ADKうぉ~ず!
キャプテン・キッド編(その2)

『俺も燃えさせてもらうぜえ!』(キングオブファイターズ編・表)

<プロローグ>

キッド「お次はこの街かーい、エサカシティっていうのかあ」
真吾「ああ、キッドさん、勝男くん、待ってました」
勝男「このたび案内役を買って出てくれた真吾くんっす」
真吾「今回の件について少し説明しますけど、WARESというのがこの街にも介入してきて面倒なことになっているっす。
   みなさんもそれにあたってるみたいすから、ひとつ手伝ってほしいっす」

キッド「頼まれちゃあやぶさかじゃないぜえ、まずはどこ行けばいいのかーい」
真吾「まずは草薙邸に行きましょう。大方の事情を教えてくれますから」

・草薙邸

柴舟「おお、よく来てくれたのう。詳しい話はブラウン博士から聞いておるぞ。WARESの件で来たなら2、3、頼まれてはくれぬかのう」
キッド「そのつもりだぜえ、ま、どんな面倒ごとも望むところだぜえ」
ハイデルン「期待に添えるかは分からぬが。今回の争乱について、
     首謀者の名はドミナ。先の大会を主催したグッドマンの腹心で、その実力はそれ以上と目される。
     その彼女がかつてもう一つの争乱を首謀した、レオポルド=ゲーニッツの腹違いの妹。
     ジェミニィ=ゲーニッツとコンタクトを取り、そのまま配下としたのだ」

キッド「そのゲーニッツってのは、たしか青い衣と蛇の目の奴じゃなーい」
柴舟「お見通しか、お主なかなかやるのう」
キッド「それからもうちょっと手がかりを教えてくれればありがたいんじゃなーい」
ハイデルン「うむ、早速手配しよう」
柴舟「この件もわしらだけで十分じゃが、仲間は多い方がいいからの」
ハイデルン「我々も極力協力しよう」
キッド「ま、ここは任せてほしいぜえ」
と、草薙邸を後にするキッド。外にはラルフとクラークが待ち構えていた。

ラルフ「よう旦那、あんたもヒーローズの一人かい」
キッド「そんなところだぜえ」
クラーク「教官との話が付いたのを見計らって待っていたんだ」
ラルフ「京やアテナを探すついでに一つ頼まれてくれないか」
クラーク「俺たちの部隊に所属するレオナって奴がいるんだ。今ゴタゴタがあって、今行方がわからない」
キッド「するってえとそのレオナってのも俺の仲間になりそうじゃなーい」
ラルフ「ああ、それは期待してもいいけどな、俺たちも出来る限り力貸すからよ、よろしく頼む」
キッド「何とかやってみるぜえ」

<草薙京編>

・捜査開始
アクジ「まずは草薙京ってやつだなあ、ヘイ坊や、京って奴が立ち寄りそうな場所はどこだーい」
真吾「は、はい、まず草薙さんが立ち寄る場所は近所のゲーセンと行きつけの食堂っス。今修行から帰ってきたっていうから・・・・・」
真吾の視界を紅い人影が横切る。
勝男「どうしました真吾くん」
真吾「まさか、これって八神さん、草薙さんとゆかりの人でいつも草薙さんをつけ狙っているんですよ」
勝男「そいつはまずいっすね、あの人より早く草薙さんを見付けないと」
真吾「八神さん相手だったら俺も心もとないっスから、二階堂さんと大門さんも頼りましょう。でもあの人たちも最近忙しいから」
キッド「手がかりはあるのかーい」
勝男「とにかくまずは指定された場所で聞き込みましょう」

・移動場所、ゲーセンと食堂が追加される。

・近所のゲーセン
女性「あら真吾くん、今日はお稽古はお休みなの」
真吾「ええまあ、この人はユキさんっていって、草薙さんの彼女っス」
キッド「あんたがユキさんかーい、草薙京のゆくえは知らないかーい、そのお仲間の二人についてでもいいけどよ」
ユキ「あいにく京については私も知りたいけど、そういえば紅丸さんだったら近くのブティックに足を運んでたわ。でもあの人、近くでナンパした女の人と一緒だから」
キッド「女同伴かーい、そいつは分かりやすいぜえ」

・移動場所、ブティックが追加される。

・ブティック前、パーティキャラに女性キャラがいる場合
紅丸「ハーイお嬢さん、俺に何か用かい、と言いたいが、やはりあんたが用なのか。ここは一勝負しなきゃな」

・バトル開始、対紅丸
・仕合後
紅丸「やるねえ、ここはあんたの力になってやるぜ。早速京を探しに行こうぜ」

・食堂
店長「京くんねえ、最近来てないなあ。そういえばチームメイトの大門さんが最近柔道部の調子が良くないって悩んでたから、
   そういえばあんた、柔道の関係者と応援団の関係者に心当たりはないか」

キッド「柔道と応援団かーい、それについて心当たりあるかなあ」

・移動場所、学校が追加される。

・学校の体育館、パーティキャラにリョウコ、まほがいる場合。
リョウコ「お久しぶりです、大門先生」
まほ「どーも、大門さんを応援に来ました」
大門「うむ、ワシの応援に来るとは光栄だが、目的は他にもあるだろう」
キッド「ここはあんたの力が欲しいんだぜえ」
大門「ここはお主の力を見てみたい、付き合っていただけるか」

・バトル開始、対大門
・仕合後
大門「うむ、見事、ワシも京を探すため力となろう」

・以後、紅丸、大門とともに4エリアを移動し、二人が京と庵を見かけた情報を入手後、残り指定エリアを移動するうちに対峙している京と庵に出くわす。
京「相変わらずしつけえ野郎だぜ、まあとっとと終わらせようか」
庵「貴様の死をもってな、楽に死ねるとは思うなよ」
そこにキッドが割って入る。
キッド「面白いことになっているなあ、お前さんが京ってやつかーい、とりあえず俺とついていってもらいてえが、やはりこいつがお邪魔かなあ」
庵「俺の邪魔をするか、なら貴様から方付けてくれよう」
キッド「そういうお前こそ、俺が倒せるかなあ、ケンカは大勢でやった方が面白いぜえ」
京「あいにく俺一人で十分だが、まあお節介は受けてやるぜ。火傷だけには気を付けろよ」

庵「ふん、邪魔をするならまとめて片付けてやろう」

・バトル開始、対庵
・仕合後
庵「このままでは終わらんぞおぉぉぉ!」
京「何とか、片付いたな」
キッド「ちったあ面白かったぜえ、さあ力貸してもらおうかーい」
京「しょうがねえな、今度は燃えられるだろうな」
キッド「そいつは任せてほしいぜえ」
・草薙京、仲間になる


<麻宮アテナ編>

・捜査開始

キッド「ヘイ坊や、たしかエサカホールでコンサートっていったじゃなーい」
真吾「ここにはサイコソルジャーチームも一堂に会していますから」
キッド「そうだなあ、早速赴いてみようぜえ」

・移動場所、エサカホールが追加される。

・エサカホール
真吾「ここがアテナさんがコンサートを開く会場っす」
キッド「まずここで落ち合えばいいのかーい」
 そこに拳崇が現れる。
拳崇「おいお前、アテナを狙ってるのはまさかお前やな」
真吾「あっ拳崇君、それは違うっす。キッドさんは・・・・・」
キッド「なかなか元気な坊やじゃなーい、ここはヒーローズの端くれとして男らしく拳で語ってやるぜえ」

・バトル開始、対拳崇
・仕合後
拳崇「いや、参ったわ、この堂々とした闘いぶりは、あんたただ者やないな」
 そこに鎮が現れる。
鎮「それもそうじゃ、彼はワールドヒーローズの一人、大海賊キャプテン・キッド殿じゃからのう」
拳崇「それじゃ御大層な人なんやなあ」
キッド「いーや、そんな大したもんじゃないんだぜえ」
鎮「いろいろとお主の噂は聞いてたからのう、アテナの協力が欲しいなら一つ頼まれてはくれんか」
キッド「おう、いくらでも頼んでもいいんだぜえ」
鎮「実はの、コンサートとは別に恒例のお茶会を開く予定なんじゃ。そのため必要なものを包(パオ)、桃子、薫の三人にお使いを頼んだんじゃが、
  ちょっと時間がかかって連絡が取れないんじゃ。アテナも心配で探しに行っているんじゃ」

キッド「その三人を探してお茶会の準備を手伝えばいいのかーい、まあ何とかやってみるぜえ」
ひとまずホールを後にするキッドだが、
キッド「と、引き受けてみたんだが、闇雲に探してもらちが明かねえなあ、お茶会といえばお茶屋さんやら食器屋さんやら。それなり匂いが効く奴っているのかーい」

・移動場所、ティーショップ、パティスリー、インテリアショップが追加される。

・エサカホール(2回目以降)
拳崇※「今、桃子ちゃんが来たんやけど、すぐに行っちゃったんやけどなあ」

・ティーショップ
店長「包くんですか、まだいらしていないのですが。さっきアテナさんが訪ねていらしたんですが」
店員※「たった今、桃子さんがいらしたのですが・・・・・」

・包がいる場合
店長「いらっしゃいませ、ご予約のお茶はこちらです」
包「はい、ありがとうございます」

・パティスリー
店長「桃子さんですか、今お茶会のお菓子を作っていまして、できるまで場を外しているのですが」

・2回目以降・桃子がいない場合
店長「ああ、今しがた桃子さんがいらしたのですが、まだできていないというのでまた外されました」

・桃子がいる場合
店長「ああ桃子さん、たった今お茶菓子が出来上がりました。これをどうぞ」
桃子「はい、ありがとうございます」

・インテリアショップ
店内では薫が佇んでいた
キッド「あんたが薫って娘かーい、アテナって娘を探すため、とりあえず俺についてもらうぜえ」
薫「あっ、拳崇くんが言っていた人はあなたですね、ティーセットを買ったのですが、ちょっと重くて一休みしていたんですが」
キッド「お安い御用だぜえ、いくらでも運んでいいじゃなーい」
薫「はい、ありがとうございます」
薫、キッドに合流する。

・インテリアショップ(2回目以降)
店長「たった今、桃子さんがいらしたのですが」

・包編

・ゆーまが仲間にいる場合(場所任意)
キッド「何か匂い感じないかーい」
ゆーま「はい、それらしい匂いは感じます」
キッド「それじゃ、そこに向かっていこうぜえ」

・ゆーまの指定した場所に到着後
キッド「ヘイ坊や、お前が包ってやつかーい、鎮の爺さんの言いつけでお迎えに来てやったぜえ」
包「えっ、僕を迎えに来たの。ならお茶を買わなきゃ」
キッド「それじゃあ俺様たちと一緒に行こうぜえ、いつまでも迷子じゃしまらないじゃなーい」
包「はい、お願いします」
包、キッドと合流する。

・桃子編
先述の※のメッセージ四か所を聞き出してから、桃子の行動には一定のパターンがあって、プレイヤーの動きに合わせて桃子も移動する。
桃子の行動を読んで次の移動場所に移動すれば。桃子と合流できる。

桃子「あれ、あたしに何か用」
キッド「俺様はキッド、アテナの力を借りたから、とりあえず一緒に来てもらうぜえ」
桃子「うん、ちょうどお茶菓子もできてる頃だし、ここはお願いするね」
桃子、キッドと合流する。

・包、桃子、薫の全員と合流後

キッド「さーてお茶会用意は一通りできたから、そろそろホールに戻ろうじゃなーい」
「はーい」
エサカホールに戻ると、アテナが二人の女に絡まれていた。
アテナ「あなた方はマチュアさんとバイスさん、いったい何をするんですか」
マチュア「悪いけどあなたに動かれては今後面倒なのよ」
バイス「ここはあたしたちについてきてもらうよ、おとなしくしな」
そこに拳崇と鎮が駆けつけてくる。
鎮「むう、なんじゃなんじ!?
拳崇「ああっ、あいつら、アテナさらおうとするんか。そうはさせるか」
キッド「ここは俺様も一肌脱ごうじゃなーい」
バイス「あんたはヒーローズの一人かい」
マチュア「あまり顔を突っ込めば、ろくなことにもならないわよ」
キッド「あんたらもそこそこ強そうじゃなーい、ここは本気出していいかーい」
拳崇「キッドさん、ここは俺らも」

キッド「いーや、ここは俺様に任せてほしいぜえ」

・バトル開始、対マチュア、バイス

・仕合後
マチュア「流石に手強いわね」
バイス「くっ、覚えておいで」
マチュアとバイス、去っていく。
アテナ「ありがとうございます。私一人じゃどうなることかと思いましたが」
キッド「それでめでたしってわけじゃないが、まずは俺様たちに力貸してほしいぜえ」
アテナ「はい、喜んで」
アテナ、仲間になる。

(TO BE CONTINUED)