さんみたいですね」
コーリン「ふふ、あなたのような世間知らずのお嬢さんはかわいがってみたいわね」
モモ「こういう強そうな人ほどやる気も起きちゃいますから、一応覚悟はいいですか」
コーリン「ますます気に入ったわね、あなたなら私を満たしてくれるか楽しみだわ」

「もうちょっとで体も凍り付くとこでしたが、ここは積極的に攻めてよかったです」

モモ「ちょっとした背筋の寒さも、かえって気が引き締まってよかったですね」
コーリン「たしかに調子もよかったわね、やはり物怖じしないところもいいわね」


アビゲイル

モモ「むう、大きくて強そうな人が相手だったら、私もやる気が出ちゃいますね」
アビゲイル「おうお前、俺様相手にヒーローごっこをしたいのか、いい度胸だぜ」
モモ「これでもあなたほどの大きな敵とも闘いましたから、まず大丈夫ですよ」
アビゲイル「おう、それだったら壊れねえようにたっぷりかわいがってやるぜ」

「大きいからって力で押されるわけにはいかないでしたから、多少本気で闘えました」

モモ「たまには力押しで突っ込むのも悪くないですが、ちょっとやりすぎましたか」
アビゲイル「俺も力の加減はできねえからよ、押しでばっかじゃやはり勝てねえ」


メナト

モモ「ふしぎな水晶を使う人がいると聞きましたが、なるほど私と同じような人ですね」
メナト「そういうあなたとの出会いも必然ならば、ここで仕合う価値もありますね」
モモ「闘いの帰趨を占うよりも、ここは一生懸命闘った方がいいかもしれませんね」
メナト「それもまた運命の赴くまま、ひとまず流れに乗って仕合うのもいいでしょうね」

「運命に乗るのも悪いことじゃなくて、そこから良い方向に向かうのもいいでしょう」

モモ「闘いの行方もいいですが、たまには今日の運勢は何かも調べてみたいですね」
メナト「闘うことも生きることの一つです、今はまっすぐ進むのもいいかもしれません」


セス

モモ「悪の大物さんですね、そのおなかの装置がいかにも怪しそうですけれど」
セス「ここは貴様のワンダーパワーとやらを、是非とも見てみたいものだな」
モモ「私の力はそうそう取り込めないものですよ、ここは全力でいっちゃいます」
セス「ふふ、ここまで言われればその力、なんとしてもわたしのものとしてくれるわ」

「借り物の力だけじゃ本当に強いとはいえないですよ、もっと自分を信じなきゃ」

モモ「今回もいっぱい闘えました、それでも嵐もやはり巻き起こせましたか」
セス「見事だな、だがこのわたしの丹田の嵐も捨てたものでもないだろう」


豪拳

モモ「うん、強そうなお爺さんですね、気迫だけで押されそうです」
豪拳「うむ、ぬしの力も面白い上に正なるものと見た、これも期待が持てるかのう」
モモ「私の力もお遊びのようですが、お相手をしていただければ喜んで」
豪拳「何の、結構興味が惹かれたのだよ、お主の力、存分にぶつけてみなさい」

「ただ闘うだけじゃダメですね、私もその先を見据えられたらいいですね」

モモ「ひとまず豪拳さんに見られてますから、ちょっとは引き締めて闘えましたね」
豪拳「これほどの勇戦ならば、儂が足を引っ張ったわけではないかのう」


サガット

モモ「強さと風格、それだけでも吹き飛ばされそうな強さですね」
サガット「この俺との仕合はヒーローごっこではないのはお前も理解しているはずだ」
モモ「そうですね、私だって命をかけられることを知ってほしいです」
サガット「命を捨てても悔いはないか、それもいいだろう」

「私の蹴りだって小手先じゃないです、でもただぶつかるだけじゃ勝てませんでした」

モモ「ここぞで全力を尽くして勝利を手にするのが一番きもちいいものですね」
サガット「青臭い勝利だがそれもいいだろう、しかしお前もこれで全力ではあるまい」


ベガ

モモ「ついに来ましたね、ここで一発やっつけちゃいますよ」
ベガ「このベガに対するか小娘、大人しくヒーローショーで満足していればいいものを」
モモ「この日のために鍛えてきたんです、甘く見ないでくださいね」
ベガ「たかだか格闘技レベルでわたしを倒さんとはこれこそそれこそ思い上がりよ」

「どうですか、これこそ真のヒーローの力です。どんな悪い人でも負けませんよ」

モモ「強大な敵には力が足りません、でも力だけじゃもの足りませんね」
ベガ「絶対的な力こそ無敵よ、お前もいつか取り込んでもらうぞ」


豪鬼

モモ「やはりすごい気を持っていますね、ただいるだけで圧倒されそうです」
豪鬼「この正なる気は、娘よ、うぬも我に挑まんか」
モモ「有り体に言えばそうかもしれませんね、ここは全力でぶつかっていきます」
豪鬼「うぬも闘いの本質を探らんか、なればこそ我に挑めい」

「これも本当に命をかけることだけど、命の使い方はこんなものじゃないはずです」

モモ「闘うことまずは自分のため、その後を考えるのは勝ってからですね」
豪鬼「己が命、すべてぶつけぬものに生を繋ぐ価値はなし」