ワルキューレ VS SNKキャラ
(侍魂・月華・その他ゲーム系)

うちわけはパーソナルストーリーモードのデモ、勝利メッセージ、
グルーヴモードにおけるグルーヴメッセージの順

覇王丸

ワルキューレ「真のサムライたる貴方の剣術、乱世をも斬り開けるものでしょうか」
覇王丸「そんな御大層なものじゃねえな、まずは乱世で生き抜かなきゃいけねえからな」
ワルキューレ「剣の力は生きる力から、その生きる力こそむしろ見届けたいものです」
覇王丸「そういうあんたが見届けるならば、俺の剣と命、是非ともぶつけさせてもらうぜ」

「剣と命を懸けてこそのサムライの業、戦いを通じあなたを導けたならなによりです」

ワルキューレ「無頼に見えて繊細なる剣技、これぞ戦場を収めるべき業でしょうか」
覇王丸「そういうところはあんたに任せるぜ、露払いもたまには悪くはねえからな」


牙神幻十郎

ワルキューレ「貴方の剣も斬るだけの剣、ですがそれだけにとどまりますまい」
幻十郎「ふん、女、この俺の剣の何を知っているというのだ、気に入らんな」
ワルキューレ「あなたの剣にまとうのが邪気ならば、ひとまずは祓ってあげましょう」
幻十郎「お前もこの剣の錆になりたいようだな、いい度胸だ、望み通り、殺す」

「満たされぬ敵意ながら呑まれない誇り、今一度この剣を通じて思い起こして下さい」

ワルキューレ「ここの悪意も祓うことができました、でもまた獲物を求めているのですね」
幻十郎「どこぞの巫女の小娘みたいな物言いだな、まあいい、まだ次があるからな」


ナコルル

ワルキューレ「自然の力を受け入れ乗り越えている、あなたの刀がそう語っていますね」
ナコルル「何とも清く気高い人、あなたが導いてくれるのは私も光栄なのですが」
ワルキューレ「そう怖れることはありません、あなたらしさ、それが自然の理です」
ナコルル「素の私を見極めてくれるのですね、ここはあえて業を見せて差し上げましょう」

「自然はあなたともにあります、力添えができるならばいくらでも胸を貸しましょう」

ワルキューレ「人の営みもまた自然の中ならば、自然もまた人に益なすことでしょう」
ナコルル「きっとわかってくれるはずです、人そのものも自然足りえるのですから」


リムルル

ワルキューレ「水の巫女たるあなたと氷の精霊、どちらも闘うのは不本意でしょうが」
リムルル「うん、闘いはキライだけど、姉さまに少しでも役に立つためにやってるの」
ワルキューレ「私がお姉さまの代わりになるかは分かりませんが、まず胸を貸しましょう」
リムルル「うん、お願いしますね、ここは業だけじゃなく心も鍛えられるかな」

「水はいたわりと癒しのためにあるものです、その心を込めれば心も高まりましょう」

ワルキューレ「水面が平らなれば心も動かぬものです、今は動かないのがいいでしょう」
リムルル「そうだね、じっとするのは苦手だけど、こういうのも修行だからやってみよう」


チャムチャム

ワルキューレ「素の元気をもってすれば巫女にして戦士の務めも容易いものでしょうか」
チャムチャム「うーん、ちょっと自覚が足りないってタム兄ちゃんに言われてるけどね」
ワルキューレ「純粋さも義しさに導けるなら、私の力が必要かもしれませんが」
チャムチャム「ただしい闘いだったら、お姉さんとの稽古お願いできるかな」

「炎は力そのものです、義しき心を忘れなければあなたの力も義しきものになりますよ」

ワルキューレ「私も走るだけならあなたについてきましたが、まだいけますか」
チャムチャム「ボクもお姉さんに合わせてなるべく出すぎないようにしてるけどね」


真鏡名ミナ

ワルキューレ「あなたも風の巫女のようですが、狩ることにこだわっていますか」
ミナ「たしかに否定はしないわ、今は私も義しきため、護るために闘いたい」
ワルキューレ「たとえばその子のためにですか、この子もあなたを守らんとしています」
ミナ「そう、私は一人じゃない、今ならそれを感じて闘えるから、あなたに対しても」

「風の心は人の心も伝えます、あなたの心も風となせば、人のつながりも理解できますよ」

ワルキューレ「あなたが真に狩人なれば、まずは敵意を討ち取るが肝要かと思いますよ」
ミナ「まず射るしかいなけれど、敵意がないならそれに越したことはないわね」


いろは

ワルキューレ「世の安寧をもたらす鶴仙の方ならば、お力添えはできましょうか」
いろは「旦那様のために勝たねばならないのに、まさか上天の方とお相手なんて」
ワルキューレ「ただ闘うのみでなく、貴女がたのため導くことができればいいのですが」
いろは「貴女さまに対してお願いなどおこがましいのですが、導けるのならば喜んで」

「私も多少お背中を押したつもりですが、あなたの至誠は必ずや報われますよ」

ワルキューレ「闘いのみでなく、女のたしなみも貴女から学び取ることができますか」
いろは「私も無器用な方ですが、お役に立てるならばどんなことでも喜んで」


ワルキューレ「貴女も闇を漂いながら光を抱いている、その先に何があるのですか」
色「・・・光の、先に、貴女がいる、今は、つかむことは、できないけど・・・・・」
ワルキューレ「貴女の持つ刃を今は受け止めましょう、一抹の光明をこめて」
色「・・・やはり、闘いでしか、応えられない、今の、私が、もどかしい・・・・・」

「光を歩むならあせることはありません、常に前を歩めばいつかはたどり着けるから」

ワルキューレ「路は斬り開くだけでいいでしょう、無為な闘いは望むべくもありません」
色「・・・今は、私も、休みたい、次の、闘いと、生に、つなぐために・・・・・」


アスラ

ワルキューレ「程よき敵意のようですね、魔に身を置く貴方にしては当然の仕儀ですが」
アスラ「お前はよもや、やはり俺の敵意に立ち入るつもりか、だが今はその時ではない」
ワルキューレ「むしろ貴方の誇りと信念こそ、今は見極めることに致しましょう」
アスラ「いずれお前を倒さねば先に進めぬ、俺も誇りをもっていかせてもらおう」

「たとえ敵意でも、誇りが具われば、ある程度は義しき力たりえることを忘れないで」

ワルキューレ「武器よりも魔力よりも、一抹の意志と信念があれば闘えるものなのです」
アスラ「いずれお前の意志で俺の悪意を鎮められたら、だが今はその時ではない」


兇國日輪守我旺

ワルキューレ「あなたと魔を繋げているのはその槍、いえそれ以上の何か異質なものが」
我旺「見抜くか神の御子よ、うぬもまたわしを止めんと欲すれば、迎え討たねばならぬ」
ワルキューレ「冥キ力に屈せざる意志を持ちながら、あえて身を委ねんとするのですね」
我旺「それこそが我が信念のまま、うぬも我が信念により呑み込んでくれん」

「天が下はたしかに儚きもの、だからこそそこに住まう人の生を私は守りたいのです」

ワルキューレ「乱世にこそわが闘いの場があるならば、一つずつ納めるがまたさだめ」
我旺「そのさだめのため勝ち進むのみ、うぬが神の御子ならざれば、いや今は言うまい」