ワルキューレ VS CAPCOMキャラ
(各種ゲーム系)

うちわけはパーソナルストーリーモードのデモ、勝利メッセージ、
グルーヴモードにおけるグルーヴメッセージの順

デミトリ=マキシモフ

ワルキューレ「まずはあなたを、この場に留めておくことが精一杯なのですが」
デミトリ「いずれ闘わねばならぬが、なるほどお前との仕合は退屈しのぎにはなるな」
ワルキューレ「少なくともあなたに捕われぬほどの闘いをしなければいけませんね」
デミトリ「たしかに抗い以上の闘いぶりは期待したい、わたしも大いに楽しもうか」

「闇には闇の秩序があれば、それに身を委ねるならあなたも義しきものでしょうか」

ワルキューレ「闘争も楽しみなれど、退屈に陥るもまた愚かということですか」
デミトリ「少なくとも今は不満はないよ、まったく人の闘争への憧憬はすばらしい」


モリガン=アーンスランド

ワルキューレ「女同士の仕合といえど、あなたの策に乗せられぬようにしないと」
モリガン「あら乗せるだなんて、あなたのことだからこの場はお堅くいくのね」
ワルキューレ「たしかに手荒にはしたくはないのですが、その分心も許せませんが」
モリガン「そんな厳しさも気に入ってるわよ、さあ、あなたの本気見せちょうだい」

「まず陥らねば負けなかったのですが、そこから勝つことがやはり至難の業でした」

ワルキューレ「闘い以上に男性の色目に反応してしまうのも女ならではでしょうか」
モリガン「まだまだお堅いのね、こういうのは適当にあしらえはいいものよ」


リリス

ワルキューレ「ただ漂っているのみのあなたに、私が導くはおこがましいでしょうか」
リリス「今はまだ流れていきたいけど、あなたも私と遊んでくれるというの」
ワルキューレ「漂いつつも確かなる意思なら、ただ力の滓に堕するまでもないですね」
リリス「難しいことは分からないけど、あたしは消えないよ、まだ時じゃないから」

「心が彼女とともにあるなら、本当に迷うまでもないてしょう、その心を忘れないで」

ワルキューレ「迷いは心の中にあるならば、我が剣で指し示せられればいいのですが」
リリス「光はまぶしいけど、こういうあたたかい光ならついていってもいいかな」


フェリシア

ワルキューレ「異形ながら義しきに闘うなら、あなたも真の戦士ということですね」
フェリシア「あたしは闘うより踊りたいけどね、だいいち正義なんてガラじゃないよ」
ワルキューレ「まずは人々の笑顔のために、できれば手助けもしたいのですが」
フェリシア「まずは腕試しからね、やっぱりモンスターらしく強くならなきゃね」

「たとえモンスターでも心の強さを理解すれば、人のためにも生きられるでしょうね」

ワルキューレ「さしあたりあなたの邪魔は退けましたが、まだショーには早いですね」
フェリシア「ちょっと暴れ足りないかな、たまには全力で体も動かさないとね」


レイレイ

ワルキューレ「霊気の流れが慌ただしいと思えば、あなたが動いていたのですね」
レイレイ「ちょっと張り切りすぎちゃったケド、アナタが来れば安心できますネ」
ワルキューレ「手伝ってもいいですが、それだけではあなたが収まらないでしょう」
レイレイ「ひとまず仕合うのもいいデスか、それだったら尋常にイザ勝負です」

「闘いの中でも均衡を保つなれば、お互い力を高める闘いもまた義しきことでしょう」

ワルキューレ「少しばかりかき回しましたが、彼らの魂もまた鎮まったことでしょう」
レイレイ「適当にぶっ飛ばしテ弱らせれバこっちのものネ、さて次行きまショウネ」


ザベル・ザ・ロック

ワルキューレ「さてここにはあなたが望む魂はありません、それでも行くのですね」
ザベル「俺様としちゃあ、これから起きるお祭りが楽しくて仕方がねえんだよなあ」
ワルキューレ「これ以上暴れられるわけにはいきません、ここはひとまず留めましょう」
ザベル「あんたが付き合うなら留まってもいいぜえ、あんたの魂もうまそうだぜえ」

「迷いし魂をおさめるのも私の役目、あなたも迷うのならば、私の拳でおさまりなさい」

ワルキューレ「結構な音響ながら惑いそうですね、乗ることは期待はできませんが」
ザベル「ちょっと興ざめしちまうなあ、これから面白くなるっていうのにつれねえぜえ」


バレッタ

ワルキューレ「高説を垂れるは本意ではありませんが、武器のみでは闘えません」
バレッタ「そう言ってあたしに勝つつもりなの、それじゃただじゃおけないよね」
ワルキューレ「私も手荒にはしたくはありませんが、ここは致し方ありませんね」
バレッタ「勝負は何でも勝たなきゃ損だから、それでも負ける気はしないけど」

「武器のみの闘いはいずれほころぶもの、あなたも闘いの理を思い起こして下さい」

ワルキューレ「狩るものとしての悦びですが、やはりそれのみに溺れるわけには」
バレッタ「これが面白いじゃないの、自分がケモノじゃないという自覚はあるけれどね」


ジェダ=ドーマ

ワルキューレ「こんなところでお目にかかるとは、今度は何を企むというのですか」
ジェダ「なに、君と同じだ、価値ある魂を導き、世界をあるべき姿に返すのだ」
ワルキューレ「同じのようでやはり違う、我が義しさのためにはやはり勝たなければ」
ジェダ「闘うのもまたよしだな、その上で君を征し我が礎となそうではないか」

「世の均衡、魂の救済も、すべて力押しでは結局はほころぶもの、虚構にすぎません」

ワルキューレ「たしかに鎮まりましたが、こうも静かなれば落ち着かないものです」
ジェダ「むしろこういった趣も楽しまなければ損だよ、きたるべき宴のためにね」


イングリッド

ワルキューレ「あなたが参ったならば、事態も迫っているかと思ったのですが」
イングリ「そう深刻なものでもないぞよ、こちらは単なるお節介じゃからのう」
ワルキューレ「私が何かをできますかと問うはおこがましいかもしれませんが」
イングリ「ひとまず退屈しのぎなればお主にも失礼じゃが、付き合ってくれるか」

「互いに世の均衡のために闘うなら、いずれあなたの域に達しなければいけませんね」

ワルキューレ「少し力みましたがこの場も収まりました、次に行ってもいいですが」
イングリ「張り切ったが焦ってはいないの、ならばそれなりに休み取ってもいいぞよ」


ルビィ=ハート

ワルキューレ「まずあなたの冒険に付き合えるかもしれませんが、その前にですね」
ルビィ「お噂の戦乙女のお出ましだ、ここは女同士気持ちよく仕合いたいもんだね」
ワルキューレ「たしかに澄み渡る空のごとし意思、それに応えるが今の礼儀でしょうね」
ルビィ「こういう固苦しいものいい話だ、ケンカは楽しくいかなきゃ損だからね」

「どこまでも広がる青雲のごとく、心を自由にすれば限りなく強くなるものですね」

ワルキューレ「風を切って空を進む、その悦びのために船を進めるものですね」
ルビィ「それが一番のお宝ってやつだね、生きてること自体があたしの冒険ってやつさ」


ソンソン

ワルキューレ「聖猿の末裔なれば、導くのはおこがましいでしょうが、ここはひとつ」
ソンソン「先祖のことは分からないけど、闘う心がけはできてるつもりだよ」
ワルキューレ「たしかに私たちは闘うもの、ここは闘いで学ぶことにいたしましょう」
ソンソン「導いてくれるなら、まず応えなきゃ失礼だよね、なんとかついていくよ」

「純粋な闘いの意思ならば、義しきを学ぶがまた路、まずは指し示したつもりですが」

ワルキューレ「いまだ掌の上なら抗うまでもないでしょう、そこから機を伺えれば」
ソンソン「じっとするのは苦手だけどこれも修行だね、これもついていけるよ」