ADKうぉ~ず!
ジャンヌ編(その2)

『炎の剣と炎の拳たち』(キングオブファイターズ編・表)

<プロローグ>

ジャンヌ「ここがエサカシティね、さてどんなつわものがいることやら」
真吾「ああ、ジャンヌさん、勝男くん、待ってました」
勝男「このたび案内役を買って出てくれた真吾くんっす」
真吾「今回の件について少し説明しますけど、WARESというのがこの街にも介入してきて面倒なことになっているっす。
   みなさんもそれにあたってるみたいすから、ひとつ手伝ってほしいっす」

ジャンヌ「それなら任されてもいいけどね、それでどこ行けばいいの」
真吾「まずは草薙邸に行きましょう。大方の事情を教えてくれますから」

・草薙邸
柴舟「おお、よく来てくれたのう。詳しい話はブラウン博士から聞いておるぞ。WARESの件で来たなら2、3、頼まれてはくれぬかのう」
ジャンヌ「いきなり面倒ごとっぽいわね、どうすればいいの」
ハイデルン「どうやら乗り気なようだな。まあさておきまず今回の争乱について、
     首謀者の名はドミナ。先の大会を主催したグッドマンの腹心で、その実力はそれ以上と目される。
     その彼女がかつてもう一つの争乱を首謀した、レオポルド=ゲーニッツの腹違いの妹。ジェミニィ=ゲーニッツとコンタクトを取り、
     そのまま配下としたのだ」

ジャンヌ「ゲーニッツ、ってお噂の青い衣と蛇の目の男って奴じゃないの」
柴舟「流石じゃのうお嬢さん、その通りいったん我らが倒したがその後しぶとく蘇ってきたんじゃ」
ジャンヌ「その合流してほしい要員の手がかり、教えていただけないかしら」
ハイデルン「うむ、早速手配しよう」
柴舟「この件もわしらだけで十分じゃが、仲間は多い方がいいからの」
ハイデルン「我々も極力協力しよう」
ジャンヌ「まあ、ご期待に応えて頂くわよ」

と、草薙邸を後にするアクジ。外にはラルフとクラークが待ち構えていた。
ラルフ「あんたがジャンヌさんか、ワールドヒーローズの聖女さんっていう」
ジャンヌ「いかにも、その通りよ」
クラーク「教官との話が付いたのを見計らって待っていたんだ」
ラルフ「京やアテナを探すついでに一つ頼まれてくれないか」
クラーク「俺たちの部隊に所属するレオナって奴がいるんだ。今ゴタゴタがあって、今行方がわからない」
ジャンヌ「その子を俺に探せってことね。それなら何とかやってみるわ」
ラルフ「すまねえ、俺たちも出来る限り力貸すからよ、よろしく頼む」

<草薙京編>

・捜査開始
ジャンヌ「まずは草薙京からね、まずは彼の寄り付きそうなところを調べましょう、ちょっと案内して真吾くん」
真吾「は、はい、喜んで、えーと草薙さんが立ち寄る場所は、近所のゲーセンと行きつけの食堂っス。今修行から帰ってきたっていうから・・・・・」
真吾の視界を紅い人影が横切る。
勝男「どうしました真吾くん」
真吾「まさか、これって八神さん、草薙さんとゆかりの人でいつも草薙さんをつけ狙っているんですよ」
勝男「そいつはまずいっすね、あの人より早く草薙さんを見付けないと」
真吾「八神さん相手だったら俺も心もとないっスから、二階堂さんと大門さんも頼りましょう。でもあの人も最近忙しいから」
ジャンヌ「手がかりはあるっていうの」
勝男「とにかくまずは指定された場所で聞き込みましょう」

・移動場所、ゲーセンと食堂が追加される。

・近所のゲーセン
女性「あら真吾くん、今日はお稽古はお休みなの」
真吾「ええまあ、この人はユキさんっていって、草薙さんの彼女っス」
ジャンヌ「あなたがユキさんね、草薙京とそのお仲間の人に行方を教えてほしいけれど」
ユキ「はい、あいにく京については私も分かりません、でも紅丸さんだったら近くのブティックに足を運んでました。
   でもあの人、近くでナンパした女の人と一緒だから」

ジャンヌ「女と一緒ね、少しわかりやすいわね」

・移動場所、ブティックが追加される。

・ブティック前
紅丸「ハーイお嬢さん、俺に何か用かい、というかあんたのお噂は聞いてるぜ。ここは一勝負しなきゃな」

・バトル開始、対紅丸

・仕合後
紅丸「やるねえお嬢さん、ここは早速あんたと一緒に京を探しに行こうぜ」

・食堂
店長「京くんねえ、最近来てないなあ。そういえばチームメイトの大門さんが最近柔道部の調子が良くないって悩んでたから、
   そういえばあんた、柔道の関係者と応援団の関係者に心当たりはないか」

ジャンヌ「柔道と応援団ね、まず心当たりは、あの娘たちね」

・移動場所、学校が追加される。

・学校の体育館、パーティキャラにリョウコ、まほがいる場合。
リョウコ「お久しぶりです、大門先生」
まほ「どーも、大門さんを応援に来ました」
大門「うむ、ワシの応援に来るとは光栄だが、目的は他にもあるだろう」
ジャンヌ「あなたが京のチームメートね、力貸してほしいんだけど」
大門「ここはお主の力を見てみたい、付き合っていただけるか」

・バトル開始、対大門

・仕合後
大門「うむ、見事、ワシも京を探すため力となろう」

・以後、紅丸、大門とともに4エリアを移動し、二人が京と庵を見かけた情報を入手後、残り指定エリアを移動するうちに対峙している京と庵に出くわす。
京「相変わらずしつけえ野郎だぜ、まあとっとと終わらせようか」
庵「貴様の死をもってな、楽に死ねるとは思うなよ」
そこにジャンヌが割って入る。
ジャンヌ「貴女が草薙京ね、悪いけどご依頼があってあなたの力を貸してほしいのよ。その前に邪魔者を片付けてからね」
庵「俺の邪魔をするか、ならお前も始末してやろうか」
ジャンヌ「粋がるのは一人前ね、はたして私を倒せるかしら」
京「あんたの力は借り力はねえが、お節介は受けてやるぜ。火傷だけには気を付けろよ」
庵「ふん、まとめて片付けてやろう」

・バトル開始、対庵

・仕合後
庵「このままでは終わらんぞおぉぉぉ!」
京「何とか、片付いたな」
ジャンヌ「この程度の仕合だったらお遊びね、邪魔者はいなくなったし今度こそ力貸してもらうわよ」
京「しょうがねえな」

・草薙京、仲間になる


<麻宮アテナ編>

・捜査開始
ジャンヌ「さあて真吾くん、お次の目的地はエサカホールってところね。そこでコンサートしている娘って」
真吾「そこにはサイコソルジャーチームも一堂に会していますから」
ジャンヌ「そうね、行ってみましょうか」

・移動場所、エサカホールが追加される。

・エサカホール
真吾「ここがアテナさんがコンサートを開く会場っす」
ジャンヌ「ここでお目当ての娘と落ち合えばいいのね」
そこに拳崇が現れる。
拳崇「何や姉ちゃん、まさかあんたがアテナ狙ってんのかいな」
真吾「あっ拳崇君、それは違うっす。ジャンヌさんは・・・・・」
ジャンヌ「ふふ、この子結構いい子そうだから、ここはファイターらしく闘って分からせることにするわね」

・バトル開始、対拳崇
・仕合後
拳崇「いや、参ったわ、この堂々とした闘いぶりは、あんたただ者やないな」

そこに鎮が現れる。
鎮「それもそうじゃ、彼女はワールドヒーローズの一人、鋼鉄の聖女ジャンヌ殿じゃからのう」
ジャンヌ「ちょっと引っ掛かる物言いねえ」
拳崇「でも結構御大層な人なんやなあ」
ジャンヌ「そんな大したもんじゃないわよ」

鎮「いろいろとお主の噂は聞いてたからのう、アテナの協力が欲しいなら一つ頼まれてはくれんか」
ジャンヌ「まあ、そのために来たんだけど」
鎮「実はの、コンサートとは別に恒例のお茶会を開く予定なんじゃ。そのため必要なものを包(パオ)、桃子、薫の三人にお使いを頼んだんじゃが、
  ちょっと時間がかかって連絡が取れないんじゃ。アテナも心配で探しに行っているんじゃ」

ジャンヌ「その人たちを探してお茶会の準備を手伝えばいいでしょ、何とかやってみるわね」

ひとまずホールを後にするジャンヌだが、
ジャンヌ「と、引き受けたけど、お茶会といえばそれのお店に行ってみようかしら。お茶の香り、といえば鼻が利く子も連れていきたいわね」

・移動場所、ティーショップ、パティスリー、インテリアショップが追加される。

・エサカホール(2回目以降)
拳崇※「今、桃子ちゃんが来たんやけど、すぐに行っちゃったんやけどなあ」

・ティーショップ

店長「包くんですか、まだいらしていないのですが。さっきアテナさんが訪ねていらしたんですが」
店員※「たった今、桃子さんがいらしたのですが・・・・・」
・包がいる場合
店長「いらっしゃいませ、ご予約のお茶はこちらです」
包「はい、ありがとうございます」

・パティスリー
店長「桃子さんですか、今お茶会のお菓子を作っていまして、できるまで場を外しているのですが」
・2回目以降・桃子がいない場合
店長「ああ、今しがた桃子さんがいらしたのですが、まだできていないというのでまた外されました」
・桃子がいる場合
店長「ああ桃子さん、たった今お茶菓子が出来上がりました。これをどうぞ」
桃子「はい、ありがとうございます」

・インテリアショップ
店内では薫が佇んでいた
ジャンヌ「あなたが薫って人ね、とりあえず私についていってもらおうかしら。アテナさんに用があるからね」
薫「あっ、拳崇くんが言っていた人はあなたですね、ティーセットを買ったのですが、ちょっと重くて一休みしていたんですが」
ジャンヌ「案外だらしないのね、まあいいわ、これくらいなら」
薫「はい、ありがとうございます」
薫、ジャンヌに合流する。

・インテリアショップ(2回目以降)
店長※「たった今、桃子さんがいらしたのですが」

・包編
・ゆーまが仲間にいる場合(場所任意)
ジャンヌ「ところで何か匂いを感じないかしら」
ゆーま「はい、それらしい匂いは感じます」
ジャンヌ「それじゃあ案内してちょうだい」
・ゆーまの指定した場所に到着後
ジャンヌ「包ってのはあなたね。私はジャンヌ、鎮老師のお言いつけで迎えに来たわよ」
包「えっ、僕を迎えに来たの。ならお茶を買わなきゃ」
ジャンヌ「それじゃあ早く買っていきましょう、今まで迷子だったでしょ。ならついていあげるわよ」
包「はい、お願いします」
包、ジャンヌと合流する。

・桃子編
先述の※のメッセージ四か所を聞き出してから、桃子の行動には一定のパターンがあって、プレイヤーの動きに合わせて桃子も移動する。
桃子の行動を読んで次の移動場所に移動すれば。桃子と合流できる。

桃子「あれ、あたしに何か用」
ジャンヌ「私はジャンヌよ。アテナさんの力を借りるため、一緒に来てもらうわよ」
桃子「うん、ちょうどお茶菓子もできてる頃だし、ここはお願いするね」
桃子、ジャンヌと合流する。

・包、桃子、薫の全員と合流後
ジャンヌ「さてお茶会の準備も一通りできたし、そろそろホールに戻りましょうか」
「はーい」
エサカホールに戻ると、アテナが二人の女に絡まれていた。
アテナ「あなた方はマチュアさんとバイスさん、いったい何をするんですか」
マチュア「悪いけどあなたに動かれては今後面倒なのよ」
バイス「ここはあたしたちについてきてもらうよ、おとなしくしな」
そこに拳崇と鎮が駆けつけてくる。
鎮「むう、なんじゃなんじ!?
拳崇「ああっ、あいつら、アテナさらおうとするんか。そうはさせるか」
ジャンヌ「しょうがないわね、ここは一肌脱ぎましょう」
バイス「まさか、ワールドヒーローズのジャンヌ」
マチュア「貴女に邪魔されるわけにはいかないわね」
ジャンヌ「とりあえず肩慣らしにはもってこいね、いつでもかかっていらっしゃい」

拳崇「ジャンヌさん、ここは俺らも」
ジャンヌ「いらないわ、今は暴れたい気分だから」

・バトル開始、対マチュア、バイス
・仕合後
マチュア「流石に手強いわね」
バイス「くっ、覚えておいで」
マチュアとバイス、去っていく。

アテナ「ありがとうございます。私一人じゃどうなることかと思いましたが」
ジャンヌ「礼には及ばないわ、その代り、これからあなたの力を貸してもらいたいのよね」
アテナ「はい、喜んで」
アテナ、仲間になる。


<レオナ・ちづる編>

・捜査開始、草薙邸
ジャンヌ「さあてハイデルンさん、たしかあなたの所のレオナって人について変わったことはないかしら」
ハイデルン「うむ、あいつらも困ったものだ、かといって君には関係ないとはいえぬからな。
     可能な限り教えることにしよう。彼女はとある事件でわたしが引き取り、ひとまず強き心を鍛えんと育て上げた。
     ところが彼女に流れる血が暴走をはじめ、行方をくらませたのだ」

柴舟「その血というのが、お主が先に対したマチュアとバイスのオロチ一族という」
ハイデルン「柴舟どの」
柴舟「まあ、これについてはわしらも力を貸したい。そういえばちづるちゃんが力を貸してくれるはずじゃがのう」
ジャンヌ「ちづるって人がカギを握っているというの」
柴舟「うむそうじゃ、彼女は我らの束ねとしてこの世界の闇キ力を抑えるを使命としたのだが、最近彼女も体調を崩し杜にこもってしまったのじゃ」
ジャンヌ「今は大丈夫なのね」
京「もう持ち直してもいいころだ、迎えに行ってもいいだろう親父」
柴舟「そうさのう、とりあえず神楽の杜への路は教えよう」
ジャンヌ「そうね、ありがとう。でも彼女、ちょっと気難しそうね、おじさまも顔に書いてあったろうし」
京「流石に分かったか、たしかにちづるはお高い所があるが、おとしがいもあるだろ」
ジャンヌ「ええ、ともかくも行ってみましょう」
・神楽の杜に移動可能になる。

・神楽の杜
ジャンヌ「ずいぶん入ったわね、これが神楽の杜なの」
雛子「ようこそいらっしゃいました、あいにく神楽さんはお出かけ中です」
京「おい、お出かけっていったいどこ行ったんだ」
雛子「何か大事なことを伝えたいと言ってましたが、詳しいことは申しておりませんでした」
京「そいつはどういうことだ」
そんな折、真吾の携帯が鳴る。
真吾「あれ、ラルフさんからだ、一体何の用だろう」
ジャンヌ「ラルフってあの傭兵さん」
ラルフ「おい坊や、レオナの居場所が分かったぜ、今公園でたたずんでいる。お前たちもすぐに駆け付けてくれ」
真吾「どうしましょう草薙さん、神楽さんとも連絡が取れないし」
京「仕方ねえな、ここはレオナの方を何とかしよう。
・公園に移動可能になる

・公園
ジャンヌ「ところで、どこにレオナって人がいるの」
ラルフ「おい、遅えじゃねえか、今しがた離れちまった。今クラークが追ってるところだ」
京「しょうがねえ、俺たちも追っていくか」

ラルフ「俺たちも手分けして探すから、連絡は取れるようにしてくれ」

・以降、移動可能な場所を移動し、ラルフ、クラークの連絡を受けそこに移動する。

・ラルフ、クラークの連絡を受けつつ街をひと通り回ったら、ラルフ、クラークイベントそれぞれが選択可能になる。

・ラルフイベント
ジャンヌ「あらあら、大丈夫かしら」
ラルフ「くっ、俺としたことがしくじったぜ。しかしあの青い服の奴、やはりあいつは」
京「ゲーニッツの妹ってやつか。こいつもなんとかしねえとな」

・クラークイベント
ジャンヌ「どうやら、あなたもやられたのね」
クラーク「少し油断したな、しかしそう遠くは行っていない。そういえば神楽が彼女たちを追っている。今ならまだ間に合うかもな」
アテナ「すぐに追っかけましょう」

・公園
公園ではちづると暴走したレオナが対峙していた。
ちづる「レオナさん、どうか鎮まって、あなたも自分の血に負けないはずよ」
レオナ「ウ、ウ、ウ・・・・・」
京「おい、大丈夫かちづる」
アテナ「ちづるさん、私たちも手を貸しますから早くレオナさんを」
ジャンヌ「少し手荒になるけどなんとかなるでしょう」

・バトル開始、対暴走レオナ
・仕合後
レオナ「う、私は、一体」
京「おい大丈夫かレオナ、まったくオロチの奴らは性懲りもなく悪さしやがるぜ」
ちづる「もう大丈夫でしょう。ですがオロチの脅威はまだ残っています」
アテナ「やはり、近付いてくる。冥いけど、どこか澄んでいる気が」
突然、一陣の突風が周りを吹き荒れていく。そこには青い衣を着た一人の少女が立っていた。
ジャンヌ「やはり来たわね、この青い衣、あなたがジェミニィ=ゲーニッツね」
ちづる「噂には聞いたけど、やはり来たのね、ゲーニッツの妹」
ジェミニィ「初めまして、と言うべきですね。私がジェミニィ。皆さまが対峙したレオポルド=ゲーニッツの妹です。
     それはそうと何かと我々のことを調べているようですね、ワールドヒーローズにして炎の聖女、マドモアゼル・ジャンヌ」

ジャンヌ「まあそんなところね、やはりあなたとは闘わなきゃいけないわね」
ジェミニィ「無論そのつもりですが、しかし草薙京さんと神楽ちづるさん、あなた方にもご因縁があるようで、この場でこれらを祓うのもいいようですね」
ちづる「そうね、ここはあなたの力だけでも」
その時、ジェミニィの携帯が鳴る。
ジェミニィ「・・・失礼、ドミナさんですね。はい、今ここに参ると、分かりました・・・・・」
ジャンヌ「一体何が起きるっていうの」
ジェミニィ「今、八神庵さんがこちらに参っているようです。どうやら自らのお力を制しきれずにいるようですが」
ちづる「何ですって!」
京「やれやれ、また暴走か、ざまあねえな」
そこに庵が現れる。
庵「く、うおぉぉぉぉ!」
ジェミニィ「こうなってしまったら致し方ありませんね。せいぜい頑張ってくださいみなさん」
と言ってジェミニィはひとまず姿を消す。
京「くそっ、ふざけやがって」
ジャンヌ「結構面倒なことになるのね、でも何とかこの人を鎮めなきゃいけないわ」
ちづる「そうね、それではお願いします、私たちもなるべく力をお貸ししますから」

・バトル開始、対暴走庵
・仕合後
庵「ぐおぉぉぉぉ!!

ジャンヌ「少してこずったわね。でもこれであなたと闘えるわね」
ジェミニィ「そうですね、私もゲーニッツの妹として誇り高く闘いたく思います」
ちづる「気を付けて、おそらく兄と同じの能力だから」
京「少々手荒になるが、覚悟しな」

・バトル開始、対ジェミニィ=ゲーニッツ
・仕合後
ジェミニィ「さすがですね、ですが、私も・・・・・」
ちづる「いえ、ここはあなたの力を封じて・・・・・」
その時、巨大な機械が舞い降りる。
ジャンヌ「あら、何なのこれ」
ブラウン(通信)「ジャンヌ君、こいつはドミナのユニットだ、あのWARES幹部の」

ジャンヌ「今度は彼女が相手になるっていうの」
ドミナ(通信)「みなさま初めまして、ご紹介にあずかりましたWARRS幹部ドミナという者です。
   いずれみなさまとは対することがありましょうが、今は彼女を迎えに参りました。それではごきげんよう」

と、機械はジェミニィを連れ去っていく。
京「待ちやがれ、って流石に逃げ足も速いな。それに八神も行っちまったか」
ちづる「こうなってしまったら致し方ありません。ジャンヌさん、ですね。こうなれば私も手を貸しましょう」
ジャンヌ「ええ、ありがとう」
レオナ「・・・待って、ここは、私も・・・・・」
京「レオナ、もういいのか」
レオナ「ええ、ハイデルンに許可をもらってから。あとミスター柴舟にも力添えをもらって」
京「親父に力添えって、大丈夫なのか」
ちづる「大丈夫でしょう。先生を通じて“彼女”の力を借りればレオナさんも」
ジャンヌ「これは期待させてもらおうしらね」
レオナ、神楽ちづる仲間になる

(TO BE CONTINUED)