ワルキューレ VS SNKキャラ
(侍魂・月華・その他ゲーム系)

うちわけはパーソナルストーリーモードのデモ、勝利メッセージ、
グルーヴモードにおけるグルーヴメッセージの順

覇王丸

ワルキューレ「真のサムライたる貴方の剣術、乱世をも斬り開けるものでしょうか」
覇王丸「そんな御大層なものじゃねえな、まずは乱世で生き抜かなきゃいけねえからな」
ワルキューレ「剣の力は生きる力から、その生きる力こそむしろ見届けたいものです」
覇王丸「そういうあんたが見届けるならば、俺の剣と命、是非ともぶつけさせてもらうぜ」

「剣と命を懸けてこそのサムライの業、戦いを通じあなたを導けたならなによりです」

ワルキューレ「無頼に見えて繊細なる剣技、これぞ戦場を収めるべき業でしょうか」
覇王丸「そういうところはあんたに任せるぜ、露払いもたまには悪くはねえからな」


牙神幻十郎

ワルキューレ「貴方の剣も斬るだけの剣、ですがそれだけにとどまりますまい」
幻十郎「ふん、女、この俺の剣の何を知っているというのだ、気に入らんな」
ワルキューレ「あなたの剣にまとうのが邪気ならば、ひとまずは祓ってあげましょう」
幻十郎「お前もこの剣の錆になりたいようだな、いい度胸だ、望み通り、殺す」

「満たされぬ敵意ながら呑まれない誇り、今一度この剣を通じて思い起こして下さい」

ワルキューレ「ここの悪意も祓うことができました、でもまた獲物を求めているのですね」
幻十郎「どこぞの巫女の小娘みたいな物言いだな、まあいい、まだ次があるからな」


ナコルル

ワルキューレ「自然の力を受け入れ乗り越えている、あなたの刀がそう語っていますね」
ナコルル「何とも清く気高い人、あなたが導いてくれるのは私も光栄なのですが」
ワルキューレ「そう怖れることはありません、あなたらしさ、それが自然の理です」
ナコルル「素の私を見極めてくれるのですね、ここはあえて業を見せて差し上げましょう」

「自然はあなたともにあります、力添えができるならばいくらでも胸を貸しましょう」

ワルキューレ「人の営みもまた自然の中ならば、自然もまた人に益なすことでしょう」
ナコルル「きっとわかってくれるはずです、人そのものも自然足りえるのですから」


リムルル

ワルキューレ「水の巫女たるあなたと氷の精霊、どちらも闘うのは不本意でしょうが」
リムルル「うん、闘いはキライだけど、姉さまに少しでも役に立つためにやってるの」
ワルキューレ「私がお姉さまの代わりになるかは分かりませんが、まず胸を貸しましょう」
リムルル「うん、お願いしますね、ここは業だけじゃなく心も鍛えられるかな」

「水はいたわりと癒しのためにあるものです、その心を込めれば心も高まりましょう」

ワルキューレ「水面が平らなれば心も動かぬものです、今は動かないのがいいでしょう」
リムルル「そうだね、じっとするのは苦手だけど、こういうのも修行だからやってみよう」


チャムチャム

ワルキューレ「素の元気をもってすれば巫女にして戦士の務めも容易いものでしょうか」
チャムチャム「うーん、ちょっと自覚が足りないってタム兄ちゃんに言われてるけどね」
ワルキューレ「純粋さも義しさに導けるなら、私の力が必要かもしれませんが」
チャムチャム「ただしい闘いだったら、お姉さんとの稽古お願いできるかな」

「炎は力そのものです、義しき心を忘れなければあなたの力も義しきものになりますよ」

ワルキューレ「私も走るだけならあなたについてきましたが、まだいけますか」
チャムチャム「ボクもお姉さんに合わせてなるべく出すぎないようにしてるけどね」


真鏡名ミナ

ワルキューレ「あなたも風の巫女のようですが、狩ることにこだわっていますか」
ミナ「たしかに否定はしないわ、今は私も義しきため、護るために闘いたい」
ワルキューレ「たとえばその子のためにですか、この子もあなたを守らんとしています」
ミナ「そう、私は一人じゃない、今ならそれを感じて闘えるから、あなたに対しても」

「風の心は人の心も伝えます、あなたの心も風となせば、人のつながりも理解できますよ」

ワルキューレ「あなたが真に狩人なれば、まずは敵意を討ち取るが肝要かと思いますよ」
ミナ「まず射るしかいなけれど、敵意がないならそれに越したことはないわね」


いろは

ワルキューレ「世の安寧をもたらす鶴仙の方ならば、お力添えはできましょうか」
いろは「旦那様のために勝たねばならないのに、まさか上天の方とお相手なんて」
ワルキューレ「ただ闘うのみでなく、貴女がたのため導くことができればいいのですが」
いろは「貴女さまに対してお願いなどおこがましいのですが、導けるのならば喜んで」

「私も多少お背中を押したつもりですが、あなたの至誠は必ずや報われますよ」

ワルキューレ「闘いのみでなく、女のたしなみも貴女から学び取ることができますか」
いろは「私も無器用な方ですが、お役に立てるならばどんなことでも喜んで」


ワルキューレ「貴女も闇を漂いながら光を抱いている、その先に何があるのですか」
色「・・・光の、先に、貴女がいる、今は、つかむことは、できないけど・・・・・」
ワルキューレ「貴女の持つ刃を今は受け止めましょう、一抹の光明をこめて」
色「・・・やはり、闘いでしか、応えられない、今の、私が、もどかしい・・・・・」

「光を歩むならあせることはありません、常に前を歩めばいつかはたどり着けるから」

ワルキューレ「路は斬り開くだけでいいでしょう、無為な闘いは望むべくもありません」
色「・・・今は、私も、休みたい、次の、闘いと、生に、つなぐために・・・・・」


アスラ

ワルキューレ「程よき敵意のようですね、魔に身を置く貴方にしては当然の仕儀ですが」
アスラ「お前はよもや、やはり俺の敵意に立ち入るつもりか、だが今はその時ではない」
ワルキューレ「むしろ貴方の誇りと信念こそ、今は見極めることに致しましょう」
アスラ「いずれお前を倒さねば先に進めぬ、俺も誇りをもっていかせてもらおう」

「たとえ敵意でも、誇りが具われば、ある程度は義しき力たりえることを忘れないで」

ワルキューレ「武器よりも魔力よりも、一抹の意志と信念があれば闘えるものなのです」
アスラ「いずれお前の意志で俺の悪意を鎮められたら、だが今はその時ではない」


兇國日輪守我旺

ワルキューレ「あなたと魔を繋げているのはその槍、いえそれ以上の何か異質なものが」
我旺「見抜くか神の御子よ、うぬもまたわしを止めんと欲すれば、迎え討たねばならぬ」
ワルキューレ「冥キ力に屈せざる意志を持ちながら、あえて身を委ねんとするのですね」
我旺「それこそが我が信念のまま、うぬも我が信念により呑み込んでくれん」

「天が下はたしかに儚きもの、だからこそそこに住まう人の生を私は守りたいのです」

ワルキューレ「乱世にこそわが闘いの場があるならば、一つずつ納めるがまたさだめ」
我旺「そのさだめのため勝ち進むのみ、うぬが神の御子ならざれば、いや今は言うまい」


ワルキューレ「青龍の志士ならば青雲の志とともにあると見ましたが、いかがですか」
楓「あんたの剣も天に届くようだが、はたして俺の剣も青雲そして天に届くというのか」
ワルキューレ「推し量るのはおこがましいながら、我が拙き剣にてお手合わせを」
楓「その剣もまたまぶしいな、しかしそれを受け入れなければ俺は舞い上がれないか」

「いくらか解き放たんとしましたがお節介でしたか、今まさに天に昇らんとしますか」

ワルキューレ「我らが光を受け入れるなら、この仕合もまた受け入れられましょう」
楓「とりあえず自分たちの負けを認めろってことさ、まずは次まで強くなることだな」


御名方守矢

ワルキューレ「あなたも志士とお目受けますが、その志はいずこに向いていますか」
守矢「お主には関わりなきこと、なれど闘いにてそれらを求めんなら致し方ないな」
ワルキューレ「剣の志なればあなたもご存知のはず、まずは私の剣を向けて下さい」
守矢「ただの人斬りと称されるのも本意に非ずだ、だが我が刃の気の済むままに」

「やはりあなたも志ある方でしたか、今は手探りながら己が路を忘れないで下さい」

ワルキューレ「志なき人は闘いきれません、今なら退いても恥じることもないでしょう」
守矢「屍をさらすか一時生き恥をさらすもお主ら次第、それからはい上がればよい」


ワルキューレ「この場で神子たるあなたに、私がとやかく申すことはありませんが」
雪「ひとまずは導きは必要はないと思うけど、あなたとのお付き合いも悪くはないわね」
ワルキューレ「仕合ならば吝かではありません、あなたの想いを是非見せて下さい」
雪「私の想い、世のためといえば思い上がりだろうけど、せめてあなたに認められれば」

「命をかけてこその志と想い、まずはあなた自身を見やってこそなることもあるのです」

ワルキューレ「生白き氷に身を委ね、己が業を清め力の理をあらためて理解して下さい」
雪「業が深ければ氷もまた冷たくそして重いもの、今はそれだけを感じれば十分よ」


一条あかり

ワルキューレ「あなたも神子なら、私が導きくのもおこがましいやもしれませんが」
あかり「たしかにうちも、お姉ちゃんとお付き合いせなあかん思うたところやけどねえ」
ワルキューレ「決意としては幼く見えますが、志ならば他に引けばとらぬとも見ました」
あかり「ほな見てもらおか、うちの本気を、そこらの志士さんにも負けんつもりやよ」

「さらなる心の高まりで、巫術はともかく陰陽道も限りなくみがかれることでしょう」

ワルキューレ「たとえ異形でも友となしてともに闘うのは美しいものがありますね」
あかり「まだまだ頼っちゃうけど、妖怪たちもうちの友達やよ、お姉ちゃんと同じにな」


鷲塚慶一郎

ワルキューレ「誠の志ならば疑う余地もありませんが、むしろ我が剣を委ねられますか」
鷲塚「我が誠の剣を試さんとは光栄にござるが、なればこそ無様な仕合はできませぬな」
ワルキューレ「秩序の剣は本来守るべきなものです、それを想い起こせれば重畳ですが」
鷲塚「ならばなおのこと、我が信念と士道をば貴女に認めてもらわねばなりませぬな」

「志あってこそあなたの士道もみがかれましょう、まずは私の剣も役に立ちましたか」

ワルキューレ「誠を貫くのは人のため、世を開く剣ならば露払いもできましょうが」
鷲塚「まずは拙者が先に行かせてもらいます、貴女は救国の王道を常に歩まれたし」


真田小次郎

ワルキューレ「あなたも女を越えての剣を究めんとしているのですか、そして志もまた」
小次郎「みなまで申されますな、だが貴女が申す通り、私自身の士道を求める所存です」
ワルキューレ「むしろこだわりを捨てきれぬなら、ともに歩むもよろしいでしょう」
小次郎「これも女としての業なれば、いえ今の己ならばいっそ乗り越えていきましょう」

「女の闘いがあるように、女ならではの志もあることもあなたに分かってほしいのです」

ワルキューレ「女は闘ってこその華です、それゆえに華もまた咲き誇るものなのですね」
小次郎「あえて咲き誇ることもないでしょう、たとえば月の下に咲く華のごとくに」


高嶺響

ワルキューレ「ただ抜き身というわけではなさそうですが、何を恐れているのですか」
響「人に言えるものではないのですが、私の剣も志を抱くに値うものなのでしょうか」
ワルキューレ「やはり傷付けることを怖れていますね、それは臆病でないはずですよ」
響「そう、そこから先の勇気、己にこそ打ち克つ刃を、私は今こそ振るわなければ」

「志ある剣は人を活かすものです、あなたなりの志ならば自ずと活きるはずですよ」

ワルキューレ「かかる刃なら私が盾として受けましょう、その上で剣を振るって下さい」
響「いずれはかかる刃をも祓いましょうや、それが私の振るうべき志の剣なのだから」


刹那

ワルキューレ「来ましたか闇キ力、悪しきを祓うは我が剣のさため、今こそ振るう刻」
刹那「貴様も神の使途か、混沌の刻はすでに定まっている、もはや止めることはできん」
ワルキューレ「闇キといえどあなたも志士、その礼をもって討ち敗らせていただきます」
刹那「真の滅びの礎に、これほどの贄はない、今こそ我が刃にその身を委ねるがいい」

「乱れるものもいつかは収まるもの、あなたもその流れのままにその身を委ねなさい」

ワルキューレ「混沌の渦も高まっていきます、私たちもとどまってはいられませんね」
刹那「渦はもはや留まることをしらぬ、そしてそこであがく者たちもまた然りだな」


嘉神慎之介

ワルキューレ「あなたの信念と志、今更私が質すのもおこがましいものなのですが」
嘉神「わたしの心は変わらぬよ、ただそなたの導きにはあえて乗ってみるもまた一興か」
ワルキューレ「やはりその炎が語っていますね、なればその剣を今こそ受けましょう」
嘉神「我が刃にて妄りに傷付けることもなきだが、我が志ならば存分に受け入れられよ」

「真の秩序もまた志とともにあります、あなたもまずその一歩を踏み入れられたのです」

ワルキューレ「総てを清める錬獄の炎ながら、その輝きはまさに太陽のごときですね」
嘉神「一度は忘れかけた光の暖かさか、だがそなたの暖かさには未だ遠く及ばぬがね」


ショー・疾風

ワルキューレ「風雲の志なら私も挑むべきですね、不躾ながらもお手合わせ頂けますか」
ハヤテ「あんたほどの名のある女神さんなら、こちらの方こそ申し出るべきだったがな」
ワルキューレ「力の理を見知ったあなたならば、よき仕合もまた望めることでしょう」
ハヤテ「そのご期待に応えるべきたたかいを披露しなきゃな、それじゃあいくかな」

「風雲においても身じろかぬ心意気こそ、いかなる業をも凌駕しえるものなのです」

ワルキューレ「向かい風に乗って進んでいこうとしましたが、少し乗り遅れましたか」
ハヤテ「多少やり過ぎちまったが、ここは俺の闘いぶりを見てほしかったからな」


アックス=イーグル

ワルキューレ「闘士ならではのおおらかさ、繊細もまたあなたの強さと成しますか」
イーグル「僕もそうありたいものだね、あなたから見ればまだ力押しだろうけどね」
ワルキューレ「ここはむしろ、総てをかかってきて下さい、それなら私も受けられます」
イーグル「あなたも真の戦士だ、その礼をもって僕も全力でぶつかっていきましょう」

「あなたもいすれは孤高なる獣と成します、その誇りを抱いて更なる闘いをして下さい」

ワルキューレ「草を払うは私が引き受け、その上であなたが木を伐ればいいでしょう」
イーグル「やはりあなたの見せ場も忘れてはならないな、次は期待していいですよ」


キャロル=スタンザック

ワルキューレ「あなたも闘士ながら自立する女の意気を感じます、これは期待できます」
キャロル「たしかに近づき難いけど、私を推し測るならそれに応えなきゃダメよね」
ワルキューレ「やはり鍛えているようですね、その精進なら感じなければいけません」
キャロル「こう言われたらますます緊張するけど、ともかくなるようになれだよね」

「たとえ女でも己を主張する者は強いものです、あとは義しさと誇りを身に付ければ」

ワルキューレ「力のみを頼る人たち、我ら女の底力を知りなさい、でいいでしょうか」
キャロル「おいしい所は持ってっちゃったわね、でもこの台詞は私もまだまだ若いしね」


ニコラ=ザザ

ワルキューレ「機械仕掛けの円盤ですが、あなた自身の意志と信念もこもっていますね」
ニコラ「そうかなあ、僕も修行中だから、お姉さんに本当に認められなきゃダメだよね」
ワルキューレ「修行の成果ならば私で試すのもいいでしょう、あなたの思うままに」
ニコラ「仕合なら甘えちゃいられないからね、ここは僕も真剣にかかっていかなきゃ」

「子供ならではの情熱といったところです、元気さがあなたの最大の武器なのですね」

ワルキューレ「円と線の動きは基本ですが、それを活かせられるかが次の課題ですね」
ニコラ「そうだね、素直に聞けば新たな力になるってハヤテの兄ちゃんも言ってたから」


ロサ

ワルキューレ「あなたの剣で斬り拓くものは何ですか、そのために命もかけられますか」
ロサ「あんたにとっちゃ甘ちゃんかもしれないけど、ひとまずは体は張れそうだね」
ワルキューレ「それがあなたの大義ならぱ、この仕合にて感じ入るもいいでしょうね」
ロサ「いいねえそういった女の誇りは、でもここは女同士、思い切ってドンと行こうか」

「女の誇りに根差した貫禄の強さなら、私もあなたについていくのが精一杯でした」

ワルキューレ「剣は明日を斬り拓くもの、たとえ棘の路とて怖れるに足りません」
ロサ「青臭い言い様だけどあんたが言えば一味違うね、あんたも面倒見たくなったよ」


ゴードン=ボウマン

ワルキューレ「あなたも力以上の強さを求めますか、その信念はいかなるものでしょう」
ゴードン「何だかあんたとはやりにくいな、仕合の前の説教は性に合わんのだがな」
ワルキューレ「たしかに言葉は不要なれば、この仕合どこからでもかかってきて下さい」
ゴードン「その目はまさしくファイターの目だな、よし俺も全力であんたに打ち勝とう」

「強さの中の優しさも感じ入ることができました、これこそあなたの真の強さですね」

ワルキューレ「この子供たちの笑顔は、やはりゴードンさんの闘いぶりの賜物ですね」
ゴードン「俺はそれほどでもないがな、やはりあんたが優しそうたからじゃないか」


ジョーカー

ワルキューレ「道化にしては鋭すぎるあなたの業、私も楽しまなければいけませんね」
ジョーカー「わかってるじゃねえか姉ちゃん、俺様との仕合は楽しいこと請け合いだぜ」
ワルキューレ「とはいえ危険なことには変わりありませんから、切り抜けていきますね」
ジョーカー「こういうところはつれないぜえ、お高く止まってもろくなことないぜえ」

「危険なお遊びもここまでです、ほんのいたずらも時には凶器足り得ることもあります」

ワルキューレ「見ている分には楽しいものですが、やはり使う者の心がけが大切ですね」
ジョーカー「相変わらずキビしいよなあ、とはいえ次はちょっと正々堂々いくぜえ」


獅子王

ワルキューレ「あなたも力あるもの、しかしその力、もて余す感もありと見ましたが」
獅子王「わたしの力量らんか乙女の騎士よ、我が真の力までも理解してはなかろうて」
ワルキューレ「たしかにすべては見えていませんが、いえそれ以上はお節介でしょう」
獅子王「いずれにしてもお前が強き者ならば、わたしはただそれを倒すのみだがな」

「獅子が己を吠えぬと同じ、力も己のためには振るわぬもの、これが真の力の理です」

ワルキューレ「獅子は孤高なることこそ強きもの、これこそ獣とを隔てるものなのです」
獅子王「獣の路に陥るなか、承知の上だがまずは忠告として聞き入れることにしよう」


ジャズウ

ワルキューレ「ここにも魔性のものがいましたか、冥き魂を祓うも我が務めなれば」
ジャズウ「戦乙女か、わざわざ、我の、贄になるも、汝の、さだめなり」
ワルキューレ「私の血はともかく、魂は易々呑み込まれません、それでは参ります」
ジャズウ「面白い、乙女の、抗いは、我が魂を、大いに、奮い立たせる、最高の舞台」

「我が剣は邪な刃にこそ振るえるものです、もはやあなたが振るえる刃はありません」

ワルキューレ「戦は無情なるものですが、それを鎮めることもまた我が務めです」
ジャズウ「大いなる、戦は、近い、我らが、望む、魂も、いずれ、眼前に、訪れん」